メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「バローロ 2005」検索結果。

バローロ 2005の商品検索結果全14件中1~14件目

送料無料
【ポイント10倍】【送料無料】【ケース買い】“コンテッサ・ローザ”アルタ・ランガ・スプマンテ・ブリュット/フォンタナフレッダ社 750ml×6本 (スパークリング)【まとめ買い】【ケース売り】...

ワイン本舗 ヴァン・ヴィーノ

27,152

【ポイント10倍】【送料無料】【ケース買い】“コンテッサ・ローザ”アルタ・ランガ・スプマンテ・ブリュット/フォンタナフレッダ社 750ml×6本 (スパークリング)【まとめ買い】【ケース売り】...

特徴のあるアロマを持ったブドウを使用し、一次発酵の際に木樽熟成を取り入れ、より深みと複雑な味わいを持つスプマンテになりました。   産 地 イタリア・ピエモンテ州 製 造 フォンタナフレッダ ぶどう品種 ピノ・ネーロ、シャルドネ 飲み頃温度 6〜8℃ 味わい 辛口 合う料理 様々な料理 主な受賞歴 2006年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/2ビッキエーリ(イタリア)2010年版 2005年 ヴィーニ・ディタリア(ガンベロロッソ)/2ビッキエーリ(イタリア)2009年版イタリア統一後の初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の息子が、相続した狩猟地を切り開いて、王のワインといわれるバローロやバルバレスコを生むブドウ、ネッビオーロを植えたのがこのワイナリーの始まりです。所有地は100ヘクタール、そのうち約70ヘクタールがブドウ畑で半分以上に渡ってネッビオーロが植えられています。(バローロ地区の1栽培農家あたりの平均的な畑の所有面積は1ヘクタール未満)もっとも伝統的なバローロ造りのリーダーとして、全バローロの約15%を造っているフォンタナフレッダ社(以下FF社)の歴史は、そのままバローロの歴史と重なるといっても過言ではありません。設立から100年以上を経た今、FF社は変革の時を迎えています。1999年に若きエノロゴ(醸造家)ダニーロ・ドロッコ氏を招聘。2002年には、トップブランドとして新たに“テニメンティ・フォンタナフレッダ”シリーズをリリースしました。ドロッコ氏は、伝統を受け継ぎ、昔からある畑やワイナリーの自然風土を尊重したワイン造りを続ける一方で、近代技術と科学的な検証、知識を踏まえた醸造方法を導入してきました。 ●株密度 1ヘクタールあたりに植えるブドウ木の本数を増やすことで競争率を高め、より凝縮感ある...

[Conterno]コンテルノ、“グランブッシア” 2005 バローロ リゼルバD.O.C.G(赤) 750ml/イタリア、ピエモンテ州

Amazon

37,140

[Conterno]コンテルノ、“グランブッシア” 2005 バローロ リゼルバD.O.C.G(赤) 750ml/イタリア、ピエモンテ州

良年のみ生産されるコンテルノの超長期熟成バローロ 大成功の2005ヴィンテージ <ポデーリ・アルド・コンテルノ、“グラン ブッシア” 2005 バローロ リゼルバ> ● Poderi Aldo Conterno.2005 "Gran Bussia" Barolo Riserva D.O.C.G このワインは卓越したロミラスコ、チカラ、コロネロの畑から丹念に選ばれたブドウのもので、 比率は約70%、15%、15%になりますが、これはヴィンテージによりかわります。 ステンレスタンクに3-5ヶ月何度か移し変えられ、スラブ産の樽で36ヶ月熟成されます。 ワインはリリースされる前に6年間セラーで熟成されています。 そして最高のヴィンテージのみ生産されるスペシャルなワインです。 バローロの代表的な生産者であり、ピエモンテの伝統的なスタイルを大切に受け継いできたアルド・コンテルノは、 1969年、バローロ生産の中心地であるモンテファ・ダルバという村のブッシアでワイナリーを始めました。 現在は3人の息子が中心になって運営しており、効率的な耕作技術、ブドウ果汁発酵のコントロール そして、伝統的熟成システムのコンビネーションが高品位で偉大なワインを産出しています。 ■2005ヴィンテージ情報■ (ワイン・アドヴォケートより) 2005年の仕上がりは大成功した2004年に勝るとも劣らず、 この2つのヴィンテージは、歴史的な1989年、1990年以降もっとも素晴らしい卓越したものであることに疑う余地はない。

タウラジ 2005 ペリッロ 赤 750ml

Amazon

6,242

タウラジ 2005 ペリッロ 赤 750ml

Taurasi 2005 Perillo 等級 : Rosso D.O.C.G. 熟成:オーク樽 標高680mの畑で、葡萄樹は平均90年で中には100年を超える古樹も多く存在します。そのほとんどは「プレ フィロキセラ」。一般的なアリアニコとは違い、自根のアリアニコの原種です。 荒々しく、若いワインのような勢いがまだあり、アロマはほとんどバローロ(ネッビオーロ)と変わりないイメージです。グリセリンの力強さと味わい深いボディーにより地中海的なワインとなっています。 ミケーレ ペリッロがカステルフランチ村のガレージ セラーに保管しているのは本当の宝物であると言えます。疲れを知らないブドウ栽培者で、控えめでホスピタリティに溢れているミケーレは、宴会や試飲会よりも急斜面のラッジェーラ仕立ての古木を好んでいます。その畑にはアリアニコ コーダ ディ カヴァッロという種のブドウがあり、標高500m以上で、明るい色の粘土と海で形成された砂の土壌です。しかし、このワイナリーが何かを最も雄弁に語ってくれるのはタウラージで、最良の意味で農民的で、一部だけ新樽のバリックか、スラヴォニア オーク樽で熟成させられ、セラーで何年か忘れさられても全く問題ありません。長期間瓶熟成させることがミケーレ ペリッロのタウラージを理解、評価することの鍵と言えます。

イタリア トップワイン 2本セット

Amazon

6,500

イタリア トップワイン 2本セット

バローロ イル・ポッゾ2005『ワインの王様』『王様のワイン』。めくるめく複雑な香り、深遠な味わい、厳格なタンニン、破格の長期熟成能力は、まさに横綱の風格が漂います。このワインは低価格ながら、バローロらしいスケール感が味わえます。「バローロの特徴を知りたい」という方の入門編として、最適な1本と言えます。非常にまろやかで、バラ、紅茶の香り、華やかで上品な仕上がりになっています。ローストビーフなどの肉料理やチーズなどとも相性は抜群 イタリアンレストランでは、6000円前後で出されている赤ワインです。小売店ではめったに手に入らないワインです。ゆっくり味わって頂きたい一本です。※バルバレスコリゼルバ ラ ラ ヴェーレ2005イタリアワインの女王と呼ばれるバルバレスコ。熟成感を味わえる今まさに飲み頃を迎えている一本。香り高く余韻が長い典型的なバルバレスコを味わえます。常に比較される兄貴分バローロよりは女性的で優美。調和が取れて、繊細な味わいはまさに貴族的。女性にお勧めの1本と言えます。コストパフォーマンスの高い一本。商品は現在流通しているヴィンテージになります。写真と異なる場合があることをご了承下さい。

ジューリア・ネグリ バローロ【Giuria Negri Barolo】【イタリア・ピエモンテ州・赤ワイン・フルボディ・辛口・750ml】

Amazon

3,500

ジューリア・ネグリ バローロ【Giuria Negri Barolo】【イタリア・ピエモンテ州・赤ワイン・フルボディ・辛口・750ml】

アタックがしっかりと強調され、飲み応えが感じられます。 赤系果実やドライフルーツのようなニュアンスがあり、豊富なタンニンとコクがあり、 しっかりとした酸味が感じられます。 長期熟成にも耐えられる造りとなっていて、ジューシーで旨味がしっかりと感じられるスタイルとなっています。 【ジューリアネグリについて】 ピエモンテ州で歴史あるファミリーワイナリーで、 現在はネグリ氏の娘ジューリア氏が自身の名前で運営をしています。 ラベルには愛犬の絵が描かれています。 畑はバローロの中でも標高の高いところにあり、バローロの普及に尽力しています。 機関による有機栽培の認定こそ受けてはいませんが、 化学肥料や農薬を使わない自然な農法で栽培しています。 2005年のヴィンテージが初リリースとなりますが、 その2年後にはアメリカの有名ワイン雑誌で高得点を獲得するなど、 葡萄造りの才能を開花させている今後が楽しみな造り手です。 【ワインデータ】 生産年 2011年 タイプ 赤ワイン 飲み口 辛口 フルボディ 生産国、生産地 イタリア・ピエモンテ州 造り手、生産地域 ジューリアネグリ【Giulia Negri】 品種 ネッビオーロ100% 醸造 発酵:24ヵ月木樽熟成後、12ヵ月瓶熟成。 容量 750ml ※生産年は変更になることがあります

こちらの関連商品はいかがですか?

バローロ 2011 ドメニコ クレリコ 赤 750ml

Amazon

6,426

バローロ 2011 ドメニコ クレリコ 赤 750ml

Barolo 2011 Domenico Clerico 熟成:フレンチオークのバリック(新樽60%) &大樽(50hl)18~24ヶ月間 ドメニコ・クレリコは本物のヴィニュロン(ワインの作り手)で、様々な面を持った、抗しがたいほど好感を持てる人です。モンフォルテ・ダルバ村の最新の技術を集結した新しいワイナリーに移った今も、彼はピエモンテのブドウ栽培の主な規範であり続けています。彼の醸造したワインはイタリア国内外で高い評価を得ています。スタイルはモダンでバローロの熟成には225Lのフレンチ・オークの小樽(バリック)を使用しています。果実味豊かで、重量感のあるワインで、はっきりとしたクレリコのスタイルを持っています。よく羨望の的となる素晴らしい畑をいくか所有しているのでブドウの品質は圧倒的にすばらしい出来です。 初ヴィンテージの2011年です。ドメニコ・クレリコの集大成として生まれたノーマル・バローロ。クリュ・ジネストラ主体にクリュ・モスコーニをブレンド。クオリティを高めるべく、これまで以上にクリュ・バローロの選果を厳しくしたため、このワインにはかつてのクリュ相当のブドウが使われている。 チェリーやプラムなどのジューシーな果実、タバコ、革、スパイスの香り。厳格なタンニンを備えた堅固なストラクチャー。フィニッシュは長く力強い。クレリコが根差すモンフォルテを総合的に体現したバローロ。

ランゲ ドルチェット ヴィサディ 2013 ドメニコ クレリコ 赤 750ml

Amazon

2,484

ランゲ ドルチェット ヴィサディ 2013 ドメニコ クレリコ 赤 750ml

Langhe Dolcetto Visadi 2013 Domenico Clerico 熟成:ステンレスタンクで10ヶ月 ドメニコ・クレリコは本物のヴィニュロン(ワインの作り手)で、様々な面を持った、抗しがたいほど好感を持てる人です。モンフォルテ・ダルバ村の最新の技術を集結した新しいワイナリーに移った今も、彼はピエモンテのブドウ栽培の主な規範であり続けています。彼の醸造したワインはイタリア国内外で高い評価を得ています。スタイルはモダンでバローロの熟成には225Lのフレンチ・オークの小樽(バリック)を使用しています。果実味豊かで、重量感のあるワインで、はっきりとしたクレリコのスタイルを持っています。よく羨望の的となる素晴らしい畑をいくか所有しているのでブドウの品質は圧倒的にすばらしい出来です。 初ヴィンテージは1979年です。モンフォルテに所有する様々な区画のブドウから造られており、1950年に植樹された古樹も使用しています。やや薄いルビー色の色調。最初に西洋サクランボウやスグリなどのフルーツの香りが複雑に絡み合い、そしてスミレやスパイスのニュアンスへと続きます。とてもバランスの取れた味わいで心地良いミネラル感に支配されます。

ランゲ ロッソ アルテ 2012 ドメニコ クレリコ 赤 750ml

Amazon

5,400

ランゲ ロッソ アルテ 2012 ドメニコ クレリコ 赤 750ml

Langhe Rosso Arte 2012 Domenico Clerico 熟成:フレンチオークのバリックにて16~18ヶ月(新樽100%) ドメニコ・クレリコは本物のヴィニュロン(ワインの作り手)で、様々な面を持った、抗しがたいほど好感を持てる人です。モンフォルテ・ダルバ村の最新の技術を集結した新しいワイナリーに移った今も、彼はピエモンテのブドウ栽培の主な規範であり続けています。彼の醸造したワインはイタリア国内外で高い評価を得ています。スタイルはモダンでバローロの熟成には225Lのフレンチ・オークの小樽(バリック)を使用しています。果実味豊かで、重量感のあるワインで、はっきりとしたクレリコのスタイルを持っています。よく羨望の的となる素晴らしい畑をいくか所有しているのでブドウの品質は圧倒的にすばらしい出来です。 初リリースは1983年ヴィンテージ。世界中がクレリコに注目し、バローロ再発見のきっかけとなったといっても過言ではない画期的なキュヴェ。 チェリーやプラム、バラ、ダークチョコレート、エスプレッソ、甘いスパイス、ミネラルなど様々な要素が飛び出す表情豊かな香り。優しくなでるような口当たりに続き、濃厚な果実と柔らかで豊富なタンニンが押し寄せる。全体を通じて漂うフローラルな香りが心地よい。パワーとエレガンスというクレリコのスタイルがよく表現されている。

バルベラ ダルバ トレヴィーニェ 2013 ドメニコ クレリコ 赤 750ml

Amazon

3,488

バルベラ ダルバ トレヴィーニェ 2013 ドメニコ クレリコ 赤 750ml

Barbera d'Alba Trevigne 2013 Domenico Clerico 熟成:フレンチオークのバリックにて12~16ヶ月(新樽50%) ドメニコ・クレリコは本物のヴィニュロン(ワインの作り手)で、様々な面を持った、抗しがたいほど好感を持てる人です。モンフォルテ・ダルバ村の最新の技術を集結した新しいワイナリーに移った今も、彼はピエモンテのブドウ栽培の主な規範であり続けています。彼の醸造したワインはイタリア国内外で高い評価を得ています。スタイルはモダンでバローロの熟成には225Lのフレンチ・オークの小樽(バリック)を使用しています。果実味豊かで、重量感のあるワインで、はっきりとしたクレリコのスタイルを持っています。よく羨望の的となる素晴らしい畑をいくか所有しているのでブドウの品質は圧倒的にすばらしい出来です。 初リリースは1979年。現在ではモンフォルテにある5つの畑のブドウを用いていますが、元々3つの畑のブドウから造られていたため『3つの畑』という意味をもつキュヴェ名が付けられました。 表情豊かに層をなす赤いベリー系果実や花、甘いスパイスの芳香。滑らかでジューシーな果実にエレガントな酸のバランスが素晴らしい。バルベーラの魅力を再認識する非の打ちどころがない贅沢な逸品。 参考評価として2012VTは ビベンダ2015 4グラッポリ

ランゲ ネッビオーロ カピズメ エ 2013 ドメニコ クレリコ 赤 750ml

Amazon

4,136

ランゲ ネッビオーロ カピズメ エ 2013 ドメニコ クレリコ 赤 750ml

Langhe Nebbiolo Capisme E 2013 Domenico Clerico 熟成:ステンレスタンクで10ヶ月 ドメニコ・クレリコは本物のヴィニュロン(ワインの作り手)で、様々な面を持った、抗しがたいほど好感を持てる人です。モンフォルテ・ダルバ村の最新の技術を集結した新しいワイナリーに移った今も、彼はピエモンテのブドウ栽培の主な規範であり続けています。彼の醸造したワインはイタリア国内外で高い評価を得ています。スタイルはモダンでバローロの熟成には225Lのフレンチ・オークの小樽(バリック)を使用しています。果実味豊かで、重量感のあるワインで、はっきりとしたクレリコのスタイルを持っています。よく羨望の的となる素晴らしい畑をいくか所有しているのでブドウの品質は圧倒的にすばらしい出来です。 初リリースは2009年。クレリコのネッビオーロの素晴らしさを知るのにうってつけの新たなワインです。海抜250mにある南西向きのバローロの畑サン ピエトロのネッビオーロから醸造。 イチゴやベリー系、チェリー、プラムなどの甘く力強い果実の芳香。味わいは柔らかなタンニン豊かなでゴージャスかつエレガント。尚、同じネッビオーロ100%でも長期熟成のバローロではなく、早くから楽しめて理解してもらえるワインであることを示すため「私を分かって下さい!」というピエモンテ方言の意味を持つキュヴェ名にしたそうです。

バローロ モンヴィリエーロ 2009 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Amazon

6,048

バローロ モンヴィリエーロ 2009 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Barolo Monvigliero 2009 Terre del Barolo 熟成:オーク樽24~30ヶ月間 テッレ・デル・バローロ(バローロの大地の意)は、その名の通り、ランゲ地方の異なる地域の多くの農家をまとめ上げている生産者協同組合で、畑の総面積は600ha以上になる。それによりコストパフォーマンスの高いワインをかなり大量に供給しています。誕生したのは1958年で、それから多くの実沈りがありました。現在のオーナーはマッテオ・ボスコ氏で、大きな潜在能力を持つこの組合の名声を高める努力をしています。この組合が生産しているワインの中にはランゲ地方の著名畑が多く含まれています。 バローロのエリアの中でも北に位置するヴェルドゥーノ村、モンヴィリエーロの畑から。土壌は砂質と粘土石灰質。収穫は10月に手摘みで行ないます。除梗し、やわらかくプレスします。アルコール発酵は、定期的にポンピングオーバーをしながら行ないます。2度タンクを移しながら澱引きした後、マロラクティック発酵させます。フランス産とスラヴォニア産のオーク樽に入れて約24ヶ月~30ヶ月熟成させます。その後、さらに12ヶ月ボトルで熟成させます。 オレンジがかったガーネット。スミレ、野生のバラのブーケになめし皮やスパイスの混ざるノート。味わいは、ドライで非常にしっかりとしたタンニン、ヴェルヴェットのようにしなやかで非常にバランスのとれたワインです。

バローロ 2012 ジョゼッタ サッフィーリオ 赤 750ml

Amazon

5,508

バローロ 2012 ジョゼッタ サッフィーリオ 赤 750ml

Barolo 2012 Josetta Saffirio 等級 : Rosso D.O.C.D. 熟成:バリック(一部新樽、残りは2~3年使用した30hlの樽)で24ヶ月間、その後セメントタンクに移し翌年春に瓶詰め。 年間生産本数本 : 8,000本 フレッシュな赤い果実、チェリーや杏子、そしてバルサミコの香りなど感じます。とてもバランスの取れた味わいで、フレッシュで生き生きとしながら骨格もしっかりとしています。アフターも長めで果実味とスパイスの余韻へと続きます。 このワイナリーは1980年代末にいくつかの忘れられない偉大なヴォンテージバローロによって注目を浴びました。その後、1992年から1998年までワイナリーは一時休業していましたが、1999年から生産を再開すると、ここ数年で再びあちこちのワインガイドに掲載されるようになってきました。若いサーラが、母ジョゼッタ、父ロベルト ヴェッツァの助けを借りて、母方の祖父エルネスト サッフィリオが始めたプロジェクトを引き継ぎ、モンフォルテ ダルバ村のカステレット地区のワイナリーに輝きを取り戻すべき運営をしています。昔から醸造しているバローロの他に、新たにリリースしたバローロ ミッレノヴェチェント48(1948年はジョゼッタの祖父が最初にネッビオーロを植樹した年です)。それ以外にもバルベラ ダルバ、ランゲ ネッビオーロなどを醸造しています。

バローロ 2011 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Amazon

3,024

バローロ 2011 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Barolo 2011 Terre del Barolo 熟成:2,500L、5,000L大樽2年間 テッレ・デル・バローロ(バローロの大地の意)は、その名の通り、ランゲ地方の異なる地域の多くの農家をまとめ上げている生産者協同組合で、畑の総面積は600ha以上になる。それによりコスト・パフォーマンスの高いワインをかなり大量に供給しています。誕生したのは1958年で、それから多くの実沈りがありました。現在のオーナーはマッテオ・ボスコ氏で、大きな潜在能力を持つこの組合の名声を高める努力をしています。この組合が生産しているワインの中にはランゲ地方の著名畑が多く含まれています。 バローロは、ネッビオーロから造られるD.O.C.G.ワインで、イタリアの公式行事にも使われるイタリアを代表する赤ワインです。集約感のあるワインにするため、2,500Lと5,000Lの樽で熟成します。法定期間は1年半で良いのですが、伝統的な2年熟成しています。ガーネット色に輝き、風味豊かで力強く、すみれのような香りがあります。「ワインの王様であり、王様のワインである」といわれるほど優れた風格を備えています。テッレ デル バローロメンバーはバローロの15%のシェアを持っています。仔牛や鹿のグリル、フォアグラやジビエ料理、癖のあるチーズにも良く合います。'09年は暑い年で、果実の甘さの中にスパイシーさがあります。

バルバレスコ 2012 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Amazon

2,246

バルバレスコ 2012 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Barbaresco 2012 Terre del Barolo 熟成:大樽12ヶ月間 テッレ・デル・バローロ(バローロの大地の意)は、その名の通り、ランゲ地方の異なる地域の多くの農家をまとめ上げている生産者協同組合で、畑の総面積は600ha以上になる。それによりコスト・パフォーマンスの高いワインをかなり大量に供給しています。誕生したのは1958年で、それから多くの実沈りがありました。現在のオーナーはマッテオ・ボスコ氏で、大きな潜在能力を持つこの組合の名声を高める努力をしています。この組合が生産しているワインの中にはランゲ地方の著名畑が多く含まれています。 テッレ デル バローロがバルバレスコ村にあった農協を買収したため、バルバレスコもラインナップに加わっています。このワインはバルバレスコ地域の周囲の4つの村(ネイヴェ、トレイゾ、アルバ、サン ロッコ セノ デルヴィオ)の葡萄を使用しています。伝統的な5,000Lの大樽で12ヶ月熟成しています。 ノーズに、フレッシュさや、フルーティさはありますが、バルバレスコの葡萄では、マセラシオンは長く必要としません。そのため、ストラクチャーはバローロより少なくなっています。清澄も濾過もしていません。風味豊かで力強く、エレガントですみれのような香りがあります。バルバレスコは、エレガントでシルキーさが大事だと考えられています。

ピエモンテ バルベラ 2013 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Amazon

1,123

ピエモンテ バルベラ 2013 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Piemonte Barbera 2013 Terre del Barolo 熟成:タンクにて テッレ・デル・バローロ(バローロの大地の意)は、その名の通り、ランゲ地方の異なる地域の多くの農家をまとめ上げている生産者協同組合で、畑の総面積は600ha以上になる。それによりコスト・パフォーマンスの高いワインをかなり大量に供給しています。誕生したのは1958年で、それから多くの実沈りがありました。現在のオーナーはマッテオ・ボスコ氏で、大きな潜在能力を持つこの組合の名声を高める努力をしています。この組合が生産しているワインの中にはランゲ地方の著名畑が多く含まれています。 このワインの畑はアルバ周辺のランゲの丘にあります。土壌は粘土石灰質、仕立てはグイヨ。バルベラの持つ典型的な果実味を抽出するため、短時間で発酵(4日間)させ、葡萄の持つ良いものを手早く集中して取り出します。マロラクティック発酵期間も短くしています。タンクで熟成します。 色調は濃い赤色で、しっかりとしていながら、フレッシュな果実味が感じられ、重すぎず、ストレートに美味しさが伝わってくるワインです。2010年ヴィンテージから、より果実味を高めるイーストを使用し、マロラクティック発酵を促進しています。

ネッビオーロ ダルバ 2013 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Amazon

1,641

ネッビオーロ ダルバ 2013 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Nebbiolo d'Alba 2013 Terre del Barolo 熟成:フレンチオーク バローロの栽培地域に隣接するアルバの丘で育った最良のネッビオーロを使っています。畑は、シリカを含む粘土土壌です。収穫は全て手摘みで行い、葡萄に応じた選別を行います。発酵と12ヶ月の熟成は樽で行います。発酵は10日間。'11年から、発酵前にコールドマセラシオンをして、色とアロマを抽出するようにしています。アルコール発酵の温度は、伝統的な28度から24度に変更しています。それによって発酵期間が長くなり、それによって色の抽出が進み、丸いタンニンが出てくるようになりました。熟成用の樽は全てフレンチオークで、'12年から半分をトノー(500L)に変えました。また、樽の半分のローストする温度を低くして焼き入れの期間を長くしました。その結果、ワインに甘さが出て、タンニンが丸く柔らかくなりました。 スミレ色の縁どりのある典型的なネッビオーロの赤色。スミレやバラ、ベリーの香りに、熟成による樽の風味が感じられます。味わいは力強く、しかもデリケートです。程よいタンニン、甘ささえ感じさせるフィニッシュがあります。エノロゴのトップを勤めるダニエーレは、今このワインに「惚れて」います。何故なら、価格以上のものになると信じているからです。もちろんバローロのようにはなりませんが、バローロのセカンド的なポジションではなく、ネッビオーロ ダルバとして第一線に立てると信じています。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク