メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「四合瓶」検索結果。

四合瓶の商品検索結果全375件中1~60件目

花泉 辛口本醸造 一回火入れ 720ml 【要冷蔵】【福島県 花泉酒造】 はないずみ 四合瓶

地酒の店 フクシマ

1,231

花泉 辛口本醸造 一回火入れ 720ml 【要冷蔵】【福島県 花泉酒造】 はないずみ 四合瓶

○:冷やす ○:常温 △:燗(特に-燗) [スタッフ試飲感想] このお酒 酒度+6ありますので キリッと辛口です サッパリ爽快な本醸造です 枝豆や冷やっこ カルパッチョなどをおつまみにしたら 合いそうです そして このお手頃なお値段は見逃せません お値段気にせず いただける 一本です! 〈火入れ〉とは、日本酒を低温殺菌すること。 通常の日本酒は出荷されるまでに2回の火入れを行っています。貯蔵前に1回目、瓶詰め時に2回目、火入れをすることにより、酒中にいる微生物を殺したり、酵母や酵素の働きを止め 酒質を安定させることができます。火入れを行わなければよりフレッシュさが増しますが、劣化も早いです。2回火入れでない限りは冷蔵保管してください。 このお酒は〈花泉 辛口本醸造〉の一回火入れバージョンです。辛口の表示ですが、辛いという感じはなく、〈花泉〉らしい穏やかな甘さも滑らかさも兼ね備えています。一回火入れのため、米の旨みがより濃厚に感じられ、フルーティな味わいが際立ちますが、そこは辛口、甘みの余韻をほんのり残して自然に消えていくので、後味は割とあっさりとしています。 一杯飲んで、気づいたら次の一杯に手が伸びている。ゆったりとした時間の中で飲み飽きることなく飲み続けてしまう、そんなお酒です。食中酒としてだけでなく、お酒単体で楽しむのにも向いています。特に冷やして飲むと旨みに締りが出てオススメです。好き好きですが、お燗ですと甘みがふんわり持ち上がり軽やかな味わいになりますが、酸味も強調されるので、食事しながらの方が飲みやすいです。 ちょっとした贈り物にもおすすめです。 ■日本酒度:+11 ■アルコール度:16% ■酸度:1.3 ■アミノ酸度:1.1 ■使用原料米(精米歩合):五百万石(65%) ■掛け米(精米歩合)...

ブラックフライデー
岐阜のお酒、長良川 純米 720mL (四合) 瓶 化粧箱入

Amazon

1,280

岐阜のお酒、長良川 純米 720mL (四合) 瓶 化粧箱入

銘柄名: 長 良 川 (ながらがわ) 岐阜県各務原(かがみはら)市、小町酒造 醸。 創業は明治27年(1894年)、現在の蔵主は、杜氏も兼ねる5代目。 蔵の中には、24時間一年中絶えることなく宮下冨実夫の自然環境音楽が流れ、特に夕刻には不思議な気分を抱かせます。 小町酒造は、日本酒が生まれる「原料のお米、水と微生物による醗酵(はっこう)」を第一義に尊重しています。 その良さを最大限に、最適に引き出す為に、人(杜氏、蔵人)が手助けをしているという考えです。 これは、決して、杜氏の酒造り技術を軽んじているのでなく、自然界の力+人にしかできない技を集合させることが、本当の意味での美味しい日本酒が醸せる(かもせる)ということです。 小町酒造では、お米を分解する酵母の醗酵を人為的に止めず、自然に醗酵が終息する「完全醗酵」での酒造りをしています。 人が音楽を聴いて感情を左右されるように、花や生き物も同様の現象が起きることが判明しています。 無垢な自然環境の中で作られた自然環境音楽を蔵の中に流すことで、お米も、水も、微生物も、そして人も癒し(いやし)を感じ、お酒に大切な「旨味」を最大限に含んだ、飲んで「ほっとする」日本酒造りを心がけているのです。

岩手のお酒、七福神 純米 (720ml (四合) 瓶)

Amazon

1,188

岩手のお酒、七福神 純米 (720ml (四合) 瓶)

銘柄名:七福神(しちふくじん)岩手県盛岡市、菊の司酒造 醸。 菊の司酒造創業家の平井家は、元々は、関西の三重県出身です。 江戸時代初期、伊勢松阪から今の盛岡市南部に移住、江戸時代中頃からに酒造りを始めました。 ですから、およそ240年続く造り酒屋です。 現在は、盛岡市内でコクを重視する個性的な「菊の司」と、飲み易さを追求した「七福神」、それぞれの銘柄の酒を醸(かも)しています。 菊の司酒造の基本方針は、「飲みやすさの追求」と「食中酒としてのお酒」 一部の日本酒通に喜ばれる日本酒でなく誰が飲んでも安心して楽しめる日本酒を目指しているのです。 その為に、菊の司酒造には拘りが有ります。 1)全商品、糖類無添加。--- お酒の純度に拘ります。 2)全商品精米歩合70%以下。----お米の旨味に拘ります。 3)純米酒比率45%、特定名称酒比率67%-----お酒本来の味、コク、旨味を味わえる様、純度の高い日本酒に拘ります。 4)生酒は、全品非加熱。-----高い鮮度を保てる技術に拘ります。 5)瓶詰め低温貯蔵----------安定した品質、飲みやすいお酒に拘ります。 6)新しい酒造りへの挑戦---地元農家との日本酒造りに拘ります。 このような拘りから生まれた「菊の司、七福神」の味わい豊富な商品ラインアップは、日本酒ビギナーから日本酒大好きな方まで楽しめます。

岐阜, 長良川 しぼったまま熟成純米 720(四合)瓶

Amazon

1,350

岐阜, 長良川 しぼったまま熟成純米 720(四合)瓶

銘柄名: 長 良 川 (ながらがわ)岐阜県各務原(かがみはら)市、小町酒造 醸。 創業明治27年(1894年)。 蔵の中には、24時間一年中絶えることなく 宮下冨実夫の自然環境音楽が流れ、特に夕刻には不思議な気分を抱かせます。 小町酒造は、 日本酒が生まれる「原料のお米、水と微生物による醗酵」を第一義に尊重。良さを最大限に最適に引き出す為、 杜氏、蔵人が手助けをしているという考えです。 自然界の力+杜氏の酒造り技術を集合させることが、本当の意味での美味しい日本酒が醸せる(かもせる)ということです。 ・ 契約栽培米での理想の酒造り。 ・仕込水は、 「日本三大清流」長良川の伏流水。 長良川は、水質の良さから、長良川流域は、静岡の柿田川、高知の四万十川と並ぶ「日本三大清流」と謳われ、国の「名水百選」「日本の水浴場88選」にも指定。「長良川鵜飼(うかい)」でも有名。 ・ 「完全醗酵」での酒造り。 お米を分解する酵母の醗酵を人為的に止めず、自然に醗酵が終息する「完全醗酵(はっこう)」で酒造りをしています。 ・ 自然環境音楽を使った酒造り。 人同様、花や生き物も音楽を聴いて感情を左右されることが判っています。自然環境音楽を蔵の中に流して、酒造りに利用しています。 お米も水も微生物もそして人も癒し(いやし)を感じ、お酒に大切な「旨味」を最大限に含んだ、 飲んで「ほっとする」日本酒造りを心がけているのです。

岐阜のお酒、長良川 純米大吟醸 720ml (四合)瓶 化粧箱入

Amazon

2,932

岐阜のお酒、長良川 純米大吟醸 720ml (四合)瓶 化粧箱入

銘柄名: 長 良 川 (ながらがわ) 岐阜県各務原(かがみはら)市、小町酒造 醸。 創業は明治27年(1894年)、現在の蔵主は、杜氏も兼ねる5代目。 蔵の中には、24時間一年中絶えることなく宮下冨実夫の自然環境音楽が流れ、特に夕刻には不思議な気分を抱かせます。 小町酒造は、日本酒が生まれる「原料のお米、水と微生物による醗酵(はっこう)」を第一義に尊重しています。 その良さを最大限に、最適に引き出す為に、人(杜氏、蔵人)が手助けをしているという考えです。 これは、決して、杜氏の酒造り技術を軽んじているのでなく、自然界の力+人にしかできない技を集合させることが、本当の意味での美味しい日本酒が醸せる(かもせる)ということです。 小町酒造では、お米を分解する酵母の醗酵を人為的に止めず、自然に醗酵が終息する「完全醗酵」での酒造りをしています。 人が音楽を聴いて感情を左右されるように、花や生き物も同様の現象が起きることが判明しています。 無垢な自然環境の中で作られた自然環境音楽を蔵の中に流すことで、お米も、水も、微生物も、そして人も癒し(いやし)を感じ、お酒に大切な「旨味」を最大限に含んだ、飲んで「ほっとする」日本酒造りを心がけているのです。

岩手のお酒, 七福神 純米 辛口 (720ml (四合) 瓶)

Amazon

1,188

岩手のお酒, 七福神 純米 辛口 (720ml (四合) 瓶)

銘柄名:七福神(しちふくじん)岩手県盛岡市、菊の司酒造 醸。 菊の司酒造創業家の平井家は、元々は、関西の三重県出身です。 江戸時代初期、伊勢松阪から今の盛岡市南部に移住、江戸時代中頃からに酒造りを始めました。 ですから、およそ240年続く造り酒屋です。 現在は、盛岡市内でコクを重視する個性的な「菊の司」と、飲み易さを追求した「七福神」、それぞれの銘柄の酒を醸(かも)しています。 菊の司酒造の基本方針は、「飲みやすさの追求」と「食中酒としてのお酒」 一部の日本酒通に喜ばれる日本酒でなく誰が飲んでも安心して楽しめる日本酒を目指しているのです。 その為に、菊の司酒造には拘りが有ります。 1)全商品、糖類無添加。--- お酒の純度に拘ります。 2)全商品精米歩合70%以下。----お米の旨味に拘ります。 3)純米酒比率45%、特定名称酒比率67%-----お酒本来の味、コク、旨味を味わえる様、純度の高い日本酒に拘ります。 4)生酒は、全品非加熱。-----高い鮮度を保てる技術に拘ります。 5)瓶詰め低温貯蔵----------安定した品質、飲みやすいお酒に拘ります。 6)新しい酒造りへの挑戦---地元農家との日本酒造りに拘ります。 このような拘りから生まれた「菊の司、七福神」の味わい豊富な商品ラインアップは、日本酒ビギナーから日本酒大好きな方まで楽しめます。

岐阜のお酒、長良川 純米吟醸 720mL (四合) 瓶 化粧箱入

Amazon

1,620

岐阜のお酒、長良川 純米吟醸 720mL (四合) 瓶 化粧箱入

銘柄名: 長 良 川 (ながらがわ) 岐阜県各務原(かがみはら)市、小町酒造 醸。 創業は明治27年(1894年)、現在の蔵主は、杜氏も兼ねる5代目。 蔵の中には、24時間一年中絶えることなく宮下冨実夫の自然環境音楽が流れ、特に夕刻には不思議な気分を抱かせます。 小町酒造は、日本酒が生まれる「原料のお米、水と微生物による醗酵(はっこう)」を第一義に尊重しています。 その良さを最大限に、最適に引き出す為に、人(杜氏、蔵人)が手助けをしているという考えです。 これは、決して、杜氏の酒造り技術を軽んじているのでなく、自然界の力+人にしかできない技を集合させることが、本当の意味での美味しい日本酒が醸せる(かもせる)ということです。 小町酒造では、お米を分解する酵母の醗酵を人為的に止めず、自然に醗酵が終息する「完全醗酵」での酒造りをしています。 人が音楽を聴いて感情を左右されるように、花や生き物も同様の現象が起きることが判明しています。 無垢な自然環境の中で作られた自然環境音楽を蔵の中に流すことで、お米も、水も、微生物も、そして人も癒し(いやし)を感じ、お酒に大切な「旨味」を最大限に含んだ、飲んで「ほっとする」日本酒造りを心がけているのです。

【箱入】八海山 純米吟醸 720ml & おつまみセット【日本酒/清酒】【四合瓶】【御歳暮】

ワインshop マルシェディジュール

2,527

【箱入】八海山 純米吟醸 720ml & おつまみセット【日本酒/清酒】【四合瓶】【御歳暮】

ご存じ新潟を代表する名酒・八海山の純米吟醸酒と全国の絶品おつまみ1袋を箱入りのセットにしました。 お酒好きの方ならどなたにも喜んでいただけるお手頃なお酒のギフトです。 ■八海山 純米吟醸 キレの良い、味のふくらみと幅がほどよくあり、香り控えめながら、バランスが絶妙で、酒の個性を主張せず料理を引き立てる上品で洗練された飲み飽きしない逸品。 ■「ご当地つまみの旅」シリーズ ご当地感あふれる食材を用い、日本酒にもぴったりのおいしさ。開けたらそのまま食べられる手軽さで、日本全国を旅した気分になれるおつまみパック。 9種のうちから1点お任せで同封となります。ご希望がある場合にはご注文時にご記載ください。 ◆塩焼き鳥 新橋編 30g ◆酒粕漬けうずらの卵 神戸編 40g ◆炙りイカ七味焼き 青森編 25g ◆ベビーホタテの醤油漬け 北海道室蘭編 22g ◆ピリ辛さつま揚げ 鹿児島編 50g ◆焼きチーズオニオン風味 北海道北見編 18g ◆まぐろのホルモン 大分編 25g ◆酒粕入りどて焼き 大阪編 40g ◆うなぎの骨せんべい うなぎ味 浜松編 15g ※ラッピングは別途ご指定下さい。 ※店頭でも販売している商品につき、在庫切れの場合には入荷待ちとなる場合がございます。

ブラックフライデー
岩手のお酒, 七福神 純米 金箔入 (720ml (四合) 瓶)

Amazon

1,728

岩手のお酒, 七福神 純米 金箔入 (720ml (四合) 瓶)

銘柄名:七福神(しちふくじん)岩手県盛岡市、菊の司酒造 醸。 菊の司酒造創業家の平井家は、元々は、関西の三重県出身です。 江戸時代初期、伊勢松阪から今の盛岡市南部に移住、江戸時代中頃からに酒造りを始めました。 ですから、およそ240年続く造り酒屋です。 現在は、盛岡市内でコクを重視する個性的な「菊の司」と、飲み易さを追求した「七福神」、それぞれの銘柄の酒を醸(かも)しています。 菊の司酒造の基本方針は、「飲みやすさの追求」と「食中酒としてのお酒」 一部の日本酒通に喜ばれる日本酒でなく誰が飲んでも安心して楽しめる日本酒を目指しているのです。 その為に、菊の司酒造には拘りが有ります。 1)全商品、糖類無添加。--- お酒の純度に拘ります。 2)全商品精米歩合70%以下。----お米の旨味に拘ります。 3)純米酒比率45%、特定名称酒比率67%-----お酒本来の味、コク、旨味を味わえる様、純度の高い日本酒に拘ります。 4)生酒は、全品非加熱。-----高い鮮度を保てる技術に拘ります。 5)瓶詰め低温貯蔵----------安定した品質、飲みやすいお酒に拘ります。 6)新しい酒造りへの挑戦---地元農家との日本酒造りに拘ります。 このような拘りから生まれた「菊の司、七福神」の味わい豊富な商品ラインアップは、日本酒ビギナーから日本酒大好きな方まで楽しめます。

岩手盛岡の酒、本醸造 菊の司 (四合 瓶 化粧箱入)

Amazon

1,188

岩手盛岡の酒、本醸造 菊の司 (四合 瓶 化粧箱入)

銘柄名:七福神(しちふくじん)岩手県盛岡市、菊の司酒造 醸。 菊の司酒造創業家の平井家は、元々は、関西の三重県出身です。 江戸時代初期、伊勢松阪から今の盛岡市南部に移住、江戸時代中頃からに酒造りを始めました。 ですから、およそ240年続く造り酒屋です。 現在は、盛岡市内でコクを重視する個性的な「菊の司」と、飲み易さを追求した「七福神」、それぞれの銘柄の酒を醸(かも)しています。 菊の司酒造の基本方針は、「飲みやすさの追求」と「食中酒としてのお酒」 一部の日本酒通に喜ばれる日本酒でなく誰が飲んでも安心して楽しめる日本酒を目指しているのです。 その為に、菊の司酒造には拘りが有ります。 1)全商品、糖類無添加。--- お酒の純度に拘ります。 2)全商品精米歩合70%以下。----お米の旨味に拘ります。 3)純米酒比率45%、特定名称酒比率67%-----お酒本来の味、コク、旨味を味わえる様、純度の高い日本酒に拘ります。 4)生酒は、全品非加熱。-----高い鮮度を保てる技術に拘ります。 5)瓶詰め低温貯蔵----------安定した品質、飲みやすいお酒に拘ります。 6)新しい酒造りへの挑戦---地元農家との日本酒造りに拘ります。 このような拘りから生まれた「菊の司、七福神」の味わい豊富な商品ラインアップは、日本酒ビギナーから日本酒大好きな方まで楽しめます。

岐阜のお酒、飛騨自慢 純米大吟醸原酒 限定 鬼ころし 720ml(四合)瓶 化粧箱入

Amazon

3,780

岐阜のお酒、飛騨自慢 純米大吟醸原酒 限定 鬼ころし 720ml(四合)瓶 化粧箱入

銘柄名: 飛 騨 自 慢、岐阜県高山市、老田酒造店 醸。 酒処、観光地として有名な飛騨高山。 ここには今でもたくさんの蔵が町中に軒を連ね、観光客を惹きつけて止みません。 その中でもリーダー格として奮闘してきたのがこの蔵元。 江戸時代中期(享保年間1720年代)に、同じ岐阜県の隣町、郡上(ぐじょう)より移り住んで酒造りを始めました。 飛騨山脈の良質な水、厳しい冬の冷えこみときれいな空気 という好条件の下、高山では既に酒造りが盛んでしたが、老田酒造の醸(かも)すお酒は、その良質さが好評。 また、天領であった高山から全国にもその辛口酒の評判は広まり、 「怖い鬼をも唸らせる旨い酒」という「鬼ころし」 のネーミングもヒット。 その評判にあやかりたく、全国で「鬼ころし」という酒名が続々と誕生しました。 残念ながら、そのほとんどは「辛口」だけを売り物にした低価格品で、 品質においても本家「飛騨自慢鬼ころし」とは、全く比較になりません。 くれぐれもご注意を! 現在は、持ち味である辛口に、お米の旨味、甘みを味わえる幅広いラインアップのお酒を造っています。 是非、一度御賞味、ご堪能ください。

岐阜のお酒、長良川 本醸造 超辛口+20 720mL (四合) 瓶

Amazon

1,296

岐阜のお酒、長良川 本醸造 超辛口+20 720mL (四合) 瓶

銘柄名: 長 良 川 (ながらがわ) 岐阜県各務原(かがみはら)市、小町酒造 醸。 創業は明治27年(1894年)、現在の蔵主は、杜氏も兼ねる5代目。 蔵の中には、24時間一年中絶えることなく宮下冨実夫の自然環境音楽が流れ、特に夕刻には不思議な気分を抱かせます。 小町酒造は、日本酒が生まれる「原料のお米、水と微生物による醗酵(はっこう)」を第一義に尊重しています。 その良さを最大限に、最適に引き出す為に、人(杜氏、蔵人)が手助けをしているという考えです。 これは、決して、杜氏の酒造り技術を軽んじているのでなく、自然界の力+人にしかできない技を集合させることが、本当の意味での美味しい日本酒が醸せる(かもせる)ということです。 小町酒造では、お米を分解する酵母の醗酵を人為的に止めず、自然に醗酵が終息する「完全醗酵」での酒造りをしています。 人が音楽を聴いて感情を左右されるように、花や生き物も同様の現象が起きることが判明しています。 無垢な自然環境の中で作られた自然環境音楽を蔵の中に流すことで、お米も、水も、微生物も、そして人も癒し(いやし)を感じ、お酒に大切な「旨味」を最大限に含んだ、飲んで「ほっとする」日本酒造りを心がけているのです。

岩手盛岡の酒、本醸造 菊の司 (四合(よんごう)瓶(720ml))

Amazon

1,080

岩手盛岡の酒、本醸造 菊の司 (四合(よんごう)瓶(720ml))

銘柄名:七福神(しちふくじん)岩手県盛岡市、菊の司酒造 醸。 菊の司酒造創業家の平井家は、元々は、関西の三重県出身です。 江戸時代初期、伊勢松阪から今の盛岡市南部に移住、江戸時代中頃からに酒造りを始めました。 ですから、およそ240年続く造り酒屋です。 現在は、盛岡市内でコクを重視する個性的な「菊の司」と、飲み易さを追求した「七福神」、それぞれの銘柄の酒を醸(かも)しています。 菊の司酒造の基本方針は、「飲みやすさの追求」と「食中酒としてのお酒」 一部の日本酒通に喜ばれる日本酒でなく誰が飲んでも安心して楽しめる日本酒を目指しているのです。 その為に、菊の司酒造には拘りが有ります。 1)全商品、糖類無添加。--- お酒の純度に拘ります。 2)全商品精米歩合70%以下。----お米の旨味に拘ります。 3)純米酒比率45%、特定名称酒比率67%-----お酒本来の味、コク、旨味を味わえる様、純度の高い日本酒に拘ります。 4)生酒は、全品非加熱。-----高い鮮度を保てる技術に拘ります。 5)瓶詰め低温貯蔵----------安定した品質、飲みやすいお酒に拘ります。 6)新しい酒造りへの挑戦---地元農家との日本酒造りに拘ります。 このような拘りから生まれた「菊の司、七福神」の味わい豊富な商品ラインアップは、日本酒ビギナーから日本酒大好きな方まで楽しめます。

岩手,七福神 大吟醸 てづくり 門外不出 (720ml(四合)瓶)

Amazon

5,400

岩手,七福神 大吟醸 てづくり 門外不出 (720ml(四合)瓶)

銘柄名:七福神(しちふくじん)岩手県盛岡市、菊の司酒造 醸。 菊の司酒造創業家の平井家は、元々は、関西の三重県出身です。 江戸時代初期、伊勢松阪から今の盛岡市南部に移住、江戸時代中頃からに酒造りを始めました。 ですから、およそ240年続く造り酒屋です。 現在は、盛岡市内でコクを重視する個性的な「菊の司」と、飲み易さを追求した「七福神」、それぞれの銘柄の酒を醸(かも)しています。 菊の司酒造の基本方針は、「飲みやすさの追求」と「食中酒としてのお酒」 一部の日本酒通に喜ばれる日本酒でなく誰が飲んでも安心して楽しめる日本酒を目指しているのです。 その為に、菊の司酒造には拘りが有ります。 1)全商品、糖類無添加。--- お酒の純度に拘ります。 2)全商品精米歩合70%以下。----お米の旨味に拘ります。 3)純米酒比率45%、特定名称酒比率67%-----お酒本来の味、コク、旨味を味わえる様、純度の高い日本酒に拘ります。 4)生酒は、全品非加熱。-----高い鮮度を保てる技術に拘ります。 5)瓶詰め低温貯蔵----------安定した品質、飲みやすいお酒に拘ります。 6)新しい酒造りへの挑戦---地元農家との日本酒造りに拘ります。 このような拘りから生まれた「菊の司、七福神」の味わい豊富な商品ラインアップは、日本酒ビギナーから日本酒大好きな方まで楽しめます。

岐阜飛騨高山のお酒、 飛騨自慢 鬼ころし 吟醸 720ml(四合)瓶 化粧箱入

Amazon

2,764

岐阜飛騨高山のお酒、 飛騨自慢 鬼ころし 吟醸 720ml(四合)瓶 化粧箱入

銘柄名: 飛 騨 自 慢、岐阜県高山市、老田酒造店 醸。 酒処、観光地として有名な飛騨高山。 ここには今でもたくさんの蔵が町中に軒を連ね、観光客を惹きつけて止みません。 その中でもリーダー格として奮闘してきたのがこの蔵元。 江戸時代中期(享保年間1720年代)に、同じ岐阜県の隣町、郡上(ぐじょう)より移り住んで酒造りを始めました。 飛騨山脈の良質な水、厳しい冬の冷えこみときれいな空気 という好条件の下、高山では既に酒造りが盛んでしたが、老田酒造の醸(かも)すお酒は、その良質さが好評。 また、天領であった高山から全国にもその辛口酒の評判は広まり、 「怖い鬼をも唸らせる旨い酒」という「鬼ころし」 のネーミングもヒット。 その評判にあやかりたく、全国で「鬼ころし」という酒名が続々と誕生しました。 残念ながら、そのほとんどは「辛口」だけを売り物にした低価格品で、 品質においても本家「飛騨自慢鬼ころし」とは、全く比較になりません。 くれぐれもご注意を! 現在は、持ち味である辛口に、お米の旨味、甘みを味わえる幅広いラインアップのお酒を造っています。 是非、一度御賞味、ご堪能ください。

岩手盛岡の酒、本醸造 菊の司 (四合 瓶 化粧箱入・ギフト包装のみ)

Amazon

1,188

岩手盛岡の酒、本醸造 菊の司 (四合 瓶 化粧箱入・ギフト包装のみ)

銘柄名:七福神(しちふくじん)岩手県盛岡市、菊の司酒造 醸。 菊の司酒造創業家の平井家は、元々は、関西の三重県出身です。 江戸時代初期、伊勢松阪から今の盛岡市南部に移住、江戸時代中頃からに酒造りを始めました。 ですから、およそ240年続く造り酒屋です。 現在は、盛岡市内でコクを重視する個性的な「菊の司」と、飲み易さを追求した「七福神」、それぞれの銘柄の酒を醸(かも)しています。 菊の司酒造の基本方針は、「飲みやすさの追求」と「食中酒としてのお酒」 一部の日本酒通に喜ばれる日本酒でなく誰が飲んでも安心して楽しめる日本酒を目指しているのです。 その為に、菊の司酒造には拘りが有ります。 1)全商品、糖類無添加。--- お酒の純度に拘ります。 2)全商品精米歩合70%以下。----お米の旨味に拘ります。 3)純米酒比率45%、特定名称酒比率67%-----お酒本来の味、コク、旨味を味わえる様、純度の高い日本酒に拘ります。 4)生酒は、全品非加熱。-----高い鮮度を保てる技術に拘ります。 5)瓶詰め低温貯蔵----------安定した品質、飲みやすいお酒に拘ります。 6)新しい酒造りへの挑戦---地元農家との日本酒造りに拘ります。 このような拘りから生まれた「菊の司、七福神」の味わい豊富な商品ラインアップは、日本酒ビギナーから日本酒大好きな方まで楽しめます。

岐阜、長良川 大吟醸 天河(てんかわ) (720ml(四合)瓶)

Amazon

2,700

岐阜、長良川 大吟醸 天河(てんかわ) (720ml(四合)瓶)

銘柄名: 長 良 川 (ながらがわ) 岐阜県各務原(かがみはら)市、小町酒造 醸。 創業は明治27年(1894年)、現在の蔵主は、杜氏も兼ねる5代目。 蔵の中には、24時間一年中絶えることなく宮下冨実夫の自然環境音楽が流れ、特に夕刻には不思議な気分を抱かせます。 小町酒造は、日本酒が生まれる「原料のお米、水と微生物による醗酵(はっこう)」を第一義に尊重しています。 その良さを最大限に、最適に引き出す為に、人(杜氏、蔵人)が手助けをしているという考えです。 これは、決して、杜氏の酒造り技術を軽んじているのでなく、自然界の力+人にしかできない技を集合させることが、本当の意味での美味しい日本酒が醸せる(かもせる)ということです。 小町酒造では、お米を分解する酵母の醗酵を人為的に止めず、自然に醗酵が終息する「完全醗酵」での酒造りをしています。 人が音楽を聴いて感情を左右されるように、花や生き物も同様の現象が起きることが判明しています。 無垢な自然環境の中で作られた自然環境音楽を蔵の中に流すことで、お米も、水も、微生物も、そして人も癒し(いやし)を感じ、お酒に大切な「旨味」を最大限に含んだ、飲んで「ほっとする」日本酒造りを心がけているのです。

岐阜のお酒、長良川 純米吟醸 零戦のつばさ 720mL (四合) 瓶 化粧箱入

Amazon

1,647

岐阜のお酒、長良川 純米吟醸 零戦のつばさ 720mL (四合) 瓶 化粧箱入

銘柄名: 長 良 川 (ながらがわ) 岐阜県各務原(かがみはら)市、小町酒造 醸。 創業は明治27年(1894年)、現在の蔵主は、杜氏も兼ねる5代目。 蔵の中には、24時間一年中絶えることなく宮下冨実夫の自然環境音楽が流れ、特に夕刻には不思議な気分を抱かせます。 小町酒造は、日本酒が生まれる「原料のお米、水と微生物による醗酵(はっこう)」を第一義に尊重しています。 その良さを最大限に、最適に引き出す為に、人(杜氏、蔵人)が手助けをしているという考えです。 これは、決して、杜氏の酒造り技術を軽んじているのでなく、自然界の力+人にしかできない技を集合させることが、本当の意味での美味しい日本酒が醸せる(かもせる)ということです。 小町酒造では、お米を分解する酵母の醗酵を人為的に止めず、自然に醗酵が終息する「完全醗酵」での酒造りをしています。 人が音楽を聴いて感情を左右されるように、花や生き物も同様の現象が起きることが判明しています。 無垢な自然環境の中で作られた自然環境音楽を蔵の中に流すことで、お米も、水も、微生物も、そして人も癒し(いやし)を感じ、お酒に大切な「旨味」を最大限に含んだ、飲んで「ほっとする」日本酒造りを心がけているのです。

岐阜のお酒, 長良川 純米吟醸 プレミアム天河(てんかわ) (720ml 瓶(四合)瓶 化粧箱入 )

Amazon

2,160

岐阜のお酒, 長良川 純米吟醸 プレミアム天河(てんかわ) (720ml 瓶(四合)瓶 化粧箱入 )

銘柄名: 長 良 川 (ながらがわ) 岐阜県各務原(かがみはら)市、小町酒造 醸。 創業は明治27年(1894年)、現在の蔵主は、杜氏も兼ねる5代目。 蔵の中には、24時間一年中絶えることなく宮下冨実夫の自然環境音楽が流れ、特に夕刻には不思議な気分を抱かせます。 小町酒造は、日本酒が生まれる「原料のお米、水と微生物による醗酵(はっこう)」を第一義に尊重しています。 その良さを最大限に、最適に引き出す為に、人(杜氏、蔵人)が手助けをしているという考えです。 これは、決して、杜氏の酒造り技術を軽んじているのでなく、自然界の力+人にしかできない技を集合させることが、本当の意味での美味しい日本酒が醸せる(かもせる)ということです。 小町酒造では、お米を分解する酵母の醗酵を人為的に止めず、自然に醗酵が終息する「完全醗酵」での酒造りをしています。 人が音楽を聴いて感情を左右されるように、花や生き物も同様の現象が起きることが判明しています。 無垢な自然環境の中で作られた自然環境音楽を蔵の中に流すことで、お米も、水も、微生物も、そして人も癒し(いやし)を感じ、お酒に大切な「旨味」を最大限に含んだ、飲んで「ほっとする」日本酒造りを心がけているのです。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク