メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ワインシャトー」検索結果。

ワインシャトーの商品検索結果全9,505件中1~60件目

トカイ アスー 5プットニョス 2013 シャトー エラ ハンガリー ワイン 白ワイン 極甘口 500ml (トカイ・アスー・5プットニョス)Tokaji Aszu 5 puttonyos ...

うきうきワインの玉手箱

3,218

トカイ アスー 5プットニョス 2013 シャトー エラ ハンガリー ワイン 白ワイン 極甘口 500ml (トカイ・アスー・5プットニョス)Tokaji Aszu 5 puttonyos ...

年代 造り手 [2013]年 シャトー・エラ 生産国 地域 ハンガリー トカイ 村名 トカイ・アスー・5プットニョス タイプ 白・極甘口 内容量 500mlトカイ・アスー・5プットニョス[2013]年・蔵出し・シャトー・エラ元詰Tokaji Aszu 5 puttonyos [2013] Chateau Hellha (AOP Tokaji) ハンガリー産、高級貴腐極甘口白ワイン愛好家大注目!デザートワインファン大注目!世界三大貴腐ワインの1つ!トカイ・アスと言えば、ワイン評論家のヒュー・ジョンソン氏も「貴腐を成就してしなびた葡萄の実、およびそれからつくられる甘口ワイン。フランスのソーテルヌによく似たもの」と大注目する、ハンガリーの人気甘口白ワイン!しかも飲み頃!4年熟成バックヴィンテージ!しかも5プットニョス(最低残糖120g/L以上)!造り手は旧東欧圏の中で最も古い歴史を持つ、ハンガリーの中でも最も有名なワイン産地!北東部ウクライナとの国境近くのティサリ流域にある人気生産者シャトー・エラ!から、世界三大貴腐ワインのひとつ!高級トカイ・ワイン!きれいな琥珀色!アプリコットや蜂蜜の濃厚な甘さに、繊細でかつビロードのようなソフトな口当たりが大変魅力的な気品ある、黄金のリキュールのような究極甘口白ワインが、限定で極少量入荷! (トカイアスー5プットニョス2013) (シャトーエラ) ルイ14世、ナポレオン3世、 ベートーヴェンやシューベルトも 愛飲したと言われる、 ハンガリーワインの至宝!! 世界三大貴腐ワイン“トカイ・アスー"の 5プットニョス(最低残糖120g/L以上)! 黄金のリキュールのような究極甘口白! 旧東欧圏の中では最も古いワイン造りの歴史を持つハンガリー。シャトー エラは、この国で最も有名なワイン生産地域、北東部...

シャトーメルシャン アンサンブル 藍茜(あいあかね) 750ML 1本2500円以上ご購入で全国送料無料(一部離島除く)、カクヤス配達エリア内なら1本より無料でお届け!

なんでも酒やカクヤス

1,706

シャトーメルシャン アンサンブル 藍茜(あいあかね) 750ML 1本2500円以上ご購入で全国送料無料(一部離島除く)、カクヤス配達エリア内なら1本より無料でお届け!

シャトー メルシャンアンサンブルは、日本国内で育まれるそれぞれの産地のブドウをマリアージュする事で生み出される味わいの『調和(アンサンブル)』が楽しめる日本ワインです。長野県産のメルロー主体に、山梨県産のマスカット ベーリーA等をバランスよくブレンドしています。鮮やかな赤紫。黒系ブドウの着色に適したヴィンテージであった。トップには、クランベリー、ラズベリーのような赤系のベリーを連想させる香りが豊かに立ち上る。ミドルパレットには、プラム、プルーンのような黒い果実とやさしいタンニンを感じ取れる。アフターに感じるスパイシーさと心地よいバニラ香とがバランスよく溶け込み、ワインの余韻に寄与している。みりんやしょうゆを使った家庭料理との相性は抜群(地鶏の照り焼きや餡かけ仕立ての料理など)。【産地】 メルロー:長野県塩尻市および上田市、マスカット ベーリーA:山梨県【使用品種】 メルローを主体にマスカット ベーリーAとベーリー アリカントAをブレンド【栽培方法】 棚式、垣根式【収穫】 9月-10月【発酵】 ステンレスタンク発酵、木桶発酵【育成】 オーク樽育成【生産本数】 約110,000本 商品概要 【容量 規格】 :750ML 【アルコール度数】 :14度 【飲み口】 :赤:ミディアム

シャトー レオヴィルポワフィレ

Amazon

11,970

シャトー レオヴィルポワフィレ

サン=ジュリアン村の銘醸、メドック格付け第2級、シャトー・レオヴィル・ポワフェレ、ラス・カーズ、バルトンとかつてはひとまとまりの畑でしたが、後に分割され1826年にポワフェレの名が誕生しました。バランスのとれた深い味わいです。 現在、レオヴィルの名を冠するシャトーは、ポワフェレ、ラス・カーズ、バルトンがありますが、この3つのシャトーは、元々、シャトー・レオヴィルという1つのシャトーでした。 ポワフェレ男爵がレオヴィル侯爵の畑の分割により、この畑を手にし、1920年に、キュヴリエ家に売却しました。1979年以降、ディディエ・キュヴリエ氏がシャトーの運営を担い、大規模な投資を行うと同時に、ミシェル・ロランを醸造コンサルタントとして迎え、格付けに相応しい品質を誇るワインを生み出しています。レオヴィル・ポワフェレの土壌は80haでマルゴー村よりのジロンド川岸に近い傾斜地に位置し、砂利の多く混じった土壌は水捌けに優れています。 レオヴィル・ポワフェレはメドックで最も深みのある赤ワインを生み出せる土壌と能力があると言われています。オーナーのディディエ・キュベリエ氏は醸造学者のミシェル・ローラン氏の協力を仰いで、サン・ジュリアン村の中でも秀逸なワインを造りだしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク