メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「バローロ 2004」検索結果。

バローロ 2004の商品検索結果全22件中1~22件目

バローロ・アルド・コンテルノ2009

銘酒しらい屋

10,584

バローロ・アルド・コンテルノ2009

PP93点 卓越したワインで、広がりのある濃密なブーケから華やかに始まります。力強さと真の明確さが滑らかに味わいを包み、タンニンの質も締まって緊張感があります。ワインは果実の個性が快活に表れ、ドライチェリーとカシスが絶妙に感じられ、繊細な煙草、インドのスパイス、コーラ、タール、甘草が続きます。 ネッビオーロ100% 飲み頃:2015-2027 商品データ 産地イタリア ピエモンテ ブドウ品種ネッビオーロ タイプ赤・フルボディ 生産者アルド・コンテルノ 容量750ml 生産年2009バローロ 2007 アルド・コンテルノ   2004年ヴィンテージより、バローロ・ブッシアは50年前のクラシックラベルを再度採用し、名前もバローロに改めます。 以前、アルド・コンテルノのワイナリーはバローロ村近くのバローロ地区に小さな畑を購入しました。コンテルノのバローロには樹齢が20年以上のブドウしか使われないため、この畑のブドウはこれまでイル・ファヴォットに使われてきました。しかし、今や樹齢は20数年を数えたため、2004年ヴィンテージより、これまでのブッシア・ソプラーナからのブドウに加えバローロ地区の新たな畑のブドウも使用されることになりました。 最終的なブレンド比率は、ブッシア・ソプラーナの畑のネッビオーロを80%、バローロからは20%となりました。ブッシア・ソプラーナはモンフォルテ・ダルバにあるのですが、この新しいバローロにはモンフォルテ・ダルバとバローロ両方の地区のブドウを使用しているため、これまでのバローロ・ブッシアという名前を変更することになりました。 ☆☆☆パーカーポイント93+点獲得!僅少入荷☆☆☆

バルベーラ・ダルバ・ラウラ[2014]プリンチピアーノ・フェルディナンドBarbera d'Alba Laura 2014 Principiano Ferdinando

イタリアワインのいのししや

2,484

バルベーラ・ダルバ・ラウラ[2014]プリンチピアーノ・フェルディナンドBarbera d'Alba Laura 2014 Principiano Ferdinando

▽750ml/イタリア・ピエモンテ産/赤ワイン▽葡萄品種:バルベーラ100% 2000年代に入って、自然な栽培と伝統的な醸造へと大きく舵を切ったプリンチピアーノ・フェルディナンド。 2004年にはロータリーファーメンターを売って、スラヴォニアン・オークの大樽を導入。畑では化学肥料や薬剤の使用をやめ、野生酵母のみで発酵、SO2もビン詰め時に少量使用するのみ。清澄も濾過も行いません。バローロが素晴らしいのはもちろんですが、早くから楽しめるドルチェットやバルベーラも秀逸。自然なワインとしての美味しさが際立ちます。 樹齢約40年、ボスカレートとサン・タンナの畑のバルベーラ。ステンレスタンクで10カ月熟成。ドルチェットより色合いも濃く、香りにも広がりがあり、果実味もたっぷりとしています。それでいて、澄んだ酸の美しさが印象的で、ぐんぐんと飲み進めさせる力のあるワインです。【Principiano Ferdinandoプリンチピアーノ・フェルディナンド】自然な栽培と醸造に取り組む注目の造り手 1990年代にはモダンなスタイルでバローロを造っていたプリンチピアーノ・フェルディナンド、2000年代に入って大きく方針を転換し、自然な栽培と伝統的な醸造にシフト。セッラルンガ・ダルバとモンフォルテ・ダルバに代々所有する優れた畑の個性を深く表現しています。2012年からは、最も重要な区画ではボルドー液、硫黄さえも使用せずに栽培を行うなど、さらに前進し続けていて、今後さらに楽しみな造り手でもあります! ワインの味わいは、ピュアで優しく、それでいて、複雑性に富んだ素晴らしいもの。樹齢の高い伝統の畑、ボスカレートとラヴェーラのバローロがひときわ奥深い味わいを楽しませてくれるのはもちろんのこと、ボスカレートの若木から造られるバローロ・セッラルンガの美味しさも見事...

[Aldo Conterno] アルド・コンテルノ、 2009 バローロ D.O.C.G(赤) 750ml/イタリア、ピエモンテ州

Amazon

10,950

[Aldo Conterno] アルド・コンテルノ、 2009 バローロ D.O.C.G(赤) 750ml/イタリア、ピエモンテ州

畑でたっぷり完熟したネッビオーロ 2009 Barolo ポデーリ・アルド・コンテルノ、2009 バローロ DOCG 赤> ● Poderi Aldo Conterno. 2009 Barolo D.O.C.G 2004ヴィンテージより、『バローロ・ブッシア』は50年前のクラシックラベルを再度採用し、 名前も『バローロ』に改めます。 以前、アルド・コンテルノのワイナリーはバローロ村近くのバローロ地区に小さな畑を購入しました。 コンテルノのバローロには樹齢が20年以上のブドウしか使われないため、 この畑のブドウはこれまでイル・ファヴォットに使われてきました。 しかし、今や樹齢は20数年を数えたため、2004ヴィンテージより、 これまでのブッシア・ソプラーナからのブドウに加えバローロ地区の新たな畑のブドウも使用されることになりました。 最終的なブレンド比率は、ブッシア・ソプラーナの畑のネッビオーロを80%、バローロからは20%となりました。 ブッシア・ソプラーナはモンフォルテ・ダルバにあるのですが この新しいバローロにはモンフォルテ・ダルバとバローロ両方の地区のブドウを使用しているため これまでの『バローロ・ブッシア』という名前を変更することになりました。 ★ワイン・スペクテーター94点 2013年2月28日 美しいラズベリー、チェリー、ブラック・カラントの風味が締まった細やかなタンニンを背景に、この調和のある新鮮な赤ワインから溢れる。 フローラルと煙草が更なる側面を加え、余韻長いフィニッシュに続く。

[Aldo Conterno]アルド・コンテルノ、 2010 ランゲ・ロッソD.O.C(赤) 750ml/イタリア、ピエモンテ州

Amazon

4,650

[Aldo Conterno]アルド・コンテルノ、 2010 ランゲ・ロッソD.O.C(赤) 750ml/イタリア、ピエモンテ州

ピエモンテの土着品種「フレイザ」に注目した コンテルノの新しいランゲ・ロッソ ポデーリ・アルド・コンテルノ、2010 ランゲ・ 赤 750ml ●Poderi Aldo Conterno. 2010 Lamghe Rosso D.O.C ランゲ・ロッソは2004年から生産された新しいワインです。 フレイザは珍しい黒ブドウで、ピエモンテ土着品種と考えられています。 コンテルノはこの品種がネッビオーロの従兄弟で似た様なスタイルをもっていると考えています。 彼はこの品種でブッシアネラというスパークリング・ワインも造っていましたが、 フレイザのブドウの樹齢は30-35年と古く、質の高い複雑なワインを生み出すことから、 このランゲ・ロッソの主要品種となりました。 若いうちから複雑な特徴も楽しめます。 バローロの代表的な生産者であり、ピエモンテの伝統的なスタイルを大切に受け継いできたアルド・コンテルノは、 1969年、バローロ生産の中心地であるモンテファ・ダルバという村のブッシアで ワイナリーを始めました。 彼は18世紀以来の歴史を誇るジャコモ・コンテルノの5代目ですが、 跡継ぎとなったのは兄のジョヴァンニ Giovanniで、 アルドは独立して自らのワイナリーを設立しました。 彼のつくり出すバローロは非常に熟成能力が高く、その出来栄えは本家をも凌ぎ、 国内外で確固たる地位と人気を得るに至っています。 ワイナリーは、現在は3人の息子が中心になって運営しています。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
バローロ ブリッコ ボスキス サン ジュゼッペ 2008 カヴァロット ブリッコ ボスキス 赤 750ml

Amazon

11,016

バローロ ブリッコ ボスキス サン ジュゼッペ 2008 カヴァロット ブリッコ ボスキス 赤 750ml

Barolo Riserva Bricco Boschis Vigna San Giuseppe 2008 Cavallotto Bricco Boschis 熟成:スロヴェニア産オーク大樽で36ヶ月 アルフィオ、ジュゼッペ、ラウラの兄弟はブリッコ ボスキス農園で活動しているカヴァロット家の4代目にあたります。ブリッコ ボスキスはカスティリオーネ ファレット村にある約25haの単一畑でモノポールになります。この辺りはちょうど、ディアーノ ダルバの白、茶色の泥灰土壌と、ラ モッラの青い泥灰土壌の境となります。自然農法により栽培されているのはバルベラ、ドルチェット、フレイーザ、グリニョリーノ、ピノ ネロ、シャルドネなどの品種ですが、最も重要なのはネッビオーロです。サン ジュゼッペとヴィニョーロの区画からバローロ リセルヴァが造られています。発酵は回転式タンクを使用していて、熟成は大樽を使用しています。 ルビー色を濃くしたガーネットを帯びた色調。とてもエレガントな香りで、熟したチェリー系のフルーツの香りやバルサミコ、スミレなどの赤い花、そしてキノコや濡れた大地などの様々な複雑な香りが感じられます。口に含むと力強く生き生きとした収斂性のあるタンニンがすばらしく、フレッシュな酸味もバランスがとてもよく、フィニッシュはバルサミコのような風味とミネラルのニュアンスが忘れがたい味わいとなって長く続きます。

送料無料
バローロ ブリッコ ボスキス サン ジュゼッペ 2007 カヴァロット ブリッコ ボスキス 赤 750ml

Amazon

11,016

バローロ ブリッコ ボスキス サン ジュゼッペ 2007 カヴァロット ブリッコ ボスキス 赤 750ml

Barolo Riserva Bricco Boschis Vigna San Giuseppe 2007 Cavallotto Bricco Boschis 熟成:スロヴェニア産オーク大樽(50hl)で4年間 アルフィオ、ジュゼッペ、ラウラの兄弟はブリッコ ボスキス農園で活動しているカヴァロット家の4代目にあたります。ブリッコ ボスキスはカスティリオーネ ファレット村にある約25haの単一畑でモノポールになります。この辺りはちょうど、ディアーノ ダルバの白、茶色の泥灰土壌と、ラ モッラの青い泥灰土壌の境となります。自然農法により栽培されているのはバルベラ、ドルチェット、フレイーザ、グリニョリーノ、ピノ ネロ、シャルドネなどの品種ですが、最も重要なのはネッビオーロです。サン ジュゼッペとヴィニョーロの区画からバローロ リセルヴァが造られています。発酵は回転式タンクを使用していて、熟成は大樽を使用しています。 ルビー色を濃くしたガーネットを帯びた色調。とてもエレガントな香りで、熟したチェリー系のフルーツの香りやバルサミコ、スミレなどの赤い花、そしてキノコや濡れた大地などの様々な複雑な香りが感じられます。口に含むと力強く生き生きとした収斂性のあるタンニンがすばらしく、フレッシュな酸味もバランスがとてもよく、フィニッシュはバルサミコのような風味とミネラルのニュアンスが忘れがたい味わいとなって長く続きます。

バローロ ピラ 2010 ロアーニャ 赤 750ml

Amazon

8,996

バローロ ピラ 2010 ロアーニャ 赤 750ml

Barolo Pira 2010 Roagna 熟成:オーク樽で5年間 年間生産本数:15,000 ロアーニャは1990年代以前に造った偉大なワインである、純粋で透明感溢れる味わいを懐かしむ、ごく少数の伝統派バローロ愛好家以外に完全に忘れ去られたワイナリーでしたが、最近また話題に上がるようになってきました。それは当然のことであると言えるでしょう。このランゲ地方のユニークなワイナリーは、圧倒的に価値あるブドウ畑を所有していて、そこにはこの地方の樹齢の高い、高貴な品種が植えられています。畑には常に下草を生やして、肥料を全く与えずに栽培しています。ワインは個性豊かで、明確な特徴を持っており、テロワールに反映していて、非常に飲みやすい味わいです。独創的な部分と古典的な部分とのバランスが絶妙で、一度飲むと忘れがたい。 バローロ ラ ピラは1989年に所得したカスティリオーネ ファレット村にある畑です。3方が森と崖に囲まれた砂質土壌の畑です。黒く重い砂層は海底が隆起した層の香を嗅ぐと磯の香りがします。白く軽い砂層は石灰を多く含んでいる層でアルプスに由来している層です。 樹齢50年以上のネッビオーロを、伝統的な大樽で5年熟成させた、滑らかでエレガントなバローロです。味わい深く、生き生きとしています。「ロアーニャでしか味わえない芯のあるワイン。アタックではなく中間からアフターを楽しんで欲しい。」とロアーニャ氏。

バローロ 2012 ジョゼッタ サッフィーリオ 赤 750ml

Amazon

5,508

バローロ 2012 ジョゼッタ サッフィーリオ 赤 750ml

Barolo 2012 Josetta Saffirio 等級 : Rosso D.O.C.D. 熟成:バリック(一部新樽、残りは2~3年使用した30hlの樽)で24ヶ月間、その後セメントタンクに移し翌年春に瓶詰め。 年間生産本数本 : 8,000本 フレッシュな赤い果実、チェリーや杏子、そしてバルサミコの香りなど感じます。とてもバランスの取れた味わいで、フレッシュで生き生きとしながら骨格もしっかりとしています。アフターも長めで果実味とスパイスの余韻へと続きます。 このワイナリーは1980年代末にいくつかの忘れられない偉大なヴォンテージバローロによって注目を浴びました。その後、1992年から1998年までワイナリーは一時休業していましたが、1999年から生産を再開すると、ここ数年で再びあちこちのワインガイドに掲載されるようになってきました。若いサーラが、母ジョゼッタ、父ロベルト ヴェッツァの助けを借りて、母方の祖父エルネスト サッフィリオが始めたプロジェクトを引き継ぎ、モンフォルテ ダルバ村のカステレット地区のワイナリーに輝きを取り戻すべき運営をしています。昔から醸造しているバローロの他に、新たにリリースしたバローロ ミッレノヴェチェント48(1948年はジョゼッタの祖父が最初にネッビオーロを植樹した年です)。それ以外にもバルベラ ダルバ、ランゲ ネッビオーロなどを醸造しています。

バローロ 2011 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Amazon

3,024

バローロ 2011 テッレ デル バローロ 赤 750ml

Barolo 2011 Terre del Barolo 熟成:2,500L、5,000L大樽2年間 テッレ・デル・バローロ(バローロの大地の意)は、その名の通り、ランゲ地方の異なる地域の多くの農家をまとめ上げている生産者協同組合で、畑の総面積は600ha以上になる。それによりコスト・パフォーマンスの高いワインをかなり大量に供給しています。誕生したのは1958年で、それから多くの実沈りがありました。現在のオーナーはマッテオ・ボスコ氏で、大きな潜在能力を持つこの組合の名声を高める努力をしています。この組合が生産しているワインの中にはランゲ地方の著名畑が多く含まれています。 バローロは、ネッビオーロから造られるD.O.C.G.ワインで、イタリアの公式行事にも使われるイタリアを代表する赤ワインです。集約感のあるワインにするため、2,500Lと5,000Lの樽で熟成します。法定期間は1年半で良いのですが、伝統的な2年熟成しています。ガーネット色に輝き、風味豊かで力強く、すみれのような香りがあります。「ワインの王様であり、王様のワインである」といわれるほど優れた風格を備えています。テッレ デル バローロメンバーはバローロの15%のシェアを持っています。仔牛や鹿のグリル、フォアグラやジビエ料理、癖のあるチーズにも良く合います。'09年は暑い年で、果実の甘さの中にスパイシーさがあります。

バローロ カスティリオーネ 2013 ヴィエッティ 赤 750ml

Amazon

7,808

バローロ カスティリオーネ 2013 ヴィエッティ 赤 750ml

Barolo Castiglione 2013 Vietti 等級 : Rosso D.O.C.G. 熟成:樽(バリックと大樽)で24ヶ月間、その後瓶熟8ヶ月間で出荷 年間生産本数本 : 50,200本 それぞれの畑のテロワールと特徴を複雑なニュアンスを引き出すために最適な方法で各クリュごとに醸造しています。木樽で24~26ヶ月間熟成した後、アッサンブラージュ。さらに8ヶ月間寝かしてからリリースしています。 完熟したチェリーやザクロ、野花やスパイスが全て混ざり合い、官能的で広がりのある印象的な個性と凝縮感を持つワインです。グラスに注ぐと時間と共に香りが立ち上がり非常に魅力されます。抜栓後、開くのに少し時間が必要です。 カスティリオーネ ファレット村のロッケとヴィッレーロ、ラ モッラ村のブルナーテ、セッラルンガ村のラッツァリート。ルーカ クッラードとマリオ コルデーロが所有しているこれらの畑は名声が高く、バランスよく集められた組み合わせを想像することは少し難しいです。近代的な感受性と伝統の記憶の素晴らしい出会いから生まれるバローロで、このような味わいのバローロを前にすると、細かい醸造方法や熟成に使用する樽の大きさといった議論をすることは全くの無意味と思えてしまします。ただ、ヴィエッティがワイン愛好家には欠かせないワイナリーとなったのはネッビオーロのおかげというだけではなく、バルベラも重要な要素でアルバ地区でもアスティ地区でも常に最良のものの一つと言えます。他にもモスカート、アルネイス、ドルチェットも疎かにできません。全てがクオリティの高いワインを世に送り出しています。

送料無料
バローロ ラヴェーラ 2012 ヴィエッティ 赤 750ml

Amazon

29,376

バローロ ラヴェーラ 2012 ヴィエッティ 赤 750ml

Barolo Ravera 2012 Vietti 等級 : Rosso D.O.C.G. 熟成:大樽で32ヶ月間 年間生産本数本 : 6,100本 1stヴィンテージは1999年から。平均樹齢は45年です。1年以上発酵で生成した澱と二酸化炭素と共に還元状態で寝かせます。伝統的なオークの大樽で合計32ヶ月間熟成、2015年7月に瓶詰めしています。(ノンフィルター) 色調は濃い目のガーネット色。優れたストラクチャーとしっかりとしたタンニンを持つ非常にクラッシックかつ伝統的なワインに仕上がっています。ブーケは閉じ気味で酵母の香りがほんのりと感じられますが、グラスに注ぐとスパイスやミントの香りと共に徐々に開いてきます。力強いストラクチャーと凝縮感がタンニンを円やかにします。 カスティリオーネ ファレット村のロッケとヴィッレーロ、ラ モッラ村のブルナーテ、セッラルンガ村のラッツァリート。ルーカ クッラードとマリオ コルデーロが所有しているこれらの畑は名声が高く、バランスよく集められた組み合わせを想像することは少し難しいです。近代的な感受性と伝統の記憶の素晴らしい出会いから生まれるバローロで、このような味わいのバローロを前にすると、細かい醸造方法や熟成に使用する樽の大きさといった議論をすることは全くの無意味と思えてしまします。ただ、ヴィエッティがワイン愛好家には欠かせないワイナリーとなったのはネッビオーロのおかげというだけではなく、バルベラも重要な要素でアルバ地区でもアスティ地区でも常に最良のものの一つと言えます。他にもモスカート、アルネイス、ドルチェットも疎かにできません。全てがクオリティの高いワインを世に送り出しています。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク