メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「桃川」検索結果。

桃川の商品検索結果全106件中1~60件目

和歌のめぐみ 桃山の桃酒 720ml (クリアケース入り)

Amazon

1,404

和歌のめぐみ 桃山の桃酒 720ml (クリアケース入り)

紀州でうまれた≪和≫リキュール和歌山県産品のめぐみ 実は、豊かな自然に囲まれた和歌山は 果実王国 として数々の名産品がございます。 その中でも、質の高さと味の良さで全国的に高い評価を受けている「あら川の桃」の産地、桃山町でとれた桃と、清酒「世界一統」の職人が丹念に醸した日本酒を合わせて完成させて逸品が、この「桃山の桃酒(ももさけ)」です。 ※「透明クリアケース入り」ですので、ちょっとしたプレゼントに最適です。 桃果汁をたっぷりと約30%程度使用していますので、とろりとした舌ざわりが何とも言えません。 また、アルコール度数も「8%」とリキュールの中でも低いため、アルコールがちょっと苦手な女性にもお飲みいただけると思います。 商品規格データ 原材料 桃・清酒・醸造アルコール・糖類・ 酸化防止剤(ビタミンC) アルコール 8度 補足説明 飲み方提案 保存方法 冷暗所(開封後は冷蔵庫へ) 化粧箱 あり 『桃果汁』を使用していますので、混濁(こんだく)や、果汁成分の浮遊・沈殿(ちんでん)することがありますが、品質・味には問題ございません。よく振ってからお召し上がりください。 また、保存は冷暗場所にお願いします。

上撰 ねぶた 淡麗純米酒 生貯蔵酒 300ml×12本(1ケース) 桃川 日本酒 純米酒

酒の茶碗屋 楽天市場店

5,500

上撰 ねぶた 淡麗純米酒 生貯蔵酒 300ml×12本(1ケース) 桃川 日本酒 純米酒

純米に淡麗な味わいと喉越しを求めた辛口の生貯蔵酒 桃川 上撰 ねぶた 淡麗純米酒 生貯蔵酒 メーカー 桃川 酒タイプ 日本酒 日本酒の種類 純米 アルコール度数 13度以上14度未満 容量 300ml×12本(1ケース) 保存方法 直射日光・高温多湿を避けて保存してください。また開封後はお早めにお召し上がりください。 画像・説明について 掲載画像、説明と実物はデザイン、ラベル、アルコール度数等が異なる場合があります。あらかじめご了承ください。 発送について こちらの商品は発送まで2~7営業日(休業日を除く)かかります。 注意1 当店の商品は、実店舗また当店HPとの共有在庫の為、 在庫切れとなりご迷惑をお掛けする場合があります。 注意2 また商品画像のラベル、パッケージや度数、容量、ビンテージなど予告なく新商品に切り替わっている場合があります。気になる方は事前にお問い合わせください。 注意3 ディスプレイ画面等の環境上、ページと実際の商品の色・型とは多少違う場合がございます。 桃川 上撰 ねぶた 淡麗純米酒 生貯蔵酒を贈りませんか? お誕生日、内祝い、成人、婚約、出産、結婚、入学、卒業、就職、昇進、退職、開店、還暦といったお祝いのプレゼント、日頃お世話になっている方へのギフト、お中元やお歳暮の贈り物、各種記念品やパーティー等にオススメです。(ギフトボックスはこちら) また当店ではウイスキーやラム、ジン、ウォッカ、リキュール、ワイン等の洋酒やビール、日本酒、焼酎、梅酒、おつまみ、調味料を各種取り揃えております。お酒でお悩みの際はお気軽にお問い合わせください。

OROYA ( オロヤ ) 寿司ワイン 750ml 1本

Amazon

1,100

OROYA ( オロヤ ) 寿司ワイン 750ml 1本

【開発背景】 OROYA(オロヤ)は寿司に合うワインとして、ワインの研究に情熱を注ぐ日本人ワインメーカーによって造られました。 日本が世界に誇る食文化の一つである“寿司"と“ワイン"の理想的なマリアージュが実現しております。 オロヤはスペイン語で、川の岸から対岸へと物品を運ぶ手段である“かご"を意味しており、その文化伝承のシンボルとして“橋渡し"となるようにとの願いが込められています。 【商品特長】 様々な味覚が含まれる寿司は、ワインに合わせるのは難しいものの、オロヤは、ネタや酢飯、醤油、山葵、生姜など様々なテイストに合うように、バランスよく造られています。 色は、淡いレモンのような黄色。香りは、リンゴや桃のような洗練された果実のアロマがとても印象的で、爽やかで軽めの味わいながらキレがあるのが特長です。 【生産者】 Unio Cellers Del Noya S.A.(ウニオ セラーズデル ノヤ) 設立は1976年とこの地方では比較的新しく、シャルマ製法によるスパークリングワインの製造からスタートしました。 当初はスペイン国内向けの販売が主力でしたが、1980年代より国際市場に向けて本格的に輸出を開始し、品質の高いスパークリングのみならずテーブルワインの製造も始め、近年では、その品質と実績はヨーロッパを中心とした様々な国で認められ、飛躍的に数量を伸ばしている注目のワイナリーです。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク