メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「杉玉」検索結果。

杉玉の商品検索結果全5件中1~5件目

送料無料
孝の司 慶祝寿鏡割り(こうのつかさ けいしゅくことぶきかがみわり) 2升樽セット ≪愛知県≫

Amazon

19,300

孝の司 慶祝寿鏡割り(こうのつかさ けいしゅくことぶきかがみわり) 2升樽セット ≪愛知県≫

祈願成就を願う 「鏡開き」はもともと新年の仕事・行事はじめの儀式の一つとして始まりました。「鏡」は円満、「開く」は末広がりを意味しています。 昔から日本では酒を様々な神事を営む際に新酒として供え、祈願がすむと参列者でお酒を酌み交わし、祈願の成就を願う事が習慣となっておりました。 また新酒が樽で供えられていたときには樽の蓋を開けてお酒を振る舞います。酒屋ではこの蓋のことを鏡と呼んでいたことから、鏡開きと言われるようになりました。 神木「杉」の酒樽 酒樽は杉の木で造られています。杉の木は、古くから神木として尊敬信心が厚く、またお酒との関係も深いとされています。大神神社(三輪神社)のいわれにも、酒造家の看板として杉の葉を束ねた「杉玉」を飾って、新酒を祝ったり、商売繁盛や病気・魔除けなどにされたとあります。 また杉の木には殺菌作用があるとして、今日まで酒樽として使用されています。 【樽セット内容】 ・1升樽 ・孝の司 神水仕込 からくち (1升樽の場合1800ML、2升樽の場合3600ML) ・木槌1本 ・木酌1個 ・升2個 【このようなおめでたい時に如何ですか?】 ・お正月 ・敬老の日・父の日・お誕生日 ・記録達成の御祝い ・開店・開業・新築祝い ・披露宴の2次会・パーティ・成人式の演出に ・ゴルフコンペの賞品・ホールインワン記念

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
春鶯囀 純米吟醸 冨嶽 1800ml

Amazon

3,034

春鶯囀 純米吟醸 冨嶽 1800ml

【蔵元の歴史】 寛政二年(1790年)初代当主・萬屋八五郎により、現在の地に酒蔵を開き、「萬」の略字「万」を上下に分けた「一力」から「一力政宗」の酒銘が誕生しました。 創業以来、親しまれた酒銘は、昭和8年(1933年)六代目当主・中込旻の弟 純次と交流の深かった、歌人 与謝野鉄幹・晶子夫妻が、純次の母さとじの歌に興味を持たれ、「一度お会いしたい」と話が持ち上がっていました。 その年の10月、ぶどうが実り紅葉の美しい季節にとの中込旻の計らいにより、2泊3日の甲斐路の旅が実現されました。 与謝野夫妻は、勝沼ぶどう園から昇仙峡に1泊、甲府での歓迎会の後、増穂村の中込家(萬屋醸造店)に宿泊、この度で多くの歌を詠み、その中の一首「法隆寺などゆく如し 甲斐の御酒(みき) 春鶯囀のかもさるゝ蔵」に当主旻は深く感銘し、酒銘を「春鶯囀」へと改め、現在に至っております。 【春鴬囀 冨嶽 純米吟醸】 心地よい酸味とコクのある味わい。 仕込み水は「富士山」より湧き出る天然水を、富士吉田市「北口本宮 富士山浅間神社」の境内より仕込みの時期に採取し使用。 ・アルコール:16.4度 ・日本酒度:+3 ・酸度:1.8 ・精米歩合:60% ・酒米:美山錦

スポンサーリンク
スポンサーリンク