メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「亀の井酒造くどき上手」検索結果。

亀の井酒造くどき上手の商品検索結果全30件中1~30件目

【クール便でお届け】山形県 亀の井酒造 くどき上手醸造元 超辛口+20 ばくれん 吟醸生詰(一度火入)要冷蔵 1800ml瓶詰2017年08月以降

お酒の総合館・シマヤ酒店

2,268

【クール便でお届け】山形県 亀の井酒造 くどき上手醸造元 超辛口+20 ばくれん 吟醸生詰(一度火入)要冷蔵 1800ml瓶詰2017年08月以降

特約店限定酒です。 全国でおよそ46店舗(2016年現在)ほどの特約店でのみ販売されています。 ●原料米 美山錦100% ●精米歩合 55% ●日本酒度 +20.0 ●酸度 1.0 ●アルコール度 17度以上18度未満 スペックは醸造年度により若干変わります。 生詰(一度火入)のお酒です。クール便(別途有料)にてお届けです。 またお届け後も冷蔵保管お願いします。 火入れ酒(火入れ回数と行うタイミングにより名称が変わります。) ●火入れ(二度火入) 火入れ回数は2回、蔵内貯蔵前と瓶詰(出荷)をする際に加熱殺菌。 ●生詰(一度火入) 火入れ回数は1回、蔵内貯蔵前に火入れして瓶詰(出荷)時には行いません。 ●生貯蔵(一度火入) 火入れ回数は1回、蔵内貯蔵前の火入れはしません。瓶詰(出荷)時に火入れします。 火入れとは、できた酒を加熱して微生物を殺菌し、かつ酒に含まれる酵素を破壊して活動を止めるために行う工程で、通常は蔵で原酒を貯蔵する前と、製品化のために瓶詰する時の二回行う作業です。 これにより酒の保存性を高め、品質をより安定化させることができます。加熱殺菌法は、1810年代にパスツールが発見しましたが、日本では室町時代に65度で加熱殺菌した記録が残されています。 生酒 火入れは一切しません。要冷蔵のお酒です。 生酒は特に香りがよりフルーティです。熟成による香味の変化は貯蔵温度によりますが火入れ酒とくらべて生酒の方が早いです。

【日本酒】 山形正宗 酒未来 純米吟醸 火入れ 720ml

厳撰美酒 阿部酒店

1,728

【日本酒】 山形正宗 酒未来 純米吟醸 火入れ 720ml

山形の銘酒「十四代」の蔵元「高木酒造」の社長が、十数年の時をかけ開発した酒造好適米「酒未来」を使用した純米吟醸です。これまでは、「くどき上手」の「亀の井酒造」一社で使用しておりましたが、H20BYより水戸部酒造でも使用することとなりました。香りはバナナ様の香りで、これまでの山形正宗以上に旨味が溢れんばかりのジューシー感!とてもフルーティーな印象の仕上がりです。山形正宗の独特のニュアンスもあり、確かな存在感を示しています。山形正宗の新しい可能性を感じさせてくれる1本!是非ともお見逃しなく! ジャンル日本酒 生産地山形県 製造元水戸部酒造 原材料米、米麹 アルコール度16度以上17度未満 原料米酒未来 精米歩合50% 使用酵母14号系 日本酒度+2 酸度1.55 保管方法冷蔵 販売・取扱い状況等流通数量限定品【日本酒】山形正宗 酒未来 純米吟醸 火入れ 「十四代」高木酒造の酒米「酒未来」を使用した逸品 山形の銘酒「十四代」の蔵元「高木酒造」の社長が、十数年の時をかけ開発した酒造好適米「酒未来」を使用した純米吟醸です。これまでは、「くどき上手」の「亀の井酒造」一社で使用しておりましたが、H20BYより水戸部酒造でも使用することとなりました。香りはバナナ様の香りで、これまでの山形正宗以上に旨味が溢れんばかりのジューシー感!とてもフルーティーな印象の仕上がりです。山形正宗の独特のニュアンスもあり、確かな存在感を示しています。山形正宗の新しい可能性を感じさせてくれる1本!是非ともお見逃しなく! ジャンル:日本酒 生産地:山形県 製造元:水戸部酒造 原材料:米、米麹 アルコール度:16度以上17度未満 原料米:酒未来 精米歩合:50% 使用酵母:14号系 日本酒度:+2 酸度:1.55 保管方法:冷蔵 販売・取扱い状況等:流通数量限定品

東の麓 袋採純米大吟醸 無濾過 龍龍龍龍(てつ)テツ 720ml【クール便】

まるごと山形

3,332

東の麓 袋採純米大吟醸 無濾過 龍龍龍龍(てつ)テツ 720ml【クール便】

法人向け・個人向け、領収書発行承ります。【店長レビュー】原料米は幻の酒米といわれている、「愛山」使ったお酒。甘さの中にほのか酸味があり、東の麓の中では、ひと味違った、あっさりとした印象がある。お酒の名前どおり、仲間とわいわい"おしゃべり"しながら飲みたいお酒です。希少な「にごり酒」はこちらから愛山について兵庫県のごく限られた地域で栽培されており、生産量は年間約200tしかありません。東の麓で使用している「愛山」は全国の名醸蔵12社で組織された「日本酒道會」で、特定した地域より供給されています。「日本酒道會」の会長は十四代で有名な高木酒造の専務で、全国の有名な酒造が本物の「愛山」を守るために組織されている会です。山形県内では、出羽桜酒造、くどき上手の亀の井酒造、惣邑の長沼、そして東の麓山栄遠藤酒蔵店の5社。そのほか北は岩手の南部美人、宮城の日高見の平孝酒造、福島県飛露喜の廣木酒造、石川県の獅子の里の松浦酒造、中部では静岡県の磯自慢、南は山口の東洋美人澄川酒造、そして福岡の磯乃澤と日本酒業界では屈指のメンバー構成です。幻の酒米愛山を守り、いいお酒を造るために各蔵が連携しているのですね。今後愛山には生産者がわかるような形式にするために、ICチップ入りのレッテルを開発するとか。「愛山」の特徴は、超軟質米で、とても割れやすいお米です。精米はもちろん、洗米時の吸水するところまで、割れないように水温と米の品、温度を同じにするなど取り扱いには細心の注意を必要とします。その分、独特の香りと柔らかな味が出る、魅力あるお米です。ちなみに、新潟、北陸が原産の酒米五百万石などは堅いお米です。【商品詳細情報】龍という字を4個組み合わせて(テツ)と読む。お喋りという意味がある。ふくらみのある純米大吟醸酒。種類純米大吟醸酒アルコール17.5%日本酒度+2.0酸度1...

こちらの関連商品はいかがですか?

石川県 松浦酒造 季節限定酒獅子の里 純米大吟醸 愛山 1800ml 要低温蔵元オリジナル化粧箱入【瓶詰2017年01月以降】

お酒の総合館・シマヤ酒店

6,480

石川県 松浦酒造 季節限定酒獅子の里 純米大吟醸 愛山 1800ml 要低温蔵元オリジナル化粧箱入【瓶詰2017年01月以降】

獅子の里 / 純米大吟醸 愛山あいやま 獅子の里 / 純米大吟醸 愛山 松浦さんコメント 酒造好適米「愛山」は兵庫県吉川町で大手酒造メーカーと数件の農家の間でひっそりと契約栽培されていた幻の酒米でありました。その後、震災の影響でその契約がなくなり、「十四代」の高木顕統専務さんが「愛山」を用いたのがきっかけで有名となりました。 愛山の品質向上に向け、高木専務さんの呼びかけで全国十数蔵の集まり『日本酒道會』が2003年10月より発足されました。高木専務さんの友情のおかげで、この『日本酒道會』に参加させて頂いております。 愛山は心白がとても大きく厚みも充実しており、まるでダイヤモンドの如く光り輝いております。千粒重は山田錦の26.9gを越える27.5gであり、理想的な酒造好適米であります。また、精白をはじめ原料処理が大変むずかしく、酒造りの難しさも教えてくれるという自然の魅力が毎年楽しみであります。 獅子の里では、酒作りの厳しさに敢えて挑戦させていただき、北陸を代表しまして地元の金沢酵母(協会1401号)を使用し、自然で繊細な味わいを表現させていただきました。おだやかで、やわらかく、身体にやさしく、口中でいつまでも味わっていたい・・・そんな愛山になりますよう、愛情を込めて愛山と真剣に向き合っております。 ※加熱処理済みですが、デリケートなお酒ですので、クール便をお勧めします。 ■原料米 愛山■精米歩合 50%■日本酒度 +3■酸度 1.3■アミノ酸度 0.5 ■アルコール度 16.5度■使用酵母 協会1401(金沢酵母) *スペックは醸造年度等により若干変わります。    

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク