メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「新潟清酒」検索結果。

新潟清酒の商品検索結果全833件中1~60件目

新潟県 尾畑酒造佐州正宗 清酒生 要冷蔵 1800ml

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,808

新潟県 尾畑酒造佐州正宗 清酒生 要冷蔵 1800ml

平成24年に120周年記念酒として復刻した「佐州正宗」。 24年の01月頃に蔵元さんから送っていただき大好評!完売となりました。 夏過ぎ頃から、「あのお酒ない?」とのお問合わせが多数。 そこで蔵元さんに、24年以降、毎年お願いしています。 造り、使用米等は同じですが、醸造年度により、味わいに違いがあります。 毎年12月から2月上旬頃、蔵元さんから直送でまとめて1年分入荷し氷温冷蔵庫で保管・熟成されています。 4月から5月頃以降に新酒らしさが和らぎ、飲み頃と変化します。 詰めたての頃は熟していない果物のようなイメージです。 また醸造年度によって風味の変化はことなります。 味わいの変化(熟成)の中に飲み頃(ピーク)はみつかりますが個人のお好みや食べ物等によります。 ●アルコール度数 16.5度前後 ●原料米 米(佐渡産)・米麹(佐渡産米) ●タイプ 清酒 生酒  ●杜氏 工藤賢也 ●日本酒度・酸度・アミノ酸度は非公開です。 ●特約店限定流通商品 生酒です。クール便指定(別途有料)でお届けです。 また、お届け後も冷蔵保管してください。   佐州正宗は こうして復刻 平成24年01月中旬、尾畑酒造の平島社長、ご来店でした。  午前8:30に佐渡をでて、16:00頃当店到着です。  フェリーに欠航があったので いつもより時間がかかったようです。  尾畑酒造さんでは酒米を地元の農家さんからも 調達しています。 その農家の方は食用米の生産者としても有名で、魚沼からわざわざ見学者が来るほどです。 その農家さんの酒米を使って 「かつてがそうであったように スペックを語ることなく、 味わいで語る酒を仕込もう」となりました。 それが120周年記念酒です。 このお話しをいただいたのが平成23年の10月頃。 ようやくお酒が出来上がりました。  かすかな吟醸香...

八海山 清酒 1800ml − 八海醸造

銘酒しらい屋

2,106

八海山 清酒 1800ml − 八海醸造

清酒 八海山は八海醸造のレギュラー酒です。レギュラー酒でありながら、酒造好適米「五百万石」を60%精米するという妥協の無い造り。 清酒 八海山の透明感のある味わいとサラリとした口当たりは新潟県産淡麗清酒の特徴を余すことなく体現しているといえるでしょう。 *当店は八海醸造の正規特約店です。蔵元直送のお酒を正価で販売していますので、安心してお買い求めください。 ■■効き酒師敏郎のコメント■■ 「清酒 八海山」は、新潟の酒らしさがはっきりとでています。淡麗な味わい、キレのある後味。飲み飽きることはまず無いですね。 値段もこの品質からでは考えられないほどリーズナブル。「沢山の人に日本酒の素晴らしさを楽しんで欲しい」という八海醸造さんの心意気がストレートに伝わってくる一本です! 八海山はまずこの一本から! 【特定名称】 清酒 八海山 【容量】 1800ml 【ALC度数】 15.4%前後 【原料米】 五百万石・ゆきの精 【精米歩合】60%以下 清酒 八海山 720mlをお求めの場合はこのリンクをクリックしてください。 甘辛 旨味 香り 日本酒度 +5.0前後 酸度 1.4前後 用語について 日本酒度は水に対するお酒の比重を表しています。一般にマイナス(−)だと甘口、プラス(+)だと辛口とされます。 酸度はお酒に含まれる有機酸の量を表しています。有機酸はお酒に酸味・旨味をもたらし、味を引き締める働きがあります。 日本酒度が同じお酒でも、酸度が高いと甘味が打ち消されて辛く感じ、酸度が低いと甘く感じます。この二つの数字を参考にすると、お好みの味の日本酒が見つけやすくなります。八海醸造は、日本一のコシヒカリの産地としても知られる南魚沼市にあります。この地域は日本有数の豪雪地帯としても知られており、仕込みの時期になると町は深い雪に覆われてしまいます...

八海山 清酒 720ml − 八海醸造

銘酒しらい屋

1,004

八海山 清酒 720ml − 八海醸造

清酒 八海山は八海醸造のレギュラー酒です。レギュラー酒でありながら、酒造好適米「五百万石」を60%精米するという妥協の無い造り。 清酒 八海山の透明感のある味わいとサラリとした口当たりは新潟県産淡麗清酒の特徴を余すことなく体現しているといえるでしょう。 *当店は八海醸造の正規特約店です。蔵元直送のお酒を正価で販売していますので、安心してお買い求めください。 ■■効き酒師敏郎のコメント■■ 「清酒 八海山」は、新潟の酒らしさがはっきりとでています。淡麗な味わい、キレのある後味。飲み飽きることはまず無いですね。 値段もこの品質からでは考えられないほどリーズナブル。「沢山の人に日本酒の素晴らしさを楽しんで欲しい」という八海醸造さんの心意気がストレートに伝わってくる一本です! 八海山はまずこの一本から! 【特定名称】 清酒 八海山 【容量】 720ml 【ALC度数】 15.4%前後 【原料米】 五百万石・ゆきの精 【精米歩合】60%以下 清酒 八海山 1800mlをお求めの場合はこのリンクをクリックしてください。 甘辛 旨味 香り 日本酒度 +5.0前後 酸度 1.4前後 用語について 日本酒度は水に対するお酒の比重を表しています。一般にマイナス(−)だと甘口、プラス(+)だと辛口とされます。 酸度はお酒に含まれる有機酸の量を表しています。有機酸はお酒に酸味・旨味をもたらし、味を引き締める働きがあります。 日本酒度が同じお酒でも、酸度が高いと甘味が打ち消されて辛く感じ、酸度が低いと甘く感じます。この二つの数字を参考にすると、お好みの味の日本酒が見つけやすくなります。八海醸造は、日本一のコシヒカリの産地としても知られる南魚沼市にあります。この地域は日本有数の豪雪地帯としても知られており、仕込みの時期になると町は深い雪に覆われてしまいます...

【限定特価】極上 吉乃川 吟醸 1800ml 清酒 日本酒 吟醸 新潟※在庫入れ替えの為【2017.03製造】

枡屋酒店

2,498

【限定特価】極上 吉乃川 吟醸 1800ml 清酒 日本酒 吟醸 新潟※在庫入れ替えの為【2017.03製造】

極上吉乃川 吟醸 1800ml 15%さわやかな香りとツルツルとした透明感のある口当たり。米と水にこだわり、妥協を許さぬ杜氏達の技の傑作。品目:日本酒 吟醸酒生産国:日本(新潟県)生産者:吉乃川(新潟県長岡市摂田屋)原材料:米(新潟県産)、米こうじ(新潟県産米)、醸造アルコール内容量:1800mlアルコール度数:15%保存方法:直射日光を避けて保管ください。酒類には、一部を除き「賞味期限」の設定はございません。開封後は、なるべくお早目にご賞味ください。。20歳未満への酒類の販売は 固くお断りしています酒 アルコール極上吉乃川 吟醸 1800ml 15%極上吉乃川 吟醸 極上吉乃川吉乃川■ こだわりの酒で極上の時を彩る。創業一五四八年。越後長岡の醸造の町「摂田屋」に居を構える蔵元吉乃川。長岡の中心を流れる母なる大河・信濃川の恵みを受け、地元新潟で収穫された米と蔵の敷地から汲み上げる井戸水を原料に、冬場の厳しい気候風土の中で行われる酒造りの伝統を脈々と紡ぎ続けてきた蔵元です。その酒質は「酒本来の旨みを持ちながら、キレのある淡麗な酒」。四六〇年の歴史に裏付けられたその味わいは、代々の杜氏が心血を注いだ技と熱意で受け継がれてきました。その伝統と技、すべてを注いで醸し出した、こだわりの酒が「極上吉乃川」です。特別なお祝いの席だけでなく、日々の小さな喜びを分かち合う瞬間を極上の時に彩ります。■ 新潟の地酒として米にこだわる。吉乃川の酒は新潟県産米だけで醸しております。それは地元の米と水を使い、地の越後杜氏の技で醸すことが地酒としての条件だと考えているからです。極上吉乃川ブランドの清酒は新潟清酒産地呼称協会より新潟清酒としての認定を受けています。さらに極上吉乃川ブランドに使用している「五百万石」や「越淡麗」などの酒造好適米はすべて地元長岡やその近郊...

日本高の井酒造越の初梅魚沼吟醸1.8L日本酒清酒新潟県Koshinohatsuumehiyasisake枡屋酒店

枡屋酒店

2,030

日本高の井酒造越の初梅魚沼吟醸1.8L日本酒清酒新潟県Koshinohatsuumehiyasisake枡屋酒店

【コンビニ受取対応商品】日本高の井酒造越の初梅魚沼吟醸1.8L日本酒清酒新潟県Koshinohatsuumehiyasisake枡屋酒店酒どころ魚沼で醸した、味わいまろやか、柔らかなお酒。幅広くお料理と相性も抜群。お値打ち新潟産吟醸酒です。■アルコール分14度以上15度未満■精米歩合60%●名称:日本酒●製造元:高の井酒造●原産国:日本●産地:新潟県小千谷市東栄●原材料:米 米こうじ 醸造アルコール●内容量:1800ml●保存方法:直射日光を避けて保管ください。日本酒 清酒 新潟県酒類には、一部を除き「賞味期限」の設定はございません。開封後は、なるべくお早目にご賞味ください。。20歳未満への酒類の販売は 固くお断りしています酒 アルコール新潟県小千谷市東栄 越の初梅 魚沼吟醸 1.8L高の井酒造の前進となる山崎酒造場は、江戸時代後期より山崎家の家業として営まれておりました。昭和12年に起こった地域一帯を焼き尽くした大火事、その後の戦争などにより一時、酒造業は停止していました。その後、昭和30年に、諸般の事情好転により復活が認可となり、高の井酒造株式会社が創立されました。平成に入り現在に至り近代設備の導入を行っている訳ですが、目的は能率性や生産性だけではありません。 目標としている事はいたって簡単です。おいしいお酒を楽しく幸せに飲んでいただきたいという考えが全てであると考えています。 原点には、手造りに代わる機械化は、手造り以上に価値を生む物でなければならないと考え、熟考を重ねながら昔の良さを引き出そうと努力しているところです。 人においてもそうです。蔵人制度のまだ残っているうちに、先人の創り上げてきた素晴らしさ、味わいを継承しつつ、蔵をより良くしたい、より良いお酒を造りたいという意識をもつ若いスタッフが大勢になって来ています...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク