メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「明るい農村」検索結果。

明るい農村の商品検索結果全326件中1~60件目

黄金全量 明るい農村 720ml【あかるいのうそん】【限定品】【芋麹使用】【霧島町蒸留所】【さつま霧島酒造】【かめ臺焼酎】【芋焼酎】【鹿児島県】【本格焼酎】

新潟地酒 岸本商店

1,625

黄金全量 明るい農村 720ml【あかるいのうそん】【限定品】【芋麹使用】【霧島町蒸留所】【さつま霧島酒造】【かめ臺焼酎】【芋焼酎】【鹿児島県】【本格焼酎】

「黄金芋全量 明るい農村」は、黄金芋100%(黄金芋、黄金芋麹)の芋焼酎です。 通常、芋焼酎は米麹を使いますが、「黄金全量 明るい農村」は、お米を一粒も使わず、代わりに黄金千貫(こがねせんがん)を小さくカットした「コガネイモダイス」を蒸し、麹菌をつけ「黄金芋麹」とし、さらに蒸したさつまいもを加えて醸しました。 さつま芋そのもののピュアな香りと、すっきり、キレのある風味です。 黄金芋100%の純粋な純粋な芋焼酎を、ぜひご堪能ください。 <黄金千貫の由来> 焼酎用さつま芋として一般的な黄金芋(黄金千貫・こがねせんがん)は、食べて美味、焼酎にしてもおいしいと人気があり、「黄金を千貫積んでも値打ちがある芋」という意味からきています。 ※発売時期は2月の季節限定商品です。 酒類 : 芋焼酎(常圧蒸留) アルコール度数 : 25% 原材料 : さつまいも(黄金千貫) 芋麹(黄金千貫) 蔵元 : 霧島町蒸留所 生産地 : 鹿児島県霧島市創業は明治44年(1911年)。日本で最初の国立公園に指定された霧島のふもと、この大自然に囲まれた中にある小さな蔵が「霧島町蒸留所」です。 蔵の背後には、天孫降臨の地として、また坂本竜馬の新婚旅行の山としても知られる高千穂峰がそびえ、美しい霧島川が流れている、とても自然豊かな環境です。 103年前の貴重な日本製の和がめが焼酎製造場内に53本ありますが、1つ1つ色も形も大きさも、同じものは一つとしてありません。100年前の日本の職人さんが作ったとても貴重な手づくりのかめ壺で「明るい農村」はつくられています。 地下105mlから湧き出る霧島の美味しい水はミネラルをたくさん含まれている中硬水です。特筆すべきはサルフェート(=硫酸塩。マグネシウムなどのミネラル成分と硫酸基が結合してできたもの)の数値が高く...

赤芋全量 明るい農村 1800ml

Amazon

3,188

赤芋全量 明るい農村 1800ml

赤芋100%の芋焼酎「赤芋全量 明るい農村」(赤芋、赤芋麹)です。 一般的な芋焼酎は、麹づくりで、赤芋ダイス「お米(米麹)」が使われますが、この「赤芋全量」焼酎は、お米を一粒も使っておらず、代わりに赤芋を小さくカットした「赤芋ダイス」を蒸し、麹菌をつけ「赤芋麹」とし、さらに赤芋を加えて焼酎にしました。 さらに蒸した赤芋を加えて仕込み、赤芋全量焼酎ができあがりました。 封をきると、赤芋本来の独特の香り。赤芋100%だけの芋焼酎は、こんな風味なのか!と感じ入ってしまうほどです。 「赤芋仕込み 明るい農村」(赤芋・米麹)との、味わいの差をぜひ、お楽しみください。 通常、芋焼酎は「米麹」を使いますが、1930年ごろ、戦時中の米不足により、芋麹焼酎に変わっていきました。終戦後も米不足がつづいたため、切り干しさつまいもでつくられたことがあります。 官能的には、米麹の芋焼酎に比べ、甘い香りのモノテルペンアルコール含有量が多いため、上品で香り高く、繊細かつ厚みのある風味です。もちろん、この頃使われていたのは、白系のさつまいもです。 赤芋全量焼酎の出現は、ここ数年間のことで、赤芋全量明るい農村は、とても希少なものです。 ※発売時期は11月の季節限定商品です。

茜霧島25°900ml&蔵八屋20°900ml&明るい農村(赤)25°720ml ≪箱無し 3本セット≫

チャップリン楽天市場店

4,780

茜霧島25°900ml&蔵八屋20°900ml&明るい農村(赤)25°720ml ≪箱無し 3本セット≫

●茜霧島 芋25°900ml【年2回の限定品】 『茜霧島』は、1916年の創業以来、長きに渡って培ってきた醸造技術をベースにしながら、研究開発から商品化に至るまで約9年の歳月を経て、これまでの本格焼酎とは異なる、まったく新しいコンセプトで開発された新商品です。 ●蔵八屋 麦20°900ml【大分限定品】 焼酎造りに最適な厳選した大麦と、豊かな水量を誇る天然日田の清らかな美味しい水を使用して造り上げました。さらに白麹仕込と黒麹仕込の原酒を絶妙なバランスでブレンドすることで、麦の香り、旨みを引き出すとともに、水の美味しさを生かしてスッキリとした喉越しに仕上げました。 ●明るい農村(赤) 芋25°720ml 赤芋仕込み「明るい農村」は仕込に綾紫(アヤムラサキ)芋を使用しています。アヤムラサキは文字通り、赤紫色をしています。赤芋はポリフェノールを豊富に含んでおり、抗酸化作用があり、体に良い食べ物としても知られています。 ※【専用3本箱無し】の為、贈り物の場合は別途【ギフト用かぶせ箱(3本用)】を選択してください。選択されていない場合はリサイクル箱(空き箱等)にて発送させていただきます。

赤芋全量 明るい農村 720ml

Amazon

1,625

赤芋全量 明るい農村 720ml

赤芋100%の芋焼酎「赤芋全量 明るい農村」(赤芋、赤芋麹)です。 一般的な芋焼酎は、麹づくりで、赤芋ダイス「お米(米麹)」が使われますが、この「赤芋全量」焼酎は、お米を一粒も使っておらず、代わりに赤芋を小さくカットした「赤芋ダイス」を蒸し、麹菌をつけ「赤芋麹」とし、さらに赤芋を加えて焼酎にしました。 さらに蒸した赤芋を加えて仕込み、赤芋全量焼酎ができあがりました。 封をきると、赤芋本来の独特の香り。赤芋100%だけの芋焼酎は、こんな風味なのか!と感じ入ってしまうほどです。 「赤芋仕込み 明るい農村」(赤芋・米麹)との、味わいの差をぜひ、お楽しみください。 通常、芋焼酎は「米麹」を使いますが、1930年ごろ、戦時中の米不足により、芋麹焼酎に変わっていきました。終戦後も米不足がつづいたため、切り干しさつまいもでつくられたことがあります。 官能的には、米麹の芋焼酎に比べ、甘い香りのモノテルペンアルコール含有量が多いため、上品で香り高く、繊細かつ厚みのある風味です。もちろん、この頃使われていたのは、白系のさつまいもです。 赤芋全量焼酎の出現は、ここ数年間のことで、赤芋全量明るい農村は、とても希少なものです。 ※発売時期は11月の季節限定商品です。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク