メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「壱岐酒造」検索結果。

壱岐酒造の商品検索結果全278件中1~60件目

飲み比べ 壱岐焼酎 600ml レトロ瓶 業務用 7本いり 壱岐[長崎県]

天下御免

5,670

飲み比べ 壱岐焼酎 600ml レトロ瓶 業務用 7本いり 壱岐[長崎県]

壱岐焼酎 600ml レトロ瓶 業務用 7種類 7本 入り 壱岐焼酎の特徴は他の麦焼酎が大麦100%なのに比べ、米麹1:大麦2の割合で仕込まれています。麦の香ばしさと米麹の甘味を兼ね備え、焼酎の味わいに奥行きの深さを醸しだしてくれます。 壱岐島内各蔵元さんの代表銘柄 の業務用 600ml レトロ瓶勢ぞろいです。 居酒屋さん必見の商品です。 壱岐焼酎 600ml レトロ瓶 業務用 7種類 7本入り 壱岐 25度 600ml 1本 壱岐っ娘 25度 600ml 1本 壱岐の華 25度 600ml 1本 雪洲 25度 600ml 1本 山の守 25度 600ml 1本 天の川 25度 600ml 1本 猿川 25度 600ml 1本 壱岐 25度 600m lレトロ 「玄海酒造」 壱岐島内で最も飲みやすい人気の焼酎の蔵元さんで減圧蒸留が主流の一般向けする焼酎を手がけてあります。 ここの焼酎の特徴は甘味がひときわきわだっていることである。 [長崎県]壱岐 天の川 25度 900mlレトロ 「天の川酒造」 腰の強さと焼酎本来の風味、キレのよい味が楽しめます。 焼酎本来の味が受け継がれている、決して多くの量を生産することを目的にするのではなく、あくまでも質を求めて焼酎つくりをするということに焼酎通としての喜びを感じますね。 [長崎県]壱岐 山の守 25度 600ml レトロ 「山の守酒造」 一次仕込み、二次仕込みとも甕によるもの、手ずくりの良さを今に残し、常圧蒸留法の原料の味を最大限に引き出してくれることをいかして、香り、コク、甘みの強い本格焼酎。 かぐわしい麦焼酎独特の香りがします。焼酎好きの人にはたまらない匂いです。口に含んだときにその香りがより一層鼻にきます、そして、こくのある味とほんのりとした甘みが口の中に広がります。...

壱岐 焼酎 ちんぐ 25度 1800ml 麦焼酎 重家酒造 長崎県 父の日 母の日 敬老の日 ギフト 贈り物

天下御免

2,160

壱岐 焼酎 ちんぐ 25度 1800ml 麦焼酎 重家酒造 長崎県 父の日 母の日 敬老の日 ギフト 贈り物

ギフト対応 ちんぐとは大変気の合う友達と言う意味です。 このたび壱岐本格焼酎としてちんぐが発売 皆が味見し納得のいく味に仕上げました。常圧と減圧のブレンド 壱岐焼酎をブランド化しよう!壱岐焼酎の価値を上げよう!を 合言葉に6件の島内の酒屋が奮起して、6ヶ月間に及ぶ試行錯誤 の末、誕生したのがこのちんぐなのです。 みんなで名前をそれぞれ考え、いろんな名前の中から最終的に この ちんぐ が選ばれました。味見も常圧、減圧のブレンド 比率を何度も確かめ確認しながらの作業でした。 文字も壱岐在住の女性の書道家に頼んで書いてもらいました。 どこか上品な女性らしい文字に仕上がっているでしょう。 ラベルもこのちんぐの文字を一番引き立てて趣のある紙を皆で 選びました。 一人がちんぐのチラシと文句を考えました。 そして半年間の月日が流れ、ようやく ちんぐ が誕生したと いうことです。 ちんぐには皆の思いと夢がいっぱい詰まっています。 島内で6件もの酒屋が蔵元さん共々協力して商品開発を行うという ことは今までなかったことです。ちんぐは島内にしっかり浸透さ せねばならない商品です。 地元に根付かない商品がいくら東京、大阪で有名になっても意味 がありません。 地元の人にうまいと喜んでいただき、その味に納得していただいき、 地元に浸透してこそブランド商品としての価値が産まれてくると思 います。ちんぐも3月1日に産声を上げました。 私達も自分の子供のような気持ちでこの商品を育てていこうと思っ ております。 目指すのは大量生産ではなく、とにかく質のいいうまい焼酎です。 全国の皆様にきっとうまいと言っていただける日を夢見ながら努力 を怠らず、一生懸命、質の良いうまい焼酎をちんぐのなかま、蔵元 さん共々造っていきたいと思います。 壱岐焼酎ちんぐ 商品説明 原 料 ...

瑞祥猿川 25度 1800ml 壱岐 麦焼酎 「猿川伊豆酒造場」「伊豆酒造株式会社」」[長崎県]

天下御免

2,160

瑞祥猿川 25度 1800ml 壱岐 麦焼酎 「猿川伊豆酒造場」「伊豆酒造株式会社」」[長崎県]

長崎県の壱岐の島は、福岡市の西北部に位置し麦焼酎のふるさとです。島内の屈指の仙境である、兵主(ひょうす)神社近くを水源とした小さな泉は川となり、鮮やかに季節を彩りながら輝く清流となって玄界灘に注いでいます。古来、この神社の氏子達がその清流で、神事で使った皿等を洗っていたことからいつの日かこの川は皿川と呼ばれ、この地の「神水」「命の水」として重宝されていました。 初代伊豆倉太郎はこの清流に感動し、はるばる島内北部の芦辺浦より明治36年にその水源近くに移り住み「しょうちゅう伊豆屋」を開業。製造場内を横切る皿川をいつからともなく地域の人々は猿川川(さるこーかわ)と呼び伝え、その清流に因んで焼酎猿川(さるこー)は誕生いたしました。 以来百余年、今日まで猿川焼酎ついて、名声を博してまいりました。「瑞祥猿川」は、古来中国の伝説上の瑞祥鳥「鳳凰」にちなむ縁起のよいことば「瑞祥」冠し、幸福を呼び込む鳳凰をあしらった限定品の本格焼酎です。透明であっさりとした香味の口当たりで「どなたが飲まれても美味しい焼酎造り」を企業理念とした蔵の本格焼酎です。

飲み比べ 壱岐焼酎 25度 600ml 業務用レトロ瓶 7種類×各2本  14本   壱岐[長崎県]

天下御免

11,340

飲み比べ 壱岐焼酎 25度 600ml 業務用レトロ瓶 7種類×各2本 14本 壱岐[長崎県]

壱岐焼酎 600ml レトロ瓶 業務用 7種類×各2本=14本いり 壱岐焼酎の特徴は他の麦焼酎が大麦100%なのに比べ、米麹1:大麦2の割合で仕込まれています。麦の香ばしさと米麹の甘味を兼ね備え、焼酎の味わいに奥行きの深さを醸しだしてくれます。 壱岐島内各蔵元さんの代表銘柄 の業務用 600ml レトロ瓶勢ぞろいです。 居酒屋さん必見の商品です。 壱岐焼酎 600ml レトロ瓶 業務用 7種類×各2本 14本入り 壱岐 25度 600ml 2本 壱岐っ娘 25度 600ml 2本 壱岐の華 25度 600ml 2本 雪洲 25度 600ml 2本 山の守 25度 600ml 2本 天の川 25度 600ml 2本 猿川 25度 600ml 2本 壱岐 25度 600m lレトロ 「玄海酒造」 壱岐島内で最も飲みやすい人気の焼酎の蔵元さんで減圧蒸留が主流の一般向けする焼酎を手がけてあります。 ここの焼酎の特徴は甘味がひときわきわだっていることである。 [長崎県]壱岐 天の川 25度 900mlレトロ 「天の川酒造」 腰の強さと焼酎本来の風味、キレのよい味が楽しめます。 焼酎本来の味が受け継がれている、決して多くの量を生産することを目的にするのではなく、あくまでも質を求めて焼酎つくりをするということに焼酎通としての喜びを感じますね。 [長崎県]壱岐 山の守 25度 600ml レトロ 「山の守酒造」 一次仕込み、二次仕込みとも甕によるもの、手ずくりの良さを今に残し、常圧蒸留法の原料の味を最大限に引き出してくれることをいかして、香り、コク、甘みの強い本格焼酎。 かぐわしい麦焼酎独特の香りがします。焼酎好きの人にはたまらない匂いです。口に含んだときにその香りがより一層鼻にきます、そして、こくのある味とほんのりとした甘みが口の中に広...

横山五十 純米大吟醸 ブラック 720ml【長崎県壱岐市 重家酒造】

酒専門店 知多繁 楽天市場店

1,985

横山五十 純米大吟醸 ブラック 720ml【長崎県壱岐市 重家酒造】

■ 商品説明 ■ 長崎県壱岐市 重家酒造 横山さんが造る山田錦精米50%のお酒ということで横山五十。 定番のホワイト(白ラベル)がマスカットの風味なのに対してブラックはリンゴの風味。 これは使用する酵母によるものです。 使用するお米はホワイトと同じ山田錦の50%精米。 風味は若干違うものの、滑らかな口当たりと綺麗な甘みは共通です。 ブラックは数量限定ですので、お早めにどうぞ! 蔵元より りんごの果実をかじったようなジューシーな香りに、口に含むと甘みが広がり、最後にキレのある飲み飽きしない味わいになっています。 食事の際の最初の1杯としてワイングラスでお楽しみ下さい。 このお酒との出会い 2016年9月に大阪で行われた九州のお酒の展示会において、出会ったお酒。 飲んで一瞬で心を奪われました。 マスカットのようなフレッシュな風味と透明感のある味わい。 このお酒が「ちんぐ」「村主」などの麦焼酎を造っている重家酒造さんが造ったとのこと。 早速その場で蔵への訪問をお願いし、後日壱岐に行ってきました。 小さいながら非常に洗練された蔵を見学、そして焼酎造り、日本酒造りにかける思いを聞かせていただきました。後日当店にも来ていただき、焼酎を含め、新規お取引き開始となりました。 重家酒造さんは兄で社長の横山雄三さんと弟で専務の太三さんの兄弟蔵。 壱岐は日本の麦焼酎発祥の地として知られていますが、日本酒造りも盛んでした。 重家酒造さんも平成2年までは日本酒を造っていました。しかし、杜氏の高齢化により日本酒造りを止めてしまいました。 時は流れ、壱岐で日本酒造りを復活したい!との思いは募り、弟の太三さんが佐賀の東一の蔵で酒造りを学び、そして山口の東洋美人を醸す澄川酒造の設備を借りて、泊り込みで酒造りをして誕生したお酒がこの横山五十。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク