メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ロングモーン」検索結果。

ロングモーンの商品検索結果全60件中1~60件目

ゴードン&マクファイル スペイモルト フロム マッカラン 1981 43度 箱付 700ml 包装不可 あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

85,800

ゴードン&マクファイル スペイモルト フロム マッカラン 1981 43度 箱付 700ml 包装不可 あす楽

1895年に創業された最も歴史の古い老舗の一つであり、また現在世界で最も知名度の高いボトラー。高級デリカテッセンに端を発した同社は、当時からグレンリベットやストラスアイラ、マッカラン、ロングモーン、リンクウッド、モートラックなどの有名な蒸留所と深い関係にありました。また、自社で用意した樽に原酒を詰めてもらって独自の熟成を図る、という独立瓶詰業者のパイオニアとしての一面も持ち合わせています。数々のボトラーからさまざまな商品が輸入されている中、現在のゴードン&マクファイル社はその安定した高い品質に絶大な信頼が寄せられています。無名蒸留所や既に閉鎖されたもの、更にはオフィシャルにリリースされていないアイテムまで、幅広いラインアップは圧巻です。また、特筆すべきは古酒の品ぞろえの豊富さです。厳選した樽を長く熟成させることに尽力した結果、第二次世界大戦下における蒸留制限によって非常に稀少となったビンテージの商品までもが、オンリストされています。 老舗ゴードン&マクファイル社にしか成し得ない、信じられないような驚きのマッカランがリリース。 約32年熟成という古酒マッカランのビンテージ品の貴重さは計り知れないものがあります。 また、古くから熟成に注目してきたGM社が自社で選定した良質な樽でクオリティーコントロールしてきた素晴らし味わいです。 ゴードン&マクファイル 1981年 スコットランド モルト シングルモルトウイスキー 43度 700ml ドライアプリコットや、スパイスと漬け込まれたリンゴのようなアロマ。 甘く、ココアバターの風味。 チリペッパーがかすかに存在。 クリーミーなミルクチョコレートと共にはじける。 バナナやバニラの甘さが、オレンジや洋ナシの皮と共に感じられる。 フィニッシュに向けて...

ゴードン&マクファイル エクスクルーシブラベル FOR JIS バルブレア 1993 49.5度 箱付 700ml 包装不可 あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

14,980

ゴードン&マクファイル エクスクルーシブラベル FOR JIS バルブレア 1993 49.5度 箱付 700ml 包装不可 あす楽

1895年に創業された最も歴史の古い老舗の一つであり、また現在世界で最も知名度の高いボトラー。高級デリカテッセンに端を発した同社は、当時からグレンリベットやストラスアイラ、マッカラン、ロングモーン、リンクウッド、モートラックなどの有名な蒸留所と深い関係にありました。また、自社で用意した樽に原酒を詰めてもらって独自の熟成を図る、という独立瓶詰業者のパイオニアとしての一面も持ち合わせています。数々のボトラーからさまざまな商品が輸入されている中、現在のゴードン&マクファイル社はその安定した高い品質に絶大な信頼が寄せられています。無名蒸留所や既に閉鎖されたもの、更にはオフィシャルにリリースされていないアイテムまで、幅広いラインアップは圧巻です。また、特筆すべきは古酒の品ぞろえの豊富さです。厳選した樽を長く熟成させることに尽力した結果、第二次世界大戦下における蒸留制限によって非常に稀少となったビンテージの商品までもが、オンリストされています。 GM社より、JISが選び抜いたシングルモルト原酒をカスクストレングスにて特別限定ボトリングしたGM「エクスクルーシブラベル FOR JIS」。 バランタインの7柱と言われるキーモルトで、GM社でも蒸留所ラベルでリリースされる看板モルトの一つ実力派「バルブレア」です。 ゴードン&マクファイル 1993年 スコットランド モルト シングルモルトウイスキー 49.5% 700ml 柔らかな甘い香りに魅了され、フルーツ感たっぷり。 熟成感があり、バーボンバレルの良さが存分に感じられ、プルトニー、クライヌリッシュ、グレンモーレンジのような北ハイランドモルトの魅力が詰まった逸品。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

ニッカウイスキー「 ザ・ニッカ12年」43度、700MLABochugen2015

Ocean北海道

5,400

ニッカウイスキー「 ザ・ニッカ12年」43度、700MLABochugen2015

豊かなモルト香と華やかな香り。甘い樽熟成香。まろやかでスムースな口当たり、しっかりとしたコクとやわらかな甘さが調和した、ふくらみのある味わいが感じられます。甘く豊かな芳香が、かすかなビター感とともに、心地よく続きます。余市のポットスチルは「ストレートヘッド型」。 胴体部分に膨らみがありません。また、上部のラインアーム(冷却器へつながるパイプのような部分)は下向きになっています。 この胴体とラインアームの形状からは、重厚でコクのあるモルトが生まれるとされています。 さらに、余市ならではの薫り高く力強いモルトを生み出す決め手となるのが「石炭直火蒸溜」。 創業当時からの変わらぬ手法です。火をゆっくりと焚き、ゆっくりと蒸溜するのが難しいところ。熟練職人が長年の経験を元に温度が上がりすぎぬよう石炭をくべ続け、燃えかすを取り出し続けます。 難しくても、効率が悪くても伝統の技が受け継がれているのは、これこそが「余市モルト」を生み出す手法であるからに他なりません。 竹鶴政孝が学んだロングモーン蒸溜所のポットスチルは「ストレートヘッド型」、そして当時は「石炭直火蒸溜」を行っていました。今ではスコットランドでも珍しくなった「石炭直火蒸溜」の技は、時代と国境を越え、余市蒸溜所に生き続けているのです。 宮城峡蒸溜所のポットスチルは、胴体部分に膨らみを持つ「バルジ型(ボール型)」。 そして上部のラインアームは上向きになっています。 この胴体とラインアームの形状からは、一般的に軽やかでスムースなモルトが生まれるとされています。 宮城峡蒸溜所では、華やかな香りのモルトを生み出すための工夫をウイスキーづくりのあらゆる段階で行っています。そのひとつがスチームを使った「蒸気間接蒸溜」。ポットスチルの底と釜の内部にめぐらせたパイプにスチームを通し、「石炭直火蒸溜...

スポンサーリンク
スポンサーリンク