メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「千代の光」検索結果。

千代の光の商品検索結果全5件中1~5件目

千代の光 特別本醸造 1.8L

Amazon

2,390

千代の光 特別本醸造 1.8L

優しい甘さで千代の光で最も人気のあるお酒です。清流矢代川の厳選に厳選を重ねながら掘り当てられた良質な仕込み水と、 最新鋭の設備で高度精白された原料米、そして新潟でも名だたる豪雪地という最適な気候風土が奏でる見事なハーモニーがこの至極の銘酒を育んでいます。 このお酒本当においしい。お客様はさすがによくわかっていらっしゃいます。やわらかく"日本酒とは本来こういうものだ"と静かに教えてくれます。 じっくりと「国酒」清酒・千代の光を味わっていただきたいと思います。 本醸造よりさらに精白を高め飲みやすくした伝統の逸品で、千代の光の顔ともいえる銘柄です。 飲み方のオススメ ぬる燗からヒヤ 【お客様の声】 ▼「千代の光 特別本醸造」を送っていただきました。独特のとろりとした喉越しが好きです。 最初はあまりにあっさりし過ぎているかとも思いましたが、日をおくに従って、 また温度を上げるに従って、不思議に味に張りが出てきて驚きました。 さすがにおいしいお酒だと、感心しました。ありがとうございます。 ブルゴーニュワインの喉越しを、「ビロードのキリスト様が喉を滑り降りていく」 ようだと一般的に形容しますが、越くにの五峰(特に「寒梅」「千代」)のまろやか な舌触りは、「絹の仏様が舌を包みこんでいく」といった感じでしょうか。 東京都 山本様

こちらの関連商品はいかがですか?

開運 祝酒 特別本醸造 1.8L

かのや本店〜醸造は芸術

2,057

開運 祝酒 特別本醸造 1.8L

ギフト対応について 祝酒 開運 清らかな香りとスッキリとした軽快な飲み口。 淡麗で切れの良い辛口酒。 山田錦と吟近江というお米を60%まで精米し、 静岡酵母で醸しました。 静岡県を代表する銘柄です。 飲んで美味しい! 贈っても喜ばれる。 見栄えも良い!! 皆んなが幸せになれるお酒です。 ◆日本酒度 :+4 ◆酸度 :1.3 ◆アルコール度:15.9% ◆容量:1.8L ←お届けは写真の左側の包装紙で包んだ形となります。 ←包装紙を外したのが写真の右側になります。 [産直静岡県] 蔵元の土井酒造場さんは、静岡県小笠郡大東町にて明治5年創業。蔵元は代々この地の名主であり、戦国時代の武田氏と徳川氏の古戦場・高天神城の湧き水を仕込み水にしています。この水は濾過する必要もなく発酵の進みが良いので、自然発酵の味を醸し出せるのです。 土井酒造場 ↑ ↓ 仕込水 ↓ 『開運』に合う肴はこれっ! 桜えび 生しらす 黒はんぺん 本場駿河湾で、旬に水揚された新鮮な桜えびを、天然塩だけですばやく茹で上げた釜揚げ桜えび。 本場駿河湾で水揚された生しらすを生姜醤油を少しつけて生でどうぞ。駿河湾の潮風の風味をお楽しみ頂けます。 新鮮なうちに生でそのまま。また、少し焦げ目がつくまであぶり、わさびしょう油・生姜じょう油でどうぞ。 わさびの茎の三杯酢漬け 春先に採れるわさびの茎は、柔らかくて新鮮な辛味があります。シャキシャキとした歯ごたえと共にホロッと涙を流しながらクイッといく日本酒の味はたまりません。 静岡県はわさびの生産地として名高く、地元の私共にとってわさびの茎の三杯酢は春の風物詩となっています。極上ものは、辛味と共に甘味を備えていて、静岡県産銘酒の懐(ふところ)の深さが、それを受け入れてくれます。 かいうん

【新潟銘醸】 越の寒中梅 特別本醸造 1.8L 【特別本醸造】 [J366]

酒宝庫 MASHIMO

2,368

【新潟銘醸】 越の寒中梅 特別本醸造 1.8L 【特別本醸造】 [J366]

コメント 新潟県産米100%使用。 越後杜氏と蔵人が伝統の技と情熱で醸した まろやかですっきりとした辛口酒です。 辛口 ● ・ ・ ・ ・ 甘口 淡麗 ・ ・ ・ ● ・ 濃酵 オススメの飲み方 ・ ● ● ● ・ ロック 冷や 常温 ぬる燗 上燗 容量 1.8L アルコール分 15度台 日本酒度 +6.0 酸度 1.3 アミノ酸度 1.3 原料米 (麹米/掛米) 五百万石/新潟県産米 精米歩合 (麹米/掛米) 55%/58%新潟銘醸は新潟県の中央に位置する小千谷市(おぢやし)にある造り酒屋です。 製品は原料を吟味し、米を磨き丁寧に造っています。きめが細かくまろやかで一口お飲みいただくとそのおいしさがわかります。 平成11年秋の関東信越国税局酒類鑑評会にて大吟醸酒が出品場数273場のトップ最優秀賞に輝きました。平成10年秋も新潟県一位で、2年連続新潟県一位になりました。 全国新酒鑑評会は、明治44年に国の直轄の機関である国税庁醸造試験所の主催により、はじめて開催されました。平成7年に醸造研究所となり広島に移転し、また平成13年には独立行政法人酒類総合研究所となりました。平成17年で第93回となりましたが、その審査基準などは引き継がれて行われました。 その鑑評会で優秀なお酒に授与される金賞は、日本酒業界では最高の栄誉とされ、受賞の難しさでも知られていますが、新潟銘醸の金賞受賞成績は県内の酒蔵の中でも上位に位置しています。 米にこだわる… 水とともに日本酒の品質を左右する大切な原料として、米があげられます。越後は全国に名立たる米どころ、日本酒にぴったりの米も産出しています。酒造りに適した米は、食べるための米とは違い、粘りがなく、吸水性に富み、粒が大きく、心白(米粒の中心にある白いうるみ)のある米がよいとされています...

スポンサーリンク
スポンサーリンク