メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「日本酒雄町」検索結果。

日本酒雄町の商品検索結果全774件中1~60件目

● 楯野川 純米大吟醸 雄町 限定流通品 720ml フルーティで軽快。すいすい飲める口当たりの良い雄町 【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

山形の地酒ワイン特産品 木川屋

1,782

● 楯野川 純米大吟醸 雄町 限定流通品 720ml フルーティで軽快。すいすい飲める口当たりの良い雄町 【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】

楯野川では四年ぶりとなる雄町を使用して醸した純米大吟醸 精米機や麹室など、着々と設備を整えより高品質な酒を目指している楯野川。 雄町を使用した酒は四年ぶりとなります。 雄町は岡山生まれの米の品種ですが、かつては山田錦と双璧をなしたほどの名品種。香りの山田、味の雄町とも呼ばれた旨味のある味わいになる米です。 楯野川の酒は全体的に軽快な味わいが特徴。太く、重い味になりがちな雄町を楯野川がどう醸したか、たいへん興味があるところです。 楯野川の雄町 早速スタッフで試飲を行いました。雄町ということで先入観を持たないようにブラインドでテイスティングをします。 上立ち香は、華やか。あまり派手な香りがしないのが雄町なので、言われないと雄町とは思わないほどです。 酸度は1.4と現在の造りにしてはやや高めではありますが、15%の低めのアルコール度数もあってか口当たりもよく、スッと口中に旨味が広がります。 のどごしも良好で雄町特有の重さが無いので、すいすいと飲めてしまいます。 角の取れたまろやかな旨味と飲みやすさがバランスした、どなたにでも気軽に楽しんで頂ける雄町に仕上がっています。 飲みごたえや旨味を味わいたい方は、常温にしてお楽しみ下さい。 楯野川販売店のなかでも全国で30数店のみの取り扱いとなる限定流通品シリーズの一本です。 このお酒の成分 原料米 雄町 精米歩合 50% 酵母 山形KA・山形31号 日本酒度 +4 酸度 1.4 アルコール 15% 補足情報 飲み頃温度 保管方法 冷暗所 化粧箱 なし 箱入れ希望の場合 720ml 別途108円 1800ml 別途162円フルーティで軽快。すいすい飲める口当たりの良い雄町。 楯野川 純米大吟醸 雄町 限定流通品

モダン仙禽 雄町720ml

増田屋本店

1,728

モダン仙禽 雄町720ml

限定品のため、品切れの際にはご容赦下さい。 【株式会社せんきん 薄井一樹専務のコメント】 今年の雄町の稲穂はワイルド感をあまり感じず、均整のとれた生え方をしていました。美しく整然と生え育った田園風景を覚えています。収穫した後、原料処理からお米の硬質感を感じましたが、むしろ雄町米はイヤでも味が出てくるし、時間の経過とともにダレも出てくる。したがって固く綺麗にまとめた方が、だらしなくならなくて良いのです。今年は軽快で透明感溢れるように仕上げました。 透明感あるやさしいフローラルな香りを感じます。『みずみずしい』という表現があてはまります。果実をしぼったかのような発散するみずみずしい香りが雄町の美しさを物語ります。味わいも透明感溢れ、控えめな甘味と酸味が果実感に溢れています。 ■適した引用温度帯:8℃〜 13℃(あまり常温にならないように) ■相性の良い料理例:繊細で美しい酸の特徴を生かすため、基本的にはシンプルな料理との相性が良い。 帆立貝とグレープフルーツのサラダ、モッツァレラチーズとトマトのサラダ、生ハムとルッコラのサラダ、焼きモッツァレラチーズ、生春巻きサルサソース、ピザマルゲリータ、茹でホワイトアスパラガス、白身魚の薄造り ゆずポン酢、蒸し鶏の冷製、鮎の塩焼きタテ酢、夏野菜のラタトゥユ、焼きなすの白味噌かけ、茄子のオリーブオイル炒め、帆立貝の酒蒸など 4月1日〜9月30日まで品質保持のため、チルド便(冷蔵便)でお届けいたします。1個口につき別途160円掛かりますので、予めご了承下さいませ。 原料米 精米歩合 仕様 アルコール分 栃木県さくら市産 雄町(ドメーヌ・さくら雄町) (麹)40% (掛)50% 無濾過原酒・ 瓶囲い瓶火入れ 16%(原酒)

天吹 純米 山廃仕込 雄町 1800ml

Let’s enjoy酒生活.酒文化 タナカ

2,365

天吹 純米 山廃仕込 雄町 1800ml

天吹酒造 【容量】 1800ml 【ALC度数】 15〜16度 【原料米】 米・米麹 【原料米】 雄町 【製造元】 天吹酒造 【保存方法】 高温多湿をさけて 【精米歩合】 65% 【日本酒度】 +4 【発送方法】 通常便にて 【asu_ny121226】【asu_ny121227】【asu_ny121228】【asu_ny121229】【asu_ny121230】【asu_ny121231】【asu_ny130106】【asu_ny130107】天吹酒造 佐賀県三養基郡 天吹酒造は創業300年に及ぶ伝統的な造り酒屋です。 日本の風土で育った米・水・麹を材に造られる日本酒は、世界でも有数の美酒といわれています。この3つを原料に、各蔵元の蔵人たちは技を競い、それぞれの味を極めてきました。 酒名「天吹」の名の由来は、蔵元の北東にある天吹山にちなんで、名付けられました。元禄年間・創業以来、300年の歴史をもつ天吹は、実り豊かな佐賀平野で収穫された酒米と脊振山系のまろやかな伏流水を原材料としています。花酵母により育まれた天吹の原酒は、四季変わらぬ気温を保つ地下貯蔵庫の中で静かに熟成され、天然のこくと風味を増していきます。 この蔵には若い息子さんが2人おられて、長男の木下壮太郎氏は商品の企画・営業など蔵の運営をする仕事を、次男の木下大輔氏は杜氏として酒造りを仕切っており山廃や生酛などのこだわりの造りに力を入れています 花酵母を使った、山廃仕込のお酒です。 酒米は岡山県の雄町で花酵母はマリーゴールドの組み合わせでさわやかな酸味を持つ味わいの深い山廃仕込みのお酒に仕上がりました。 雄町のよさを十分に引き出し、燗にするとさらにうまさ抜群です。 【asu_ny101224】【asu_ny101225】【asu_ny101226】【asu...

澤屋まつもと 守破離 雄町1800ml

増田屋本店

3,348

澤屋まつもと 守破離 雄町1800ml

限定品のため、品切れの際にはご容赦下さい。 【松本酒造株式会社 松本日出彦杜氏のコメント】私が杜氏を務めさせて頂いて、今季が6年目となります。酒造りのコンセプト、自分たちの表現したいことが明確になり、状況が変化してから3年経ちます。皆様のお力添えで、ほぼ白純米酒500石だけだった澤屋まつもとが、瓶燗瓶貯のフレッシュな雄町55%、山田錦50%などが成長して1500石になりました。これも偏に皆様に応援頂いた結果でございます。心より御礼申し上げます。皆様にご案内させて頂く商品の量と種類が増えてきた今、改めてラインナップの整理を行い、和たちのメッセージをより明確にさせて頂きたいと思います。 〜日本酒の本当の価値は酒米の産地にある〜 この3年間、様々な産地、品種の米を醸してまいりましたが同じ品種でも産地によって歴然とした違いがありました。日本酒において産地の価値はあまり取り上げられることはありませんが、当然のことながら米の産地には普遍的な価値があります。私たちは、酒米の産地の価値をもっともっと伝えていきたいと思っております。そこで今回のラインナップ整理を行い、飲んで頂くお客様にも取り組んで頂く酒販店の皆様にも産地の価値を共有して頂ければと思っております。当然、産地を特定して日本酒を造っていくということは、産地で起こり得る自然災害などのリスクも背負わなければなりません。しかし、リスクを恐れては真実は伝わらないという想いで決断いたしました。今ある既存の価値観に加えて、米の産地に対する価値が高まり、日本酒の価値をもっともっと高めることで、未熟な我々を応援して下さる皆様に対して、ご恩をお返ししたいと思っております。その為に、今シーズンより私たちは新たな取り組みをいたします。 この商品の特徴 岡山県岡山市中区の雄町で醸したフレッシュな食中酒...

澤屋まつもと 守破離 雄町720ml

増田屋本店

1,674

澤屋まつもと 守破離 雄町720ml

限定品のため、品切れの際にはご容赦下さい。 【松本酒造株式会社 松本日出彦杜氏のコメント】私が杜氏を務めさせて頂いて、今季が6年目となります。酒造りのコンセプト、自分たちの表現したいことが明確になり、状況が変化してから3年経ちます。皆様のお力添えで、ほぼ白純米酒500石だけだった澤屋まつもとが、瓶燗瓶貯のフレッシュな雄町55%、山田錦50%などが成長して1500石になりました。これも偏に皆様に応援頂いた結果でございます。心より御礼申し上げます。皆様にご案内させて頂く商品の量と種類が増えてきた今、改めてラインナップの整理を行い、和たちのメッセージをより明確にさせて頂きたいと思います。 〜日本酒の本当の価値は酒米の産地にある〜 この3年間、様々な産地、品種の米を醸してまいりましたが同じ品種でも産地によって歴然とした違いがありました。日本酒において産地の価値はあまり取り上げられることはありませんが、当然のことながら米の産地には普遍的な価値があります。私たちは、酒米の産地の価値をもっともっと伝えていきたいと思っております。そこで今回のラインナップ整理を行い、飲んで頂くお客様にも取り組んで頂く酒販店の皆様にも産地の価値を共有して頂ければと思っております。当然、産地を特定して日本酒を造っていくということは、産地で起こり得る自然災害などのリスクも背負わなければなりません。しかし、リスクを恐れては真実は伝わらないという想いで決断いたしました。今ある既存の価値観に加えて、米の産地に対する価値が高まり、日本酒の価値をもっともっと高めることで、未熟な我々を応援して下さる皆様に対して、ご恩をお返ししたいと思っております。その為に、今シーズンより私たちは新たな取り組みをいたします。 この商品の特徴 岡山県岡山市中区の雄町で醸したフレッシュな食中酒...

スポンサーリンク
スポンサーリンク