メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「富久娘」検索結果。

富久娘の商品検索結果全25件中1~25件目

送料無料
父の日ギフト 送料無料(RCP) (紐しばり) 富久娘 上撰 1800ml 一升瓶 (1800ml/2本)  (北海道・沖縄+890円)  お酒/贈り物/喜ぶ

世界のお酒ニューヨーク1号店

4,374

父の日ギフト 送料無料(RCP) (紐しばり) 富久娘 上撰 1800ml 一升瓶 (1800ml/2本) (北海道・沖縄+890円) お酒/贈り物/喜ぶ

【ご贈答やお供え事に重宝いたします!!】 清酒2本紐くくり(ひもくくり、ひもしばり、ロープしばり)です。 ご贈答や年末年始の規制のお土産から神前ものにも重宝されます。 いつまでも飲み飽きのないバランスの良い味わいが定評で、春先からは冷やで、秋から燗でも美味しい灘(神戸市灘区)の清酒です。その他にも白鶴、大関、菊正宗、白雪、白鹿、松竹梅、月桂冠、富久娘、日本盛などの銘柄や、贈答用の1本化粧箱入り、2本化粧箱入り、3本化粧箱入り、も御座います。九州地方ではこの商品を「きびり」と言われるそうです。 【御利用例】 ・御祝い事、お供え事、選挙事(出陣式・当選祝い)、新築祝い事(上棟式)などに非常に重宝されます。 ※・・・この商品のみ「お熨斗」を無償で対応させていただきますのでご必要の方は詳細を御記載の上ご注文下さいませ。 また配送時には商品とお熨斗を分けた状態でお届けさせていただきます。 お手元に届きましたらお熨斗をご自身でお付けいただきますようお願いします。 ニューヨーク推薦贈答品。 日兵庫 ※クール便をご希望された場合、324円追加させていただきますのでご了承下さい。

結ゆい 純米吟醸 ぎんぷう 亀口直汲み生原酒1800ml

増田屋本店

3,456

結ゆい 純米吟醸 ぎんぷう 亀口直汲み生原酒1800ml

瑠璃色のボトルに入った夏期限定商品。数量に限りがあるため品切れの際にはご容赦下さい。 北海道 新十津川産の吟風を50%まで磨き、洗米から製麹、低温醪管理まですべて丁寧に吟醸造りで行いました。 オリの絡んだ生原酒ですが、それほど目立つものではありません。 ヨーグルトの様な乳酸系のやわらかく爽やかな立ち香。口当たりも軽やかで亀口直汲みならではのガス感もあります。爽やかな北海道の初夏のように冷やしたり、またはロックでお楽しみください。 原材料 原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度 使用酵母 アルコール分 米(国産)・ 米こうじ(国産米) 北海道新十津川産 吟風100% 50% ±0 1.6 - - 16~17%結(ゆい)■醸造元/茨城県 結城酒造株式会社 城下町・茨城県結城市で1594年(文禄3年)に創業。浦里和明・美智子夫妻が中心の家族経営で、蔵全体の年間製造石数は400石程。蔵の代表銘柄には「富久福(ふくふく)」「つむぎ娘」があります。「究極の特別醸造酒」という目標を掲げて、十数年開発を続けてようやく形となった新しいブランド「結(ゆい)」は、主に奥さんである「美智子」さんが醸しており、蔵全体の年間製造量400石の内、僅か50石程と造りも極少量ながら細部まで気を配り、その全てが出品酒でも手掛けているかのような丁寧さで、年々知名度と共に、人気も右肩上がりで、今後の動きもとても楽しみな蔵元の一つです。 ■ラベルデザインについて 「結ゆい」は、結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザインで、美味しいお酒で、人と人、人と酒、人と町(結城)を結び、未来へつなげたい」という願いと希望が込められています。デザインは、地元(結城市)の書家「三木翠耿」氏の作品。

結ゆい 純米吟醸 びぜんおまち 亀口直汲み無濾過生原酒720ml

増田屋本店

1,944

結ゆい 純米吟醸 びぜんおまち 亀口直汲み無濾過生原酒720ml

今季から原料米(雄町米)の価格変更に伴い値上げしております。限定品のため、品切れの際にはご容赦下さい。 岡山県備前市で無農薬栽培された雄町米を精米歩合50%まで磨き、洗米から製麹、低温醪管理まですべて丁寧に吟醸造りで行いました。亀口より直接瓶詰めした直汲みの生原酒です。 オリが沈殿する場合がありますが、品質には問題ございません。 上立ち香は、ラムネに似た香りを中心に、パイナップル・マスカットなどの要素も含んでいます。口に含むと立ち香に反して、直汲みの特徴でもある新酒ならではのガス感が表面を被って、後から甘みと気にならない程度の僅かな苦味がアクセントになって、味わい深い酒質になっています。 原材料 原料米 精米歩合 日本酒度 酸度 アミノ酸度 使用酵母 アルコール分 米(国産)・ 米こうじ(国産米) 岡山県産 備前雄町100% 50% -2 1.5 - - 16%結(ゆい)■醸造元/茨城県 結城酒造株式会社 城下町・茨城県結城市で1594年(文禄3年)に創業。浦里和明・美智子夫妻が中心の家族経営で、蔵全体の年間製造石数は400石程。蔵の代表銘柄には「富久福(ふくふく)」「つむぎ娘」があります。「究極の特別醸造酒」という目標を掲げて、十数年開発を続けてようやく形となった新しいブランド「結(ゆい)」は、主に奥さんである「美智子」さんが醸しており、蔵全体の年間製造量400石の内、僅か50石程と造りも極少量ながら細部まで気を配り、その全てが出品酒でも手掛けているかのような丁寧さで、年々知名度と共に、人気も右肩上がりで、今後の動きもとても楽しみな蔵元の一つです。 ■ラベルデザインについて 「結ゆい」は、結城紬の「糸」の輪の中に、おめでたい「吉」が入るという文字デザインで、美味しいお酒で、人と人、人と酒、人と町(結城)を結び、未来へつなげたい...

こちらの関連商品はいかがですか?

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク