メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「余市 17 年」検索結果。

余市 17 年の商品検索結果全2件中1~2件目

こちらの関連商品はいかがですか?

サントリー シングルモルト ウイスキー 白州 12年 43度 700ml (箱なし) 【国産正規品】

中央酒販株式会社

14,500

サントリー シングルモルト ウイスキー 白州 12年 43度 700ml (箱なし) 【国産正規品】

サントリーシングルモルトウイスキー 白州12年 700ml(箱なし)【国産正規品】 ~ 南アルプスの大自然 《 白州蒸留所 》~-THE HAKUSHU SINGLE MALT WHISKY- 商品説明 ■原材料:モルト■アルコール分:43%■容量:700ml■製造者:サントリー株式会社 〃 製品の特長 南アルプスの天然水で仕込み、森の乳酸菌が棲みついた木桶で発酵。フルーティーでクリーミーなウォッシュ(発酵終了モロミ)を、直火蒸溜釜で丁寧に蒸溜し、ホワイトオークの古樽につめて白州の森の貯蔵庫で12年以上貯蔵しました。 香味の特長 森の若葉や柑橘類を思わせる爽やかな香り。フルーティーでクリーミーなコク、爽快な熟成香。甘く柔らかなスモーキーフレーバーがキレのよい後味を生んでいます。 他にも多数出品しています。興味のある方はこちらまで 【あす楽対応_関東】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_九州】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】■白州・森の恵み 日本の自然の恩恵を、最大限ウイスキーづくりに生かすことのできる場所を求めて、私たちは白州の森に出会いました。 豊かな森にあふれる自然の恵みは、シングルモルトウイスキー白州の味と香りもまた豊かにしています。 人と森とがつくるウイスキー。それがシングルモルトウイスキー白州なのです。 ■白州の環境と歴史 北に八ヶ岳、西に甲斐駒ヶ岳を戴き、深い森と幾多の清流に囲まれた白州蒸溜所は、「森林公園工場」というコンセプトの下、自然との調和を最優先に建設されました。 延べ面積約82万m2という広大な敷地には、民間工場では日本初の「バードサンクチュアリ」も設けられ、一年を通じて50種ほどの鳥たちの姿を見ることができます。 設立以来...

サントリー ウイスキー 響 12年 43度 700ml (箱なし) 【国産正規品】

中央酒販株式会社

26,500

サントリー ウイスキー 響 12年 43度 700ml (箱なし) 【国産正規品】

サントリーウイスキー響12年 43°700ml(箱なし)【国産正規品】 商品説明 ◆原材料:モルト、グレーン◆容量:700ml◆アルコール分:43%◆製造者:サントリー株式会社 【中味・味わい】 1、梅酒樽熟成原酒。2、超古酒(30年以上原酒使用)。3、複数タイプのグレーン原酒。 ■日本のブレンデッド独自の味わい■響ブランドでこそ実現できる華やかな香りと際立つ甘み、ストレートでも感じる滑らかさ。 〃 ◆プラムやラズベリー、蜂蜜などを想わせる芳香が甘く華やかなハーモニーを奏で、口いっぱいに豊かなコクがやわらかく広がります。梅酒貯蔵樽で熟成したモルト原酒や30年超貯蔵の希少な原酒を隠し味に効かせた(響12年)は、日本の風土と日本人の感性にして初めて創り得る一品として世界の注目を集めています。かつてなかったユニークな12年もの、その一杯はぜひ、ストレートでお楽しみを。 お知らせ 他にも多数出品しています。興味のある方はこちらまで 【あす楽対応_関東】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_九州】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】

サントリー ウイスキー 響 12年 43度 700ml (専用BOX入) 【国産正規品】

中央酒販株式会社

27,000

サントリー ウイスキー 響 12年 43度 700ml (専用BOX入) 【国産正規品】

- 12年ものとは思えない完成度 -響12年700ml 43度 (専用化粧箱入)【正規品】-Suntory Whisky Hibiki 12 years- 商品説明 ■容量:700ml(正規品)■アルコール度数:43度■酒齢12年以上のモルト原酒を吟味し、これに相応しい複数タイプの12年以上の円熟グレーン原酒をブレンド。梅酒を貯蔵した樽で熟成させた「梅酒熟成モルト原酒」を用い、サントリーウイスキーの特長である甘く華やかな香味をより一層引き立てています。さらに30年を超える長期熟成モルトを加えることで、味わいに厚みと熟成感をもたせています。 テイスティングノート ■色:琥珀色■香り:パイナップル、ラズベリー、プラム、ハチミツ■味わい:ソフト、フルーティー、口当たりが柔らかい■フィニッシュ:甘い感じ、軽い酸味、スパイシー 香味の特長 ■輝きのある琥珀色。はじめに、パイナップル・プラム・ラズベリーを想わせる香りが広がり、続いて蜂蜜やカスタードクリームのような甘い香りが広がります。口に含むと、ソフトで柔らかな甘みを感じ、ジャパニーズウイスキーならではのマイルドでスムースな味わいが印象的です。余韻には軽い酸味やスパイシーな香りが続きます。最初の一杯は、ストレートでお楽しみいただくのがおすすめです。 お知らせ 他にも多数出品しています。興味のある方はこちらまで 【あす楽対応_関東】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_九州】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】 【asu_sw090921】【asu_sw090922】【asu_sw090923】【asu_sw090924】【駅伝_中_四】【マラソンsep12_中国四国】

サントリー シングルモルト ウイスキー 白州 12年 43度 700ml (専用BOX入) 【国産正規品】

中央酒販株式会社

15,000

サントリー シングルモルト ウイスキー 白州 12年 43度 700ml (専用BOX入) 【国産正規品】

サントリーシングルモルトウイスキー 白州12年 700ml(専用化粧箱入)【国産正規品】 ~ 南アルプスの大自然 《 白州蒸留所 》~-THE HAKUSHU SINGLE MALT WHISKY- 商品説明 ■原材料:モルト■アルコール分:43%■容量:700ml■製造者:サントリー株式会社 〃 製品の特長 南アルプスの天然水で仕込み、森の乳酸菌が棲みついた木桶で発酵。フルーティーでクリーミーなウォッシュ(発酵終了モロミ)を、直火蒸溜釜で丁寧に蒸溜し、ホワイトオークの古樽につめて白州の森の貯蔵庫で12年以上貯蔵しました。 香味の特長 森の若葉や柑橘類を思わせる爽やかな香り。フルーティーでクリーミーなコク、爽快な熟成香。甘く柔らかなスモーキーフレーバーがキレのよい後味を生んでいます。 他にも多数出品しています。興味のある方はこちらまで 【あす楽対応_関東】【あす楽対応_近畿】【あす楽対応_中国】【あす楽対応_九州】【あす楽対応_四国】【あす楽対応_東海】【あす楽対応_甲信越】【あす楽対応_北陸】■白州・森の恵み 日本の自然の恩恵を、最大限ウイスキーづくりに生かすことのできる場所を求めて、私たちは白州の森に出会いました。 豊かな森にあふれる自然の恵みは、シングルモルトウイスキー白州の味と香りもまた豊かにしています。 人と森とがつくるウイスキー。それがシングルモルトウイスキー白州なのです。 ■白州の環境と歴史 北に八ヶ岳、西に甲斐駒ヶ岳を戴き、深い森と幾多の清流に囲まれた白州蒸溜所は、「森林公園工場」というコンセプトの下、自然との調和を最優先に建設されました。 延べ面積約82万m2という広大な敷地には、民間工場では日本初の「バードサンクチュアリ」も設けられ、一年を通じて50種ほどの鳥たちの姿を見ることができます。 設立以来...

ニッカ 竹鶴12年 角瓶 ピュアモルト 660ml 桐箱 NIKKA puremaltwhisky taketsuru 12y Wooden gift box

札幌ワインショップ

29,052

ニッカ 竹鶴12年 角瓶 ピュアモルト 660ml 桐箱 NIKKA puremaltwhisky taketsuru 12y Wooden gift box

「マッサン」クランクアップ式典 2015.2.23 余市蒸溜所旧事務所にて 朝の連続ドラマ「マッサン」の最後の撮影が行われた場所が、ニッカウヰスキー余市蒸留所敷地内に有る、旧事務所で行われました。 ニッカウヰスキーの創業者であるマッサン、竹鶴政孝の事務所として、昭和9年7月に建設されました。 余市の工業発達の足跡を示す文化的資産として、余市町より指定文化財に認定されています。 クランクアップのセレモニーには、マッサン亀山政春役の玉山鉄二さん、ヒロインの亀山エリー役、シャーロット・ケイト・フォックスさん、そして鴨井の大将の息子である、鴨居英一郎役の浅香航大さんも(右上画像)いらっしゃいました。 余市町長から記念品を受け取るセレモニー、無事撮影終了でした。北海道の酒販店で、誰もが国産ウイスキーのトップとして、竹鶴12年をあげています。 ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという...

NIKKA ニッカ シングルモルト 宮城峡 NA 高級桐箱500ml アルコール43% 終売

札幌ワインショップ

9,936

NIKKA ニッカ シングルモルト 宮城峡 NA 高級桐箱500ml アルコール43% 終売

温もりの有る、高級木箱に入ったシングルモルト「宮城峡」 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」 1969年設立・操業の宮城峡蒸溜所。 仙台市街から西へ約25kmの作並温泉方面 高地に有り、緑豊かな森に囲まれ、赤煉瓦の建物が並ぶ美しい宮城峡蒸溜所。 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」そう言って、竹鶴政孝は建設時、木々の伐採を、極力、禁じました。 また、斜面を削らず、地形も元のままを保ったため、40ある建物はひとつとして同じ床高のものがありません。 製造設備の見学と合わせ、池で泳ぐ白鳥の姿や四季折々の彩りが移ろう、美しい森の表情を楽しむこともできます。 美しく、緑豊かな仙台の森。 ニッカワ「新川」の支流と、宮城の母なる川、「広瀬川」ふたつの清流が出合う峡谷です。 ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝(マッサン)が昭和42年5月に上画像の新川(にっかわ)上流の作並温泉付近の水を飲んで、あまりにも清冽で磨かれた味に驚嘆しました。 余市に続いてニッカが求めた第二のウイスキーの故郷、宮城峡蒸溜所の建設を決定したのです。 冷涼でありながら、穏やかな北の自然に恵まれた宮城峡蒸溜所。 スチームでゆっくりと蒸溜されたモルトウイスキーは、深い森に佇む貯蔵庫で、静かに熟成していきます。 川霧が樽を守り、森の息吹に育まれた宮城峡のウイスキー。 蒸溜所を囲んで流れる2つの川には、清流にしか飛来しない「カワセミ」がよく見られます。 北海道の余市川にも夏には見かけますが、夏の間にしか飛来して来ません。 宮城峡には留鳥としていつも見ることが出来ます。 小さいヤマメやウグイなどの小魚を、水辺の石や枝の上から水中に飛び込んで、クチバシでとらえます。 自然豊かな宮城峡 ここで出来るウイスキーは果実を思わせる華やかな香り、まろやかな味わい。 ウイスキーの優しさ...

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,340

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

サントリーウイスキー 角瓶 40度 4000ml(4L) ペットボトル 1梱包4本まで あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

6,670

サントリーウイスキー 角瓶 40度 4000ml(4L) ペットボトル 1梱包4本まで あす楽

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー — 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 4000ml(4L) キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます...

サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,340

サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml あす楽

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー — 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,340

サントリーウイスキー 角瓶 40度 700ml

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー — 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 700ml キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

サントリーウイスキー 角瓶 40度 2700ml(2.7L) ペットボトル 1梱包6本まで あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,720

サントリーウイスキー 角瓶 40度 2700ml(2.7L) ペットボトル 1梱包6本まで あす楽

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 2700ml(2.7L) キーモルトの山崎バーボン樽原酒及びミディアムタイプグレーン由来の、甘やかな香り、厚みのあるまろやかなコクが特長。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 4000ml(4L) ペットボトル 1梱包4本まで あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

6,670

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 4000ml(4L) ペットボトル 1梱包4本まで あす楽

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 日本/京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 4000ml(4L) 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 1920ml ペットボトル 1梱包6本まで あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

3,531

サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 1920ml ペットボトル 1梱包6本まで あす楽

1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売した。 白札から期間を置くこと8年、1937年(昭和12年)10月8日に、亀甲模様の瓶に黄色いラベルを添えた上級ウイスキー「サントリーウイスキー12年」が発売された。 のちに角瓶と呼ばれるウイスキーである。 竹鶴主導での草創期から長らく貯蔵・蓄積された原酒をブレンディングベースに、鳥井の企画のもと、日本人好みの高級ウイスキーとして製造されたものであった。 その特徴ある角型の瓶の形から、愛飲者の間でいつしか「角瓶」「角」の愛称が定着し、1950年代に正式に「サントリー角瓶」と改称された。 ただし1990年代まで、ボトルに「角瓶」の名称は付いておらず、単に「サントリーウイスキー」を称していただけであった。 京都郊外・山崎でウイスキーづくりに取り組んですでに10数年。 これや!求め続けた日本オリジナルの個性は、サントリー創業者 鳥井信治郎の手についに姿を現わしました。 1937(昭和12)年、角瓶誕生。 以来、激動の70年を超えて不動。四角いボトルが、亀甲型の刻み模様が、確かな品質を物語り続けてきました。 サントリー 京都府 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 40% 1920ml 淡麗タイプのモルト原酒に熟成グレーン原酒をブレンド。 キーモルトの白州ホッグスヘッド樽原酒及びライトタイプグレーン由来の、「淡麗」で「辛口」な味わい。 すっきりとキレの良い後味が特長です。 ...

サントリー 「オールド」 43度700ml 【RCP】

酒シンドバッド楽天市場店

1,799

サントリー 「オールド」 43度700ml 【RCP】

ギフト対応 【コンビニ受取対応商品】【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ入力】 【あす楽対応】【あす楽_土曜営業】【あす楽_日曜営業】【あす楽_年中無休】【お歳暮】【お中元】【母の日】【父の日】 商品のご説明 商品名 サントリー 「サントリーオールド」 産地 日本 京都府 山崎蒸留所 販売会社(輸入会社) サントリー アルコール度数 43度 容量 700ml 商品詳細・味わい・他 ●サントリーウイスキー寿屋(のちのサントリー、現・サントリー酒類)の創業者、鳥井信治郎は、大阪と京都の県境に近い、 山崎にて1923年から国産ウイスキー事業を開始する。 のちにニッカウヰスキーを創業することになる竹鶴政孝を招き、1929年に白札(現在のサントリーホワイト)や、 赤札(現在のサントリーレッド)などを発売するも、当時の消費者からの反応は今ひとつという状況が続く。 のちに竹鶴の退社を経て、これまでに鳥井が自身で得た経験、さらに長男・鳥井吉太郎の手によってつくられた 「サントリーウイスキー12年」(現在のサントリー角瓶)を発売すると、スモーキーで熟成を極めた味が世間に評価され、 遂に成功をつかむ。 国産ウイスキー事業を定着させるべく試行錯誤してきた鳥井の努力が実ることとなった。 そして1940年に、山崎蒸溜所においてサントリーオールドは誕生する。 しかし誕生した当時、日本は戦時下で販売は許されず(この間に「新・サントリーウヰスキー誕生」のアナウンスが 為されたのみで、間もなくして日本は第二次世界大戦へと突入してゆく)、その間鳥井は当時の日本海軍の取り計らい で手に入れた麦をもとに軍用ウイスキーを製造し続けることになる。 やがて日本は敗戦したが、山崎蒸溜所は戦災に遭うこともなく、ウイスキーの生産を続けるに至った。 ●商品詳細...

送料無料
【送料無料】【ケース販売】白州 12年 700ml (箱なし) 12本入り 【国産正規品】

中央酒販株式会社

174,000

【送料無料】【ケース販売】白州 12年 700ml (箱なし) 12本入り 【国産正規品】

12本入りのケース販売です。■白州・森の恵み 日本の自然の恩恵を、最大限ウイスキーづくりに生かすことのできる場所を求めて、私たちは白州の森に出会いました。 豊かな森にあふれる自然の恵みは、シングルモルトウイスキー白州の味と香りもまた豊かにしています。 人と森とがつくるウイスキー。それがシングルモルトウイスキー白州なのです。 ■白州の環境と歴史 北に八ヶ岳、西に甲斐駒ヶ岳を戴き、深い森と幾多の清流に囲まれた白州蒸溜所は、「森林公園工場」というコンセプトの下、自然との調和を最優先に建設されました。 延べ面積約82万m2という広大な敷地には、民間工場では日本初の「バードサンクチュアリ」も設けられ、一年を通じて50種ほどの鳥たちの姿を見ることができます。 設立以来、白州蒸溜所はその豊かな自然環境と共に、ウイスキーの新しい味と香りを追求しつづけています。 ■匠のこだわり 白州の自然の恵みは、ウイスキーを仕込む「人」によって活かされています。 職人と技の心。 サントリーが長年の試行錯誤によって培ってきた、シングルモルトウイスキー白州独自の個性を際立たせるこだわりの数々を紹介します。 ■発酵へのこだわり サントリーのウイスキーづくりでは、麦汁の発酵にじっくりと時間をかけています。 長年の研究と経験を生かして、数百種の中から酵母を厳選。 ディスティラーズ酵母に加え、あえてエール酵母を使用し、クリーミーでフルーティーな味わいを引き出しているのです。 また、白州蒸溜所では森の乳酸菌の働きを促すために、昔ながらの「木桶発酵」を少し長めに行い、爽やかなのに味わい深い、 白州独自の風味を生み出しています。 ■蒸溜へのこだわり 発酵を終えた麦汁(もろみ)はポットスチルと呼ばれる銅製の釜で、初溜と再溜、二度にわけて蒸溜されます。 白州蒸溜所では直火にこだわり...

サントリーウイスキー オールド 43度 箱付 700ml あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,632

サントリーウイスキー オールド 43度 箱付 700ml あす楽

サントリーウイスキー オールド 43度 700ml サントリーウイスキー オールド 43度 箱付 700ml1923年(大正12年)に国産ウイスキー事業を開始した寿屋の創業者、鳥井信治郎はスコットランドで本場のスコッチウイスキーの製造方法を学んだ竹鶴政孝を招聘し、工場建設や熟成など数年間の準備期間の末、1929年(昭和4年)にモルトウイスキーをベースとした初の本格的日本製ウイスキーとして、白札(今のサントリーホワイト)を発売しました。1940年、山崎蒸溜所においてサントリーオールドが誕生。憧れの高級ウイスキーとして高い人気を誇り、人々からステータス的な存在として愛されました。さらに1946年にトリスウイスキーを発売。戦後の洋酒ブームの火付け役となりました。従来は1960年代に若者であった層に愛飲者が多かったが、2003年にラインナップを一新、新たな若者層にも愛飲者を拡大させています。 シェリー樽原酒の深い香りと味わい ザ・サントリーオールドのキーモルト「山崎シェリー樽モルト」を贅沢にブレンドしました。 金色が煌く上品なラベルデザイン。ザ・オールドのボトルのアイデンティティはそのままに、ラベルにはTHE・Premiumを煌く金色で印象的にあしらいました。 優しく上品なプレミアム感が「ひとつ上のザ・オールド」を楽しむ上質な夜を演出します。 サントリー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 43% 700ml 深い甘みのある華やかな香りの中に芳醇で滑らかな口当たりを感じられる、まさにリッチテイストです。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク