メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ニッカ竹鶴」検索結果。

ニッカ竹鶴の商品検索結果全166件中1~60件目

送料無料
〔数量限定〕ブラックニッカ ブレンダーズスピリット 700ML 1本2500円以上ご購入で全国送料無料(一部離島除く)、カクヤス配達エリア内なら1本より無料でお届け!

なんでも酒やカクヤス

2,570

〔数量限定〕ブラックニッカ ブレンダーズスピリット 700ML 1本2500円以上ご購入で全国送料無料(一部離島除く)、カクヤス配達エリア内なら1本より無料でお届け!

1956年蒸溜の余市モルトなど、貴重な原酒を惜しみなく使用したニッカ渾身の逸品「ブラックニッカ ブレンダーズスピリット」は、ニッカウヰスキー創業者 初代マスターブレンダーの竹鶴政孝がこの世にブラックニッカを生み出してから60周年を記念して特別につくられた数量限定のジャパニーズブレンデッドウイスキーです。チョコレートのような甘い香りと、心地よいピートの薫香。長期熟成原酒ならではの円熟味とまろやかさが全体を包みます。しっかりとしたモルトの味わいとほのかなビター感。カフェグレーンの甘く豊かな味わい。穏やかなピートのコクと余韻が続く逸品です。 使用されている原酒は初代ブラックニッカ誕生の年の1956年に蒸溜された余市モルトをはじめ、甘く香る新樽熟成の余市モルト、華やかなシェリー樽熟成の宮城峡モルト。そしてキーモルトであるヘビーピートタイプの余市モルトが心地よく香ります。それらの個性豊かなモルト原酒の味わいをまとめあげるのは、25年以上熟成させたカフェグレーンをはじめ、力強い余市モルトに負けない厚みある豊かな香りの長期熟成カフェグレーン。「ブレンダーズスピリット」は、ニッカが誇る個性豊かな原酒の数々、そして初代 竹鶴政孝から受け継がれ、磨き抜かれてきたブレンダー達の技術の結晶です。【テイスティングノート】■香り…チョコレートのような甘い香りと心地良いピートの薫香。長期熟成原酒ならではの円熟味とまろやかさが全体を包む。■味わい…しっかりとしたモルトの味わいとほのかなビター。カフェグレーンの甘く伸びのある豊かな味わい。■余韻…穏やかなピートのコクと余韻。<商品概要> 【容量 規格】 :700ML 【アルコール度数】 :43度

NIKKA ニッカ シングルモルト余市 10年化粧箱ガイドブック付き700ml 45% SINGLE MALT YOICHI AGED 10 YEARS NIKKA WHISKY box

札幌ワインショップ

27,972

NIKKA ニッカ シングルモルト余市 10年化粧箱ガイドブック付き700ml 45% SINGLE MALT YOICHI AGED 10 YEARS NIKKA WHISKY box

※余市徹底ガイドブックは、1個口に対して1冊をお付けいたします。複数本のご注文に対して、ご希望冊数が有りましたら、ご注文の際にコメントを下さい。ニッカシングルモルト余市シリーズ 人気の10年 シングルモルトとは、1か所の蒸溜所で作られたウイスキーだけを使ったものだけ、シングルモルトウイスキーと呼びます。 凛とした佇まい 余市10年 ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。 「生のイクラはね、血合いを取ってガーゼにくるみ、味噌と味醂で漬ける。それが余市流なんだわ。ホント、美味いよ。酒がなんぼでも進むんだわ。美味いから飲まさるのよ〜」(北海道弁) 秋には鮭が乱舞する清流と交錯して、長く平坦な道が余市蒸溜所へと連なる。 60年以上も昔、創設者の竹鶴政孝が自宅から馬車で通った道。 しゃんしゃんしゃん。 馬車の鈴音が聞こえそうな素朴な景観は...

送料無料
ニッカシングルモルト余市700mlニッカウイスキー

イズミックワールド

3,900

ニッカシングルモルト余市700mlニッカウイスキー

北の海辺で、夢は力強く育まれる。シングルモルト余市/清々しく、時に荒々しく、吹き抜ける潮風。長く雪深い冬のあと、鮮やかに季節がめぐる北の大地。シングルモルト余市は、日本のウイスキーの父 竹鶴政孝が理想の地として選んだ北海道 余市で育まれる。世界でも稀有な石炭直火蒸溜によって生まれた原酒は澄みきった空気の中でゆっくりと熟成を遂げ、力強い重厚さを深めていく。妥協なく生きたひとりの男の夢と、それを受け継ぐ人々の情熱。厳しくも美しい大自然と、鍛え抜かれた技。すべてが、一滴一滴に注ぎ込まれている。 北の海辺で、夢は力強く育まれる。シングルモルト余市/清々しく、時に荒々しく、吹き抜ける潮風。長く雪深い冬のあと、鮮やかに季節がめぐる北の大地。シングルモルト余市は、日本のウイスキーの父 竹鶴政孝が理想の地として選んだ北海道 余市で育まれる。世界でも稀有な石炭直火蒸溜によって生まれた原酒は澄みきった空気の中でゆっくりと熟成を遂げ、力強い重厚さを深めていく。妥協なく生きたひとりの男の夢と、それを受け継ぐ人々の情熱。厳しくも美しい大自然と、鍛え抜かれた技。すべてが、一滴一滴に注ぎ込まれている。■クーポン獲得ページに移動したら以下のような手順でクーポンを使ってください。

ニッカ 竹鶴12年 ピュアモルト 700ml 竹鶴桐箱 北海道限定木箱 謹呈品 ガイドブック付きNIKKA puremaltwhisky taketsuru 12y Wooden gift box

札幌ワインショップ

26,568

ニッカ 竹鶴12年 ピュアモルト 700ml 竹鶴桐箱 北海道限定木箱 謹呈品 ガイドブック付きNIKKA puremaltwhisky taketsuru 12y Wooden gift box

日本製の桐箱にシルク調の中敷き、そして外側に布製のリボンがたすき掛けされています。 北海道地区のみの、限定木箱です。 「マッサン」クランクアップ式典 2015.2.23 余市蒸溜所旧事務所にて 朝の連続ドラマ「マッサン」の最後の撮影が行われた場所が、ニッカウヰスキー余市蒸留所敷地内に有る、旧事務所で行われました。 ニッカウヰスキーの創業者であるマッサン、竹鶴政孝の事務所として、昭和9年7月に建設されました。 余市の工業発達の足跡を示す文化的資産として、余市町より指定文化財に認定されています。 クランクアップのセレモニーには、マッサン亀山政春役の玉山鉄二さん、ヒロインの亀山エリー役、シャーロット・ケイト・フォックスさん、そして鴨井の大将の息子である、鴨居英一郎役の浅香航大さんも(右上画像)いらっしゃいました。 余市町長から記念品を受け取るセレモニー、無事撮影終了でした。温もりの有る豪華な桐箱に入った竹鶴12年 北海道でしか手に入らない限られた謹呈品 ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせ...

【ニッカ】ブラックニッカ クリアーブレンドビッグ 1920ml ウイスキー

ワイン紀行

2,700

【ニッカ】ブラックニッカ クリアーブレンドビッグ 1920ml ウイスキー

□コメント 「日本ウィスキー界の父」竹鶴政孝が1964年に2種類のウィスキーをブレンドして造った、ブラックニッカ。その味は今も変わる事なく、日本のウィスキーとして楽しまれています。 □特徴 アルコール分:37度 □その他 モルトウィスキーの代表的な香りのひとつ、ピート香(スモーキー・フレーバー)は、ウィスキーの個性を特徴づける反面、「きつさ」や「苦さ」につながります。ブラックニッカ・クリアブレンドは、ノンピートモルトを使う事でこのピート香を抑え、くせのないクリアな味わいを実現しました。クセがなくクリアな飲み心地、だからハイボールにもぴったり。 ブラックニッカ クリアの味わいの秘密とは。 もはや定番ともいえる、ハイボール。ご存じの方も多いとは思いますが、ハイボールはウイスキーを炭酸で割ったもの。シュワシュワとノドを刺激する爽快感が、このお酒の肝といっても過言ではありません。ですから、クセの強すぎるウイスキーは、爽快感が弱く感じられるためハイボールには向かないといえます。「ブラックニッカ クリア」は、クリアでクセのない味わいが特徴のウイスキー。ハイボールとして楽しむのにもぴったりです。 ウイスキーは、深みのある味わいとスモーキーな香味を持っています。それぞれのウイスキーで異なる"クセ"は、ウイスキーの大きな魅力のひとつ。しかし、そのクセの強さが、抵抗感を与えてしまうことも確かです。 クセの原因になっているのが、“ピート(草炭)”。伝統的にモルトウイスキーには、このピートを焚いて乾燥させた大麦麦芽を使ってきました。そのため、出来上がったウイスキーにもピートによる特有のスモーキーな香味(スモーキーフレーバー)が出るのです。ニッカは、ウイスキー好きにはもちろん、女性にも気軽に楽しんでいただけるウイスキーを目指し...

ニッカウイスキー「 ザ・ニッカ12年」43度、700MLABochugen2015

Ocean北海道

5,400

ニッカウイスキー「 ザ・ニッカ12年」43度、700MLABochugen2015

豊かなモルト香と華やかな香り。甘い樽熟成香。まろやかでスムースな口当たり、しっかりとしたコクとやわらかな甘さが調和した、ふくらみのある味わいが感じられます。甘く豊かな芳香が、かすかなビター感とともに、心地よく続きます。余市のポットスチルは「ストレートヘッド型」。 胴体部分に膨らみがありません。また、上部のラインアーム(冷却器へつながるパイプのような部分)は下向きになっています。 この胴体とラインアームの形状からは、重厚でコクのあるモルトが生まれるとされています。 さらに、余市ならではの薫り高く力強いモルトを生み出す決め手となるのが「石炭直火蒸溜」。 創業当時からの変わらぬ手法です。火をゆっくりと焚き、ゆっくりと蒸溜するのが難しいところ。熟練職人が長年の経験を元に温度が上がりすぎぬよう石炭をくべ続け、燃えかすを取り出し続けます。 難しくても、効率が悪くても伝統の技が受け継がれているのは、これこそが「余市モルト」を生み出す手法であるからに他なりません。 竹鶴政孝が学んだロングモーン蒸溜所のポットスチルは「ストレートヘッド型」、そして当時は「石炭直火蒸溜」を行っていました。今ではスコットランドでも珍しくなった「石炭直火蒸溜」の技は、時代と国境を越え、余市蒸溜所に生き続けているのです。 宮城峡蒸溜所のポットスチルは、胴体部分に膨らみを持つ「バルジ型(ボール型)」。 そして上部のラインアームは上向きになっています。 この胴体とラインアームの形状からは、一般的に軽やかでスムースなモルトが生まれるとされています。 宮城峡蒸溜所では、華やかな香りのモルトを生み出すための工夫をウイスキーづくりのあらゆる段階で行っています。そのひとつがスチームを使った「蒸気間接蒸溜」。ポットスチルの底と釜の内部にめぐらせたパイプにスチームを通し、「石炭直火蒸溜...

ザ ニッカ 12年 43度 700ml ザ・ニッカ12年 あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

5,379

ザ ニッカ 12年 43度 700ml ザ・ニッカ12年 あす楽

ザ ニッカ 12年 43度 700ml ザ ニッカ 12年 43度 ギフトボックス 700ml日本のウイスキーの父とも言われる「ニッカウヰスキー」の創業者・竹鶴政孝。政孝は、本場スコットランドに負けない本物のウイスキーをつくりたいという思いから、一貫してウイスキーづくりにおけるブレンドの重要性を説き、それを実践。ニッカは、今なおその精神と技術を受け継ぎ、本物のウイスキーづくりにこだわり続けています。 モルト(麦芽)ウイスキーとグレーン(穀物)ウイスキーをブレンドして作られるブレンディッドウイスキー。ニッカでは、モルトの個性を引き出しながら、新たな香りと味わいを生み出すために、グレーンウイスキーの生産に、蒸溜効率は劣るものの穀物由来の香味成分が残る「カフェ式連続式蒸溜機」を使用。そうして作られた「カフェグレーン」が、モルト同士の個性を調和させ、柔らかく、まろやかな余韻を残すニッカならではの深い味わいを生み出しています。 information 「ザ・ニッカ12年」は、12年以上の原酒を厳選してブレンドした、プレミアムブレンデッドウイスキー。ボトルの大胆なカッティングは、重なりあう着物の衿もとをイメージし、ブレンデッドウイスキーであることを表現しました。また、キャップには木材を使用、またコルク栓仕様としています。ラベルの藍色とロゴのゴールドが高級感を演出しています。ボトル中央にある金の「ニッカエンブレム」は、竹鶴政孝が自ら考案し、ニッカ第1号ウイスキーのラベルにも配された由緒あるものです。 ニッカウヰスキー 日本 モルト、グレーン ブレンデッド・ウイスキー 43% 700ml ウイスキーらしい味わいと香りで、バランスのよい調和を実現しました。豊かなモルト香と華やかな香り。甘い樽熟成香。まろやかでスムースな口当たり...

お一人様1本限り 「ブラックニッカ」発売60周年記念ウイスキー ブラックニッカ ブレンダーズスピリット 43度 700ml あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

3,880

お一人様1本限り 「ブラックニッカ」発売60周年記念ウイスキー ブラックニッカ ブレンダーズスピリット 43度 700ml あす楽

「ブラックニッカ」は、“日本のウイスキーの父”であり、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝が1956年に「日本の洋酒界を代表するブランドにしたい」 との想いを込め生み出したブランドです。 数量限定で発売する『ブラックニッカ・ブレンダーズスピリット』は、初代「ブラックニッカ」が発売された1956年に余市蒸溜所で蒸溜されたモルト原酒や、1999年以前に西宮工場に設置されていたカフェ式蒸溜機で蒸溜されたカフェグレーンを一部使用するなど、「ブラックニッカ」ブランドの60年の歴史を堪能できる味わいに仕上げました。 パッケージは、ロイヤルブルーのスクエアボトルにフロスト加工を施し、ラベル中央には「ブラックニッカ」ブランドの象徴である「キング・オブ・ブレンダーズ」を配置しました。 ニッカウヰスキー 日本 モルト、グレーン ブレンデッドウイスキー 43% 700ml チョコレートのような甘い香りと、心地よいピート香に加え、長期熟成原酒ならではの円熟味とまろやかな味わいが特長。 初代マスターブレンダーの竹鶴政孝から始まり、60年の歳月をかけて、その時代のブレンダー達が脈々と築き上げてきたおいしさの集大成とも言 える商品です。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

ニッカ 余市 シングルモルト 45% 700ml ノーエイジ ギフトボックス入りYOICHI Singlemalt 45% 70cl No Age Statement with an...

ウイスキー専門店 蔵人・クロード

4,536

ニッカ 余市 シングルモルト 45% 700ml ノーエイジ ギフトボックス入りYOICHI Singlemalt 45% 70cl No Age Statement with an...

北の海辺で、夢は力強く育まれる。シングルモルト余市/清々しく、時に荒々しく、吹き抜ける潮風。長く雪深い冬のあと、鮮やかに季節がめぐる北の大地。シングルモルト余市は、日本のウイスキーの父 竹鶴政孝が理想の地として選んだ北海道 余市で育まれる。世界でも稀有な石炭直火蒸溜によって生まれた原酒は澄みきった空気の中でゆっくりと熟成を遂げ、力強い重厚さを深めていく。妥協なく生きたひとりの男の夢と、それを受け継ぐ人々の情熱。厳しくも美しい大自然と、鍛え抜かれた技。すべてが、一滴一滴に注ぎ込まれている。 「日本で本物のウイスキーをつくりたい。」大きな夢を抱いて単身スコットランドに渡り、本場のウイスキーづくりを学んだ竹鶴政孝。帰国した彼が多くの試練を経て1934年に自ら開いたニッカウヰスキー最初の蒸溜所、それが北海道・余市蒸溜所です。スコッチをお手本とした竹鶴は、スコットランドに似た気候風土の地を探し求めてこの地に辿り着き、学んだウイスキーづくりを妥協なく再現しました。それから現在に至るまで、余市蒸溜所で働くすべての人々は竹鶴の想いを受け継ぎ、ウイスキーづくりに情熱を注いでいるのです。 熱い想いが守り抜く、世界でも稀有な石炭直火蒸溜。/竹鶴が余市蒸溜所で目指したのは、力強く重厚なモルトウイスキーづくり。そのために、彼は石炭直火蒸溜を採用しました。もろみを入れたポットスチルを石炭の火で熱するため、蒸溜釜は約800℃の高温にさらされ、もろみに適度な「焦げ」ができて香ばしくなります。ポットスチルは、下向きのラインアームを持つストレートヘッド型。蒸溜液に多くの成分が残るため、原酒に豊かな味わいを与えます。適切な火力を保つように石炭をくべるには熟練の職人の技が必要なため、今は石炭直火蒸溜を行う蒸溜所は世界でもごく稀ですが、余市モルトの個性はこの蒸溜方法あってこそ...

NIKKA ニッカ 余市蒸溜所 キルン塔 手作り ニッカ頒布会600ml アルコール43% フォーチュン80クラス

札幌ワインショップ

126,360

NIKKA ニッカ 余市蒸溜所 キルン塔 手作り ニッカ頒布会600ml アルコール43% フォーチュン80クラス

原材料 モルト・グレーン 特級酒・従価特別税 昭和62年以前のニッカ頒布会にて受注生産 余市蒸溜所の、お土産売り場にも出ていませんでした。ニッカ 手作り 余市蒸留所 キルン塔 ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。 「生のイクラはね、血合いを取ってガーゼにくるみ、味噌と味醂で漬ける。それが余市流なんだわ。ホント、美味いよ。酒がなんぼでも進むんだわ。美味いから飲まさるのよ〜」(北海道弁) 秋には鮭が乱舞する清流と交錯して、長く平坦な道が余市蒸溜所へと連なる。 60年以上も昔、創設者の竹鶴政孝が自宅から馬車で通った道。 しゃんしゃんしゃん。 馬車の鈴音が聞こえそうな素朴な景観は、昔も今もさほど変わってはいない。そして、その鈴音の幻聴は、工場内の1号ポットスチルまで続く。 日本でも本物の、最高品質のモルトウイスキーを作ることができる...

ニッカ 新スーパーニッカ 700ml 【02P22Jul17】 【PS】

サカツコーポレーション楽天市場店

2,500

ニッカ 新スーパーニッカ 700ml 【02P22Jul17】 【PS】

内容量700ml 度数43% 商品説明ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝が、「ひとりでも多くの人に、本物のウイスキーを飲んでもらいたい」という夢の、辿りついたひとつの解。余市の重厚で力強い穏やかなピート漂うモルトと、宮城峡のやわらかで華やかなモルト、そしてニッカ独自のカフェスチルで蒸溜したカフェグレーン、この三つの原酒をブレンドすることで成り立っています。 味わい従来のスーパーニッカの芳醇で、華やかな香りとやわらかなピートの香り。甘く伸びやかな樽熟成香。そして絶妙なバランスから生まれるほのかな味とコクに加え、現代の嗜好に合う、軽やかな味わいと、甘くてやわらかな香りが際立つ心地よい飲み応えを実現。 ギフト対応当商品は業務用に仕入れておりますので、専用の箱はございません。ギフト対応は出来かねますので、予めご理解の上ご注文をお願いいたします。 ご案内他部署と在庫を共有しておりますので、在庫あり表示でも一時的に在庫切れする場合がございます。 ●写真はイメージとなり、リニューアルによりラベルデザイン等が異なる場合がございます。【価格改定のご案内】 このたび商品の価格を2015年9月1日(火)より改定いたしますのでお知らせいたします。 円安の影響等を受けて原材料等の価格の上昇が続き、今後もさらにコスト上昇傾向は続いていくことが予想されます。 このような環境の下、コスト削減に鋭意取り組んでまいりましたが、コスト増加の影響は企業努力だけで吸収することができない水準に達しております。 当店といたしましては、やむを得ず2015年9月1日(火)受注分から製品価格の改定を実施させていただきます。 今後も高い品質と安定供給を将来にわたって維持していくため、何卒ご理解賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 改定後新価格: 税抜 2,315円 (税込 2...

余市蒸溜所限定 NIKKA ニッカ 鶴 金文字 NA 700ml 瓶ビン 箱付き

札幌ワインショップ

27,972

余市蒸溜所限定 NIKKA ニッカ 鶴 金文字 NA 700ml 瓶ビン 箱付き

「マッサン」クランクアップ式典 2015.2.23 余市蒸溜所旧事務所にて 朝の連続ドラマ「マッサン」の最後の撮影が行われた場所が、ニッカウヰスキー余市蒸留所敷地内に有る、旧事務所で行われました。 ニッカウヰスキーの創業者であるマッサン、竹鶴政孝の事務所として、昭和9年7月に建設されました。 余市の工業発達の足跡を示す文化的資産として、余市町より指定文化財に認定されています。 クランクアップのセレモニーには、マッサン亀山政春役の玉山鉄二さん、ヒロインの亀山エリー役、シャーロット・ケイト・フォックスさん、そして鴨井の大将の息子である、鴨居英一郎役の浅香航大さんも(右上画像)いらっしゃいました。 余市町長から記念品を受け取るセレモニー、無事撮影終了でした。ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。 「生のイクラはね...

NIKKA ニッカ 宮城峡蒸溜所 オリジナル カワセミ500ml 40%

札幌ワインショップ

7,452

NIKKA ニッカ 宮城峡蒸溜所 オリジナル カワセミ500ml 40%

※宮城峡ガイドブックは、1個口に対して1冊をお付けいたします。複数本のご注文に対して、ご希望冊数が有りましたら、ご注文の際にコメントを下さい。カワセミが舞い山女魚が飛び跳ねる 四季の呼吸を川面に映す、この清流はニッカ川 人の匠豊かな自然悠久の時の流れ そこに生まれ育ったウイスキーです。 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」 1969年設立・操業の宮城峡蒸溜所。 仙台市街から西へ約25kmの作並温泉方面 高地に有り、緑豊かな森に囲まれ、赤煉瓦の建物が並ぶ美しい宮城峡蒸溜所。 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」そう言って、竹鶴政孝は建設時、木々の伐採を、極力、禁じました。 また、斜面を削らず、地形も元のままを保ったため、40ある建物はひとつとして同じ床高のものがありません。 製造設備の見学と合わせ、池で泳ぐ白鳥の姿や四季折々の彩りが移ろう、美しい森の表情を楽しむこともできます。 美しく、緑豊かな仙台の森。 ニッカワ「新川」の支流と、宮城の母なる川、「広瀬川」ふたつの清流が出合う峡谷です。 ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝(マッサン)が昭和42年5月に上画像の新川(にっかわ)上流の作並温泉付近の水を飲んで、あまりにも清冽で磨かれた味に驚嘆しました。 余市に続いてニッカが求めた第二のウイスキーの故郷、宮城峡蒸溜所の建設を決定したのです。 冷涼でありながら、穏やかな北の自然に恵まれた宮城峡蒸溜所。 スチームでゆっくりと蒸溜されたモルトウイスキーは、深い森に佇む貯蔵庫で、静かに熟成していきます。 川霧が樽を守り、森の息吹に育まれた宮城峡のウイスキー。 蒸溜所を囲んで流れる2つの川には、清流にしか飛来しない「カワセミ」がよく見られます。 北海道の余市川にも夏には見かけますが、夏の間にしか飛来して来ません。...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク