メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「曙酒造」検索結果。

曙酒造の商品検索結果全327件中1~60件目

【町田酒造】 里の曙 黒糖25度 720ml 【黒糖焼酎】

酒宝庫 MASHIMO

1,382

【町田酒造】 里の曙 黒糖25度 720ml 【黒糖焼酎】

奄美の「湯湾岳」の自然名水と長寿の源と言われる黒糖を使用。 口の中にほんのり甘みが広がり、まろやかさと豊潤な香りが特徴です。 容量:720ml アルコール度数:25度町田酒造株式会社 奄美黒糖焼酎「里の曙」は、口当たりが良く女性にも親しまれる酒として、奄美黒糖焼酎の長い歴史に新たな時代を画しました。芳醇な香りとまろやかな味わい、すっきりした酔い心地は愛飲家を魅了し、発売以来高い評価を頂戴して参りました。創業以来、善意の人びととの不思議なつながり、巡り会わせにより、最高位のご指導を仰ぎ、優れた技術者を招き、常に酒質の安定、向上のために研鑽を重ねて参りました。これからも、謙虚にかつ誠実に努力をいたしたいと考えています。先人たちが、苦難の中で守り育んできた文化でもある奄美黒糖焼酎にさらに磨きをかけ、真心を込めてお客様にお届けして参りたいと思います。また、そのことを通して、地域社会に貢献する企業でありたいと願っているところであります。 黒糖焼酎の歴史 江戸時代に薩摩藩の名越佐源太(ナゴヤサゲンタ)という役人が島流し(現在の小宿農協支所前)にあい、「南島雑話」という書物を残していますが、その中に「焼酎製法の事」として焼酎の造り方が書かれています。名越佐源太は焼酎という言葉を使っていますが、奄美の言葉で焼酎という方言は無く、酒のことを「セー」、蒸溜機の事を「タレ」、酒造り全般 を「セータレ」と呼んでいました。 南島雑話の原文の中で、「桑の実、椎の実、さとう何にても、なりものにて造る。米を以て造る焼酎も色々有り」と書かれてあり、少なくとも江戸時代以前から黒糖焼酎は存在していたと考えられます。奄美は1266年から1608年の340年間琉球王朝支配下にありましたが、文明未開化で王朝支配も徹底し得ない状況にあり、取り扱いも温情であったと言われていますから...

ブラックフライデー
【町田酒造】 里の曙 黒糖25度 1.8L 【黒糖焼酎】

酒宝庫 MASHIMO

2,138

【町田酒造】 里の曙 黒糖25度 1.8L 【黒糖焼酎】

芳醇な香りと、まろやかな味わい。何よりもさわやかな酔い醒めが良い。他社に先駆け、新たな製造技術をいち早く取り入れ、黒糖焼酎のイメージを変えた商品です。 原材料 黒砂糖・米麹 度数 25度 容量 1800ml町田酒造株式会社 奄美黒糖焼酎「里の曙」は、口当たりが良く女性にも親しまれる酒として、奄美黒糖焼酎の長い歴史に新たな時代を画しました。芳醇な香りとまろやかな味わい、すっきりした酔い心地は愛飲家を魅了し、発売以来高い評価を頂戴して参りました。創業以来、善意の人びととの不思議なつながり、巡り会わせにより、最高位のご指導を仰ぎ、優れた技術者を招き、常に酒質の安定、向上のために研鑽を重ねて参りました。これからも、謙虚にかつ誠実に努力をいたしたいと考えています。先人たちが、苦難の中で守り育んできた文化でもある奄美黒糖焼酎にさらに磨きをかけ、真心を込めてお客様にお届けして参りたいと思います。また、そのことを通して、地域社会に貢献する企業でありたいと願っているところであります。 黒糖焼酎の歴史 江戸時代に薩摩藩の名越佐源太(ナゴヤサゲンタ)という役人が島流し(現在の小宿農協支所前)にあい、「南島雑話」という書物を残していますが、その中に「焼酎製法の事」として焼酎の造り方が書かれています。名越佐源太は焼酎という言葉を使っていますが、奄美の言葉で焼酎という方言は無く、酒のことを「セー」、蒸溜機の事を「タレ」、酒造り全般 を「セータレ」と呼んでいました。 南島雑話の原文の中で、「桑の実、椎の実、さとう何にても、なりものにて造る。米を以て造る焼酎も色々有り」と書かれてあり、少なくとも江戸時代以前から黒糖焼酎は存在していたと考えられます。奄美は1266年から1608年の340年間琉球王朝支配下にありましたが、文明未開化で王朝支配も徹底し得ない状況にあり...

ブラックフライデー
福島県 曙酒造 天明 中取り零号 純米無濾過おりがらみ1800ml 要冷蔵

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,628

福島県 曙酒造 天明 中取り零号 純米無濾過おりがらみ1800ml 要冷蔵

  天明 中取り零号瑞穂黄金 中取りシリーズは、すべておりがらみです。 使用しているお米“瑞穂黄金"は会津坂下町にあるお米屋さんが三代にわたり開発し作付けを増やし、会津坂下町で収穫された特別なお米です。 4月後半田植えされた瑞穂黄金は、8月中頃、東北で最初に収穫されるお米でもあります。その瑞穂黄金を使用し天明だけがこのお米でお酒を造っています。 日本酒度はマイナスで酸度が高いスペックです。新酒ならではの酸味とキレ、以外と辛くすっきり感じます。冷蔵庫で熟成すると4月~5月以降には酸味よりも旨味を感じるお酒に変化します。 生酒です。クール便指定(別途有料)でお届けいたします。 またお届後も冷蔵保管してください。 商品画像は2012年撮影です。 2017年度(2017年11月詰) 会津板下産瑞穂黄金100% 9号酵母+自社N 精米歩合65% 日本酒度-2~-4 酸度2.5~3.0 アルコール度数 16度~17度 2016年度(2016年11月詰) 会津板下産瑞穂黄金100% 9号酵母+自社N 精米歩合65% 日本酒度-2~-4 酸度2.5~3.0 アルコール度数 16度~17度 2015年度(2015年11月詰) 会津板下産瑞穂黄金100% 9号酵母+自社N 精米歩合65% 日本酒度-1 酸度2.2 アルコール度数 17度 2014度(2014年12月詰) 会津板下産瑞穂黄金100% 9号酵母 精米歩合65% 日本酒度-3.5 酸度2.4 アルコール度数 17度 2013年度(2013年11月詰) 会津板下産瑞穂黄金100% 9号酵母 精米歩合65% 日本酒度-1 酸度2.5 アルコール度数 17度以上17.5度未満 お米は福島県の検査をパス (放射性物質不検出)しています。 使用している仕込水・醸造用水も 放射性物質不検出です...

ブラックフライデー
町田酒造 黒糖焼酎 里の曙【瑞祥】ずいしょう) 1800ml瓶

Amazon

2,052

町田酒造 黒糖焼酎 里の曙【瑞祥】ずいしょう) 1800ml瓶

町田酒造さんは、「減圧蒸留」を奄美大島で一番最初に導入した蔵元だそうですそんな蔵元さんが、今回、常圧蒸留 によって製造した里の曙【瑞祥】発売【減圧蒸留】【常圧蒸留】違い 減圧蒸留では蒸留缶内の圧力を低くし、もろみの温度は60℃以下、もろみの熱変化が少ない 状態で蒸留するので、爽やかな香り、軽快な味の焼酎ができるが、常圧蒸留(大気圧下での 蒸留)では約100℃まで上がり、もろみはいわゆる「煮えた」状態のおいしそうな香りに変わり、深みのある香り、厚みのある味の焼酎ができると言われています味わい 黒糖焼酎は甘い香りがあり誤解されがちですが、当分はゼロですので、ヘルシーなお酒 として、女性の方からも人気があります減圧 蒸留黒糖焼酎「里の曙」は爽やかな香り、軽くスッキリした味わいが特徴だが、常圧 蒸留黒糖焼酎「里の曙『瑞祥』」は「里の曙」特有の「軽快な口当たりときれいな味」 を保ちながら、「深みのある香り」と「厚みのあるうま味」が加わった焼酎ファンも納得の 味わいとなっていますおすすめの飲み方 ロック・水割り・お湯割り全て美味しくいただけますが、一口目は是非ストレートでその旨味をお試し下さいまずはストレートで楽しんでから、お湯割り にするのが一番の お気に入りです《商品データ》産地:鹿児島県名瀬市製造元:町田酒造株式会社原材料:黒糖度数: 25度内容量:1800ml瓶保存方法:冷暗所保存

【曙酒造】一生青春 吟醸 1800ml

ワイン紀行

3,240

【曙酒造】一生青春 吟醸 1800ml

□コメント 今、心の豊かさの時代。いつまでも、いくつになっても、青春の心を持ち続ける人生を応援する、味わい深い吟醸酒。 一生青春の文字は、世界文化賞を受賞された高橋藤園先生95歳によるものです。 40日の低温長期もろみで手造りし、フネと呼ばれる古式の圧搾機より流れ出た酒を瓶に詰めました。食事をじゃましない心地よい吟醸香と米からの自然の色と旨み。すっきりした後味をお楽しみ下さい。 □酒造 曙酒造 [福島県会津坂下町] □特徴 日本酒度:+3.0 酸度:1.4 アルコール分:15.5度 飲み頃温度:◎お冷や |progress 前に進む 四季豊かな福島県、会津。明治三七年、曙酒造はこの地で生まれました。以前は、現在ほどの石高も無く、家族でつくる酒蔵でした。地元の方に愛して頂いた、「曙」は百年が経ち、今もなお、変わらない味を造り続けています。 代々受け継がれてきた良きものを次代へ。 曙酒造の基本スタイルです。 しかし、戦後のめまぐるしい発展は大きく日本の食文化を変化させました。 この、変化の中、昔と変わらず曙酒造のお酒を愛飲して頂くにはどうすれば良いか。現在の五代目蔵元は「人の輪の中で舌鼓を打たせ続ける酒」を目指しています。  その為に、今の蔵元には何が必要か。そしていきついたのが「良きものはそのままに、変えるべきは変える。」 「今の日本に合う日本酒とは何か」を考えながら、曙酒造はゆっくりと前に進んでいます。 |challenge 挑む 「去年よりさらに良いものを」をコンセプトに天明は造られています。 それは、常に「最高」に挑み続ける姿勢であると私たちは考えています。 米の本来の個性、そして蔵人の個性。 稲の収穫をお客様とおこない、お客様と共に造る酒「亀の尾」や 地元、会津坂下産の酒造好適米である、五百万石を使用した、「純米...

ブラックフライデー

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク