メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ビオワイン」検索結果。

ビオワインの商品検索結果全1,586件中1~60件目

【ワイン】ドミニク クレマン・ダルザス EXbrut 750ml

ディノス

3,801

【ワイン】ドミニク クレマン・ダルザス EXbrut 750ml

あなたもビオワインを味わってみませんか?ビオディナミ、ビオロジックの認定を取得した、フランス・アルザス地方の家族経営のワイン生産者が造る発泡ワイン。細やかな泡にふくよかな果実味と、ほのかなナッツ風味が漂う。硬質なミネラル感とのバランスが絶妙な味を生み出している。ービオワインって?ー 世界各国で諸説ありますが、日本においては、できるだけ自然のままの製法で造られた自然派ワインの総称が一般的。有機農法で育てたブドウを使ったものを「ビオロジック」、極力農薬に頼らず、月の満ち欠けや潮の満ち干きなども考慮したビオディナミ農法で育てたブドウを使った「ビオディナミ」、酸化防止剤未使用、もしくは使用を極力抑えていることが前提。 ■内容量:750ml■原材料:ぶどう ※酸化防止剤無添加※酸化防止剤は添加していませんが、製造過程で酵母によって微量に亜硫酸塩が発生することがあるため、ラベルの一括表示では「(添加物)亜硫酸塩」とあえて表記されています。■ぶどう品種:ピノ・オーセロワ、ピノ・ブラン、ピノ・ノワール■種類:白(スパークリングワイン)■タイプ:辛口■アルコール度数:12.5%■格付:A.O.C.クレマン・ダルザス■原産国:フランス(アルザス)【ご注意ください!】※商品の性質上、キャンセル・交換・返品はできません。

【ワイン】テヌーテ・デットーリ レノス・ロッソ 750ml

ディノス

3,283

【ワイン】テヌーテ・デットーリ レノス・ロッソ 750ml

あなたもビオワインを味わってみませんか?生産者の「テヌーテ・デットーリ」はイタリアのサルディーニャ島で2000年よりビオディナミ農法を取り入れた有機農法に切り替え、自然醸造へ転換した老舗のワイナリー。色は深みのある美しいルビー色。赤い果実や甘い香り、ミネラル感、スパイシーさが絶妙に混ざり合い、豊潤の味わい。ービオワインって?ー 世界各国で諸説ありますが、日本においては、できるだけ自然のままの製法で造られた自然派ワインの総称が一般的。有機農法で育てたブドウを使ったものを「ビオロジック」、極力農薬に頼らず、月の満ち欠けや潮の満ち干きなども考慮したビオディナミ農法で育てたブドウを使った「ビオディナミ」、酸化防止剤未使用、もしくは使用を極力抑えていることが前提。 ■内容量:750ml■原材料:ぶどう、酸化防止剤(亜硫酸塩)※酸化防止剤は必要最低限(45mg/L)添加・無ろ過■ぶどう品種:カンノナウ、モニカ、パスカーレ■種類:赤■タイプ:ミディアムボディ■アルコール度数:13%■格付:I.G.T.ロマーニャ■原産国:イタリア(サルディーニャ) 【ご注意ください!】※商品の性質上、キャンセル・交換・返品はできません。

送料無料
蔵出し セピ・ランドマン リースリング・グランクリュ・ツィンコフレ 1998 フランス 白ワイン 750ml フルボディ 辛口 ビオ ビオロジック グラン...

Amazon

10,022

蔵出し セピ・ランドマン リースリング・グランクリュ・ツィンコフレ 1998 フランス 白ワイン 750ml フルボディ 辛口 ビオ ビオロジック グラン...

アルザスには51のグランクリュがありますが、全てのグランクリュが同じように偉大なグランクリュというとそうではないことが多いのがアルザスのグランクリュ。しかし、このツィンコフレは非常に歴史が古く、昔からアルザス南部エリアの銘醸畑のひとつとされてきました。しかも、アルザス南部の奇才セピ・ランドマンの希少なバックヴィンテージをワイナリー蔵出しでご紹介です。その名も[セピ・ランドマン リースリング・グランクリュ・ツィンコフレ 1998]!!ミッシェル・ベタンヌをして、「アルザスを語る上で、セピ・ランドマンを避けて通ることはできない」と言わしめる奇才が所蔵する、超希少なバックヴィンテージです。アルザス南部のスルツマット村に17世紀から続く栽培家で、1982年にセピがドメーヌを設立。彼の「グランクリュ・ツィンコフレ」は非常に有名です。その昔コルマールで開催された映画祭に参加していた女優ソフィー・マルソーに直談判して、ラベルに彼女の写真を採用したり(今でも一番のお客様だそうです)、AOC法で認められていない「ヴァン・ド・グラス(アイスワイン)」を勝手に名乗ったり等々、行動力は同じくアルザスの奇才、マルセル・ダイス並み。そして彼は、ブルゴーニュで活躍する日本人醸造家仲田晃司さんが当時24歳だった若き日に、アルザスでただ一人師事した生産者でもあります。「除草剤や殺虫剤を一切使用しない厳しい栽培を、当時から徹底していたりと仕事は超一流で、本当に勉強になりました。ちなみにここのバックヴィンテージはホントに美味しいと思います」。 とワインを選別する厳しい目で有名なネゴゴシアンの仲田さんのお墨付き!!このツィンコフレというグランクリュは、標高270~420メートルとアルザスの中でも比較的標高が高い場所にある畑です。そのため、場所はアルザスの南部にありながら...

送料無料
蔵出し セピ・ランドマン リースリング・グランクリュ・ツィンコフレ 1994 フランス 白ワイン 750ml フルボディ 辛口 ビオ ビオロジック グラン...

Amazon

10,022

蔵出し セピ・ランドマン リースリング・グランクリュ・ツィンコフレ 1994 フランス 白ワイン 750ml フルボディ 辛口 ビオ ビオロジック グラン...

アルザスには51のグランクリュがありますが、全てのグランクリュが同じように偉大なグランクリュというとそうではないことが多いのがアルザスのグランクリュ。しかし、このツィンコフレは非常に歴史が古く、昔からアルザス南部エリアの銘醸畑のひとつとされてきました。しかも、アルザス南部の奇才セピ・ランドマンの希少なバックヴィンテージをワイナリー蔵出しでご紹介です。その名も[セピ・ランドマン リースリング・グランクリュ・ツィンコフレ 1994]!!ミッシェル・ベタンヌをして、「アルザスを語る上で、セピ・ランドマンを避けて通ることはできない」と言わしめる奇才が所蔵する、超希少なバックヴィンテージです。アルザス南部のスルツマット村に17世紀から続く栽培家で、1982年にセピがドメーヌを設立。彼の「グランクリュ・ツィンコフレ」は非常に有名です。その昔コルマールで開催された映画祭に参加していた女優ソフィー・マルソーに直談判して、ラベルに彼女の写真を採用したり(今でも一番のお客様だそうです)、AOC法で認められていない「ヴァン・ド・グラス(アイスワイン)」を勝手に名乗ったり等々、行動力は同じくアルザスの奇才、マルセル・ダイス並み。そして彼は、ブルゴーニュで活躍する日本人醸造家仲田晃司さんが当時24歳だった若き日に、アルザスでただ一人師事した生産者でもあります。「除草剤や殺虫剤を一切使用しない厳しい栽培を、当時から徹底していたりと仕事は超一流で、本当に勉強になりました。ちなみにここのバックヴィンテージはホントに美味しいと思います」。 とワインを選別する厳しい目で有名なネゴゴシアンの仲田さんのお墨付き!!このツィンコフレというグランクリュは、標高270~420メートルとアルザスの中でも比較的標高が高い場所にある畑です。そのため、場所はアルザスの南部にありながら...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク