メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ニッカ竹鶴」検索結果。

ニッカ竹鶴の商品検索結果全170件中1~60件目

送料無料
【未開栓】ニッカ 竹鶴 21年 ピュアモルト 700ml

ブランド専門店ハーフプライス

23,980

【未開栓】ニッカ 竹鶴 21年 ピュアモルト 700ml

商品ご購入の前に、まずはこちらをご確認下さい!こちらの商品は、宮城県在住の個人・法人の方のみ購入して頂くことが可能です。宮城県以外の都道府県在住の方のお買い上げはお断り致します。※お買い上げ頂いても、当店の酒類販売免許の関係上、販売できかねます。※お買い上げされた場合は自動的にお客様都合でのキャンセルとさせて頂きますのでご注意下さい。商品名【【未開栓】ニッカ 竹鶴 21年 ピュアモルト 700ml】内容量【700ml】アルコール度数【43度】付属品【 ※画像にあるものがすべてになります。】商品状態 - 店舗管理番号【el030f-a02211】免許【酒類販売業免許 仙台中法第4808号】注意事項■こちらの商品はお酒になります。20歳以上の方のみ購入可能です。■お買い上げ後、オーダーフォーム入力時に備考欄への【生年月日及び満年齢の入力】をお願いしております。 ■生年月日及び満年齢の入力が無い場合は、税務署の指導により発送出来ませんのでご了承ください。■未開栓の商品につきましては、風味等、中身の確認・コルクの状態に関しましては、一切保証できませんのでご理解ください。■通信販売免許規定の為、直接来店でのお取引はできません。■トラブル防止のため、同梱対応は同一ID・同日お買い上げ商品に限ります。 ■商品サイズによっては同梱対応が困難な場合がございます。■古酒につきましては、タイトルに古酒と表示しており、内部の浮遊物、沈殿物などある場合がございます。ご理解いただける方のみお買い上げください。■お問い合わせはできるだけご対応させて頂きますので、ノークレームノーリターン・中古品である事をご理解の上、お買い上げ頂きますようお願い致します。他の【ウイスキー】も見る【商品ご購入の前に、まずはこちらをご確認下さい!】こちらの商品は、宮城県在住の個人...

【ニッカウヰスキー】竹鶴 ピュアモルト 700ml 43度

お酒の通販 買王 楽天市場店

2,600

【ニッカウヰスキー】竹鶴 ピュアモルト 700ml 43度

複雑にして華麗。なめらかな口当たり、さわやかな余韻。 “モルトの深いコクと味わい”、そして、“やわらかな飲みやすさ”。「竹鶴ピュアモルト」は、一見相反するふたつの魅力を併せ持っています。 それを実現したのは、個性豊かにして上質なモルト原酒と、竹鶴政孝からブレンダーたちに受け継がれた技術です。 ピュアモルトウイスキーは、複数の蒸溜所のモルトをヴァッティングしてつくられます。 モルトのリッチな味わいもありながら、ブレンダーのヴァッティング技術によりさまざまな味わいをつくりだすことができます。 ●ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝● “より多くの日本人に本物のウイスキーを飲んでほしい。” その情熱を胸に、大正7年(1918年)、24歳の青年が単身渡英。 門外不出のウイスキー製造法を学び、帰国後、日本に初めてモルト蒸溜所を完成させた。 本物のウイスキーづくりに人生を賭け、日本で本格ウイスキーをつくり続けたこの男こそ、ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝である。 ☆NHK放送 朝ドラ「マッサン」☆ モデル 竹鶴政孝と竹鶴リタの生涯を放送。 ウイスキーに生涯を捧げたニッカウヰスキー・竹鶴政孝。 彼を“マッサン”と呼び、故郷を遠く離れた日本で共に生きた妻・リタ。 ふたりは、行く手に どんな困難が立ちふさがろうとも決して諦めることなく、ひたむきに夢を追い続けました。

ニッカ 竹鶴12年 ピュアモルト 700ml 竹鶴桐箱 北海道限定木箱 謹呈品 ガイドブック付きNIKKA puremaltwhisky taketsuru 12y Wooden gift box

札幌ワインショップ

26,568

ニッカ 竹鶴12年 ピュアモルト 700ml 竹鶴桐箱 北海道限定木箱 謹呈品 ガイドブック付きNIKKA puremaltwhisky taketsuru 12y Wooden gift box

日本製の桐箱にシルク調の中敷き、そして外側に布製のリボンがたすき掛けされています。 北海道地区のみの、限定木箱です。 「マッサン」クランクアップ式典 2015.2.23 余市蒸溜所旧事務所にて 朝の連続ドラマ「マッサン」の最後の撮影が行われた場所が、ニッカウヰスキー余市蒸留所敷地内に有る、旧事務所で行われました。 ニッカウヰスキーの創業者であるマッサン、竹鶴政孝の事務所として、昭和9年7月に建設されました。 余市の工業発達の足跡を示す文化的資産として、余市町より指定文化財に認定されています。 クランクアップのセレモニーには、マッサン亀山政春役の玉山鉄二さん、ヒロインの亀山エリー役、シャーロット・ケイト・フォックスさん、そして鴨井の大将の息子である、鴨居英一郎役の浅香航大さんも(右上画像)いらっしゃいました。 余市町長から記念品を受け取るセレモニー、無事撮影終了でした。温もりの有る豪華な桐箱に入った竹鶴12年 北海道でしか手に入らない限られた謹呈品 ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせ...

【ニッカ】ブラックニッカ クリアーブレンドビッグ 1920ml ウイスキー

ワイン紀行

2,700

【ニッカ】ブラックニッカ クリアーブレンドビッグ 1920ml ウイスキー

□コメント 「日本ウィスキー界の父」竹鶴政孝が1964年に2種類のウィスキーをブレンドして造った、ブラックニッカ。その味は今も変わる事なく、日本のウィスキーとして楽しまれています。 □特徴 アルコール分:37度 □その他 モルトウィスキーの代表的な香りのひとつ、ピート香(スモーキー・フレーバー)は、ウィスキーの個性を特徴づける反面、「きつさ」や「苦さ」につながります。ブラックニッカ・クリアブレンドは、ノンピートモルトを使う事でこのピート香を抑え、くせのないクリアな味わいを実現しました。クセがなくクリアな飲み心地、だからハイボールにもぴったり。 ブラックニッカ クリアの味わいの秘密とは。 もはや定番ともいえる、ハイボール。ご存じの方も多いとは思いますが、ハイボールはウイスキーを炭酸で割ったもの。シュワシュワとノドを刺激する爽快感が、このお酒の肝といっても過言ではありません。ですから、クセの強すぎるウイスキーは、爽快感が弱く感じられるためハイボールには向かないといえます。「ブラックニッカ クリア」は、クリアでクセのない味わいが特徴のウイスキー。ハイボールとして楽しむのにもぴったりです。 ウイスキーは、深みのある味わいとスモーキーな香味を持っています。それぞれのウイスキーで異なる"クセ"は、ウイスキーの大きな魅力のひとつ。しかし、そのクセの強さが、抵抗感を与えてしまうことも確かです。 クセの原因になっているのが、“ピート(草炭)”。伝統的にモルトウイスキーには、このピートを焚いて乾燥させた大麦麦芽を使ってきました。そのため、出来上がったウイスキーにもピートによる特有のスモーキーな香味(スモーキーフレーバー)が出るのです。ニッカは、ウイスキー好きにはもちろん、女性にも気軽に楽しんでいただけるウイスキーを目指し...

ブラックニッカ リッチブレンド 40度 700ml あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,213

ブラックニッカ リッチブレンド 40度 700ml あす楽

日本のウイスキーの父とも言われる「ニッカウヰスキー」の創業者・竹鶴政孝。政孝は、本場スコットランドに負けない本物のウイスキーをつくりたいという思いから、一貫してウイスキーづくりにおけるブレンドの重要性を説き、それを実践。ニッカは、今なおその精神と技術を受け継ぎ、本物のウイスキーづくりにこだわり続けています。モルト(麦芽)ウイスキーとグレーン(穀物)ウイスキーをブレンドして作られるブレンディッドウイスキー。ニッカでは、モルトの個性を引き出しながら、新たな香りと味わいを生み出すために、グレーンウイスキーの生産に、蒸溜効率は劣るものの穀物由来の香味成分が残る「カフェ式連続式蒸溜機」を使用。そうして作られた「カフェグレーン」が、モルト同士の個性を調和させ、柔らかく、まろやかな余韻を残すニッカならではの深い味わいを生み出しています。 ブラックニッカブランドから11年ぶりに発売された新商品。シェリー樽で熟成を重ねたモルトウイスキーと、樽熟成されたグレーンウイスキーを使用。ブラックニッカならではの飲みやすい味わいに仕上げられています。 ニッカウヰスキー 日本 モルト ブレンデッドウイスキー 40% 700ml シェリー樽原酒をキーモルトとしてニッカ独自のカフェグレーンを調和させたスムースな口当たりと飲みやすさの中にもコクがしっかりと感じられる味わい。 注いだ瞬間に広がるスイートで柔らかい樽の香りと、フルーティで華やかな香り、爽やか余韻が楽しめます。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

ブラックニッカ リッチブレンド 40度 箱付 700ml あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

1,213

ブラックニッカ リッチブレンド 40度 箱付 700ml あす楽

日本のウイスキーの父とも言われる「ニッカウヰスキー」の創業者・竹鶴政孝。政孝は、本場スコットランドに負けない本物のウイスキーをつくりたいという思いから、一貫してウイスキーづくりにおけるブレンドの重要性を説き、それを実践。ニッカは、今なおその精神と技術を受け継ぎ、本物のウイスキーづくりにこだわり続けています。モルト(麦芽)ウイスキーとグレーン(穀物)ウイスキーをブレンドして作られるブレンディッドウイスキー。ニッカでは、モルトの個性を引き出しながら、新たな香りと味わいを生み出すために、グレーンウイスキーの生産に、蒸溜効率は劣るものの穀物由来の香味成分が残る「カフェ式連続式蒸溜機」を使用。そうして作られた「カフェグレーン」が、モルト同士の個性を調和させ、柔らかく、まろやかな余韻を残すニッカならではの深い味わいを生み出しています。 ブラックニッカブランドから11年ぶりに発売された新商品。シェリー樽で熟成を重ねたモルトウイスキーと、樽熟成されたグレーンウイスキーを使用。ブラックニッカならではの飲みやすい味わいに仕上げられています。 ニッカウヰスキー 日本 モルト ブレンデッドウイスキー 40% 700ml シェリー樽原酒をキーモルトとしてニッカ独自のカフェグレーンを調和させたスムースな口当たりと飲みやすさの中にもコクがしっかりと感じられる味わい。 注いだ瞬間に広がるスイートで柔らかい樽の香りと、フルーティで華やかな香り、爽やか余韻が楽しめます。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

ニッカ 竹鶴物語 ギフトBOX 竹鶴12年 角瓶 ピュアモルト 660ml アップルワイン「リタ」180mlセットガイドブック付きNIKKA puremaltwhisky taketsuru 12y...

札幌ワインショップ

28,296

ニッカ 竹鶴物語 ギフトBOX 竹鶴12年 角瓶 ピュアモルト 660ml アップルワイン「リタ」180mlセットガイドブック付きNIKKA puremaltwhisky taketsuru 12y...

「マッサン」クランクアップ式典 2015.2.23 余市蒸溜所旧事務所にて 朝の連続ドラマ「マッサン」の最後の撮影が行われた場所が、ニッカウヰスキー余市蒸留所敷地内に有る、旧事務所で行われました。 ニッカウヰスキーの創業者であるマッサン、竹鶴政孝の事務所として、昭和9年7月に建設されました。 余市の工業発達の足跡を示す文化的資産として、余市町より指定文化財に認定されています。 クランクアップのセレモニーには、マッサン亀山政春役の玉山鉄二さん、ヒロインの亀山エリー役、シャーロット・ケイト・フォックスさん、そして鴨井の大将の息子である、鴨居英一郎役の浅香航大さんも(右上画像)いらっしゃいました。 余市町長から記念品を受け取るセレモニー、無事撮影終了でした。北海道の酒販店で、誰もが国産ウイスキーのトップとして、竹鶴12年をあげています。 ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという...

NIKKA ニッカ 竹鶴17年ピュアモルト ノンチルフィルタード700ml 高級桐箱NIKKA puremaltwhisky taketsuru 17y NON-CHILL FILTERED...

札幌ワインショップ

69,768

NIKKA ニッカ 竹鶴17年ピュアモルト ノンチルフィルタード700ml 高級桐箱NIKKA puremaltwhisky taketsuru 17y NON-CHILL FILTERED...

沸き立つような深みのある華のような香りとコク、円熟した旨みが特長の竹鶴17年ピュアモルト。2012年のワールド・ウイスキーアワード(WWA2012)で世界最高峰の栄誉に輝きました。 竹鶴17年ピュアモルトの味わいを、さらに力強く、よりリッチにお楽しみいただける「竹鶴17年ピュアモルト ノンチルフィルタード」は、壜詰前の冷却ろ過(Chill Filtration)をあえて行わないことで、よりボリュームのある香りと深い味わいを実現しました。 ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。 「生のイクラはね、血合いを取ってガーゼにくるみ、味噌と味醂で漬ける。それが余市流なんだわ。ホント、美味いよ。酒がなんぼでも進むんだわ。美味いから飲まさるのよ〜」(北海道弁) 秋には鮭が乱舞する清流と交錯して、長く平坦な道が余市蒸溜所へと連なる。 60年以上も昔...

ニッカ カフェグレーン 45度 700ml あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,980

ニッカ カフェグレーン 45度 700ml あす楽

ニッカ カフェモルト 45度 700ml ニッカ カフェグレーン 45度 700ml冷涼でありながら、穏やかな北の自然に恵まれた宮城峡蒸溜所は1969年設立。 仙台市街から西へ約25km、緑豊かな森に囲まれ、赤煉瓦の建物が並びます。 「美しい自然がおいしいウイスキーを生む」そう言って、竹鶴政孝は建設時、木々の伐採を、極力、禁じました。 また、斜面を削らず、地形も元のままを保ったため40ある建物はひとつとして同じ床高のものがありません。 製造設備の見学と合わせ、池で泳ぐ白鳥の姿や四季折々の彩りが移ろう、美しい森の表情を楽しむこともできます。 「ニッカ カフェグレーン」は、世界でも稀少な“カフェ式連続式蒸溜機”でつくられた味わい深いグレーンウイスキーです。一般的なグレーンウイスキーに比べ、原料由来の甘さがしっかりと残っているのはカフェ式だからこそ。 ニッカのブレンデッドウイスキーにあるまろやかな余韻は、この「カフェグレーン」のほのかな甘さにあるといえるのです。ブレンデッドウイスキーのベースとしてだけではもったいない、この奥深い味わいをお愉しみください。 ニッカウヰスキー 宮城県 グレーン、モルト グレーンウイスキー 45% 700ml ウッディさと甘いバニラ香、チョコレートを思わせるようなスイートな香りが調和。蜂蜜のようななめらかな口当たり、軽快なボディと爽やかでメロウな味わい。 すっきりとした後味が特徴です。 ※ラベルのデザインやヴィンテージが掲載の画像と異なる場合がございます。ご了承ください。

ニッカ シングルモルト宮城峡 NV 700ml※6本まで1個口で発送可能

ワインショップふじまつ楽天市場店

4,536

ニッカ シングルモルト宮城峡 NV 700ml※6本まで1個口で発送可能

夢は、清流に磨かれて未来を目指す。『シングルモルト宮城峡』 朝霧が深く立ちこめる、緑濃い峡谷。ふたつの清流が出合う東北の山あいの地で育まれる。シングルモルト宮城峡。日本のウイスキーの父、竹鶴政孝は自らが夢見た未来を実現するため、華やかな個性のモルト原酒を生み出す風土を求めて、この地に辿り着いた。やわらかい山の水を仕込み水とし、蒸気の熱でじっくりと蒸溜された原酒は樹々が生み出す大気に抱かれて熟成を重ねる。 華やかでフルーティーな香り、さわやかな余韻。竹鶴の夢をかなえたシングルモルトは、ニッカウヰスキーの未来を担う人々の想いと技に磨かれていく。 《テイスティング シート》 【香 り】 ■りんごや洋梨のようなフルーティーさ、甘く華やかな花の香り、樽由来のやわらかなバニラ香。 ---------------------------- 【味 わ い】 ■ドライフルーツのようなスイートさ、なめらかな口当たり。 ---------------------------- 【余 韻】 ■麦の甘さ、ほのかなビター感。穏やかな樽香が優しく広がる。 ---------------------------- 【選べる配送方法】 【商品詳細】 ■内容量:700ml ■生産地:日本 ■アルコール度数:45度 ■製造者:ニッカウヰスキー ●オススメの飲み方:ストレート、ロック、ハイボール ------------------------------------------------------------------- お酒は20歳から! ※未成年者への酒類の販売は固くお断りしています! ------------------------------------------------------------------- 《※商品と画像...

マイルドニッカ マリードインウッド 43% 760ml 特級表示 従価税時代Mild NIKKA WHISKY Married in wood 43% 76cl bottled before 1989

ウイスキー専門店 蔵人・クロード

4,298

マイルドニッカ マリードインウッド 43% 760ml 特級表示 従価税時代Mild NIKKA WHISKY Married in wood 43% 76cl bottled before 1989

北の海辺で、夢は力強く育まれる。シングルモルト余市/清々しく、時に荒々しく、吹き抜ける潮風。長く雪深い冬のあと、鮮やかに季節がめぐる北の大地。シングルモルト余市は、日本のウイスキーの父 竹鶴政孝が理想の地として選んだ北海道 余市で育まれる。世界でも稀有な石炭直火蒸溜によって生まれた原酒は澄みきった空気の中でゆっくりと熟成を遂げ、力強い重厚さを深めていく。妥協なく生きたひとりの男の夢と、それを受け継ぐ人々の情熱。厳しくも美しい大自然と、鍛え抜かれた技。すべてが、一滴一滴に注ぎ込まれている。 「日本で本物のウイスキーをつくりたい。」大きな夢を抱いて単身スコットランドに渡り、本場のウイスキーづくりを学んだ竹鶴政孝。帰国した彼が多くの試練を経て1934年に自ら開いたニッカウヰスキー最初の蒸溜所、それが北海道・余市蒸溜所です。スコッチをお手本とした竹鶴は、スコットランドに似た気候風土の地を探し求めてこの地に辿り着き、学んだウイスキーづくりを妥協なく再現しました。それから現在に至るまで、余市蒸溜所で働くすべての人々は竹鶴の想いを受け継ぎ、ウイスキーづくりに情熱を注いでいるのです。 熱い想いが守り抜く、世界でも稀有な石炭直火蒸溜。/竹鶴が余市蒸溜所で目指したのは、力強く重厚なモルトウイスキーづくり。そのために、彼は石炭直火蒸溜を採用しました。もろみを入れたポットスチルを石炭の火で熱するため、蒸溜釜は約800℃の高温にさらされ、もろみに適度な「焦げ」ができて香ばしくなります。ポットスチルは、下向きのラインアームを持つストレートヘッド型。蒸溜液に多くの成分が残るため、原酒に豊かな味わいを与えます。適切な火力を保つように石炭をくべるには熟練の職人の技が必要なため、今は石炭直火蒸溜を行う蒸溜所は世界でもごく稀ですが、余市モルトの個性はこの蒸溜方法あってこそ...

NIKKA ニッカ 余市蒸溜所 キルン塔 手作り ニッカ頒布会600ml アルコール43% フォーチュン80クラス

札幌ワインショップ

126,360

NIKKA ニッカ 余市蒸溜所 キルン塔 手作り ニッカ頒布会600ml アルコール43% フォーチュン80クラス

原材料 モルト・グレーン 特級酒・従価特別税 昭和62年以前のニッカ頒布会にて受注生産 余市蒸溜所の、お土産売り場にも出ていませんでした。ニッカ 手作り 余市蒸留所 キルン塔 ニッカウヰスキーの原点、そして日本のウイスキーの原点ともいえる余市蒸溜所。 ここは、竹鶴政孝とリタが夢への出発点として選んだ北の大地です。 日本のスコットランドと称される、ニッカウヰスキーの聖地。創業時と変わらない伝統の技、ウイスキーづくりへの情熱が力強く重厚なモルト原酒を育んでいます。 1936年のポットスチル 微粉炭直火蒸溜。そのストレートな剛熱が生む重厚かつ芳醇なシングルモルトです。 SLと同じように石炭をくべます。 1936年に誕生した余市の1号ポットスチルは今、世界ウイスキー界の伝説になっております。 1936年、本物のモルトウイスキーを作るためにポットスチルが稼働 11月。余市川は近づく冬の気配に、流れを静かに透明にする。つい一月前には、秋鮭たちが産卵のために川を銀色に輝やかさせて遡り、賑わっていたのがうそのようだ。「雪虫か・・・もうすぐ初雪だな。」毎年秋鮭釣りを港で楽しむという、初老の釣り師が、真綿のように降る雪虫に鼻を啜った。 「生のイクラはね、血合いを取ってガーゼにくるみ、味噌と味醂で漬ける。それが余市流なんだわ。ホント、美味いよ。酒がなんぼでも進むんだわ。美味いから飲まさるのよ〜」(北海道弁) 秋には鮭が乱舞する清流と交錯して、長く平坦な道が余市蒸溜所へと連なる。 60年以上も昔、創設者の竹鶴政孝が自宅から馬車で通った道。 しゃんしゃんしゃん。 馬車の鈴音が聞こえそうな素朴な景観は、昔も今もさほど変わってはいない。そして、その鈴音の幻聴は、工場内の1号ポットスチルまで続く。 日本でも本物の、最高品質のモルトウイスキーを作ることができる...

スポンサーリンク
スポンサーリンク