メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「奈良のお酒」検索結果。

奈良のお酒の商品検索結果全1,548件中1~60件目

「奈良の地酒」飲みくらべセット

JAタウン

3,800

「奈良の地酒」飲みくらべセット

奈良は清酒発祥の地といわれ、 酒造りの歴史は深いです。 今回は、奈良県産の酒造好適米『露葉風』を使った奈良の地酒を2種類セットでおすすめします。 特別純米酒「談山」は、ほどよく熟成していて、冷やしても、燗酒にしてもおいしい旨口のお酒です。 純米吟醸酒「豊祝」は、「奈良うるはし」酵母により、長期低温発酵された穏やかな吟醸香と柔らかなお米の旨みが絶妙なお酒です。限定12セット!ご注文はお早めに!★特別純米 談山(たんざん)★原料米 奈良県産露葉風100%精米歩合 60%日本酒度 -2酸度 2.0アミノ酸 1.5アルコール分 15度以上16度未満原材料名 米(国産)米麹(国産米)容量 720ml醸造元 西内酒造 奈良県桜井市大字下3番地★清酒純米吟醸 豊祝(ほうしゅく)★原料米 奈良県産露葉風100%精米歩合 60%日本酒度 +4酸度 1.4アルコール分 15度以上16度未満原材料名 米(国産)米麹(国産米)但馬杜氏 藤沢 忠治容量 720ml醸造元 奈良市豊澤酒造株式会社 奈良県奈良市今市町405ご注文確認後、順次発送致します。 ★ご注意★・未成年者の飲酒は法律で禁止されています。 当店は未成年者への酒類の販売はいたしておりません。 20歳未満の方はお申込みされませんようお願いします。・妊娠中や授乳期の飲酒はお控え下さい。 ・消費者のみの販売に限ります。売店等小売免許を所持している方には販売できません。

「奈良の地酒」飲みくらべセット★第2弾

JAタウン

3,800

「奈良の地酒」飲みくらべセット★第2弾

奈良は清酒発祥の地といわれ、 酒造りの歴史は深いです。今回は、古酒2銘柄「百楽門」・「稲の国の稲の酒」の2種類セット!奈良県産の酒造好適米『露葉風』を使ったお酒です。純米吟醸原酒「百楽門」は、穏やかな気品のある香りと辛口でありながら露葉風の特有なコクと旨み、キリッと引き締まったお酒です。特別純米酒「稲の国の稲の酒2013」は、米の味をしっかり引き出したボディのきいた純米酒。30ヶ月以上にわたり低温熟成を行い、まろやかな味わいに仕上がった時を見極めて蔵出ししました。限定12セット!ご注文はお早めに!★純米吟醸 百楽門★精米歩合 60%日本酒度 +4.5酸度 1.6アルコール分 16度原材料名 米(国産)、米麹(国産米)容量 720ml醸造元 葛城酒造株式会社 奈良県御所市名柄347-2★2013年醸造 特別純米酒 稲の国の稲の酒★原料米 奈良県産露葉風100%精米歩合 65%日本酒度 +1.0酸度 1.6アルコール分 15度以上16度未満原材料名 米(国産)、米麹(国産米)容量 720ml醸造元 長龍酒造株式会社 奈良県北葛城郡広陵町南4ご注文確認後、順次発送致します。 ★ご注意★・未成年者の飲酒は法律で禁止されています。 当店は未成年者への酒類の販売はいたしておりません。 20歳未満の方はお申込みされませんようお願いします。・妊娠中や授乳期の飲酒はお控え下さい。 ・消費者のみの販売に限ります。売店等小売免許を所持している方には販売できません。

奈良 一番茶 「源作焙」 130g

Amazon

1,000

奈良 一番茶 「源作焙」 130g

源作焙について▼ 「父 源作がほうらくで煎ってくれたお茶の味」それを再現しようとして生まれたのが源作焙です。 奈良県産の一番茶のみを使用。 遠赤外線とマイクロ波で丁寧に火入れをしています。 香り高く深みのあるお味に仕上がりました。 どこかなつかしく、ほっと落ち着く味と香りです。 おすすめのお召し上がり方▼ 夏は手軽に水出しで。 水からでも味も香りもよく出ます。 お届け日時の指定について▼ 購入時に「お届け日時指定便」をお選びいただくか、お急ぎの場合は「出品者に連絡」よりご連絡下さい。 通常は2-3営業日中の発送となります。 ギフトメッセージについて▼ メッセージカードに、お客様のメッセージを代筆させていただきます。 商品詳細ページの右側、もしくは購入する商品をショッピングカートに入れた後、「ギフトの設定」にチェックを入れます。 ご注文時「ギフトメッセージ」を選択して、メッセージを50文字以内で入力ください。 熨斗(のし)について▼ 熨斗をご希望の方は、「出品者に連絡」よりご連絡ください。 その際、熨斗の種類、名入れ、表書きをお伝えください。 北田源七商店について▼ 北田源七商店は、明治20年、北田源次郎が茶商を始めてより、120年以上に渡り大和茶と共に歩み続けてきた、老舗の製茶問屋です。 わたしたちの仕事は、農家の方々から譲り受けた大切な一番茶に「磨き」をかける作業です。 茶葉を乾燥させ、切断して形を整え、茎を選別し、ふるいにかけ、火入れをして香りを引き立たせ…。 茶葉の持ち味を最大限に引き出せるよう懸命に手を尽くします。 「磨き」に何よりも重要なのは、大和茶への深い愛情。 大和茶の栽培は足場の悪い山間地で行われます。機械も入りにくく、平野部とは比較にならない重労働です。 その中を農家の方々は、喜び一杯...

スポンサーリンク
スポンサーリンク