メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「千福酒造」検索結果。

千福酒造の商品検索結果全3件中1~3件目

千福 神力 純米無濾過原酒85 生もと造り 720ml 【平成21酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵】【ギフト プレゼント】【広島 日本酒】【父の日】【お中元】

広島お酒スタイルplus

1,701

千福 神力 純米無濾過原酒85 生もと造り 720ml 【平成21酒造年度 全国新酒鑑評会 金賞受賞蔵】【ギフト プレゼント】【広島 日本酒】【父の日】【お中元】

大切な贈り物は、当店にお任せください. 当店一押し!一緒にご注文で送料節約! 同じ蔵元『 三宅本店 』のその他のお酒一覧 【 コチラをクリック 】 昔ながらの造りでじっくり仕上げたこだわりの酒 千福 神力 純米無濾過原酒85 720ml 広島県産『神力』を100%使用して出来上がった酒は、熟した果実のような甘酸っぱいふんわりとした香り、刺激的な酸味の後に旨味・甘味・渋味・苦味が複雑に絡みあう、濃厚な味わいです。 しっかり冷やしてそのまま飲んで美味しいのはもちろん、オンザロックもおすすめです。 ぬる燗にすると、酸味と旨みが口中に広がります。 また、このお酒は日本酒サービス研究会・酒匠研究連合会(SSI)主催、アナタが選ぶ地酒大show 2012 秋にて、『チーズ料理とあわせたい!地酒大show』清酒部門でゴールド賞に選ばれました。 神力の濃厚で複雑な味わいと、チーズのこってりとした味わいとのハーモニーも是非お試し下さい。 蔵元: (株)三宅本店 についてはコチラをクリック 呉の地酒 燗酒OK! 冷やOK! ロック 冷やして 常温 ぬる燗 熱燗 呑み頃温度は ◎ ○ ○ ◎ ◎ このお酒の酒質・蔵元データ 銘柄名読み せんぷく 蔵元名 (株)三宅本店 精米歩合 85% アルコール分 19度 日本酒度 +5.0 酸度 2.3 原料米 神力100% 酵母 - 日本酒度・酸度のバランスで、だいたいのお酒の味を知ることができます。 ●日本酒度とは?【 詳しくはコチラ 】: +傾向だと 辛い。-傾向だと 甘い。 ●酸度とは?: 数値が大だと 味が濃醇。数値が小だと 味が淡麗 【御歳暮・お歳暮】【父の日】【母の日】【御中元・お中元】【暑中御見舞】【残暑御見舞】【敬老の日】【御年賀・お年賀】【御祝い・お祝い】【内祝い】【御礼・お礼】【還暦祝】【古稀祝...

こちらの関連商品はいかがですか?

縁喜 上撰本醸造 玉村本店 1800ml

酒のさとう

1,993

縁喜 上撰本醸造 玉村本店 1800ml

種類 本醸造酒 内容量 1800ml 原材料 米・米こうじ・醸造アルコール 原料米 ひとごこち(掛米・麹米) 酵母 901号 精米歩合 70% アルコール度 15度以上16度未満 日本酒度 +2 酸度 1.2 保存方法 常温 製造年月 2015年8月以降 製造者 長野県・株式会社玉村本店 ※店頭に在庫がない場合この商品はメーカーからお取り寄せ後の発送 になりますので、お届けに5~9日 営業日(土日、祝日を除く)かかります。 お急ぎの方は電話(026-245-8707) またはメール(na7117sato@stvnet.home.ne.jp) にてご確認ください。人気No1 縁喜の定番酒 縁喜 上撰本醸造 1800ml 新美山錦「ひとごこち」100%使用。 ふくらみのある味わいと、キレの良さが特徴の人気No.1。 お燗に最適です。 美味しい飲み方 ロック(0~5度)冷(5~10度)常温(室温)ぬる燗(35~40度)あつ燗(45~50度) ×○○◎◎ 志賀高原の麓、沓野で約200年にわたり、清酒「縁喜」を造り続けています。決して、淡麗・辛口の酒ではなく、あえていうなら端麗・旨口のお酒。 この地の冷涼な気候と良質な水と米、酒蔵、つくりを支える人々と技術がキレのある旨口の酒を、丹念につくり、飲み飽きのしない最良の食中酒を目指しています。 品評会においても、 全国新酒鑑評会金賞、関東信越国税局酒類鑑評会優秀賞、長野県清酒品評会知事賞など、幾度と賞を受賞するなど、旨い酒を造る探究心を常に持ち続けています。 全商品が「縁喜」というその名の通り、 お客様にその『ご縁を喜んで』いただけるような酒造りを目指し続けています。

世界一統 上撰 1800ml

Amazon

1,750

世界一統 上撰 1800ml

燗冴えのするお酒です和歌山のTVコマーシャルでおなじみの「白い、白いラベルの世界一統」。大隈重信侯が愛してやまなかった「清酒世界一統」。 この「上撰」は日本酒度+1.0、アルコール度15.7、酸度1.3、アミノ酸度1.3と酒の成分もごく中庸の酒に仕上げています。辛すぎず、甘すぎず色沢淡麗「清酒世界一統」をぞんぶんにご賞味ください。スッキリとしたのどごしのよい旨口のお酒です。 大隈重信候ゆかりの蔵。 酒名及び社名である「世界一統」とは、2代目南方常楠の時代(明治40年)に名づけられました。早稲田大学の創立者であり、第8・17代内閣総理大臣をつとめ、歴史に名を残した大隈重信侯に常楠が師事したことより、侯が紀州高野山に参詣の折、酒名の選定をお願いしたものです。気宇壮大な侯は「世界を統一」する「酒界の一統」たれといった意味より、ここに「世界一統」と命名されました。なお大正15年まで会社組織を「南方酒造株式会社」としておりましたが、のち昭和46年に社名を酒名と同じ「株式会社世界一統」に変更し、現在にいたります。 商品規格データ 原料米名 精米歩合 アルコール度 15度以上16度未満 日本酒度 +1.0 酸 度/アミノ酸度 1.3/1.3 使用酵母 杜氏名 井上源司(但馬) 補足説明 飲み頃温度 保存方法 常温 化粧箱 なし ※酒質データは代表値であり、製造ロットにより変動する場合があります。

高野山 上撰 1800ml

Amazon

2,019

高野山 上撰 1800ml

高野山の湧水を加えて醸した千年浪漫をお楽しみください 今尚、深山幽谷の地として有名な高野山。取分け、朝靄に烟る其の姿は水墨の世界に引き込んで呉れる。数々の伝説、物語の発祥の地と聞けば、成程と頷ける事も又多い。 清酒「高野山」は、高野山の湧水を加えて醸造しました。封を切れば、千古の歴史が目覚め、杯に注げば、円熟の味わいが拡がり、重ねるほどに、幽玄の境地に誘われます。 如何、今宵、御一献。日本人の心を酔わす、旨き酒「高野山」。 天長島村酒造とは。 明治18年(1885年)創業。明治時代には「世界王」「美さを菊」などの銘柄で販売していましたが、大正時代初期に朝香宮鳩彦(あさかのみややすひこ)殿下が和歌山の第61連隊に赴任されて島村家の別荘に住まわれていた時、朝香宮様より「天長」と正式に命名されました。 「天長」とは、「老子」の中の≪天長地久(天は長く地は久し)≫よりきています。現在、その「天長」が主銘柄になっており、社名の頭に使われています。 また、約半世紀に渡り、毎年新春に特別の許可をいただき天皇家に、清酒「天長」「純吟」を献上しています。これは、全国で数社しかなく和歌山では唯一の酒蔵」です。 商品規格データ 原料米名 酒造好適米 精米歩合 非公開 アルコール度 15度以上16度未満 日本酒度 非公開 酸 度/アミノ酸度 非公開 使用酵母 非公開 杜氏名 補足説明 飲み頃温度 保存方法 常温 化粧箱 なし ※酒質データは代表値であり、製造ロットにより変動する場合があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク