メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「喜界島酒造」検索結果。

喜界島酒造の商品検索結果全359件中1~60件目

【喜界島酒造】 喜界島 黒糖25度 1.8L 【黒糖焼酎】

酒宝庫 MASHIMO

1,947

【喜界島酒造】 喜界島 黒糖25度 1.8L 【黒糖焼酎】

「くろちゅう」の名で親しまれている喜界島酒造の定番。熟成されているため、喉越しは極めてまろやかで、ほんのりとした甘みがあります。黒糖焼酎を普段愛飲されている方からこれから黒糖焼酎を飲もうと思っておられる方まで、幅広く受け入れられる本格黒糖焼酎です。 原材料 黒糖・米麹 度数 25度 容量 1800ml喜界島酒造 奄美本島の北東に浮かぶ、エメラルドの海と珊瑚に囲まれた島。喜界島の海岸沿いで、1916年(大正五年)前身の石川酒造が黒糖焼酎の製造を開始。その後1973年、社名を喜界島酒造株式会社に変更。 創業以来「自然に逆らわず自然を生かす酒造り」を基本理念とし、この島でしか作れない「ただひとつの酒」を目指して厳しい自然環境の中で温度、湿度、風などをうまく焼酎つくりに活かしています。 蒸留から貯蔵まで長年受け継がれた伝統的匠と、新しい技術とがうまく融合された製造管理のもと、じっくり時間をかけた長期自然熟成酒を基本とし、香りがよく味わい深い高レベルな黒糖焼酎を世に送り出す蔵元です。 黒糖焼酎は、サトウキビから作られる黒糖が原料です。奄美諸島だけに製造を許されており、南米や西インド諸島で作られているラム酒に似ています。甘い香りとキリッとした飲み口が特徴です。 昔の黒糖焼酎の製法はラム酒と一緒でしたが、戦後、奄美諸島が日本に返還される際に、税率が高くなってしまうことを回避するために、焼酎として認めてもらう方法として米麹を使用するようになりました。そのような背景から生まれた現在の黒糖焼酎ですが、米麹を加えた事により、旨みとコクが豊かになり、ほどよくドライに仕上がって、独特の上質な甘さが加わっております。 現在、黒糖焼酎の製造は、奄美諸島5島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)のみ許可されており、27蔵で製造されています。...

喜界島酒造 黒糖焼酎 くろちゅう 喜界島 1800ml

贈り物本舗じざけや

2,380

喜界島酒造 黒糖焼酎 くろちゅう 喜界島 1800ml

喜界島酒造 黒糖焼酎くろちゅう 喜界島 1800ml 味わいの特徴 喜界島はサンゴ礁が隆起して出来ております。したがって仕込みに使われる水はミネラルを多く含んだ軟水です。軟水を使用すると出来上がった焼酎は甘く感じられとってもまろやかな焼酎です。お湯割というよいりはロックや水割りがおすすめです。 製造元 喜界島酒造(株) 産地 [鹿児島県]大島郡喜界町 種別 黒糖焼酎 主要原料米 黒糖、米麹 アルコール度数25% 容量1800ml黒糖焼酎は日本の中でも鹿児島県の 奄美大島郡島と呼ばれる島々の蔵元でしか、 製造許可されてない珍しい焼酎です 。 喜界島酒造 焼酎のニューウェイブ黒糖焼酎 本格焼酎といえあば芋、麦、米が三大メジャーであるが、最近にんって注目せれ、めきめきと人気の頭角を現してきたのが黒糖焼酎だ。黒糖焼酎は、原料に黒糖を使い、鹿児島県の奄美諸島だけで造られている、ちょっと珍しい焼酎である。 奄美諸島は鹿児島市の南西370~560kmに位置する、鹿児島と沖縄の間に浮かぶ島々で、有人島は8島。そのうち、奄美大島、加計麻呂島、徳之島、喜界島、沖永良部島、与論島の6島で、黒糖焼酎が造られてる。 サトウキビは17世紀の江戸時代のころ、沖縄から渡って栽培されるようになった。 黒糖焼酎の特徴といえば、まさにラム酒に似た甘い香りである。 それに、米麹を使うことによって、スッキリした飲み口がプラスされているので、近年都心部や女性を中心に人気が高まっている。 ◆喜界島の黒糖がいい訳 では、なぜ、喜界島ではこのような上質の黒砂糖ができるのでしょうか?それは、珊瑚礁の島土が、さとうきびの成育に適していることと、日照時間が長いからだといわれています。亜熱帯性気候で、しかも高い山が少ないため、日の出から日の入りまで...

喜界島 20°1800ml【RCP】

本場から直送! 九州焼酎CLUB

1,840

喜界島 20°1800ml【RCP】

■商品・蔵元説明 ■喜界島酒造■ 大正5年創業です。その後1973年に喜界島酒造株式会社と社名を変更。 この喜界島酒造は、"この土地の風土に合った、また土地の特性を生かした焼酎造り"をモットーとしています。 また隆起サンゴの島でミネラル分を多く含む水を使っています。 ■喜界島■ 喜界島はサンゴ礁が隆起して出来ています。 したがって仕込みに使われる水はミネラルを多く含んだ軟水です。 軟水を使用した焼酎は甘く感じられとてもまろやかな焼酎となります。 お湯割というよりはロックや水割りがおすすめです。 ■原材料 黒糖、米麹 ■容量 1800ml ■度数 20° ■産地 鹿児島 ■蔵元 喜界島酒造 ■他銘柄 三年寝太蔵、しまっちゅ伝蔵奄美大島でのみ製造可能~黒糖焼酎~ 日本の焼酎は約500年前にシャム(現在のタイ)から沖縄に渡来したのが始まりとされています。 沖縄で泡盛として親しまれ、その後奄美、九州を経て全国に広がっていきました。 奄美の人々は、沖縄から伝えられた焼酎に、奄美の主要農産物であった黒糖を使い、製法、技術に多くの改良や工夫を加えて、現在の黒糖焼酎を生み出しました。 その実績が評価され、昭和28年、奄美群島がアメリカから返還された際に、 黒糖を原料にしての酒類製造は酒税法で奄美群島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)だけに認められることとなり、 奄美の特産品として広く知られるようになりました。 男性にも女性にも大人気の黒糖焼酎ですが、「美味しい」という理由以外にもたくさんのワケがあります。 黒砂糖と聞けば、糖分が高そうだと思いませんか? 砂糖なので糖分が高いと思うのは当たり前だと思うのですが、実は黒糖焼酎の糖分はゼロなんです。 さらに低カロリーで、ミネラルとビタミンB郡が含まれており、旨いだけではなく体にも良いお酒です...

喜界島 25°1800ml【RCP】

本場から直送! 九州焼酎CLUB

2,036

喜界島 25°1800ml【RCP】

■商品・蔵元説明 ■喜界島酒造■ 大正5年創業です。その後1973年に喜界島酒造株式会社と社名を変更。 この喜界島酒造は、"この土地の風土に合った、また土地の特性を生かした焼酎造り"をモットーとしています。 また隆起サンゴの島でミネラル分を多く含む水を使っています。 ■喜界島■ 喜界島はサンゴ礁が隆起して出来ています。 したがって仕込みに使われる水はミネラルを多く含んだ軟水です。 軟水を使用した焼酎は甘く感じられとてもまろやかな焼酎となります。 お湯割というよりはロックや水割りがおすすめです。 ■原材料 黒糖、米麹 ■容量 1800ml ■度数 25° ■産地 鹿児島 ■蔵元 喜界島酒造 ■他銘柄 三年寝太蔵、しまっちゅ伝蔵奄美大島でのみ製造可能~黒糖焼酎~ 日本の焼酎は約500年前にシャム(現在のタイ)から沖縄に渡来したのが始まりとされています。 沖縄で泡盛として親しまれ、その後奄美、九州を経て全国に広がっていきました。 奄美の人々は、沖縄から伝えられた焼酎に、奄美の主要農産物であった黒糖を使い、製法、技術に多くの改良や工夫を加えて、現在の黒糖焼酎を生み出しました。 その実績が評価され、昭和28年、奄美群島がアメリカから返還された際に、 黒糖を原料にしての酒類製造は酒税法で奄美群島(奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島)だけに認められることとなり、 奄美の特産品として広く知られるようになりました。 男性にも女性にも大人気の黒糖焼酎ですが、「美味しい」という理由以外にもたくさんのワケがあります。 黒砂糖と聞けば、糖分が高そうだと思いませんか? 砂糖なので糖分が高いと思うのは当たり前だと思うのですが、実は黒糖焼酎の糖分はゼロなんです。 さらに低カロリーで、ミネラルとビタミンB郡が含まれており、旨いだけではなく体にも良いお酒です...

スポンサーリンク
スポンサーリンク