メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「シャルドネ」検索結果。

シャルドネの商品検索結果全9,408件中1~60件目

マックマニス・ファミリー シャルドネ

しあわせワイン倶楽部

1,814

マックマニス・ファミリー シャルドネ

【濃厚トロピカル】 2015年ヴィンテージが全米最大の規模を誇るSFクロニクル・ワイン・コンペティションにて金賞やその上のダブルゴールドよりもさらに評価の高く同カテゴリーで1本しか与えられない最高評価のクラスベストを獲得いたしました。 かぼちゃのポタージュ、ポテトグラタン、スモークチキン 【2015 SF Chronicle Wine Competition Best of Class(最高評価)】 【2015 California State Fair 金賞&クラスベスト 】 【2015 Wine Enthusiast ベストバイ 】 【2014 Los Angeles International Wine Competition 金賞&クラスベスト 】 【2014 SF International Wine Competition 金賞】 【2014 Wine Enthusiast ベストバイ 】 【2013 SF International Wine Competition ダブルゴールド 】 【2013 Wine Enthusiast ベストバイ 】 【2011 Wine Enthusiast ベストバイ 】 【2011 SF International Wine Competition ダブルゴールド 】 ワイン名マックマニス・ファミリー シャルドネ 原語McManis Family Chardonnay ヴィンテージ2016年 タイプ白ワイン 飲み口辛口 原産国、地域カリフォルニア、サンホワキン、リバージャンクション 造り手マックマニス・ファミリー・ヴィンヤード McManis Family Vineyards ぶどう品種シャルドネ100% 熟成フレンチオーク樽及びステンレスタンクにて熟成 アルコール13.5%...

グレイヴリー・フォード シャルドネ カリフォルニア

しあわせワイン倶楽部

1,490

グレイヴリー・フォード シャルドネ カリフォルニア

【ふくよか南国果実】 グレーヴリーフォードは、全米で8番目の規模を誇るワイナリーであるオニール社が手掛けるブランドの一つ。オニール社は葡萄の供給からワインのボトリングまで手掛ける企業で、世界中のアルコール飲料関連企業から頼れるアウトソーシング・パートナーとしてその名を知られています。 オニール社はプレミアムなワイン用葡萄の一大産地であるカリフォルニア中から厳選した4,000ha以上の葡萄園と長期契約を交わしています。オニール社は広い範囲の葡萄園と契約を結ぶことで、顧客に多種多様なワインを提供しています。また、約400haの葡萄畑を自社で所有し、マデラ郡のサンホアキン川沿いにあるグレーヴリーフォード葡萄畑もそのひとつです。 グレーヴリーフォードのワインは、純粋で、正直で、飾り気がなく、葡萄畑の特徴を偽りなく反映しています。ワインには土地や葡萄、職人の技術と伝統に対する情熱がはっきりと表れています。醸造を担当するワインメーカーは、マーク・ラスムッセン氏。36年に渡るワイン造りの経験を持ち、カリフォルニア大学バークレー校で学部課程、カリフォルニア大学フレズノ校で食品科学と醸造学の修士課程を修了しています。 チキンソテー、ハーブ入りポークソーセージ、白カビタイプのチーズ(カマンベールなど)、ペスカトーレ ワイン名グレイヴリー・フォード シャルドネ カリフォルニア 原語Gravelly Ford Chardonnay ヴィンテージ2016年 タイプ白ワイン 飲み口辛口 原産国、地域カリフォルニア 造り手グレイヴリー・フォード Gravelly Ford ぶどう品種シャルドネ100% 熟成フレンチオーク及びステンレスタンクにて9ヶ月熟成 アルコール13.5% 容量750ml 飲み頃温度10~12℃ ※実際のヴィンテージ...

スミスマドローン シャルドネ ナパヴァレー

しあわせワイン倶楽部

5,270

スミスマドローン シャルドネ ナパヴァレー

【複雑で深い味!】 スミス−マドローンは1971年にナパ・ヴァレーはセント・ヘレナの西、スプリング・マウンテン標高約500メートルに200エーカーの土地を取得しました。ここには高い木々に交じって古いぶどうの株があります。1880年代にぶどう園が存在したのですが禁酒法により閉鎖されてしまったところです。 スミス・マドローンの信条は、上等なワインは優れた品質のぶどうからのみ造られるという事です。ぶどうは適切な場所、土壌、気候、適切な管理によって作られなければなりません。そのワイン造りはワイン・メーカーであるスミス氏の職人技によりカベルネソーヴィニヨン、リースニング、シャルドネとも効率よくかつ少量単位で造られています。1977年の最初の収穫以来、ワイン造りはフランスとドイツの伝統的方法とカリフォルニアで開発した方法の両方を取り入れて使っています。すべて手作業でのぶどうへの接触、樽醗酵、オリの寝かせ等の工程は、かなり手間ですが上質ワイン造りには欠かせないものです。年間5000ケース弱のワインを生産しています。 樹齢38年のブドウを使用しています。スミス-マドローンのシャルドネはナパ・ヴァレーのセント・ヘレナの西にあるスプリング・マウンテン(標高1900フィート)の頂上付近の畑で栽培されています。ブドウの木はたいへん急勾配の(傾斜 約35度)赤土の火山性の土壌に植えられています。雨水以外は与えないという乾燥農法を使用しています。そのためブドウは4月から10月にかけ、水気を求めて山の土壌の奥深くまで根をはります。つまり灌漑はしないということです。その結果、ワインはフローラルで複雑なアロマ、ほのかに焦げたトーストの香りやレモンの香りをあわせもつ、複雑味に富んだすばらしいものに仕上がりました。口に含んだ時はたっぷりとしていてなめらか...

コングスガード シャルドネ ナパヴァレー

しあわせワイン倶楽部

16,848

コングスガード シャルドネ ナパヴァレー

【華麗で芳醇】 ロバード・パーカーはコングスガードをこう表現しています。「ジョン・コングスガードが探究する聖杯は、地球上で人々が求めて止まない自然が造りたもう究極のテロワール・ワインの体現である。」 カリフォルニア・シャルドネ5本指と言えば、マーカッシン、キスラー、ピーター・マイケル、オーベールそしてコングスガードです。コングスガードの最高級シャルドネ「ザ・ジャッジ」は自社畑から造られるマニア垂涎の逸品です。 オーナー・ジョン・コングスガードの造るワインは、選び抜いたベストの区画から、極端なまでの低収量、天然酵母のみを使い、低温のセラーで長い時間をかけて醗酵を待ちます。ノン・フィルター、ノン・ファイニング(人工的な清澄作業をしない)。今では当たり前のように言われますが最新鋭の化学設備で行うのではなく、ほぼ手作業で行われます。リスクの大きな造り方です。眼鏡にかなう葡萄が出来なければそのワインを造らないこだわり。満足の行くクオリティーでなければ年により生産量が極端に変わります。自然によると言うよりも、ジョン・コングスガードのフィルターによりワインは造られていきます。その厳しさが多くの信望者を集める由縁です。 こちらのナパヴァレー・シャルドネは買葡萄で造られます。その畑はナパヴァレーを代表する二つの畑です。コングスガードの創業時から造り続けている代表作です。とは言ってもその生産量は年産約1000ケース程度。メーリング・リストとアメリカ国内のレストラン需要、そして僅かにリリースされる海外向けから、日本に入荷してもすぐ完売してしまう貴重なワインです。二つの畑は両方共ナパ・カーネロスにある、ハドソン・ヴィンヤード(2/3)とハイド・ヴィンヤード(1/3)、二つの個性が競演します。 ワインスペクテーター誌2013トップ100ではコングスガード...

フランシスカン ナパヴァレー シャルドネ

しあわせワイン倶楽部

2,743

フランシスカン ナパヴァレー シャルドネ

【芳醇さとコク】 「フランシスカンのナパ・カベルネが、畑がただ1本の道を隔てているだけのオーパス・ワンの数分の1の価格で売られていることを疑問に思うだろう」~ロバート・パーカー~ ナパ・ヴァレーの中心に構えるフランシスカン・エステートは、カリフォルニアで最も愛され敬意を表されるワイナリーのひとつです。 フランシスカン・エステートの豊かな35年の歴史は、ワイン造りへのゆるぎない情熱そして熟練した職人技が築き上げたものです。今でも何百もの区画の中から選ばれた、最良の区画のみで収穫されたブドウを使ってブレンドしているため、伝統品種とヴィンヤードならではの特徴を忠実に表現したワインを造りあげています。ワイナリーの重要なヴィンヤードには、有名なオークヴィル生産地区にある240エーカーが含まれています。隣にはオーパスワンやシルバーオークが並ぶ素晴らしい地区です。 ワイン&スピリッツ誌が発表するレストランポールアワード2010年にて全米NO.1に輝いたのはフランシスカンのカベルネソーヴィニヨンでした。 アメリカのワイン産業に多大なる功績を残し「カリフォルニアワインの父」とも呼ばれるアンドレ・チェリチェフが、かつてフランシスカンのオークビル・エステートのワインを試飲しこの畑からはボルドーのようなブレンドをすることで極上のワインができると提言しました。 シャルドネには、豊かさや華やかさを追求しており、それらはオークを使用したマロラクティック発酵やシュールリー熟成によってもたらされます。これらの技術がコクのあるクリーミーで複雑味をもつフランシスカンのシャルドネを生み出しています。 アボカドサーモン、スズキのグリル、ジェノベーゼ、アボカドサーモン 【2001 Wine & Spirits 92点】 【2000 Wine Enthusiast 91点】...

ガイザーピーク シャルドネ カリフォルニア

しあわせワイン倶楽部

1,274

ガイザーピーク シャルドネ カリフォルニア

【程よくふっくら】 ガイザーピークはカリフォルニアで最も伝統のあるワイナリーのひとつで、130年以上の歴史を誇ります。アメリカで29番目に認可されたワイナリーです。現在はアレキサンダー・ヴァレーに220エーカーの土地を所有しています。ワイナリーの転機は1982年です。実業家のHenry Trione氏とその息子たちがワイナリーに加わり、高品質な高級ワイン造りへと方向転換を図りました。 その後、オーストラリア最高峰のワイン"グランジ"を手がけるペンフォールド社の参入により、グランジを手掛ける著名な醸造家、ダリル・グルーム氏がガイザーピークに携わり、更に醸造技術が磨かれていったのです。 今日では、ワイン&スピリッツ誌のその年の最も優れたワイナリーに贈られる“ワイナリー・オブ・ザ・イヤー"を9回も受賞した、ソノマでも最も受賞歴の多いワイナリーのひとつとして有名です。 ソノマはナパヴァレーに隣接しています。ソノマを北へ細く狭めたところにアレキサンダー・ヴァレーがあります。創設当時、人々は口々に言いました、「ここは険し過ぎて良いワインは造れないよ」と。 その場所こそが、ガイザーピークが現在ワイナリーを構える場所なのです。 その味わいは、ナパに並ぶ銘譲地として有名なアレキサンダーヴァレー産カベルネソーヴィニヨンのスペシャリストとしてワイン&スピリッツ誌より"過去25年間の最も優れたカベルネの造り手TOP25"に選出され、シャルドネとソーヴィニヨンブランは数多くの賞を受賞した他、ロンドンで開かれたインターナショナルワインチャレンジにおいて"ベストUSA白ワイン"に選出されるなど、全ての品種において高評価を得ています。 アボカドベースの料理、スパイシーな東南アジア料理、軽い味付けのパスタ 【2012 ワイン王国 超特選ベストバイワイン】 【2012...

フープラ シャルドネ ヨンドヴィル ナパヴァレー

しあわせワイン倶楽部

3,218

フープラ シャルドネ ヨンドヴィル ナパヴァレー

【瑞々しくクリーン】 様々なキャリアを経験しながらも、長年ワインに携わる夢を長く持ち続けてきたスペンサー・フープスは、1983年ナパ・ヴァレーの銘醸地オークヴィルに10エーカーの畑を手に入れました。オークヴィルの素晴らしいテロワールに加え、フープスの絶え間ない努力により、間もなく彼の育てるブドウは周辺の著名なワイナリーに買い取られ、ナパのトップクラスのワインになっていきました。 1998年、ついに自身のブランドを立ち上げたフープスは、家族の一員であったテリア犬のダンテと自分の名字であるHoopes(丸い輪)を描いたラベルを作りました。フープスは、「ウルトラ・プレミアム級のワインを造り、多くの人にそれを心から楽しんでもらうこと」を信条とし、コレクターズアイテムになるようなカルトワインでなく、普段の生活の中で楽しめるワインを、できる限り手取りやすい価格で提供しています。 フープスの畑はナパリバーから近く、ナパ・ヴァレーの中でも最高級とされカルトワインがひしめくオークヴィル地区にあります。この地域はナパリバーの氾濫の度に川の水が火山性土壌の堆積物が豊富な土を運んでくるため、カベルネの栽培に最適です。昼間はたっぷりとした日差しが空気を温め安定した気温を保ち、朝夕はサン・パブロ湾から冷たい風が吹き込みます。オークヴィルのカベルネ・ソーヴィニヨンはしっかりとした骨格の中に弾けるような果実味、かつ滑らかで華やかな香りが特徴です。 ワインメーカーはアン・ヴァウター女史。ワシントン州出身のヴァウターはカリフォルニア州立大学デイヴィス校で醸造学を学び、国内外で経験を積んだ後ナパに戻り、"ワインの女神"と呼ばれるカリスマ女性醸造家のハイディ・バレットのアシスタント・ワインメーカーとしてその腕を磨きました。2012年ヴィンテージからフープスのワインメーカーと...

レーヴェンスウッド ヴィントナーズ・ブレンド シャルドネ

しあわせワイン倶楽部

1,598

レーヴェンスウッド ヴィントナーズ・ブレンド シャルドネ

【クリーミーな層】 1976年、ジョエル・ピーターソン氏はワイン愛好家とともにレーヴェンスウッドを設立し、その後6年間はワイナリーを渡り歩きました。およそ10年後、レーヴェンスウッドは最終的にソノマヴァレーの北端にあるワイナリーを購入し、現在はそこにレーヴェンスウッドのビジターセンターとテイスティング・ルームを構えています。 設立以来、レーヴェンスウッドは、素晴らしいジンファンデルを造ることで世界中に知られるようになり、ジョエル・ピーターソン氏は"ジンファンデルの父"とまで呼ばれるようになりました。 30年後、レーヴェンスウッドは全てにおいて素晴らしいワインを造ることでも知られるようになり、現在ではヴィントナーズ・ブレンド、特定地域でつくられるカウンティ・シリーズ、フラッグシップのシングル・ヴィンヤード・シリーズを生産しています。伝統的な旧世界ワインのスタイルを継承し、ブドウが成育した地域を真に反映した、決して妥協しないワイン造りを続けています。 鶏のワイン蒸し、ホタテのグリル、ロースターキー・グレイビーソースがけ ワイン名レーヴェンスウッド ヴィントナーズ・ブレンド シャルドネ 原語Ravenswood Vintners Blend Chardonnay ヴィンテージ2014/2015年 タイプ白ワイン 飲み口辛口 原産国、地域カリフォルニア 造り手レーヴェンスウッド・ワイナリー Ravenswood Winery ぶどう品種シャルドネ主体 熟成フレンチオーク(30%新樽)にて18ヶ月熟成 アルコール13.5% 容量750ml 飲み頃温度10~12℃ ※実際のヴィンテージ につきましては画像と異なる場合がございます。正確なヴィンテージにつきましては ワインデータ ヴィンテージ欄をご確認下さいませ。

リュサック シャルドネ サンタバーバラ

しあわせワイン倶楽部

4,298

リュサック シャルドネ サンタバーバラ

【力を支える酸味】 1995年「世界クラスのワインを造る」事を目標にGeoff RusackとAlison Wrigley Rusackによって設立。「サンタバーバラ郡は地区ごとの気候と土質が様々に異なり、世界で最も素晴らしいワイン産地の評判に匹敵出来る力がある」とワインメーカーのジョン・ファルコーネは言う。リュサックは葡萄樹の植え替えや最新式の装置を導入し、ワイン造り施設を全面的にグレードアップする等、高品質なワイン造りの為には投資を惜しみません。受賞経験のあるデザイナーを採用し美しいカタリナタイルのロゴをロゴにしています。 こちらのシャルドネはサンタマリアヴァレーの中で多くの銘醸ワインを生み出す"シエラ・マドレ・ヴィンヤード"(58%)の葡萄と"全米グロウワー・オブ・ザ・イヤー"を受賞した"ビエン・ナシッド・ヴィンヤード"(42%)の葡萄を使用しています。 毎年のようにパーカーポイント90点以上を獲得しているお値打ちワインです。 ズッキーニとレッドオニオンのピッツァ、カリフォルニアロール、かぼちゃのグリル・チーズフォンデュ風 【2012 Wine Enthusiast 91点】 【2012 Wine Advocate 90点】 【2011 Wine Advocate 90点】 【2011 Wine Enthusiast 90点】 【2010 Wine Advocate 91点】 【2009 Wine Advocate 91点】 【2008 Wine Enthusiast 94点】 ワイン名リュサック シャルドネ サンタバーバラ 原語Rusack Santa Barbara County Chardonnay ヴィンテージ2014年 タイプ白ワイン 飲み口辛口 原産国、地域カリフォルニア、サンタバーバラ 造り手リュサック...

タバリ レゼルバ・エスペシャル シャルドネ

しあわせワイン倶楽部

1,598

タバリ レゼルバ・エスペシャル シャルドネ

【秀でた酸味!】 ビーニャ・タバリは、Vina San Pedro Agricola とGanadera Rio Negro Ltda.のジョイントベンチャーにより、2003年8月に設立されました。同社はチリ北部で最高のワインを目指し、1993年にすでにプロジェクトは開始されておりました。アカタマ砂漠や海に近い温暖で夜は涼しいことから、ゆっくりと葡萄が成熟し、複雑性に富み、力強さと上品さがあるワインが造られます。180haの自社畑のみからプレミアムまたはスーパープレミアムのカテゴリーに入るワインを生産し、マーケティングすることを目指してきました。 タバリは、チリで最北のワイン生産地およびぶどう栽培地に位置するワイナリーで、リマリ地区、オヴァジェ・シティの24km西にあり、太平洋からわずか25kmで、Enchanted Valleyの近くです。 この地域は一年に80~100mmの降雨量しかなく、葡萄栽培には灌漑が欠かせません。 赤道に近いという緯度にも関わらず、非常に乾燥した地中海性気候で、加えてフンボルト海流からの冷涼な空気が入り込むという、特殊な条件のもとに、冷涼ワイン葡萄の産地にもなっています。アカタマ砂漠や海に近い温暖で夜は涼しいことから、ゆっくりと葡萄が成熟し、複雑性に富み、力強さと上品さがあるワインが造られます。 また、ツーリズムの人気が高く、DiaguitaとMolleの文化による考古学的遺産と岩石線画があることからナショナル・ヒストリカル・モニュメント(国の歴史的遺産)に指定されています。 タバリワイナリーの近くの"Enchanted Valley"は不思議な魅力のある場所で、古代人が超自然的な力によって儀式や祭式が行われていました。ここでは、古代と現代の知恵が融合しています。Enchanted Valleyでは...

シミ ソノマカウンティ シャルドネ

しあわせワイン倶楽部

2,786

シミ ソノマカウンティ シャルドネ

【芳醇トースティ】 1876年、シミ・ワイナリーはジュゼッペとピエトロ・シミ兄弟によって設立されました。 ワイナリーはヒールズバーグに位置し、素晴らしい石造りのセラーと敷地はソノマカウンティの象徴となっています。シミの醸造哲学は、霧立つソノマコースト、冷涼なカーネロス地区、温暖なドライクリークとアレキサンダーヴァレーに囲まれたソノマカウンティの多様性を反映する、美味しいワインを常に造り続けることです。ワイナリーの130年以上にわたる歴史を通して、優秀な醸造家の指導と他に類を見ない素晴らしいヴィンヤードのもとで成長し続けています。シミはアレキサンダー・ヴァレーに400エーカーを超える自社ヴィンヤードをもち、そこではシミのカベルネ・ソーヴィニヨンを、ロシアン・リバー・ヴァレーにある100エーカーの畑ではシャルドネを栽培しています。 現在、ワイン醸造チームの指揮を執っているのはカリフォルニア出身のスティーヴ・リーダー氏。スティーヴ氏は「ワインスペクテイター誌」の"TOP100 ワイン・オブ・ザ・イヤー"で1位と2位を獲得した実績を誇ります。 ソノマカウンティが生みだす見事な味わいの多様性を反映したワイン造りを行っています。 海老とレモンソースのパスタ、ホタテのグリルにゴートチーズを添えたもの、鶏のもも肉のグリル 【Wine & Spirits 2014年レストラン・ポールTOP50 第13位】 ワイン名シミ ソノマカウンティ シャルドネ 原語Simi Sonoma County Chardonnay ヴィンテージ2015/2016年 タイプ白ワイン 飲み口辛口 原産国、地域カリフォルニア、ソノマ 造り手シミ・ワイナリー Simi Winery ぶどう品種シャルドネ100% 熟成85%フレンチとアメリカンオーク(30%新樽)、15...

ハンドクラフト シャルドネ カリフォルニア

しあわせワイン倶楽部

1,598

ハンドクラフト シャルドネ カリフォルニア

【オレンジハニー】 シチリア出身の「インデリカート」家が85年以上、3代に渡りカリフォルニアの地でブドウ栽培・ワイン造りを行ってきました。今日もそのフロンティア精神に変わりはなく畑第一主義でワイン造りに向き合います。畑でサステーナブル農法に取り組み、2009年には資源利用の効率化のための取り組みと環境問題についてのリーダー的立場が評価され『グリーン・アワード』を受賞しました。また、これまでに『US・ワイン生産者・オブ・ザ・イヤー』に3度、『アメリカン・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー』にも3度選ばれた優良生産者です。 シャルドネを主体にシュナンブランやマルヴァージアビアンカなどがブレンドされています。それによりワインに白い花や蜂蜜などの香り、優しい甘味のニュアンスが加わっています。葡萄は冷涼なモントレー産の葡萄を中心に使用し、果実味豊かな飲みやすさを追及したワインです。 日本初、そして世界でも珍しい、女性審査員によるインターナショナルワインコンペティション"サクラアワード2015"にて金賞を受賞いたしました。 魚介のパスタ、チキンシーザーサラダ 【2012 サクラアワード2015 金賞】 【2012 Wine Enthusiast 88点&ベストバイ】 【2011 ワールドバリューワインチャレンジ 金賞】 【2011 サンフランシスコインターナショナルワインコンペ 金賞】 ワイン名ハンドクラフト シャルドネ カリフォルニア 原語Handcraft Chardonnay California ヴィンテージ2014/2015年 タイプ白ワイン 飲み口辛口 原産国、地域カリフォルニア 造り手デリカート・ファミリー・ヴィンヤーズ Delicato Family Vineyards ぶどう品種シャルドネ主体 熟成90%フレンチオーク、10...

オースティリティ シャルドネ アロヨセコ

しあわせワイン倶楽部

2,678

オースティリティ シャルドネ アロヨセコ

【芳ばしブリュレ】 「Austerity=厳粛、質素」という名は、ワインを造る過程において、不要なものを削ぎ落とし、ブドウの品質と真摯に向き合うことを意味しています。ピノノワールはモントレーの中でも銘醸地として知られるサンタ・ルシア・ハイランズ(Santa Lucia Highlands)AVA のブドウを使っています。カリフォルニアのラターシュと呼ばれるほど不動の地位を築き上げているピゾーニを始め、名だたるワイナリーが極上のピノを作り出すこの地は、カリフォルニアの中でも長い成長期を保ち、水はけのよいヒルサイドの畑は午前中の霧と昼間のたっぷりとした日照など、ブドウ栽培の好条件をすべてを兼ね備えています。小粒な果実はしっかりとした骨格と濃縮した深い味わいを生み出します。一方シャルドネはモントレーAVA の真中の小さなAVA、アロヨ・セコ(Arroyo Seco) のブドウを使用しています。アロヨ・セコは、“乾いた川床"を意味します。砂利を多く含む砂質ロームの土壌はフレッシュな酸味と複雑さをもたらし、モントレー湾から吹きこむ海風が日中暖められた空気を冷やし、ブドウはゆっくりと完熟に向かいます。 オーステリティワインは2004 年にゴールデン・ステート・ヴィントナーズの元CEOジェフ・オニール氏と家族経営を行ってきたワイナリー経営者数名が共に立ち上げたグループのブランドの一つです。それぞれのブランドの特徴やその造り方が尊重されているため、ワインメーカーは特定した契約農家の畑で、厳しい条件に沿った栽培方法で育てられたブドウを自らが収穫時期を見極め、高い品質のワインに仕上げていきます。 ワインメーカーはマーク・ラスムッセン氏。親会社であるオニール・ヴィントナーズのシニア・ワインメーカーを任され35年以上のワインメイキングのキャリアを持ちます...

ディアバーグ シャルドネ サンタマリアヴァレー

しあわせワイン倶楽部

3,715

ディアバーグ シャルドネ サンタマリアヴァレー

【リッチフル】 ディアバーグ ヴィンヤードは2005年ヴィンテージで一躍、カリフォルニア トップカベルネの仲間入りを果たしたスター・レーン・ヴィンヤードのオーナー“ジム&マリア ディアバーグ夫妻"が同じく最高品質のピノ・ノワール&シャルドネを作るべく銘醸地サンタ・マリア・ヴァレーで1996年にスタートさせたプロジェクトです。ブドウ畑を細かな区画に分け有機的栽培方法でクローン別に畑を管理。テロワールが見事に表現されたワインで高い評価を得ています。現在ではビオディナミを試験的に行い将来的には完全な自然派への移行も視野に入れブドウ栽培に取り組んでいます。 2008年にはシラーとピノノワールが、また2009年はピノノワールがスターレーンのカベルネソーヴィニヨンと共にマスターズ・ゴルフ・トーナメント開催中「オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ」で提供されるなど国際舞台で華やかなデビューを果たしました。また、シラーは2012年5月にアメリカで開催されたG8(主要8か国首脳会議)とNATOサミット後の晩餐会でアメリカ産唯一のシラーとしてメインコースのステーキ料理と共にサービスされました。 グレープフルーツやレモングラスのアロマに新鮮なレモンの皮やクリーミーなヘーゼルナッツの印象を持ちます。研ぎ澄まされた酸とリッチなオーク香が程よく混じりあう1品です。 ポルチーニ茸のリゾット、ローストチキン、スズキのグリル 【2012 Vinous 93点】 【2012 Wine Advocate 92点】 【2011 International Wine Cellar 90点】 【2010 Wine Advocate 93点】 【2009 Wine Advocate 93点】 【2007 Wine Enthusiast 92点】 【2006 Wine...

フラワーズ シャルドネ ソノマコースト

しあわせワイン倶楽部

7,862

フラワーズ シャルドネ ソノマコースト

【透明感と奥行き】 太平洋の寒流の影響を強く受ける沿岸のソノマコーストは、長らくブドウ栽培には適さないとされてきました。ペンシルバニア州の苗床商を営むウォルト&ジョアン・フラワーズはこの「寒すぎる」土地で長年の夢であったワイン造りを始める事を決意、周囲の嘲笑をよそに海を見下ろす丘の上の小さな土地を見つけました。その後世界中にその名を轟かせる「キャンプ ミーティング リッジ」です。「キャンプ ミーティング リッジ」はフラワーズがまだワインを造っていなくブドウ栽培のみを行っていた頃、カリフォルニアシャルドネ・ピノノワールの最高峰の一つ"キスラー"に売られました。キスラーはブレンドするための葡萄にする予定だったのですが、実物を目にしたキスラーはそのあまりのクオリティーに驚き、『キスラー・キャンプ・ミーティング・リッジ』 として単一畑の高級品としてリリースすることとなりました。このキスラーのワインは評論家から大絶賛され、フラワーズのワインができる前から評判を呼びました。 ぶどう畑の周辺の気温は非常に低く、カリフォルニア名物の「霧」の下ではもはやブドウは育ちません。そのため彼らの畑は霧の及ばぬ約400メートルの高地にあります。カリフォルニアの強い日差しと低い気温、この相反する要素が他のどこにもない独特な風味を与えるこのワインは、新しい醸造家 ロス・コブにより近年さらに品質向上がめざましく、フラワーズによってピノノワール&シャルドネの新しい聖地として広く知られる事となったこのエリアには、現在超一流のワイナリー達が押し寄せています。 ソノマコーストの優良な契約栽培家と自社畑のシャルドネをブレンドしています。スタンダード品とは思えないクオリティです。厳しいソノマコーストの気候、特殊なテロワールを体現するスタイルです。 こちらのシャルドネ...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク