メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「京都の酒蔵」検索結果。

京都の酒蔵の商品検索結果全114件中1~60件目

送料無料
【送料無料】京都麦酒 飲み比べ 4種24缶 350ml【楽ギフ_包装】

蔵の街栃木の酒処 早川酒店

8,400

【送料無料】京都麦酒 飲み比べ 4種24缶 350ml【楽ギフ_包装】

(但し、沖縄県については追加送料:800円が発生します。) 1995年京都で初めての地ビール:京都麦酒! 仕込水は吟醸酒にも使われる名水「伏水」を使用し、香りが良く、さっぱりしているのにコクがあるビールです。 セット内容 ●酒蔵仕込ペールエール 350ml 6本 ●酒蔵仕込ブラウンエール 350ml 6本 ●酒蔵仕込ゴールドエール 350ml 6本 ●酒蔵仕込ブロンドエール 350ml 6本 ※ギフト希望:無しの場合、リサイクル缶ビールカートン等で対応させていただきますのでご了承ください。京都初の地ビール「京都麦酒」 香りが良く、さっぱりしているのにコクがあるビールです。 ●ペールエール(PALE ALE) 色は淡い黄金色で華やかな香りとさっぱりとした飲み口が特長のビールです。 ドイツ西部、ライン川に沿った町ケルンで多く飲まれているのがこのタイプのビールです。 ●ブラウンエール(BROWN ALE) 色は濃い赤銅色で香ばしい麦芽の香りとホップの苦みが絶妙に調和したビールです。 ドイツ北西部の州都デュッセルドルフで多く飲まれているのがこのタイプのビールです。 ●ゴールドエール(GOLD ALE) 色は淡い山吹色で清酒酵母を使用した清酒風味がほのかに香るまろやかなビールです。 清酒メーカー黄桜ならではのオリジナルビールです。 ●ブロンドエール(BLOND ALE) 酒造好適米「山田錦」を使用し、きめ細かな泡とやわらかな風味が特長の淡い山吹色したビールです。 清酒メーカー黄桜ならではのオリジナルビールです。

送料無料
【送料無料】京都麦酒 飲み比べ 4種12缶 350ml【楽ギフ_包装】

蔵の街栃木の酒処 早川酒店

4,800

【送料無料】京都麦酒 飲み比べ 4種12缶 350ml【楽ギフ_包装】

(但し、沖縄県については追加送料:800円が発生します。) 1995年京都で初めての地ビール:京都麦酒! 仕込水は吟醸酒にも使われる名水「伏水」を使用し、香りが良く、さっぱりしているのにコクがあるビールです。 セット内容 ●酒蔵仕込ペールエール 350ml 3本 ●酒蔵仕込ブラウンエール 350ml 3本 ●酒蔵仕込ゴールドエール 350ml 3本 ●酒蔵仕込ブロンドエール 350ml 3本 ※ギフト希望:無しの場合、リサイクル缶ビールカートン等で対応させていただきますのでご了承ください。京都初の地ビール「京都麦酒」 香りが良く、さっぱりしているのにコクがあるビールです。 ●ペールエール(PALE ALE) 色は淡い黄金色で華やかな香りとさっぱりとした飲み口が特長のビールです。 ドイツ西部、ライン川に沿った町ケルンで多く飲まれているのがこのタイプのビールです。 ●ブラウンエール(BROWN ALE) 色は濃い赤銅色で香ばしい麦芽の香りとホップの苦みが絶妙に調和したビールです。 ドイツ北西部の州都デュッセルドルフで多く飲まれているのがこのタイプのビールです。 ●ゴールドエール(GOLD ALE) 色は淡い山吹色で清酒酵母を使用した清酒風味がほのかに香るまろやかなビールです。 清酒メーカー黄桜ならではのオリジナルビールです。 ●ブロンドエール(BLOND ALE) 酒造好適米「山田錦」を使用し、きめ細かな泡とやわらかな風味が特長の淡い山吹色したビールです。 清酒メーカー黄桜ならではのオリジナルビールです。

京生粋 純米吟醸酒 720ml【京都府】佐々木酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

e酒どっと呑む。

1,441

京生粋 純米吟醸酒 720ml【京都府】佐々木酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

豊臣秀吉の邸宅であった「聚楽第」のあった地は「出水」という地名が残されているように良質の地下水に恵まれ、古くから酒造りが盛んでした。その地で醸されたのか、究極のこだわりの純米吟醸「京生粋」。千利休が茶の湯にも使用したといわれる「金明水・銀明水」を仕込み水に、幻の京の酒造好適米「祝」、京都吟醸酵母「京の琴」で仕込まれた100%京の酒。はんなりとおだやかな味わいをご堪能ください。 ■種別 清酒 純米吟醸酒 ■産地 京都 ■製造元 佐々木酒造(株) ■容量 720ml ■アルコール度数 15.5度 ■原料米 京都 祝米 ■精米歩合 55% ■日本酒度 +5.0 ※この商品は出荷まで3~4日かかる場合があります。ご了承ください 。 1800mlはこちらをクリック♪佐々木酒造の酒一覧はここをクリック京都のお酒すべてはここをクリック佐々木蔵之介さんの実家として 注目を集めている 京都洛中 西陣の酒 佐々木酒造 現在の京都の酒蔵は「伏見」の地に集中しますが、 古くは、京都市内中央にたくさんの蔵元がありました。 その、京都の中心部「洛中」に現在では2軒だけ酒蔵が残っています。 そのひとつが「佐々木酒造。」蔵のある場所は、豊臣秀吉の邸宅であった「聚楽第」のあった地で、「出水」という地名が残されているように良質の地下水に恵まれ、古くから酒造りが盛んであった所です。 贈答品としても喜ばれる 京都のお酒♪ あくまで【京都】にこだわった 100% 【京の酒】 京都 洛中 佐々木酒造 純米吟醸酒 京都の中心部「洛中」に、現在では2軒だけ残る酒蔵にひとつ、佐々木酒造。 蔵のある場所は、豊臣秀吉の邸宅であった「聚楽第」のあった地で、「出水」という 地名が残されているように良質の地下水に恵まれ、古くから酒造りが盛んでした。 その地で醸されたのが...

秋田 飛良泉本舗 飛良泉 蔵のいぶきセット (K-30) 720ml×2本 山廃純米・山廃本醸造 箱入 日本酒飲み比べ

Amazon

3,980

秋田 飛良泉本舗 飛良泉 蔵のいぶきセット (K-30) 720ml×2本 山廃純米・山廃本醸造 箱入 日本酒飲み比べ

「飛良泉」は1487年(室町時代)の創業。 京都に銀閣寺が建立されたその年から五百有余年、二十六代にわたり厳寒の地秋田で酒造りを続け、現存の酒蔵では日本最古ともいわれています。 「はでな桜の花よりも、地味ながらふくらみのある梅の花のような酒をつくりたい」を信条に頑固なまでに昔ながらの山廃仕込みにこだわり、小蔵ならではのきめ細かな手造りを守り続けています。 ●山廃純米 飛良泉 山廃ならではの酸味がきわ立ち、個性的ですっきりとした香りと深いあじわいが特徴です。 どんな料理にも良く合う蔵元推奨品。冷やしてお召し上がりください。 原材料/米(国産)、米麹(国産米) 原料米/酒造好適米100%使用 精米歩合/60% アルコール分/14度 日本酒度/+4.0 酸度/1.9 内容量/720ml ●山廃本醸造 飛良泉 日本酒本来の旨みと芳醇な香り。独特の酸味と丸みがほどよく調和し、従来の日本酒党にもおすすめです。冷や・かん どちらにも適します。 原材料/米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール 原料米/美山錦(秋田県産)100%使用 精米歩合/60% アルコール分/15度 日本酒度/+3.0 酸度/1.5 内容量/720ml

平安四神 ブルー 吟醸 720ml【京都府】佐々木酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

e酒どっと呑む。

1,542

平安四神 ブルー 吟醸 720ml【京都府】佐々木酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

吟醸酒特有のフルーティーな香りと、すっきりキレのある飲みくちが調和。冷酒からぬる燗まで幅広い温度でお楽しみいただけます。画家・木村英輝さん描きおろしのラベルです。 ■種別 清酒 吟醸酒 ■産地 京都 ■製造元 佐々木酒造(株) ■容量 720ml ※この商品は出荷まで3~4日かかる場合があります。ご了承ください 。 佐々木酒造の酒一覧はここをクリック京都のお酒すべてはここをクリック佐々木蔵之介さんの実家として 注目を集めている 京都洛中 西陣の酒 佐々木酒造 現在の京都の酒蔵は「伏見」の地に集中しますが、 古くは、京都市内中央にたくさんの蔵元がありました。 その、京都の中心部「洛中」に現在では2軒だけ酒蔵が残っています。 そのひとつが「佐々木酒造。」 蔵のある場所は、豊臣秀吉の邸宅であった「聚楽第」のあった地で、「出水」という地名が残されているように良質の地下水に恵まれ、古くから酒造りが盛んであった所です。 贈答品としても喜ばれる 京都のお酒♪ 平安四神 ブルー 吟醸酒 720ml詰 玄武は亀、 朱雀は孔雀、 青龍は登龍門の鯉、 そして、白虎は黄紋の虎。 平安より京の都を守ってきた四神が描かれてます。

山形の酒、栄光冨士 大吟醸 古酒屋(こざかや)のひとりよがり (720mL (四合) 瓶 化粧箱入ギフト・包装のみ))

Amazon

4,000

山形の酒、栄光冨士 大吟醸 古酒屋(こざかや)のひとりよがり (720mL (四合) 瓶 化粧箱入ギフト・包装のみ))

銘柄名:「栄光冨士」、冨士酒造 醸。 冨士酒造の創業は、安永7年(1778年)。徳川幕府10代将軍「家治」の時代。 戦国武将 加藤清正の孫娘に連なる加藤家が創業。 清正公愛用の手槍の柄の一部が家宝とし残り、家紋も清正公と同じ「蛇の目」紋。蔵の扉の 装飾にも使われています。 蔵の位置する 鶴岡市は、日本海に面した 米処、庄内平野にあり、 江戸時代は庄内藩14万石の城下町。 『奥羽山脈からの風、庄内平野から獲れる良質の米とミネラルを 含んだ井戸水』に恵まれ、古くから 「北の灘」と称された酒蔵の街。 藩校(致道館;ちどうかん)が作られ、蝦夷(えぞ;今の北海道)と京都の敦賀(つるが;京の都への物流拠点)を繋ぐ北前船(きたまえせん)の寄港地としても栄え、歴史と文化を今に伝える町です。 また、蔵自体、江戸時代に建築されたものも含め非常に古い建物を今も使用し、テレビドラマのロケ地にも使用されました。 ブランド名「栄光冨士」の由来は、古くから日本の名所を酒の名にする土地の風習から来ています。 創業当時は50軒あった蔵元も今では4軒。 でも、鶴岡の酒造りを継承していこう、金賞受賞の常連になろう、と、酒造りに手抜きはありません。

まるたけえびす 本醸造720ml【京都府】佐々木酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

e酒どっと呑む。

1,080

まるたけえびす 本醸造720ml【京都府】佐々木酒造(株) 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

京都産の日本晴を65%まで精米、聚楽第ゆかりの名水仕込で米の旨みが生きています。京都洛中に伝わる童歌に因み命名。やや辛口タイプで、燗酒にも最適です。 ■種別 清酒 本醸造 ■産地 京都 ■製造元 佐々木酒造(株) ■容量 720ml ■アルコール度数 15.5度 ■原料米 日本晴 ■精米歩合 63% ■日本酒度 +4.0 ■酸度 1.5 ※この商品は出荷まで3~4日かかる場合があります。ご了承ください 。 佐々木酒造の酒一覧はここをクリック京都のお酒すべてはここをクリック佐々木蔵之介さんの実家として 注目を集めている 京都洛中 西陣の酒 佐々木酒造 現在の京都の酒蔵は「伏見」の地に集中しますが、 古くは、京都市内中央にたくさんの蔵元がありました。 その、京都の中心部「洛中」に現在では2軒だけ酒蔵が残っています。 そのひとつが「佐々木酒造。」 蔵のある場所は、豊臣秀吉の邸宅であった「聚楽第」のあった地で、「出水」という地名が残されているように良質の地下水に恵まれ、古くから酒造りが盛んであった所です。 贈答品としても喜ばれる 京都のお酒♪ 京都・洛中 佐々木酒造 まるたけえびす 本醸造 720ml詰 京都市内(洛中)の酒造りは、貞享元年(約三百十年前)にはすでに美酒を造ることで全国に知られていました。醸造に最適の水脈があると書物にも記されています。本醸造「丸竹夷」は洛中の名水から生み出された伝統の銘酒を、数え歌に因み命名。豊潤な中にもキレのある旨さは燗酒としても最適。 ※佐々木酒造さまは、テレビ・舞台等で活躍中の 「佐々木蔵之介」さんの実家です。 現在弟さまが継いでおられます。

古都 特撰本醸造辛口 1800ml【京都府】佐々木酒造(株) 1.8L 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

e酒どっと呑む。

2,263

古都 特撰本醸造辛口 1800ml【京都府】佐々木酒造(株) 1.8L 【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

やや濃醇でキレの良い辛口タイプです。冷やから熱燗まで幅広くお楽しみいただけます。 ■種別 清酒 本醸造酒 ■産地 京都 ■製造元 佐々木酒造(株) ■容量 1800ml ※この商品は出荷まで3~4日かかる場合があります。ご了承ください 。 佐々木酒造の酒一覧はここをクリック京都のお酒すべてはここをクリック佐々木蔵之介さんの実家として 注目を集めている 京都洛中 西陣の酒 佐々木酒造 現在の京都の酒蔵は「伏見」の地に集中しますが、 古くは、京都市内中央にたくさんの蔵元がありました。 その、京都の中心部「洛中」に現在では2軒だけ酒蔵が残っています。 そのひとつが「佐々木酒造。」 蔵のある場所は、豊臣秀吉の邸宅であった「聚楽第」のあった地で、「出水」という地名が残されているように良質の地下水に恵まれ、古くから酒造りが盛んであった所です。 贈答品としても喜ばれる 京都のお酒♪ 京都・洛中 佐々木酒造 古都 特選 本醸造 辛口 1.8L詰 やや濃醇でキレの良い辛口タイプです。冷やから熱燗まで幅広くお楽しみいただけます。 ※佐々木酒造さまは、テレビ・舞台等で活躍中の 「佐々木蔵之介」さんの実家です。 現在弟さまが継いでおられます。

【冬季限定酒】聚楽第 吟醸あらばしり720ml【京都府】佐々木酒造(株)【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

e酒どっと呑む。

1,543

【冬季限定酒】聚楽第 吟醸あらばしり720ml【京都府】佐々木酒造(株)【京都の酒 日本酒 清酒 京都の地酒】

新酒の「もろみ」がしぼられて最初に出てくる酒があらばしり。ほどよい酸味と新酒独特の新鮮な香り、ほのかな吟醸香が特徴です。 ■種別 清酒 吟醸酒 ■産地 京都 ■製造元 佐々木酒造(株) ■容量 720ml ※この商品は出荷まで3~4日かかる場合があります。ご了承ください 。 佐々木酒造の酒一覧はここをクリック京都のお酒すべてはここをクリック佐々木蔵之介さんの実家として 注目を集めている 京都洛中 西陣の酒 佐々木酒造 現在の京都の酒蔵は「伏見」の地に集中しますが、 古くは、京都市内中央にたくさんの蔵元がありました。 その、京都の中心部「洛中」に現在では2軒だけ酒蔵が残っています。 そのひとつが「佐々木酒造。」 蔵のある場所は、豊臣秀吉の邸宅であった「聚楽第」のあった地で、「出水」という地名が残されているように良質の地下水に恵まれ、古くから酒造りが盛んであった所です。 贈答品としても喜ばれる 京都のお酒♪ 京都・洛中 佐々木酒造 【冬季限定酒】 聚楽第 吟醸 あらばしり 720ml詰 新酒の「もろみ」がしぼられて最初に出てくる酒があらばしり。 ほどよい酸味と新酒独特の新鮮な香り、ほのかな吟醸香が特徴です。 ※佐々木酒造さまは、テレビ・舞台等で活躍中の 「佐々木蔵之介」さんの実家です。 現在弟さまが継いでおられます。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク