メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「山崎 1923」検索結果。

山崎 1923の商品検索結果全12件中1~12件目

【あす楽】 サントリーウイスキー オールド43度 箱付 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,632

【あす楽】 サントリーウイスキー オールド43度 箱付 700ml

サントリーウイスキー オールド 43度 700ml サントリーウイスキー オールド 43度 箱付 700ml1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売しました。1940年、山崎蒸溜所においてサントリーオールドが誕生。憧れの高級ウイスキーとして高い人気を誇り、人々からステータス的な存在として愛されました。さらに1946年にトリスウイスキーを発売。戦後の洋酒ブームの火付け役となりました。従来は1960年代に若者であった層に愛飲者が多かったが、2003年にラインナップを一新、新たな若者層にも愛飲者を拡大させています。 シェリー樽原酒の深い香りと味わい ザ・サントリーオールドのキーモルト「山崎シェリー樽モルト」を贅沢にブレンドしました。 金色が煌く上品なラベルデザイン。ザ・オールドのボトルのアイデンティティはそのままに、ラベルにはTHE・Premiumを煌く金色で印象的にあしらいました。 優しく上品なプレミアム感が「ひとつ上のザ・オールド」を楽しむ上質な夜を演出します。 サントリー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 43% 700ml 深い甘みのある華やかな香りの中に芳醇で滑らかな口当たりを感じられる、まさにリッチテイストです。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

【あす楽】【包装不可】【アウトレット商品:ラベル、キャップ、ビン傷あり】 サントリーウイスキー オールド 43度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,580

【あす楽】【包装不可】【アウトレット商品:ラベル、キャップ、ビン傷あり】 サントリーウイスキー オールド 43度 700ml

サントリーウイスキー オールド 43度 700ml サントリーウイスキー オールド 43度 箱付 700ml1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売しました。1940年、山崎蒸溜所においてサントリーオールドが誕生。憧れの高級ウイスキーとして高い人気を誇り、人々からステータス的な存在として愛されました。さらに1946年にトリスウイスキーを発売。戦後の洋酒ブームの火付け役となりました。従来は1960年代に若者であった層に愛飲者が多かったが、2003年にラインナップを一新、新たな若者層にも愛飲者を拡大させています。 シェリー樽原酒の深い香りと味わい ザ・サントリーオールドのキーモルト「山崎シェリー樽モルト」を贅沢にブレンドしました。 金色が煌く上品なラベルデザイン。ザ・オールドのボトルのアイデンティティはそのままに、ラベルにはTHE・Premiumを煌く金色で印象的にあしらいました。 優しく上品なプレミアム感が「ひとつ上のザ・オールド」を楽しむ上質な夜を演出します。 サントリー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 43% 700ml 深い甘みのある華やかな香りの中に芳醇で滑らかな口当たりを感じられる、まさにリッチテイストです。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー オールド 43度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,632

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー オールド 43度 700ml

サントリーウイスキー オールド 43度 700ml サントリーウイスキー オールド 43度 箱付 700ml1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売しました。1940年、山崎蒸溜所においてサントリーオールドが誕生。憧れの高級ウイスキーとして高い人気を誇り、人々からステータス的な存在として愛されました。さらに1946年にトリスウイスキーを発売。戦後の洋酒ブームの火付け役となりました。従来は1960年代に若者であった層に愛飲者が多かったが、2003年にラインナップを一新、新たな若者層にも愛飲者を拡大させています。 シェリー樽原酒の深い香りと味わい ザ・サントリーオールドのキーモルト「山崎シェリー樽モルト」を贅沢にブレンドしました。 金色が煌く上品なラベルデザイン。ザ・オールドのボトルのアイデンティティはそのままに、ラベルにはTHE・Premiumを煌く金色で印象的にあしらいました。 優しく上品なプレミアム感が「ひとつ上のザ・オールド」を楽しむ上質な夜を演出します。 サントリー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 43% 700ml 深い甘みのある華やかな香りの中に芳醇で滑らかな口当たりを感じられる、まさにリッチテイストです。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

サントリー 「オールド」 43度700ml 【RCP】

酒シンドバッド楽天市場店

1,799

サントリー 「オールド」 43度700ml 【RCP】

ギフト対応 【コンビニ受取対応商品】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】 【あす楽対応】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】【あす楽_年中無休】【お歳暮】【お中元】【母の日】【父の日】 商品のご説明 商品名 サントリー 「サントリーオールド」 産地 日本 京都府 山崎蒸留所 販売会社(輸入会社) サントリー アルコール度数 43度 容量 700ml 商品詳細・味わい・他 ●サントリーウイスキー寿屋(のちのサントリー、現・サントリー酒類)の創業者、鳥井信治郎は、大阪と京都の県境に近い、 山崎にて1923年から国産ウイスキー事業を開始する。 のちにニッカウヰスキーを創業することになる竹鶴政孝を招き、1929年に白札(現在のサントリーホワイト)や、 赤札(現在のサントリーレッド)などを発売するも、当時の消費者からの反応は今ひとつという状況が続く。 のちに竹鶴の退社を経て、これまでに鳥井が自身で得た経験、さらに長男・鳥井吉太郎の手によってつくられた 「サントリーウイスキー12年」(現在のサントリー角瓶)を発売すると、スモーキーで熟成を極めた味が世間に評価され、 遂に成功をつかむ。 国産ウイスキー事業を定着させるべく試行錯誤してきた鳥井の努力が実ることとなった。 そして1940年に、山崎蒸溜所においてサントリーオールドは誕生する。 しかし誕生した当時、日本は戦時下で販売は許されず(この間に「新・サントリーウヰスキー誕生」のアナウンスが 為されたのみで、間もなくして日本は第二次世界大戦へと突入してゆく)、その間鳥井は当時の日本海軍の取り計らい で手に入れた麦をもとに軍用ウイスキーを製造し続けることになる。 やがて日本は敗戦したが、山崎蒸溜所は戦災に遭うこともなく、ウイスキーの生産を続けるに至った。 ●商品詳細...

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 2700ml(2.7L)ペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,720

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 2700ml(2.7L)ペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 2700ml(2.7L) キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

【あす楽】 サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,340

【あす楽】 サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー — 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 1920mlペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

3,531

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 角瓶40度 1920mlペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 1920ml キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

【あす楽】 サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,340

【あす楽】 サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,340

サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー — 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,340

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 白角(角瓶)40度 1920mlペットボトル

酒類の総合専門店 フェリシティー

3,531

【あす楽】【包装不可】 サントリーウイスキー 白角(角瓶)40度 1920mlペットボトル

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 1920ml 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【送料無料 12本セット】【正規品】サントリー ウイスキー 知多 700ml × 12本 ケース [12本入り] グレーン ウイスキー 正規代理店品 700ml 43%

うきうきワインの玉手箱

40,500

【送料無料 12本セット】【正規品】サントリー ウイスキー 知多 700ml × 12本 ケース [12本入り] グレーン ウイスキー 正規代理店品 700ml 43%

年代 造り手   サントリーウイスキー 生産国 地域 日本   村   タイプ ハードリカー・シング・モルト グレーン・日本 内容量 700ml×12本【送料無料/12本セット】【正規品】サントリー・ウイスキー・知多・700ml×12本・ケース[12本入り]・グレーン・ウイスキー・正規代理店品・700ml・43% SUNTORY WHISKY THE CHITA GRAIN WHISKY グレーンウイスキー愛好家必見!!サントリーウイスキーの多彩な原酒づくりが生んだシングルグレーン!!風のように軽やかな味わい、やさしい香りと甘味が心地よいウイスキー!!約10種類の原酒をブレンド!!サントリー独自の3タイプ(クリーン、ミディアム、ヘビー)の原酒と革新のワイン、スパニッシュオーク樽原酒を、ブレンダーが匠の技でブレンドし造り上げられた究極グレーンウイスキー!!明るい黄金色!!ピュアでストレート、ハチミツや和菓子(落雁)の甘さ!!口当たりよく甘くスムース!!クリーンでやわらかに広がる味わい!!全体的に綺麗でほのかな甘さ、キレ味のよい余韻が楽しめる究極グレーンウイスキー!!ぜひご賞味下さい!! (サントリーウイスキー知多) (700ml×12本ケース) サントリー独自の3タイプの原酒と革新の ワイン、スパニッシュオーク樽原酒を、 ブレンダーが匠の技でブレンドし 造り上げられた究極グレーンウイスキー! 知多とは? その名を知多という。このウイスキーは心地よい風を呼ぶ。ほのかな甘さとなめらかな味わい。心地よい香りがその時間を優雅に包む。知多蒸留所謹製。ウイスキーがまたひとつこの世界に、歓びを連れてきた。 知多蒸留所 伊勢半島に臨む知多半島・知多蒸留所。サントリーが国内に所有する3つの蒸留所の内のひとつで...

スポンサーリンク
スポンサーリンク