メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「明るい農村」検索結果。

明るい農村の商品検索結果全374件中1~60件目

芋焼酎 明るい農村 【 赤芋 】 25度 720ml

焼酎商店

1,356

芋焼酎 明るい農村 【 赤芋 】 25度 720ml

商 品 詳 細 【商品名】 明るい農村 【内容量】 720ml 【原材料】 赤芋・米こうじ 【蔵元名】 さつま霧島酒造 (鹿児島県姶良郡霧島町) 【生産地】 鹿児島 【賞味期限】 賞味期限は、ございませんが 直射日光のあたる場所での 保存は、避けてください。 【その他】 未成年者の飲酒は法律で禁止されています。未成年者の方への酒類の販売はお断りいたします。明るい農村 赤芋 霧島町は、人口5,000人の小さな農村。 1,000mを越える山々が連なり、 火口湖が景観に彩をそえます。 「明るい農村」の蔵は、町の中心部と鹿児島最大の神社「霧島神宮」のほぼ中間のところにあります。 蔵の背後には、高千穂峰がそびえ、美しい霧島川が流れています。とても豊かな自然環境です。 蔵の能力は年間800石ほど。 鹿児島でも、もっとも小さな蔵の一つです。 農村の魂と汗の結晶である、さつま芋と米、そして霧島山系の清水から生まれた「かめ壺焼酎・明るい農村」。 かめ壺仕込み。   赤芋仕込み「明るい農村」は 仕込に綾紫(アヤムラサキ)芋を使用しました。 アヤムラサキは文字通り、赤紫色をしています。 赤芋はポリフェノールを豊富に含んでおり、 抗酸化作用があり、 体に良い食べ物としても知られています。 赤いラベルは、黄金色に染まった田んぼが、 オレンジ色の夕日に照らされて、 稲穂が輝いて見える、そんな「実りの秋」を イメージして作られています。 やさしい、芋の香りと味、 ちょいフルーティーで、通常の 紫芋仕込みの焼酎と、比較すると、 こちらの方が芋ぽさが、 残っているみたいですね。 私のお勧め、ロック、水割り。

赤芋全量 明るい農村 1800ml

Amazon

3,188

赤芋全量 明るい農村 1800ml

赤芋100%の芋焼酎「赤芋全量 明るい農村」(赤芋、赤芋麹)です。 一般的な芋焼酎は、麹づくりで、赤芋ダイス「お米(米麹)」が使われますが、この「赤芋全量」焼酎は、お米を一粒も使っておらず、代わりに赤芋を小さくカットした「赤芋ダイス」を蒸し、麹菌をつけ「赤芋麹」とし、さらに赤芋を加えて焼酎にしました。 さらに蒸した赤芋を加えて仕込み、赤芋全量焼酎ができあがりました。 封をきると、赤芋本来の独特の香り。赤芋100%だけの芋焼酎は、こんな風味なのか!と感じ入ってしまうほどです。 「赤芋仕込み 明るい農村」(赤芋・米麹)との、味わいの差をぜひ、お楽しみください。 通常、芋焼酎は「米麹」を使いますが、1930年ごろ、戦時中の米不足により、芋麹焼酎に変わっていきました。終戦後も米不足がつづいたため、切り干しさつまいもでつくられたことがあります。 官能的には、米麹の芋焼酎に比べ、甘い香りのモノテルペンアルコール含有量が多いため、上品で香り高く、繊細かつ厚みのある風味です。もちろん、この頃使われていたのは、白系のさつまいもです。 赤芋全量焼酎の出現は、ここ数年間のことで、赤芋全量明るい農村は、とても希少なものです。 ※発売時期は11月の季節限定商品です。

霧島町蒸留所【芋焼酎25度】百姓百作 さつままさり1,800ml【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_九州】【あす楽...

まじめ酒屋

2,570

霧島町蒸留所【芋焼酎25度】百姓百作 さつままさり1,800ml【あす楽対応_北陸】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_九州】【あす楽...

創業は明治44年。日本で最初の国立公園に指定された霧島の麓、天孫降臨で知られる霊峰、高千穂の峰が良く見える、この地に霧島町蒸留所があります。「明るい農村」、「農家の嫁」そして、「百姓百作」これが、「霧島町蒸留所」の農村三部作です。 「さつままさり(九州153号) 」は、淡い黄色の外皮、中が黄色のさつまいもです。 黄金千貫と比べると、形が美しく、貯蔵性も良く、焼酎用さつま芋として、特に優れているため、薩摩優(さつままさり)と呼ばれます。 甘くフルーティな香りに、すっきりとした味わいをお楽しみください。 ※次回発売は、未定です。売切れの際は、ご容赦ください。 さつまいもは約2000以上の品種があるといわれますが、「百姓百作シリーズ」では、そのうち100品種に挑戦し、どんな芋でも、おいしい焼酎をつくることができる技術の習得に努めています。明るい農村の挑戦は、続きます。 ■「百姓百作」の由来 弊社は、鹿児島県の旧霧島町にあります。とても明るい農村です。農村には、お百姓さんたちがいます。 お百姓さんは、田んぼで田植えから、半年の時間を費やし米を育てます。同時に、畑ではトマト、ナス、かぼちゃ、いんげん、大根、にんじん、ごぼう、里芋、レタス・・・など、季節ごとに色んな種類の野菜を作ります。そして間伐をしたり薪木を集めたりの山仕事。自宅では牛や鶏を飼い、世話をしつつ、仕事の合間には、鳥小屋などの、必要なものを何でも自分で作ります。 福岡県嘉穂郡桂川町寿命にお住まいの古野隆雄さんがいつも使われている言葉です。こうやって、百の仕事をするから、「百姓」なんです。そして必要な物を、何でも作るから「百作」です。創意工夫の世界、それが「百姓百作」です。 ※「百姓百作」には、古野農場さんの作物は使用しておりません。   内容量・度数 1,800ml...

赤芋全量 明るい農村 720ml

Amazon

1,625

赤芋全量 明るい農村 720ml

赤芋100%の芋焼酎「赤芋全量 明るい農村」(赤芋、赤芋麹)です。 一般的な芋焼酎は、麹づくりで、赤芋ダイス「お米(米麹)」が使われますが、この「赤芋全量」焼酎は、お米を一粒も使っておらず、代わりに赤芋を小さくカットした「赤芋ダイス」を蒸し、麹菌をつけ「赤芋麹」とし、さらに赤芋を加えて焼酎にしました。 さらに蒸した赤芋を加えて仕込み、赤芋全量焼酎ができあがりました。 封をきると、赤芋本来の独特の香り。赤芋100%だけの芋焼酎は、こんな風味なのか!と感じ入ってしまうほどです。 「赤芋仕込み 明るい農村」(赤芋・米麹)との、味わいの差をぜひ、お楽しみください。 通常、芋焼酎は「米麹」を使いますが、1930年ごろ、戦時中の米不足により、芋麹焼酎に変わっていきました。終戦後も米不足がつづいたため、切り干しさつまいもでつくられたことがあります。 官能的には、米麹の芋焼酎に比べ、甘い香りのモノテルペンアルコール含有量が多いため、上品で香り高く、繊細かつ厚みのある風味です。もちろん、この頃使われていたのは、白系のさつまいもです。 赤芋全量焼酎の出現は、ここ数年間のことで、赤芋全量明るい農村は、とても希少なものです。 ※発売時期は11月の季節限定商品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク