メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「バナナ酒」検索結果。

バナナ酒の商品検索結果全2,297件中1~60件目

【限定】梅仙人 門司港バナナ梅酒1800ml

進之助の日本焼酎紀行

3,024

【限定】梅仙人 門司港バナナ梅酒1800ml

そ・そ・そんなバナナ~!! ついに出ました、バナナの梅酒。   【限定】梅仙人 門司港バナナ梅酒1800ml 造り蔵・・・小林酒造本店 アルコール度数・・・9度 バナナの都・門司港「門司は九州の大都会~♪」 と唄われた九州福岡の門司港(もじこう)は 九州の玄関口として栄え、 明治の頃よりバナナの輸入港でした。 当時、門司港には数十軒ものバナナ問屋があり、 海外から運ばれたバナナはここに陸揚げされ、 全国各地に届けられたそうです。 とろ~り果肉&すっきりフルーティ! ブラックラベルの真ん中には黄色いバナナ。 瓶底のほうにはバナナの果肉(ピューレ)が とろとろ沈んでいます。 ボトルをかるく振ってグラスに注ぐと、 甘くて爽やかなバナナの香りが漂ってきます。 予想したよりも甘ったるくなく、すっきりフルーティ。 爽やかな後口がイイ感じです。 つくり手「小林酒造本店」のご紹介 九州の首都・博多の名門蔵 "九州の首都"と呼ばれる 大都市・博多(はかた)の名門として栄光の歴史を刻む 銘酒「萬代(ばんだい)」。 創業は寛政4年(1792年)で、明治34年(1911年)には 「パリ万国博覧祭」に出品、 明治44年(1921年)には「第3回全国清酒品評会」で一等賞を受賞、 宮内省にも献納された誉れ高き日本酒蔵です。 8代目である現社長・小林弘氏が門司港出身という ひょんなご縁で「門司港バナナ梅酒」の製造を担当。 21世紀に、新たな挑戦を始めました。 飲み方 オンザロックまたは1:1のスパークリングワイン割りが最高です☆

笑四季(えみしき)ポリネシア低アルコール純米720ml 『あす楽』【あす楽】

あさひやワイン

1,404

笑四季(えみしき)ポリネシア低アルコール純米720ml 『あす楽』【あす楽】

容量:750ml 生産地:滋賀県甲賀市 生産者:笑四季酒造 味わいレベル:淡麗旨口 アルコール度数:14% 原材料 米、米こうじ、清酒 精米歩合:滋賀県産吟吹雪 精米歩合50% 使用酵母:完熟バナナ酵母 蔵元のコメント:笑四季酒造 竹島さんより、酸を基調とした純米アンタイド、至高な甘味の重層貴醸酒モンスーンといわゆる問題作、キワモノをもって世に問うてきた笑四季の実験的ラインですが、またしてもその逸材を発掘いたしましたので、今回はその特性を探るべく低アルコール原酒の試験醸造にチャレンジしました。 今回の立役者であります「完熟バナナ酵母」は東京農業大学短大醸造学科酒類学研究室にて分離されたもので、特有のバナナ様の立ち香を感じる酵母です。一口にバナナといっても、通常バナナ香と称される「酢酸イソアミル」では無く別の成分が非常に高いようです。まだまだ解明されていない点が多いですが、そのままのもろみ経過でアルコール14 度前後で発酵が止まり、ワインのような香りとややスパイシーな香りを伴っておりましたのでおそらく清酒酵母のキャラクターでは無さそうで、ますます摩訶不思議です。 立ち香は酸とスパイス様の香りが混在し、引きこむとしっとりとした甘味とキレ、清冽でクリアで余韻の引きも早いようです。おおよそ日本酒とは思えないニュータイプ清酒の趣きと南国的な絶妙なバランスの意欲作を是非ご賞味ください。

送料無料
【本州以外は西濃運輸使用】【送料無料】【限定】梅仙人 門司港バナナ梅酒1800ml×3本

進之助の日本焼酎紀行

9,072

【本州以外は西濃運輸使用】【送料無料】【限定】梅仙人 門司港バナナ梅酒1800ml×3本

そ・そ・そんなバナナ~!! ついに出ました、バナナの梅酒。   【限定】梅仙人 門司港バナナ梅酒1800ml 造り蔵・・・小林酒造本店 アルコール度数・・・9度 バナナの都・門司港「門司は九州の大都会~♪」 と唄われた九州福岡の門司港(もじこう)は 九州の玄関口として栄え、 明治の頃よりバナナの輸入港でした。 当時、門司港には数十軒ものバナナ問屋があり、 海外から運ばれたバナナはここに陸揚げされ、 全国各地に届けられたそうです。 とろ~り果肉&すっきりフルーティ! ブラックラベルの真ん中には黄色いバナナ。 瓶底のほうにはバナナの果肉(ピューレ)が とろとろ沈んでいます。 ボトルをかるく振ってグラスに注ぐと、 甘くて爽やかなバナナの香りが漂ってきます。 予想したよりも甘ったるくなく、すっきりフルーティ。 爽やかな後口がイイ感じです。 つくり手「小林酒造本店」のご紹介 九州の首都・博多の名門蔵 "九州の首都"と呼ばれる 大都市・博多(はかた)の名門として栄光の歴史を刻む 銘酒「萬代(ばんだい)」。 創業は寛政4年(1792年)で、明治34年(1911年)には 「パリ万国博覧祭」に出品、 明治44年(1921年)には「第3回全国清酒品評会」で一等賞を受賞、 宮内省にも献納された誉れ高き日本酒蔵です。 8代目である現社長・小林弘氏が門司港出身という ひょんなご縁で「門司港バナナ梅酒」の製造を担当。 21世紀に、新たな挑戦を始めました。 飲み方 オンザロックまたは1:1のスパークリングワイン割りが最高です☆

スポンサーリンク
スポンサーリンク