メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「古越龍山 5 年」検索結果。

古越龍山 5 年の商品検索結果全44件中1~44件目

古越龍山 紹興酒 花彫 陳年5年 500ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

1,040

古越龍山 紹興酒 花彫 陳年5年 500ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

良質のもち米と、名水鑒湖の水を用いて、磨き抜かれた伝統の技と5年の歳月が育てた紹興酒の傑作。 「古越龍山」は中国最大の紹興酒メーカーであり、また甕の貯蔵量も最大で、品質も高く「China top Brand」の称号を持つ中国No.1ブランドです。揚子江流域の厳選された上質なもち米と鑒湖の銘水を使って造られ、甕にて長期にわたり熟成された紹興酒です。中国では政府外交部の指定銘柄として、北京の釣魚台国賓館で国賓接待用に使われています。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 紹興陳年加飯酒 5L甕 (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

6,080

古越龍山 紹興陳年加飯酒 5L甕 (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

大宴会、大パーティーの演出にカメからのサービスが好評です。カメは、貯蔵用器で、開封するまで熟成が進むので、さらに深い味わいとコクが楽しめます。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます ●この商品は単品で1個口での発送となります。古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 紹興酒 花彫 金龍 1.8L (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

2,320

古越龍山 紹興酒 花彫 金龍 1.8L (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

大切なあの方へ。ギフトラッピングはこちらから ≫≫≫ 5年貯蔵原酒を中心にブレンド。味、香りのバランスの取れた優美な味わいの人気商品。 「古越龍山」は中国最大の紹興酒メーカーであり、また甕の貯蔵量も最大で、品質も高く「China top Brand」の称号を持つ中国No.1ブランドです。揚子江流域の厳選された上質なもち米と鑒湖の銘水を使って造られ、甕にて長期にわたり熟成された紹興酒です。中国では政府外交部の指定銘柄として、北京の釣魚台国賓館で国賓接待用に使われています。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 紹興花彫酒 陳年8年 茶甕 5L (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

16,460

古越龍山 紹興花彫酒 陳年8年 茶甕 5L (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

良質のもち米と、名水鑒湖の水を用いて、磨き抜かれた伝統の技と8年の永い歳月が育てた紹興酒の傑作。甕の方が濾過の度合いが低く熟成が進むのでコクがあります。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます ●この商品は単品で1個口での発送となります。古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 紹興酒 花彫 金龍 180ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

328

古越龍山 紹興酒 花彫 金龍 180ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

5年貯蔵原酒を中心にブレンド。味、香りのバランスの取れた優美な味わいの人気商品。 「古越龍山」は中国最大の紹興酒メーカーであり、また甕の貯蔵量も最大で、品質も高く「China top Brand」の称号を持つ中国No.1ブランドです。揚子江流域の厳選された上質なもち米と鑒湖の銘水を使って造られ、甕にて長期にわたり熟成された紹興酒です。中国では政府外交部の指定銘柄として、北京の釣魚台国賓館で国賓接待用に使われています。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 紹興酒 花彫 金龍 600ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

840

古越龍山 紹興酒 花彫 金龍 600ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

5年貯蔵原酒を中心にブレンド。味、香りのバランスの取れた優美な味わいの人気商品。 「古越龍山」は中国最大の紹興酒メーカーであり、また甕の貯蔵量も最大で、品質も高く「China top Brand」の称号を持つ中国No.1ブランドです。揚子江流域の厳選された上質なもち米と鑒湖の銘水を使って造られ、甕にて長期にわたり熟成された紹興酒です。中国では政府外交部の指定銘柄として、北京の釣魚台国賓館で国賓接待用に使われています。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

送料無料
●古越龍山 陳年8年茶甕 5L 中国酒・紹興酒 横浜中華街 聘珍樓 [へいちんろう] 食フェス

横浜と共に120余 聘珍樓

15,760

●古越龍山 陳年8年茶甕 5L 中国酒・紹興酒 横浜中華街 聘珍樓 [へいちんろう] 食フェス

■商品紹介&注意商品名:古越龍山 陳年8年茶甕 5L 通常のカメ入り紹興酒はふたを割って開けるため再栓できず、数日で飲みきらないと風味が落ちてしまいまがすが、こちらは工場元詰コルク栓で、カメ出しの趣を保ちつつ飲める優れものです。 紹興酒とは…浙江省(せっこうしょう)紹興市で生産される、老酒(ラオチュウ)のみ紹興酒と呼ばれます。フランスのシャンパンやコニャックと同様、その品質の良さで紹興酒は老酒の代名詞になっています。また、『古越龍山』は、紹興全体(1市5県)での紹興酒生産数量、第一位。皆に愛されている証拠です。 夏はロックで・・・ 日本で一般的とされているのが、氷砂糖やザラメを入れる飲み方。けれども、この『古越龍山』は芳酵美味であるため、氷砂糖を入れて飲む必要はありません!!そのままの味が、最高なのです。 馥郁とした香りがあたり一面に漂い、ほのぼのとしたぬくもりが広がります。 人肌より少し熱めにして、立ち上がる香りと体の中に溶け込んでいく深い味わいをたっぷり堪能してください。 ※20才未満の飲酒は法律で禁止されています。未成年の方のお酒のお申し込みはお受けできません。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【未開栓】古越龍山 陶器ボトル 紹興酒 750ml

ブランド専門店ハーフプライス

1,980

【未開栓】古越龍山 陶器ボトル 紹興酒 750ml

商品名【【未開栓】古越龍山 陶器ボトル 紹興酒 750ml】内容量【750ml】アルコール度数【18度】付属品【箱 ※画像にあるものがすべてになります。】商品状態 - 店舗管理番号【el080i-ap51】免許【酒類販売業免許 仙台中法第4808号】注意事項■こちらの商品はお酒になります。20歳以上の方のみ購入可能です。■お買い上げ後、オーダーフォーム入力時に備考欄への【生年月日及び満年齢の入力】をお願いしております。 ■生年月日及び満年齢の入力が無い場合は、税務署の指導により発送出来ませんのでご了承ください。■未開栓の商品につきましては、風味等、中身の確認・コルクの状態に関しましては、一切保証できませんのでご理解ください。■通信販売免許規定の為、直接来店でのお取引はできません。■トラブル防止のため、同梱対応は同一ID・同日お買い上げ商品に限ります。 ■商品サイズによっては同梱対応が困難な場合がございます。■内部の浮遊物、沈殿物などある場合がございます。ご理解いただける方のみお買い上げください。■お問い合わせはできるだけご対応させて頂きますので、ノークレームノーリターン・中古品である事をご理解の上、お買い上げ頂きますようお願い致します。他の【その他の蒸留酒】も見る商品画像商品説明商品名【【未開栓】古越龍山 陶器ボトル 紹興酒 750ml】内容量【750ml】アルコール度数【18度】付属品【箱 ※画像にあるものがすべてになります。】商品状態 - 店舗管理番号【el080i-ap51】免許【酒類販売業免許 仙台中法第4808号】注意事項■こちらの商品はお酒になります。20歳以上の方のみ購入可能です。■お買い上げ後、オーダーフォーム入力時に備考欄への【生年月日及び満年齢の入力】をお願いしております。 ■生年月日及び満年齢の入力が無い場合は...

古越龍山 陳醸 30年 640ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

33,380

古越龍山 陳醸 30年 640ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

長期熟成原酒由来のしっかりとした味わいとまろやかな口当たりの良さが特徴です。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 紹興酒 花彫 陳年8年 640ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

2,190

古越龍山 紹興酒 花彫 陳年8年 640ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

良質のもち米と、名水鑒湖の水を用いて、磨き抜かれた伝統の技と8年の永い歳月が育てた紹興酒の傑作。 「古越龍山」は中国最大の紹興酒メーカーであり、また甕の貯蔵量も最大で、品質も高く「China top Brand」の称号を持つ中国No.1ブランドです。揚子江流域の厳選された上質なもち米と鑒湖の銘水を使って造られ、甕にて長期にわたり熟成された紹興酒です。中国では政府外交部の指定銘柄として、北京の釣魚台国賓館で国賓接待用に使われています。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 景徳鎮 10年 500ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

3,180

古越龍山 景徳鎮 10年 500ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

甘みと酸味のバランスと口当たりの良さが特徴。 中国の代表的な陶磁器名産品である景徳鎮ボトル入りです。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 紹興酒 花彫 銀龍 600ml (中国酒) 【02P08Jul17】

サカツコーポレーション楽天市場店

600

古越龍山 紹興酒 花彫 銀龍 600ml (中国酒) 【02P08Jul17】

大切なあの方へ。ギフトラッピングはこちらから ≫≫≫ 3年貯蔵原酒を中心にブレンド。シャープなのど越しの人気商品。 「古越龍山」は中国最大の紹興酒メーカーであり、また甕の貯蔵量も最大で、品質も高く「China top Brand」の称号を持つ中国No.1ブランドです。揚子江流域の厳選された上質なもち米と鑒湖の銘水を使って造られ、甕にて長期にわたり熟成された紹興酒です。中国では政府外交部の指定銘柄として、北京の釣魚台国賓館で国賓接待用に使われています。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 善醸仕込み 600ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

1,050

古越龍山 善醸仕込み 600ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

善醸仕込み製法由来の深い味わいと華やかな香り、濃厚で上質な甘さが特徴です。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 陳醸 20年 640ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

12,680

古越龍山 陳醸 20年 640ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

長期熟成原酒由来のしっかりとした味わいとまろやかな口当たりの良さが特徴です。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 紹興陳年加飯酒 23L甕 (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

25,000

古越龍山 紹興陳年加飯酒 23L甕 (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

大宴会、大パーティーの演出にカメからのサービスが好評です。カメは、貯蔵用器で、開封するまで熟成が進むので、さらに深い味わいとコクが楽しめます。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます ●この商品は単品で1個口での発送となります。古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 景徳鎮 25年 500ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

24,600

古越龍山 景徳鎮 25年 500ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

甘みと酸味のバランスと口当たりの良さが特徴。 中国の代表的な陶磁器名産品である景徳鎮ボトル入りです。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 国賓館 640ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

2,990

古越龍山 国賓館 640ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

中国ナショナルゲストハウスの北京釣魚台国賓館の公式指定酒。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 紹興陳年加飯酒 9L甕 (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

11,280

古越龍山 紹興陳年加飯酒 9L甕 (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

大宴会、大パーティーの演出にカメからのサービスが好評です。カメは、貯蔵用器で、開封するまで熟成が進むので、さらに深い味わいとコクが楽しめます。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます ●この商品は単品で1個口での発送となります。古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 景徳鎮 15年 500ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

6,080

古越龍山 景徳鎮 15年 500ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

甘みと酸味のバランスと口当たりの良さが特徴。 中国の代表的な陶磁器名産品である景徳鎮ボトル入りです。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

古越龍山 陳醸 50年 640ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

63,261

古越龍山 陳醸 50年 640ml (中国酒) 【02P22Jul17】 【PS】

長期熟成原酒由来のしっかりとした味わいとまろやかな口当たりの良さが特徴です。 ●こちらの商品は通常在庫商品ですが、業務用でも併売しております関係上、まれに品切れやヴィンテージ変更があります。その場合はこちらよりご連絡差し上げます。予めご了承ください。●写真はイメージとなり、ラベルデザインやヴィンテージが異なる場合がございます古越龍山 ●紹興酒とは● 中国浙江省紹興市でつくられる「紹興老酒」を一般的に紹興酒と呼んでおり、その質の良さから中国を代表するお酒になりました。紹興は上海の南西方に位置し、中国では、「米どころ(もち米)」、「水の都」として有名で、この良質なもち米と、鑒湖の水が紹興酒づくりによい影響を与えています。 紹興酒は若干の製法の違いにより下の4種類に分けられます。 ◆元紅酒(げんこうしゅ): 基本とされる紹興酒 ◆加飯酒(かはんしゅ): 元紅酒よりもち米を多く使用する。現在この加飯酒が紹興酒の主流。 ◆善醸酒(ぜんじょうしゅ): 仕込み水の代わりに元紅酒を用いる。製法としては最も古い。甘みがある。 ◆香雪酒(こうせつしゅ): 元紅酒を造る過程で、麦麹、アルコールを添加してつくる。甘みの強い酒。 (参考資料:講談社「世界の名酒辞典」、宝酒造HP、永昌源HP)

スポンサーリンク
スポンサーリンク