メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「奄美酒造」検索結果。

奄美酒造の商品検索結果全1,265件中1~60件目

奄美大島酒造、奄美無限 奄美黒糖焼酎 30° かめ貯蔵 720ml

Amazon

2,054

奄美大島酒造、奄美無限 奄美黒糖焼酎 30° かめ貯蔵 720ml

海を見下ろす南国の蔵で造られる、いにしえの島焼酎 ●奄美大島酒造、奄美無限 奄美黒糖焼酎 30° かめ貯蔵 720ml 龍郷町のコバルトブルーに輝く海沿いにある、まさに南国の蔵。 地元奄美と沖縄産の一定期間熟成させた黒糖を用い、爽やかで深い味わいの黒糖焼酎を造り続けている。 鹿児島局の鑑評会での金賞常連蔵。 環境 鹿児島から南西へ380km、沖縄との中間に浮かぶ奄美大島は コバルトブルーの美しい海に囲まれ深い原生林に覆われた、心癒される自然豊かな亜熱帯の島。 古くから海上交通の要所であったため、琉球、薩摩の政治文化の影響を色濃く受け 琉球文化と薩摩文化が交錯した島独特の文化が形作られました。 大島紬や黒糖焼酎もその一つ。黒糖焼酎は各家庭で黒糖を原料として自家製でも造られてきた奄美の地酒です。 そうした経緯を鑑み、昭和28年(1953年)に日本に復帰したときに、黒糖焼酎はスピリッツに分類されるところを 米麹を使用する条件で焼酎として認められ、さらに奄美大島群島にだけ製造を認められました。 蔵の本社機能は名瀬湾のすぐ近くの名瀬入舟町にありますが、 酒造場は大島紬発祥の地でもある隣町の龍郷(たつごう)町、島内一水の綺麗な龍郷湾を望む地に建ちます。 歴史 蔵の創業は昭和32年(1957年)。初代社長が製造免許を取得し、旧名瀬市(現奄美市)で協同製造を開始したのが始まりです。 昭和45年(1970年)に法人を設立。昭和57年(1992年)には奄美で一番綺麗な水のある現在の龍郷町に工場を移転させ、 現在に至る品質管理基準を定め、本格的に島外出荷を見据えた製造体制を整えました。 数回の焼酎ブームに助けられて徐々に出荷量も増え、 平成18年(2006年)には新工場を増設し、さらなる需要に対応出来る態勢が出来上がりました。...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク