メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「亀の尾」検索結果。

亀の尾の商品検索結果全248件中1~60件目

洌 純米大吟醸 亀ノ尾 720ml

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

1,836

洌 純米大吟醸 亀ノ尾 720ml

皆様は亀ノ尾というお米をご存知ですか?「亀ノ尾」を一躍有名にしたのは、新潟県の「久須美酒造(くすみしゅぞう)」の「亀の翁(かめのお)」「夏子の酒」のモデルになった蔵と言えばピンと来る方もいらっしゃるのではないでしょうか。新潟県の農業試験場に保存されていた1500粒の種もみから栽培した亀ノ尾で造られたお酒です。それでは、これから亀ノ尾について少しお話ししたいと思います。現在、亀ノ尾は酒造好適米というイメージが強いかも知れません。しかし、実際には食用米でもあります。食用米として有名なコシヒカリやササニシキ、つや姫などの系譜をさかのぼって行くと亀ノ尾に辿り着きます。当初は食用米として開発されたお米なんです。大正・昭和初期には「神力(しんりき)」「愛国(あいこく)」と共に水稲の3大品種と称されたこともありました。元々は食用米として、山形県庄内町の篤農家(とくのうか)、阿部亀治さんによって開発されたお米です。しかし、食味や生産性に優れた後継品種が次々に表れたことで表舞台から一旦姿を消しました。やがて時代は変わり、久須美酒造で「亀の翁」が製造された以降は、酒造好適米として各地の農家さんが栽培されています。さて、今回ご紹介する「洌の純米大吟醸亀ノ尾」のお米は「小嶋総本店」の契約農家であり、蔵人でもある寒河江一紀(さがえかずのり)さんが栽培されました。商品案内の中から寒河江さんの名前を見付けた時、私は初めて「小嶋総本店」を訪問した時のことを思い出しました。まず始めに見学したのが蔵では無く、田んぼだったのです。そこで、「小嶋総本店」の契約農家である寒河江さんと初めて出会いました。お米の話の時はとても情熱的。また、冬には蔵人として自分が育てたお米がお酒になるまでに携われることに関しては、喜びを全面に出して話して下さいました...

クラシック仙禽 亀ノ尾 1800ml

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

3,348

クラシック仙禽 亀ノ尾 1800ml

仙禽のクラシックシリーズ、「亀ノ尾」を使ったお酒が入荷しました。仙禽ではドメーヌ化した酒米、つまり仕込水と同じ水脈の水で育てられたお米を使用しており、本商品の酒米、「亀ノ尾」も例外なくドメーヌ化されています。仙禽の三本の矢のうちの1つ、「亀ノ尾」はクラシックシリーズでどんな顔を見せてくれるのか。さっそくテイスティングさせてもらいます。香りは穏やかです。口に含むと上品な甘酸っぱさと共に、華やかな含み香が広がります。その含み香を楽しみながら、舌の上で沁み渡る亀ノ尾を楽しみました。味わいの中にはコクがあり、しっかりと旨味も感じました。その旨味は飲み込んだ後も余韻となり、しばらくの間舌の上で存在感を放っていました。さっぱり飲むよりもしっかり味わって飲みたい方は「亀ノ尾」をお勧めします!クラシックシリーズは乳酸主体のお酒ですので、15℃前後の温度帯で飲んで頂くと、より美味しく味わっていただけるかと思います。皆様も是非、仙禽のクラシックシリーズをご堪能ください。製品仕様商品名クラシック仙禽 亀ノ尾 1800mlお酒の種類その他内容量1800ml原材料ドメーヌさくら亀ノ尾スペック純米大吟醸アルコール15度保存方法静かな冷暗所製造元せんきん(栃木県さくら市馬場106)

伊豆本店 亀の尾酒造亀の尾日本酒色々5本セット(5種類・300ml瓶)【KIRO-25】【RCP】J53E01【常温】

JR九州商事オンラインショップ

2,700

伊豆本店 亀の尾酒造亀の尾日本酒色々5本セット(5種類・300ml瓶)【KIRO-25】【RCP】J53E01【常温】

古くから「味がいい」と評判の地下水で酒造りを始めたのは1717(享保2)年。 主力の酒米は極上品種の「亀の尾」。戦前、新潟県の名酒を全国に流行させた後、 病害虫に侵され姿を消したが、「幻の名酒を復活させたい」と十一代目社長の 伊豆善也が新潟農業試験場に出向き、保存されていた種子二百粒を入手。 七年がかりで収穫に成功し、一九八九年、酒米の名前をそのまま冠した 大吟醸「亀の尾」をよみがえらせた。亀の尾で酒を仕込んでいる蔵元は、 東北、北陸地方を中心に全国で三十三社。九州では伊豆本店だけです。 色んなタイプのお酒を300ml瓶で揃えました。 色々な味わいをお試し下さい。 この商品は産地より直送便にてお届するため、他商品との同梱はできません。 5セットまで1個口でお届けできます。 産 地 福岡県 商品説明 ■本醸造 博多物語 城山の天然水を使って醸造した本醸造酒です。キレの良い飲み口をお楽しみ下さい。 ■吟醸 壽限無(じゅげむ) 精米歩合60%で好適米の山田錦、夢一献を交配したものです。 ■亀の尾 生貯造酒 新酒をそのまま冷貯蔵し出荷前に熱処理したお酒です。 普通酒とはまた違った風味があります。 ■上撰 亀の尾 山田錦を60%磨きゆっくり醗酵させた本醸タイプのお酒でやや辛口のスッキリした飲み口です。 ■亀の尾 純米吟仕込 昔ながらの製法で造ったお酒です。やや辛口のスッキリとした飲みやすい純米酒です。 内 容 量 720ml 度 数 15.0~15.9 賞味期限 常温180日間 製 造 元 合資会社 伊豆本店

山吹極 亀の尾 純米吟醸 無濾過原酒 1800ml

佐野屋JIZAKE 楽天市場店

3,240

山吹極 亀の尾 純米吟醸 無濾過原酒 1800ml

《冷酒でおいしい食中酒。地元産亀の尾の純米吟醸》山形県は、かつて幻の酒米と言われた「亀の尾」が発見された「亀の尾のふるさと」であり、「山吹極」の朝日川酒造の周辺では、地元農家の方が栽培に難しいとされる亀の尾を手塩にかけて育てています。このお酒は、その地元農家の方が育てた亀の尾で造った、特別仕様の山吹極になります。『ご家庭の晩酌で、冷やして飲んで美味しい食中酒』が、蔵元が目指したこのお酒のコンセプトとのことで、香りや味わいは強く主張するタイプではありません。しかし純米吟醸クラスのお酒らしい端正さ、じわっと現れる旨味の中にお米の素朴な風味が感じ取れます。晩酌の脇役にどこまでも徹する食中酒、という表現がよく似合う切れ味鋭い辛口酒です。香り高いお酒やインパクトのある強い味わいのお酒と並べて飲み比べると、やや印象薄く思われるかもしれませんが、さりげない素朴さこそがこのお酒の個性、そして蔵元の狙う酒質です。製品仕様商品名山吹極 亀の尾 純米吟醸 無濾過原酒 1800mlお酒の種類その他内容量1800ml原材料亀の尾スペック純米吟醸アルコール17度保存方法静かな冷暗所製造元朝日川酒造(山形県西村山郡河北町谷地乙93)

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク