メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「栄光冨士」検索結果。

栄光冨士の商品検索結果全50件中1~50件目

● 栄光冨士 大吟醸 古酒屋のひとりよがり 1800ml 庄内の吟醸酒の先駆け的存在。栄光冨士ファンでこのお酒を知らない方はいない酒です。テレビ朝日系「夜の巷を徘徊する」でマツコ・デラックスさんが絶賛...

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

8,500

● 栄光冨士 大吟醸 古酒屋のひとりよがり 1800ml 庄内の吟醸酒の先駆け的存在。栄光冨士ファンでこのお酒を知らない方はいない酒です。テレビ朝日系「夜の巷を徘徊する」でマツコ・デラックスさんが絶賛...

10号酵母に惚れ込んだ社長が自分だけの理想を求めた酒。 文字どおりひとりよがりなお酒です。 古酒屋のひとりよがりというネーミングは栄光冨士加藤有倫会長がつけた名前です。利益を無視して自分が飲みたい本当に旨い酒が飲みたい...そんなひとりよがりな想いからこの名前がつけられました。 栄光冨士ファンでこのお酒を知らない方はいないのではないでしょうか? 栄光冨士ファンなら一度は飲んでおきたい! ひとりよがりは麓井の大吟醸圓と並び、庄内地方では最も早い時期に市販された大吟醸です。 超淡麗な中に秘められた奥の深い味わい。そして香り豊かで淡麗でありながら後口はふくよか...。こういう酒質は長年吟醸酒に携わってこなければ実現は無理です。 山形県の中でも最も入手困難な酒の一つですが、切らさず在庫しております。 温度を下げすぎると舌に刺激があり、お酒の角がたってしまいますので冷やしすぎにはご注意を。 このお酒の成分 原料米 山田錦 精米歩合 40% 酵母 協会10号系 日本酒度 -1 酸度 1.0 アルコール 16.0〜17.0% 補足情報 飲み頃温度 保管方法 冷蔵 化粧箱 あり(1800mlのみ桐箱) 在庫 常時 発送 クール便庄内の吟醸酒の先駆け的存在。銘酒中の銘酒です。 栄光冨士 大吟醸 古酒屋のひとりよがり

山形の酒、栄光冨士 大吟醸 古酒屋(こざかや)のひとりよがり (720mL (四合) 瓶 化粧箱入ギフト・包装、熨斗その他

Amazon

4,000

山形の酒、栄光冨士 大吟醸 古酒屋(こざかや)のひとりよがり (720mL (四合) 瓶 化粧箱入ギフト・包装、熨斗その他

銘柄名:「栄光冨士」 、冨士酒造 醸。 冨士酒造の創業は、安永7年(1778年)。徳川幕府10代将軍「家治」の時代。 戦国武将 加藤清正 の孫娘に連なる加藤家が創業。 清正公愛用の手槍の柄の一部が家宝とし残り、家紋も清正公と同じ「蛇の目」紋。蔵の扉の 装飾にも使われています。 蔵の位置する 鶴岡市 は、日本海に面した 米処、庄内平野 にあり、 江戸時代は庄内藩14万石の城下町。 『奥羽山脈からの風、庄内平野から獲れる良質の米とミネラルを 含んだ井戸水』に恵まれ、古くから 「北の灘」 と称された酒蔵の街。 藩校(致道館;ちどうかん) が作られ、蝦夷(えぞ;今の北海道)と京都の敦賀(つるが;京の都への物流拠点)を繋ぐ 北前船(きたまえせん) の寄港地としても栄え、歴史と文化を今に伝える町です。 また、蔵自体、江戸時代に建築されたものも含め非常に古い建物を今も使用し、テレビドラマのロケ地にも使用されました。 ブランド名「栄光冨士」の由来は、古くから日本の名所を酒の名にする土地の風習から来ています。 創業当時は50軒あった蔵元も今では4軒。 でも、鶴岡の酒造りを継承していこう、金賞受賞の常連になろう、と、酒造りに手抜きはありません。

送料無料
● 栄光冨士 秘蔵大吟醸 限定品 1800ml 当店販売品では最も高額な清酒です。熟成による米の旨味というか甘味も感じられる究極の大吟醸です。庄内を代表する大吟醸熟成限定品。【楽ギフ_包装】【楽ギフ...

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

25,000

● 栄光冨士 秘蔵大吟醸 限定品 1800ml 当店販売品では最も高額な清酒です。熟成による米の旨味というか甘味も感じられる究極の大吟醸です。庄内を代表する大吟醸熟成限定品。【楽ギフ_包装】【楽ギフ...

気品香る究極の逸品。栄光冨士の選りすぐりの大吟醸を5年間低温熟成させた栄光冨士の最高級酒に位置する大吟醸秘蔵酒です。 非常に枯れた味わいで奥行きのあるお酒です。酒母はもちろん高温糖化、麹は蓋麹です。 角の取れた酸味とまろやかさ。 当店販売品では最も高額な清酒です 10号酵母と山形KA酵母の組み合わせで香りをこのように引き出す蔵元の力に脱帽です。 まろやかな味わいをここまで上品に醸し出しているお酒はそうはありません。 熟成による米の旨味というか甘味も感じられる究極の大吟醸です。 温度を下げすぎず、常温に近い温度かそれよりも少し低い程度の温度でお飲み下さい。 う〜んそれにしても飲まれる方が羨ましい! :-) ※クール便の場合は250円のクール料金がかかります このお酒の成分 原料米 山田錦 精米歩合 35% 酵母 山形酵母 日本酒度 +5 酸度 1.3 アルコール 17〜18% 補足情報 飲み頃温度 保管方法 冷蔵 化粧箱 あり(桐箱) 在庫 限定品 発送 クール便庄内を代表する大吟醸熟成限定品 栄光冨士 大吟醸 秘蔵酒 限定品

山形の酒、栄光冨士 大吟醸 古酒屋(こざかや)のひとりよがり (720mL (四合) 瓶 化粧箱入ギフト・包装のみ))

Amazon

4,000

山形の酒、栄光冨士 大吟醸 古酒屋(こざかや)のひとりよがり (720mL (四合) 瓶 化粧箱入ギフト・包装のみ))

銘柄名:「栄光冨士」 、冨士酒造 醸。 冨士酒造の創業は、安永7年(1778年)。徳川幕府10代将軍「家治」の時代。 戦国武将 加藤清正 の孫娘に連なる加藤家が創業。 清正公愛用の手槍の柄の一部が家宝とし残り、家紋も清正公と同じ「蛇の目」紋。蔵の扉の 装飾にも使われています。 蔵の位置する 鶴岡市 は、日本海に面した 米処、庄内平野 にあり、 江戸時代は庄内藩14万石の城下町。 『奥羽山脈からの風、庄内平野から獲れる良質の米とミネラルを 含んだ井戸水』に恵まれ、古くから 「北の灘」 と称された酒蔵の街。 藩校(致道館;ちどうかん) が作られ、蝦夷(えぞ;今の北海道)と京都の敦賀(つるが;京の都への物流拠点)を繋ぐ 北前船(きたまえせん) の寄港地としても栄え、歴史と文化を今に伝える町です。 また、蔵自体、江戸時代に建築されたものも含め非常に古い建物を今も使用し、テレビドラマのロケ地にも使用されました。 ブランド名「栄光冨士」の由来は、古くから日本の名所を酒の名にする土地の風習から来ています。 創業当時は50軒あった蔵元も今では4軒。 でも、鶴岡の酒造りを継承していこう、金賞受賞の常連になろう、と、酒造りに手抜きはありません。

● 有加藤・ありかとう 純米大吟醸 中汲み 限定品 1800ml 販売店限定の新銘柄「有加藤」。フルーティで少し甘味のある純米大吟醸。【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

3,000

● 有加藤・ありかとう 純米大吟醸 中汲み 限定品 1800ml 販売店限定の新銘柄「有加藤」。フルーティで少し甘味のある純米大吟醸。【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

一度きりの限定出荷 無濾過生原酒も入荷! 新体制になってから栄光冨士で意欲的に出荷が進む無濾過生原酒。有加藤の無濾過生原酒を特別に出荷していただきました。価格は通常品と同一です! 当店は大型の冷蔵倉庫にてきちんと品質管理しております。数量限定ですので売り切れの際はご容赦下さい。 販売店限定新銘柄「有加藤・ありかとう」 1778年創業の栄光冨士。現在13代目の当主が酒蔵を切り盛りしていますが、栄光冨士蔵元、加藤家の当主の多くは「有友」「有倫」「有慶」と代々「有」という文字を珍重してきました。 販売店限定の新銘柄として、この「有」と「加藤家」を冠し「有加藤(あり・かとう)」という新しい銘柄を誕生させました。 ありがとう・感謝の気持ちをさりげなく伝えるお酒としてたいへん喜ばれています。 父の日や母の日、そして大事な方への御礼の一品にもぴったりです。 中汲みって何? 蔵元によっては「中汲み」以外に「中取り(中採り)」と明記するところもありますが、意味は同じです。 醪(もろみ)が出来上がり、それを搾って清酒にするわけですが、この搾る段階を指す単語が中汲みです。 まだ、醪を圧搾機の酒袋に入れて、醪の自重で搾られ(というか濾され)て出てくる部分を荒走り(あらばしり)と言います。 その後、圧力をかけて出てくるのが中汲み。 最後に佐瀬式の槽(ふね・圧搾機)であれば、酒袋を積み替えて搾りきった部分を攻めと言います。 段階が進むごとに味が濃くなる(というよりも攻めの部分は雑味がかなり多くなります)傾向にあるため単体では市販されないことが多いです。 フルーティで華やか甘味のある純米大吟醸 上立ち香(うわだちか・グラスに鼻を近づけたときの香り)はとても華やかで香り豊かです。 リンゴを思わせるような香りが心地よく。すぐに飲んでしまう前に少し香りを楽しみたいお酒で...

山形の酒、栄光冨士 大吟醸 古酒屋(こざかや)のひとりよがり (720mL (四合) 瓶 化粧箱入ギフト・包装、無地熨斗)

Amazon

4,000

山形の酒、栄光冨士 大吟醸 古酒屋(こざかや)のひとりよがり (720mL (四合) 瓶 化粧箱入ギフト・包装、無地熨斗)

銘柄名:「栄光冨士」 、冨士酒造 醸。 冨士酒造の創業は、安永7年(1778年)。徳川幕府10代将軍「家治」の時代。 戦国武将 加藤清正 の孫娘に連なる加藤家が創業。 清正公愛用の手槍の柄の一部が家宝とし残り、家紋も清正公と同じ「蛇の目」紋。蔵の扉の 装飾にも使われています。 蔵の位置する 鶴岡市 は、日本海に面した 米処、庄内平野 にあり、 江戸時代は庄内藩14万石の城下町。 『奥羽山脈からの風、庄内平野から獲れる良質の米とミネラルを 含んだ井戸水』に恵まれ、古くから 「北の灘」 と称された酒蔵の街。 藩校(致道館;ちどうかん) が作られ、蝦夷(えぞ;今の北海道)と京都の敦賀(つるが;京の都への物流拠点)を繋ぐ 北前船(きたまえせん) の寄港地としても栄え、歴史と文化を今に伝える町です。 また、蔵自体、江戸時代に建築されたものも含め非常に古い建物を今も使用し、テレビドラマのロケ地にも使用されました。 ブランド名「栄光冨士」の由来は、古くから日本の名所を酒の名にする土地の風習から来ています。 創業当時は50軒あった蔵元も今では4軒。 でも、鶴岡の酒造りを継承していこう、金賞受賞の常連になろう、と、酒造りに手抜きはありません。

山形の酒、栄光冨士 大吟醸 古酒屋(こざかや)のひとりよがり (720mL (四合) 瓶 化粧箱入ギフト・包装、「お祝い」熨斗)

Amazon

4,000

山形の酒、栄光冨士 大吟醸 古酒屋(こざかや)のひとりよがり (720mL (四合) 瓶 化粧箱入ギフト・包装、「お祝い」熨斗)

銘柄名:「栄光冨士」 、冨士酒造 醸。 冨士酒造の創業は、安永7年(1778年)。徳川幕府10代将軍「家治」の時代。 戦国武将 加藤清正 の孫娘に連なる加藤家が創業。 清正公愛用の手槍の柄の一部が家宝とし残り、家紋も清正公と同じ「蛇の目」紋。蔵の扉の 装飾にも使われています。 蔵の位置する 鶴岡市 は、日本海に面した 米処、庄内平野 にあり、 江戸時代は庄内藩14万石の城下町。 『奥羽山脈からの風、庄内平野から獲れる良質の米とミネラルを 含んだ井戸水』に恵まれ、古くから 「北の灘」 と称された酒蔵の街。 藩校(致道館;ちどうかん) が作られ、蝦夷(えぞ;今の北海道)と京都の敦賀(つるが;京の都への物流拠点)を繋ぐ 北前船(きたまえせん) の寄港地としても栄え、歴史と文化を今に伝える町です。 また、蔵自体、江戸時代に建築されたものも含め非常に古い建物を今も使用し、テレビドラマのロケ地にも使用されました。 ブランド名「栄光冨士」の由来は、古くから日本の名所を酒の名にする土地の風習から来ています。 創業当時は50軒あった蔵元も今では4軒。 でも、鶴岡の酒造りを継承していこう、金賞受賞の常連になろう、と、酒造りに手抜きはありません。

● 有加藤・ありかとう 純米大吟醸 中汲み 限定品 720ml 販売店限定の新銘柄「有加藤」。フルーティで少し甘味のある純米大吟醸。【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

1,800

● 有加藤・ありかとう 純米大吟醸 中汲み 限定品 720ml 販売店限定の新銘柄「有加藤」。フルーティで少し甘味のある純米大吟醸。【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

販売店限定新銘柄「有加藤・ありかとう」 1778年創業の栄光冨士。現在13代目の当主が酒蔵を切り盛りしていますが、栄光冨士蔵元、加藤家の当主の多くは「有友」「有倫」「有慶」と代々「有」という文字を珍重してきました。 販売店限定の新銘柄として、この「有」と「加藤家」を冠し「有加藤(あり・かとう)」という新しい銘柄を誕生させました。 ありがとう・感謝の気持ちをさりげなく伝えるお酒としてたいへん喜ばれています。 父の日や母の日、そして大事な方への御礼の一品にもぴったりです。 中汲みって何? 蔵元によっては「中汲み」以外に「中取り(中採り)」と明記するところもありますが、意味は同じです。 醪(もろみ)が出来上がり、それを搾って清酒にするわけですが、この搾る段階を指す単語が中汲みです。 まだ、醪を圧搾機の酒袋に入れて、醪の自重で搾られ(というか濾され)て出てくる部分を荒走り(あらばしり)と言います。 その後、圧力をかけて出てくるのが中汲み。 最後に佐瀬式の槽(ふね・圧搾機)であれば、酒袋を積み替えて搾りきった部分を攻めと言います。 段階が進むごとに味が濃くなる(というよりも攻めの部分は雑味がかなり多くなります)傾向にあるため単体では市販されないことが多いです。 フルーティで華やか甘味のある純米大吟醸 上立ち香(うわだちか・グラスに鼻を近づけたときの香り)はとても華やかで香り豊かです。 リンゴを思わせるような香りが心地よく。すぐに飲んでしまう前に少し香りを楽しみたいお酒です。 口に含むと適度な甘さがあります。栄光冨士は代々南部杜氏が酒造りを司ってきましたが、その流れを感じさせます。 栄光冨士にしてはやや飲みごたえも感じますが、バランスは悪くなく華やかな香りと相まって美味しく味わえるお酒です。 飲み頃の温度は低めがお薦め。...

「栄光富士」 古酒屋ひとりよがり大吟醸 720ml 【山形の地酒 純米大吟醸酒 清川屋のお中元・サマーギフト】

清川屋 特産品・フルーツ王国

4,000

「栄光富士」 古酒屋ひとりよがり大吟醸 720ml 【山形の地酒 純米大吟醸酒 清川屋のお中元・サマーギフト】

ギフト対応の詳細はこちらから 配送について ※同梱商品に合わせ、 【冷蔵便】 での配送も可能です。 冷蔵商品と一緒のご注文は、別途クール代金がかかります。 ※【冷凍便】 では配送できません。冷凍商品と一緒のご注文は、別途送料がかかります。(複数個口配送) 注意事項 ◆酒類ご注文の際のご注意◆ ・未成年者の飲酒は法律で禁止されており、20歳未満の方からのご注文はお受けできません。 ・酒類ご注文の方は必ず年齢をご明記ください。 ・1回に申し込む数量の合計は24本までとなっております。 ・当社は酒類通信販売小売業免許を付与されております。 特定名称 大吟醸酒 日本酒度 +3 飲み口 やや辛口 アルコール度 16〜17 原料米 山田錦 精米歩合40% おすすめの飲み方 冷〜常温 内容量 古酒屋のひとりよがり 720ml 保存方法 直射日光、高温多湿を避け、冷暗所で保存し、開封後はお早めにお召し上がりください。 ※開封後は冷蔵庫で保存 製造元 冨士酒造株式会社 山形県鶴岡市大山三丁目32-48 ※包装・パッケージは予告なく変更になる場合がございます。「本当に旨い酒を造りたい」 杜氏の“ひとりよがり”から生まれた名酒 1982年(昭和57年)。まだ日本酒を冷蔵庫に入れて保存すると言う概念自体が無い時代に、『本当に旨いと思える酒を造ろう』と兵庫県産の山田錦を磨き上げ、手間暇を惜しまず仕込んだ、まさに蔵人による『ひとりよがり』なお酒です。 華やかな吟醸香とふくよかな味わい。バランスのとれた味わいは、知る人ぞ知る大吟醸酒です。 安政7年(1778年)創業の 「栄光冨士」は、山形県鶴岡市大山にあります。 蔵の歴史は古く、戦国武将・加藤清正公ゆかりの酒蔵とも言われています。 昔ながらの手造りのお酒を醸しており、「古酒屋のひとりよがり」は...

こちらの関連商品はいかがですか?

米鶴 大吟醸袋どり巨匠 720ml (全国新酒鑑評会 出品酒)

Amazon

5,400

米鶴 大吟醸袋どり巨匠 720ml (全国新酒鑑評会 出品酒)

毎年最も冷え込む時期に、全国新酒鑑評会をはじめとする公的機関の鑑評会で最高賞を獲得するために仕込む「小仕込み大吟醸酒」。 最高の素材、最高の技術、最高の手間暇をかけて造る米鶴の最高級品です。 原料米には兵庫県産山田錦を100%使用。自社の精米機で3日かけて、精米歩合35%まで丁寧に磨き上げ、仕込み総量600kgの白米を15kgごとに機械に任せない人力による洗米と正確な給水を行います。 種麹や酵母の種類も毎年吟味してベストのものを採用します。 酒を搾る時には、事前にアルコールで丁寧に洗浄した木綿の袋にもろみをいれて吊し上げ、圧力をかけない状態で滴り落ちる「袋取り」の手法で清酒にします。これは通常の方法で取れる量の半分しか取れません。 これで終わりではありません。適切なタイミングで滓引きと火入れをしなければ、最高の手法で作られた酒であっても造りたての旨みが損なわれてしまいます。製造責任者である杜氏みずからが酒を利きながら状態を確認して滓引きと火入れを行います。 ビン詰後も常に氷温に近い温度で貯蔵し、皆様の手元に届くまで大切に管理されています。 蔵人が全神経を注ぎ、手間を惜しまず仕込む姿に思いをはせながら、大吟醸の香味をお楽しみ下さい。 商品名 米鶴 大吟醸袋どり巨匠 原料米 山田錦100% 精米歩合 35% アルコール度 16% 日本酒度 +1~+3 酸度 1.1~1.3 使用酵母 山形・1801

天吹 裏大吟醸 愛山 全国新酒鑑評会 金賞受賞 720ml

Let’s enjoy酒生活.酒文化 タナカ

2,700

天吹 裏大吟醸 愛山 全国新酒鑑評会 金賞受賞 720ml

天吹酒造 【容量】 720ml 【ALC度数】 16度 【原料米】 米・米麹・醸造アルコール 【原料米】 愛山 【製造元】 天吹酒造 【保存方法】 冷蔵庫または冷暗所にて 【精米歩合】 40% 【日本酒度】 +6 【発送方法】 通常便にて天吹酒造 佐賀県三養基郡 天吹酒造は創業300年に及ぶ伝統的な造り酒屋です。 日本の風土で育った米・水・麹を材に造られる日本酒は、世界でも有数の美酒といわれています。この3つを原料に、各蔵元の蔵人たちは技を競い、それぞれの味を極めてきました。 酒名「天吹」の名の由来は、蔵元の北東にある天吹山にちなんで、名付けられました。元禄年間・創業以来、300年の歴史をもつ天吹は、実り豊かな佐賀平野で収穫された酒米と脊振山系のまろやかな伏流水を原材料としています。花酵母により育まれた天吹の原酒は、四季変わらぬ気温を保つ地下貯蔵庫の中で静かに熟成され、天然のこくと風味を増していきます。 この蔵には若い息子さんが2人おられて、長男の木下壮太郎氏は商品の企画・営業など蔵の運営をする仕事を、次男の木下大輔氏は杜氏として酒造りを仕切っており山廃や生酛などのこだわりの造りに力を入れています 愛山というお米は最近注目されていますが、金賞受賞は初めての快挙です。 非常にエレガントな香りと大吟醸なのにこの旨み、すごいとしか言いようがありません。 是非1度皆様にのんでいただきたい逸品です。 ギフト対応

奥の松 大吟醸雫酒 十八代伊兵衛 全国新酒鑑評会金賞受賞酒 720ml

伊兵衛の吟醸蔵

5,400

奥の松 大吟醸雫酒 十八代伊兵衛 全国新酒鑑評会金賞受賞酒 720ml

【本年度】全国新酒鑑評会で金賞を受賞したお酒です。 「お酒は20歳から!未成年者への酒類の販売は固くお断りしています!」 内容量 720ml 保存方法 常温 原材料 米、米こうじ、醸造アルコール おいしいお召し上がり方 冷や◎ 常温○ 製造元 奥の松酒造株式会社 商品説明 日本酒度/+2.0 アルコール度/17 酸度/1.1奥の松酒造の「大吟醸雫酒十八代伊兵衛」は、全国新酒鑑評会にて毎年厳しい審査を乗り越え金賞を受賞しております。 鑑評会出品酒としての品質を基準に造られるこのお酒は、蔵人が手間と時間を惜しげもなく贅沢に使った芸術品です。 一度の仕込みから生産できる量は極めて少なく高価ですが、雑味が無く、日本酒の良質な旨味と華やかな香りが凝縮された最上位の大吟醸と言えます。 磨きぬかれた水と米を、伝統の技が醸し出す銘酒の里。 大自然に抱かれた酒造りに最適な環境。 安達太良山に降る雪は、水齢40年の名水「安達太良山の伏流水」として豊に湧き出る仕込み水となり、麓の安達郡は酒米の育成に最適な土地です。 酒米はすべて自社精米し、麹米には酒造好適米を100%使用。 「伊兵衛の吟醸蔵」と讃えられた十六代伊兵衛、その流れをくむ歴代の名杜氏たちが生んだ技は、現在は殿川慶一へと伝承されました。 ”越後流の酒造りによる二本松の酒”は、こだわりの水・米によって誕生しているのです。

大吟醸極聖 昔搾り斗瓶どり 720ml 五年連続全国新酒鑑評会金賞受賞

Amazon

4,644

大吟醸極聖 昔搾り斗瓶どり 720ml 五年連続全国新酒鑑評会金賞受賞

現代の名工である中浜昭夫氏の指導のもと、後継者である若手杜氏が丹精込めて造る当社最高のお酒。じっくりと低温で熟成し、吟醸香と味のバランスのよさをめざし、さわやかさとまろやかさを追求した斗瓶どりの大吟醸酒。冷やまたは常温でお飲みください。高級感ある桐箱入りです。 【全国新酒鑑評会】 平成28酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞 平成27酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞 平成26酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞 平成25酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞 平成24酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞 平成23酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞 平成22酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞 【ワイングラスでおいしい日本酒アワード】 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017 大吟醸酒部門 最高金賞受賞 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016 大吟醸酒部門 金賞受賞 【全国酒類コンクール】 2016年 春季全国酒類コンクール 大吟醸部門 第3位受賞 2015年 春季全国酒類コンクール 普通吟醸・大吟醸部門 第1位受賞 【International Wine Challenge】 International Wine Challenge 2017 Gold Medal 受賞 【全米日本酒歓評会】 第16回2016年度全米日本酒歓評会 大吟醸A部門 準グランプリ受賞 第15回2015年度全米日本酒歓評会 大吟醸A部門 金賞受賞

2016全国新酒鑑評会金賞酒長者盛大吟醸720ml

新潟の地酒・特産 日本酒の長田屋

5,400

2016全国新酒鑑評会金賞酒長者盛大吟醸720ml

香り、舌触り、喉越しと全てにおいてバランスのとれた銘酒です。 香りの質は、桃を思わせます。 旨い酒の基準になる酒だと、思っています。 香り高く、まろやかなきめの細やかな舌触り・・・・・・ ファッと広がり、スッと消えてゆきます・・・。 バランスが素晴らしい・・・・まさに銘酒です。 【酒質データ】鑑評会金賞酒長者盛 原料米 山田錦 日本酒度 +4.0 精米歩合 35% 酸度 1.40 仕込み水 西山連峰伏流水 アミノ酸度 0.9平成28年年全国新酒鑑評会金賞酒 長者盛大吟醸 720ml 【鑑評会とは?】 鑑評会は毎年、期間内に製造された清酒の品質を鑑評することで品質と技術の現状を把握し、 さらに優れた清酒の製造に寄与することを目的に開催されており、各地の国税局が主催するものと、 酒類総合研究所主催の新酒鑑評会(全国規模で公的機関が主催するものでは唯一)とがあります。 「関東信越国税局 酒類鑑評会」は平成11年までは春と秋の年2回行われていましたが、 平成12年は春1回のみ開催。平成13年は春・秋2回。 平成14年からは、秋の1回だけの開催となる予定です。 また、年1回開催されている「全国新酒鑑評会」は、2001年度より国税局醸造研究所が行政特殊法人化され、 独立行政法人 酒類総合研究所の主催に変更になりました。 【新潟銘醸】 大吟醸酒「長者盛」は、関東信越国税局主催の酒類鑑評会において、 平成10年の第67回鑑評会より平成16年開催の第75回鑑評会まで 連続9回「優秀賞」に選ばれました。 中でも平成10年と11年には、新潟県の「県代表酒」になり、 平成11年69回には関東信越国税局「最優秀賞」という名誉ある評価を頂いております。 また、全国新酒鑑評会におきましても、県内上位の成績です。 これからも、皆様に「納得していただける日本酒...

吉村秀雄商店 車坂 純米大吟醸瓶燗原酒 鑑評会出品酒 1800ml

Amazon

4,536

吉村秀雄商店 車坂 純米大吟醸瓶燗原酒 鑑評会出品酒 1800ml

車坂 純米大吟醸瓶燗原酒 鑑評会出品酒何でも冷したお酒が美味しいのか 純米大吟醸だから、燗なんておかしいのだろうか その答えを発見できるお酒です。全国新酒鑑評会(お酒のコンテスト)用に醸された特別なお酒で、兵庫産特Aという最高の山田錦を40%まで精米し、長期低温発酵にて醸されたお酒は、穏やかな吟醸香と山田錦らしい米の旨みをふくよかでしっかり感じることができます。あえて瓶燗原酒を選択した理由は、このお酒のポテンシャルを皆さんにお伝えするには、やはり瓶燗原酒であると判断いたしました。また、2009年純米酒大賞、精米歩合40%台部門でみごと準グランプリを受賞いたしました。確かに香り芳醇系とは違いじっくり付き合い、料理も自然と進み“あー美味しかった”“豊かな時間だった”と感じて頂けるお酒に注目がいかない黒子のようなお酒なのかもしれませんが、きっと、皆様にもじっくりと付き合って、少しだけお酒に目を向けて頂ければご理解頂ける味覚かと思います。できれば秋まで冷暗所で大切に育てて頂き、豊かな時間があるときに美味しいお料理と共に、このお酒をご堪能して頂ければと思います。

天吹 裏大吟醸 愛山 全国新酒鑑評会 金賞受賞 1800ml 佐賀 花酵母

Let’s enjoy酒生活.酒文化 タナカ

5,400

天吹 裏大吟醸 愛山 全国新酒鑑評会 金賞受賞 1800ml 佐賀 花酵母

天吹酒造 【容量】 1800ml 【ALC度数】 16度 【原料】 米・米麹・醸造アルコール 【原料米】 愛山 【製造元】 天吹酒造 【保存方法】 冷蔵庫または冷暗所にて 【精米歩合】 40% 【日本酒度】 +6 【発送方法】 通常便にて天吹酒造 佐賀県三養基郡 天吹酒造は創業300年に及ぶ伝統的な造り酒屋です。 日本の風土で育った米・水・麹を材に造られる日本酒は、世界でも有数の美酒といわれています。この3つを原料に、各蔵元の蔵人たちは技を競い、それぞれの味を極めてきました。 酒名「天吹」の名の由来は、蔵元の北東にある天吹山にちなんで、名付けられました。元禄年間・創業以来、300年の歴史をもつ天吹は、実り豊かな佐賀平野で収穫された酒米と脊振山系のまろやかな伏流水を原材料としています。花酵母により育まれた天吹の原酒は、四季変わらぬ気温を保つ地下貯蔵庫の中で静かに熟成され、天然のこくと風味を増していきます。 この蔵には若い息子さんが2人おられて、長男の木下壮太郎氏は商品の企画・営業など蔵の運営をする仕事を、次男の木下大輔氏は杜氏として酒造りを仕切っており山廃や生酛などのこだわりの造りに力を入れています 愛山というお米は最近注目されていますが、金賞受賞は初めての快挙です。 非常にエレガントな香りと大吟醸なのにこの旨み、すごいとしか言いようがありません。 是非1度皆様にのんでいただきたい逸品です。 ギフト対応

[平成29年新酒鑑評会金賞受賞酒] 若戎 (三重・南青山町)、三重山田錦 大吟醸 「プラチナ」 720ml

Amazon

4,320

[平成29年新酒鑑評会金賞受賞酒] 若戎 (三重・南青山町)、三重山田錦 大吟醸 「プラチナ」 720ml

平成29年5月発表 平成28酒造年度全国新酒鑑評会 金賞受賞酒 ●若戎、三重・山田錦大吟醸 金賞受賞酒720ML 鑑評会は、独立行政法人酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の共催。 毎年春に行われ、明治時代から続く全国規模のお酒のコンテスト、全国新酒鑑評会。 「吟醸」という言葉は、明治の頃に誕生しましたが、「吟味して醸した酒」というほどの意味で、お酒の事象を指す言葉でした。 もともと定義が先にあったわけではありません。 やがて鑑評会・品評会が盛んになると、そこで造られるお酒のことを、「吟醸酒」と呼ぶようになります。 技術の発達とともに、米を選び、よく磨き、酵母も選び、低温で発酵させ、小仕込みで造る…… という造り方が、共通して行われるようになった頃から、吟醸・大吟醸という言葉が定着するようになりました。 蔵元は蔵の威信をかけて挑み、杜氏は自らの技の極限を競い、 掌中の玉を磨くようにして作られる出品酒・大吟醸。 昭和50年代に入るまで、鑑評会出品酒、つまり大吟醸は、市場にほとんど出回らない蔵元秘蔵の酒に等しく、 およそ一般の人が口にする機会はほとんどありませんでした。 今では気軽に飲めるようになりましたが、それでもチャンスがなければ滅多に口にできないのが、 この金賞受賞酒。 出会えたあなたはかなりの幸せ者。 邂逅を喜びながら、最上級の味わいをお召しあがりください。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク