メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「フランス紅茶」検索結果。

フランス紅茶の商品検索結果全448件中1~60件目

STEVEN SMITH TEAMAKER(スティーブンスミスティーメーカー) NO.55 ロードベルガモット

Amazon

2,030

STEVEN SMITH TEAMAKER(スティーブンスミスティーメーカー) NO.55 ロードベルガモット

1990年に10億ドルだったアメリカの紅茶は、消費量が2011年には70億ドルに成長。その立役者の一人とも言われ、世界中のスターバックスで販売されている「TAZOティー」の創立者であるスティーブン・スミス氏が、TAZOティーをスターバックスに売却後、新たに始めたティーブランドです。 TAZO以外にも全米の小売店で販売されているSTASHの創設にも関わり、そのキャリアのほぼすべてを紅茶業界に費やしてきたスミス氏。若いころから良質な茶葉の探求に熱心でインド、スリランカ、中国、エチオピア、エジプト、スマトラ、南アフリカなど世界中の産地を回って、一日に600種類をテイスティングしていたことも。その人並外れた味覚と嗅覚は、有名な紅茶の専門書の著者に「スティーブンスミスは過去5000年に数人といない逸材だ。彼のブレンドするお茶はとにかく素晴らしい」と評されるほど。 TAXOティーを売却を、スミス氏はもうお茶に関しておもいのこすことはないと、フランスのプロバンス地方で1年間過ごしましたが、フランスでであった素晴らしいショコラティエや アルチザンにインスパイアされ、紅茶をひとつ上の芸術として作りたいと思い、自らの名前を冠したブランドを再び立ち上げました。 「スティーブンスミスティーメーカー」では、長年の経験を通して築き上げた、彼の友人でもある世界中の生産者から、厳選した茶葉だけを集め、1点1点ポートランドのティーアトリエでスミス氏自らがブレンドを行っています。スミス氏のつくる紅茶はすべての産地が明確で、カートンごとにバッチナンバーが付与されており、産地を確認することができます。

STEVEN SMITH TEAMAKER(スティーブンスミスティーメーカー) NO.72 ホワイトペタル

Amazon

2,106

STEVEN SMITH TEAMAKER(スティーブンスミスティーメーカー) NO.72 ホワイトペタル

1990年に10億ドルだったアメリカの紅茶は、消費量が2011年には70億ドルに成長。その立役者の一人とも言われ、世界中のスターバックスで販売されている「TAZOティー」の創立者であるスティーブン・スミス氏が、TAZOティーをスターバックスに売却後、新たに始めたティーブランドです。 TAZO以外にも全米の小売店で販売されているSTASHの創設にも関わり、そのキャリアのほぼすべてを紅茶業界に費やしてきたスミス氏。若いころから良質な茶葉の探求に熱心でインド、スリランカ、中国、エチオピア、エジプト、スマトラ、南アフリカなど世界中の産地を回って、一日に600種類をテイスティングしていたことも。その人並外れた味覚と嗅覚は、有名な紅茶の専門書の著者に「スティーブンスミスは過去5000年に数人といない逸材だ。彼のブレンドするお茶はとにかく素晴らしい」と評されるほど。 TAXOティーを売却を、スミス氏はもうお茶に関しておもいのこすことはないと、フランスのプロバンス地方で1年間過ごしましたが、フランスでであった素晴らしいショコラティエや アルチザンにインスパイアされ、紅茶をひとつ上の芸術として作りたいと思い、自らの名前を冠したブランドを再び立ち上げました。 「スティーブンスミスティーメーカー」では、長年の経験を通して築き上げた、彼の友人でもある世界中の生産者から、厳選した茶葉だけを集め、1点1点ポートランドのティーアトリエでスミス氏自らがブレンドを行っています。スミス氏のつくる紅茶はすべての産地が明確で、カートンごとにバッチナンバーが付与されており、産地を確認することができます。

STEVEN SMITH TEAMAKER(スティーブンスミスティーメーカー) NO.24 ビッグハイビスカス

Amazon

2,030

STEVEN SMITH TEAMAKER(スティーブンスミスティーメーカー) NO.24 ビッグハイビスカス

1990年に10億ドルだったアメリカの紅茶は、消費量が2011年には70億ドルに成長。その立役者の一人とも言われ、世界中のスターバックスで販売されている「TAZOティー」の創立者であるスティーブン・スミス氏が、TAZOティーをスターバックスに売却後、新たに始めたティーブランドです。 TAZO以外にも全米の小売店で販売されているSTASHの創設にも関わり、そのキャリアのほぼすべてを紅茶業界に費やしてきたスミス氏。若いころから良質な茶葉の探求に熱心でインド、スリランカ、中国、エチオピア、エジプト、スマトラ、南アフリカなど世界中の産地を回って、一日に600種類をテイスティングしていたことも。その人並外れた味覚と嗅覚は、有名な紅茶の専門書の著者に「スティーブンスミスは過去5000年に数人といない逸材だ。彼のブレンドするお茶はとにかく素晴らしい」と評されるほど。 TAXOティーを売却を、スミス氏はもうお茶に関しておもいのこすことはないと、フランスのプロバンス地方で1年間過ごしましたが、フランスでであった素晴らしいショコラティエや アルチザンにインスパイアされ、紅茶をひとつ上の芸術として作りたいと思い、自らの名前を冠したブランドを再び立ち上げました。 「スティーブンスミスティーメーカー」では、長年の経験を通して築き上げた、彼の友人でもある世界中の生産者から、厳選した茶葉だけを集め、1点1点ポートランドのティーアトリエでスミス氏自らがブレンドを行っています。スミス氏のつくる紅茶はすべての産地が明確で、カートンごとにバッチナンバーが付与されており、産地を確認することができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク