メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「月山酒造銀嶺月山」検索結果。

月山酒造銀嶺月山の商品検索結果全19件中1~19件目

月山酒造 銀嶺月山 大吟醸【限定品】 720ml

山形の地酒処国井酒店

2,700

月山酒造 銀嶺月山 大吟醸【限定品】 720ml

月山酒造 「銀嶺月山」 大吟醸《限定》 厳選した最高級の酒造好適米を40%以下まで自家精米し、熟練の杜氏が吾が子を育てるように大切に醸し上げた至宝の如き日本酒の芸術品です。 数量も極少量の為、限定品として販売させていただきました。月山の自然水(日本名水百選)使用の華やかな香りと凛として上品な味わいを是非お楽しみください。 ◆全国新酒鑑評会受賞実績(過去5年間) [金賞]平成10年、11年、13年、14年 [銀賞]平成12年、16年 [東北鑑評会 優等賞(金賞)] 春秋あわせて17年連続受賞 原料米 山田錦・出羽燦々 精米歩合 40% 日本酒度 +5 酵母 山形酵母 酸度 1.3 アルコール度 16~17度 保管方法 できれば冷蔵 雪 出羽三山の主峰月山は、真夏でも消え残る万年雪を抱え、冬は屋根まで届く雪に埋もれ、酒蔵を覆うこの凛とした厳しい寒さが、酒の香りを引き立たせ、澄んでなおかつ深い味わいを醸し出します。 緑 月山では、通常3000m以上の山岳地帯でしか見られないような、可憐な高山植物を間近で見ることができます。広大なブナの原生林を背景に、その数300種類以上。この豊かな自然が、美しい酒の原点です。 名水 月山万年雪の雪解け水は、地下に浸透し、300~400年の歳月を経て麓一帯に湧き出るといわれています。日本名水百選にも選ばれる、この湧水群の水が当社の「仕込み水」です。

こちらの関連商品はいかがですか?

月山 芳醇辛口純米 1800ml 【日本酒/島根県/吉田酒造】

美好屋酒店

2,263

月山 芳醇辛口純米 1800ml 【日本酒/島根県/吉田酒造】

ギフト対応 「月山」の商品一覧ページ 「月山 芳醇辛口純米」は米の旨味を十分に引き出した 芳醇な酒をコンセプトに五百万石・神の舞を原料にして造られた辛口酒となっております。 穏やかで落ち着いた香り、スッキリとした飲み口の中にも程よい米の旨味が広がる味わいに仕上がっております。 冷や・常温・燗とお好みの温度帯でお楽しみ下さい。 銘柄名 月山 芳醇辛口純米 【日本酒】 原料米 五百万石・神の舞 精米歩合 70% 日本酒度 +9 酸度 1.9 アルコール度数 15度 スペック 純米 産地 島根県安来市 醸造元 吉田酒造月山 芳醇辛口純米 1800ml 【島根県/吉田酒造】 月山の醸造元である吉田酒造さんは島根県の緑豊かな自然環境に恵まれた中山間地の 安来市広瀬町にて文政9年(1826年)に創業以来、ずっと酒造りを行っている伝統ある酒蔵さんです。 「月山 芳醇辛口純米」は米の旨味を十分に引き出した 芳醇な酒をコンセプトに五百万石・神の舞を原料にして造られた辛口酒となっております。 穏やかで落ち着いた香り、スッキリとした飲み口の中にも 程よい米の旨味が広がる味わいに仕上がっております。 冷や・常温・燗とお好みの温度帯でお楽しみ下さい。 当店では毎週日曜日が定休日となっている為、土曜日の12時以降のご注文で 「あす楽」をご希望されている場合は月曜日発送の火曜日到着となります事を予めご了承下さい。

奥の松酒造 純米酒を越えた全米吟醸 1800ml[福島県]

Amazon

2,880

奥の松酒造 純米酒を越えた全米吟醸 1800ml[福島県]

製造元 奥の松酒造(株) 産地 [福島県] 種別 全米吟醸酒 主要原料米 米、米麹 精米歩合 60% アルコール度数 15-16% 容量 1800ml その他 日本酒度/+5 酸度/+3 包装、熨斗、メッセージカード無料ですので、お気軽にご依頼くださいませ。対応させていただきます。指示のない場合は、そのままお届けさせていただきます。何卒、よろしくお願いします。 製造元 奥の松酒造(株) 産地 [福島県] 味わいの特徴 今までの酒造りでは、吟醸酒には香りを引き立て酒質のバランスを取ることを目的に、無味無臭の醸造アルコールを用いることが最善でした。全米吟醸は、奥の松純米酒を蒸留した特長ある米 100 % の醸造アルコールを原材料にすることにより完成した、すべて米を原料とした吟醸酒です。今までにないような、新しい旨さをお楽しみ下さい。 奥の松酒造株式会社 奥の松は、福島県を代表とする日本酒ブランドとして福島の文化を楽しんで頂くことを目標にしてきました。現在は更に世界に広めることが出来ればと思っています。世界中の食材や料理が並ぶ中日本の食卓を、どうしたらもっと豊かにできるだろうか。吟醸蔵を目指してきた「奥の松」のチャレンジは、この問いに対する答えでもあります。伝統を守りながら新しいものに挑み続けています。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク