メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「明るい農村」検索結果。

明るい農村の商品検索結果全326件中1~60件目

赤芋全量 明るい農村 1800ml

Amazon

3,188

赤芋全量 明るい農村 1800ml

赤芋100%の芋焼酎「赤芋全量 明るい農村」(赤芋、赤芋麹)です。 一般的な芋焼酎は、麹づくりで、赤芋ダイス「お米(米麹)」が使われますが、この「赤芋全量」焼酎は、お米を一粒も使っておらず、代わりに赤芋を小さくカットした「赤芋ダイス」を蒸し、麹菌をつけ「赤芋麹」とし、さらに赤芋を加えて焼酎にしました。 さらに蒸した赤芋を加えて仕込み、赤芋全量焼酎ができあがりました。 封をきると、赤芋本来の独特の香り。赤芋100%だけの芋焼酎は、こんな風味なのか!と感じ入ってしまうほどです。 「赤芋仕込み 明るい農村」(赤芋・米麹)との、味わいの差をぜひ、お楽しみください。 通常、芋焼酎は「米麹」を使いますが、1930年ごろ、戦時中の米不足により、芋麹焼酎に変わっていきました。終戦後も米不足がつづいたため、切り干しさつまいもでつくられたことがあります。 官能的には、米麹の芋焼酎に比べ、甘い香りのモノテルペンアルコール含有量が多いため、上品で香り高く、繊細かつ厚みのある風味です。もちろん、この頃使われていたのは、白系のさつまいもです。 赤芋全量焼酎の出現は、ここ数年間のことで、赤芋全量明るい農村は、とても希少なものです。 ※発売時期は11月の季節限定商品です。

赤芋全量 明るい農村 720ml

Amazon

1,625

赤芋全量 明るい農村 720ml

赤芋100%の芋焼酎「赤芋全量 明るい農村」(赤芋、赤芋麹)です。 一般的な芋焼酎は、麹づくりで、赤芋ダイス「お米(米麹)」が使われますが、この「赤芋全量」焼酎は、お米を一粒も使っておらず、代わりに赤芋を小さくカットした「赤芋ダイス」を蒸し、麹菌をつけ「赤芋麹」とし、さらに赤芋を加えて焼酎にしました。 さらに蒸した赤芋を加えて仕込み、赤芋全量焼酎ができあがりました。 封をきると、赤芋本来の独特の香り。赤芋100%だけの芋焼酎は、こんな風味なのか!と感じ入ってしまうほどです。 「赤芋仕込み 明るい農村」(赤芋・米麹)との、味わいの差をぜひ、お楽しみください。 通常、芋焼酎は「米麹」を使いますが、1930年ごろ、戦時中の米不足により、芋麹焼酎に変わっていきました。終戦後も米不足がつづいたため、切り干しさつまいもでつくられたことがあります。 官能的には、米麹の芋焼酎に比べ、甘い香りのモノテルペンアルコール含有量が多いため、上品で香り高く、繊細かつ厚みのある風味です。もちろん、この頃使われていたのは、白系のさつまいもです。 赤芋全量焼酎の出現は、ここ数年間のことで、赤芋全量明るい農村は、とても希少なものです。 ※発売時期は11月の季節限定商品です。

送料無料
炭火焼芋 農家の嫁 赤芋 明るい農村 明るい農村 1800ml×三種飲み比べセット

Amazon

7,996

炭火焼芋 農家の嫁 赤芋 明るい農村 明るい農村 1800ml×三種飲み比べセット

内容量1800ml×3本セット原材料【農家の嫁】焼芋・鹿児島県 産黄金千貫・米麹【赤芋 明るい農村】赤芋・米麹 【明るい農村】さつま芋・米麹製造元:霧島町蒸留所商品説明:アルコール度数25度。【送料無料】【農家の嫁】鹿児島県産の黄金千貫を、溶岩プレート釜を使い、種子島産・薩摩椎(サツマジイ)の炭火で、じっくり焼いた炭火焼芋を使用した貴重な焼芋焼酎です。焼芋にした事で、さつまいもが濃縮され、香ばしさとコクのある甘みを持った芋焼酎になりました。【赤芋 明るい農村】芋焼酎の多くはコガネセンガン(白芋ともいう)で仕込まれています。この焼酎の原料であるアヤムラサキ(赤芋)は、文字通り赤紫色をした芋です。またポリフェノールを豊富に含んでおり、体に良い食べ物としてもよく知られています。赤芋仕込「明るい農村」は、赤芋によるフルーティな香りと、やさしい甘さ、すっきりした飲み口が特徴のいも焼酎です。【明るい農村】黒麹と白麹の原酒をブレンドし、コクとキレの良さを追求しました。どちらかといえば、昔風味のやや辛口で食中酒としてよく合います。蒸し芋の香りと深いコク、余韻をお楽しみください。

霧島町蒸留所 黄金(おうごん)ハツダレ 明るい農村 44度 300ml (芋焼酎)

はせがわ

2,571

霧島町蒸留所 黄金(おうごん)ハツダレ 明るい農村 44度 300ml (芋焼酎)

商品説明生産地鹿児島県霧島市霧島田口564-1 製造元霧島町蒸留所銘柄名明るい農村 焼酎分類芋焼酎原材料さつまいも・米麹(国産米)麹白麹(20%)・黒麹(80%) 蒸留方法単式・常圧アルコール度数44度内容量 300ml飲み方冷凍庫でキンキンに冷やしてストレート、お湯割り、水割り、オン・ザ・ロック、ストレート保存方法直射日光を避け、冷暗所に保存。蒸留の際、最初に得られる部分は「初留取り(しょりゅうどり)」や「ハナタレ」、「初垂れ(ハツダレ)」と呼ばれております。 芋焼酎の蒸留過程では、「初垂れ(ハツダレ)」 「中垂れ(ナカダレ)」 「末垂れ(スエダレ)」の順に出てきますが、最初の「初垂れ」が一番高濃度です。 (ハツダレは、一度の仕込みのうち全体の1/100程しかとれません) 「黄金ハツダレ」は、その高濃度の「初垂れ」を80日間の間、毎日採取し、製造所内の、かめ壺にて熟成した希少な焼酎です。 高アルコールのお酒らしく、香りをかぐと揮発性の液体らしいアルコール感を感じます。ただ、その中にもメロンや蒸し芋、生クリームを感じる気がします。 アルコールは実際に甘くはないのですが、度数が高いと甘く感じられます。 その為か、円やかでありながら、キレの良い甘味があり、マロングラッセや、甘く蒸かしたさつまいも、少しハチミツを感じる様な味わいです。 そのまま、ストレートで飲んでも美味しいですが、アルコール度数が高いので、オン・ザ・ロックや水割り、お湯割り、もしくは蔵元が勧める冷凍庫でキンキンに冷やして、トロ~リとなったところを少量ずつ、一気に飲むといのも良いかもしれません。

ブラックフライデー

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク