メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「シャブリ 2006」検索結果。

シャブリ 2006の商品検索結果全9件中1~9件目

ドメーヌ・ローラン・ラヴァンテュルー シャブリ 2015

Amazon

3,268

ドメーヌ・ローラン・ラヴァンテュルー シャブリ 2015

ご紹介のシャブリを造ったのは、[ドメーヌ・ローラン・ラヴァンテュルー]。シャブリ地区最大のワインコンテストで、シャブリ生産者の頂点に輝き・・・・、同時に、地元フランスの重要ワインガイド【アシェット】にも度々掲載され、2つ星も獲得(最高は3つ星)する、『まさに知られざる凄腕』という言葉が相応しい、家族経営の小さな造り手。24回の歴史を誇る、シャブリ地区最大のコンテスト【シャブリ・ワイン・アワード】は、150軒のシャブリ生産者が集う大規模な品評会で、約300種のワインが出品され、格付けごとに最高の1本を選ぶというもの。「プティ・シャブリ」、「シャブリ」、「シャブリ1級右岸」、「シャブリ1級左岸」、「シャブリ特級」の5部門で選考が行われる中、毎年出品数が部門中最多の最大激戦区「シャブリ」のカテゴリーで、見事その頂点に輝いたのが、この造り手の[シャブリ 2008]なんです。ほかにも、過去に2005年ヴィンテージが、地元フランスの重要ワインガイド【アシェット】で二つ星獲得、2006年産も同誌で一つ星獲得と、すでにフランス国内では絶賛の嵐。そしてそして、2008年産が見事150軒のシャブリ生産者の頂点に輝き、その地位を揺るぎないものにしました。そんな物凄いシャブリは、2009、2010年、2011年、2012年、さらには2014年産が大好評のうちに完売。そして待ちに待った、新着2015年の入荷です。この機会をお逃しなく、しっかりとお買い求めください。

※クール便でお届け致します フィリップ・パカレ シャブリ プリミエクリュ ヴォーリニョー 2006(Philippe Pacalet Chablis 1er Cru Vauligneau 2006)

Amazon

12,000

※クール便でお届け致します フィリップ・パカレ シャブリ プリミエクリュ ヴォーリニョー 2006(Philippe Pacalet Chablis 1er Cru Vauligneau 2006)

2006年についてのパカレのコメント 一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、 平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、 9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、 良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、 夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、 誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、 個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが 如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、 畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。 成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、 酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、 繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、 アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 「暖み」を感じるムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、 サントーバン アン レミィといったテロワールは、 力強くリッチな味わいです。また「冷たさ」を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン ミュルジェ ダン ド シアン、 シャブリ プルミエクリュ、コルトン シャルルマーニュといった テロワールは、リッチかつミネラル豊富です。

※クール便でお届け致します フィリップ・パカレ シャブリ プルミエクリュ ボーロワ 2006(Philippe Pacalet Chablis 1er Cru Beauroy 2006)

Amazon

12,000

※クール便でお届け致します フィリップ・パカレ シャブリ プルミエクリュ ボーロワ 2006(Philippe Pacalet Chablis 1er Cru Beauroy 2006)

2006年についてのパカレのコメント 一般的には、2006年はテロワール由来のミネラルが顕著に感じられる、 平均的な作柄の年と言われています。 8月はあまり天候に恵まれずに涼しかったのですが、 9月になってからの好天気によってブドウの成熟がすすみ、 良好な収穫となりました。収穫は9月26日に行いました。 2007年のボジョレーヌーヴォーにおいても同様でしたが、 夏の涼しさ自体は、そこまで悲観的に考える必要はありません。 じっくりとブドウの成熟を待つことが出来れば、 上質で品のある酸とエレガントなミネラルを得ることができます。 2005年のような天候に恵まれた年は、 誰しもが余計な事さえしなければ質の良いワインを造れる年でしたが、 個人的には2006年のようにヴィニュロン(ブドウ生産者)としての仕事ぶりが 如実に味わいに表れる年に愛着と自信を感じます。 結果的には、2006年は非常に良好なワインに仕上がったと思います。 香りには各テロワールの特徴がしっかりと表現され、 畑ごとの特徴をしっかりと感じられます。 成熟したブドウが収穫できたのでアルコール度はやや高め、 酸とのバランスも良好です。 赤ワインに関しては香り高くミネラル豊富、 繊細でエレガントな味わいのワインです。 白ワインに関してはとてもリッチで、 アルコールもしっかりしており、香り高いワインとなりました。 「暖み」を感じるムルソー、モンテリー クロ ゴーテイ、 サントーバン アン レミィといったテロワールは、 力強くリッチな味わいです。また「冷たさ」を感じる ピュリニー モンラッシェ、サントーバン ミュルジェ ダン ド シアン、 シャブリ プルミエクリュ、コルトン シャルルマーニュといった テロワールは、リッチかつミネラル豊富です。

ドメーヌ・ローラン・ラヴァンテュルー シャブリ・ヴィエィユ・ヴィーニュ 2015

Amazon

3,592

ドメーヌ・ローラン・ラヴァンテュルー シャブリ・ヴィエィユ・ヴィーニュ 2015

[ドメーヌ・ローラン・ラヴァンテュルー]は、なんとなんと、シャブリ地区最大のワインコンテストでシャブリ生産者の頂点に輝き、同時に、地元フランスの重要ワインガイド【アシェット】にも度々掲載され、2つ星も獲得(最高は3つ星)する、『まさに知られざる凄腕』という言葉が相応しい、家族経営の小さな造り手。シャブリ地区最大のコンテスト【シャブリ・ワイン・アワード】は、150軒のシャブリ生産者が集う大規模な品評会で、約300種のワインが出品され、格付けごとに最高の1本を選ぶというものです。「プティ・シャブリ」、「シャブリ」、「シャブリ1級右岸」、「シャブリ1級左岸」、「シャブリ特級」の5部門で選考が行われる中、毎年出品数が部門中最多の最大激戦区「シャブリ」のカテゴリーで、見事その頂点に輝いたのが、この造り手の[シャブリ 2008]。ほかにも、過去に2005年ヴィンテージが、地元フランスの重要ワインガイド【アシェット】で二つ星獲得、2006年産も同誌で一つ星獲得と、すでにフランス国内では絶賛の嵐。そしてそして2008年産が、見事150軒のシャブリ生産者の頂点に輝いたのです。そんな物凄いシャブリの、しかも年産5000本のみの特別仕込み格上キュヴェ[ヴィエィユ・ヴィニュ]。2009、2010年、2011年、2012年、さらには2014年産が大好評のうちに完売。そして待ちに待った、新着2015年が入荷いたしました。

[ Thibert ] ティベール、プィーイ・フュッセAC 2011  ( 白 ) 750m/ブルゴーニュ

Amazon

3,210

[ Thibert ] ティベール、プィーイ・フュッセAC 2011 ( 白 ) 750m/ブルゴーニュ

実力急上昇中の家族経営の小さなドメーヌ ティベール 2000年代に入って6度も「優秀若手醸造家賞」を獲得する、プイィ・フュイッセの期待の星! ドメーヌ ティベール、プィーイ・フュッセ 2011 白 ●Domaine Thibeert. Pouilly-Fuisse 2011 ブルゴーニュでまだ世に知られていない腕利きの若手醸造家を後援するために毎年行われているコンクール、 にて、 2001年、2003年、2005年、2006年、2007年、2009年と2000年代に入り6度も「優秀若手醸造家賞」を獲得。 このコンクールは、シャブリ、ニュイ、ボーヌ、マコン、シャロンの5地域それぞれから 優秀な若手醸造家が1名ずつのみ選ばれますので、まさにプイィ・フュイッセの期待の星です。 ティベール家は1840年以来マコネー地方、フュイッセ村のブドウ栽培農家でした。 1967年にルネ氏とアンドレ氏のティベール夫妻がドメーヌを設立しましたが、 ワイナリーの躍進は1990年に息子のクリストフ氏がワイン醸造学の学位を取得したのを機に 瓶詰めまで行うワイン生産者として独立したことをきっかけに始まります。 クリストフ氏の参画以降、選果基準を一層厳しくし、毎年20%の樽を新調するなど、品質ともに評価を着実に上げています。 1999年からはクリストフ氏の妹で、同じくワイン醸造学の学位を取得した サンドリーヌ氏がドメーヌの一員に加わり、現在は兄と妹の二人三脚でドメーヌを支えています。

こちらの関連商品はいかがですか?

ラ・シャブリジェンヌ シャブリ プルミエ・クリュ ヴァイヨン [2014] 750ml 白・辛口

なに酒・菓子・食るん 酒のにしだ

3,996

ラ・シャブリジェンヌ シャブリ プルミエ・クリュ ヴァイヨン [2014] 750ml 白・辛口

ワイン名 Chablis 1er Cru Vaillons ワイナリー名 La Chablisienne ヴィンテージ・内容量 2014年・750ml 原産地 フランス、ブルゴーニュ、シャブリ タイプ 白 辛口 ブドウ シャルドネ100% 飲み頃 12℃ 熟成 10% オーク樽(8か月) 90% ステンレスタンク(8か月) キャップ仕様 コルクいまの季節イチオシ 質・量ともに最高レベルと評される シャブリのトップ生産者 !! 高品質シャブリを安定供給できる理由は・・・ ・厳格な栽培規定 栽培は、シャブリジェンヌの定める方針に全組合員が従うよう、厳格に指導。 2名の専属栽培技師が、各栽培者が従っているかどうかチェックします。 ・ブドウの買い取り価格にも反映 シャブリジェンヌの定める方針に逸脱するような行為をした組合員には、 ペナルティーが課されます。また、本来の品質に満たなかった場合、支払われる賃金も減額。 反対に素晴らしい成果を残した場合には、特別ボーナスが支給される体制を採っています。 ・ワイナリーへは必ずマストの形で持ち込み 組合員は、空気圧式圧搾機を一軒に一機、もしくは数軒で一機所有。 マストの形でしかワイナリーに移動させていません。 これにより、ブドウ果のまま移動する事による劣化を防いでいます。 シャブリ全体の1/4という最大生産量を誇りながら、 品質的にもトップ生産者と目されるラ・シャブリジェンヌ。 1923年設立の生産者協同組合で、現在の組合員は約320名。 「ミネラル感とテロワールの表現を大切にする」事をポリシーとしており、 環境、ブドウ樹、人に優しい栽培をするため、リュット・レゾネを実践。 生産者協同組合だからこそ出来る、畑からの徹底的な管理によって生み出され、 「世界最高の生産者協同組合...

[ Domaine Cauhape ] ドメーヌ・コアペ、ノブレス・デュ・タン 2006 ジュランソンAC 375ml(白・甘口)

Amazon

3,120

[ Domaine Cauhape ] ドメーヌ・コアペ、ノブレス・デュ・タン 2006 ジュランソンAC 375ml(白・甘口)

美食家が愛して止まない黄金の雫。新世代の甘口名人 ドメーヌ・コアペ、ノブレス・デュ・タン 2006 ジュランソン・中瓶・白 ●Domaine Cauhape. 2006 Noblesse du Temps Jurancon A.O.C プティ・マンサン種を霜が降りる12月初めまで摘み取り時期を遅らせつくられます。 オークの新樽で醸造、長期熟成させた「貴族の時間」と言う名にふさわしい甘口の逸品。 グラン・ヴァン同様、20年、30年と保存可能なワイン。 ジュランソンは、フランスの最南端に拡がるアペラシオン。 ブドウ栽培地域はスペインとの国境に程近いピレネー山脈に隣接している。 気候条件は厳しいものの、大西洋とスペインから吹く暖かい風によってブドウ畑は守られている。 アンリ・ラモントー氏は独学でワイン造りを学んだといいます。 ですから自身のことを「ワイン職人」と呼ぶんだそうです。 コアペの甘口はブドウを風にさらし水分を抜くパスリヤージュという手法で造られます。 こうして収穫されるブドウには酸が残るので、べたつく甘さが残らず驚くほど心地良いニュアンスを生み出します。 ユニークな名前がついたそれぞれのワインは、収穫時期ごとに造られます。 9月のものはより軽やか、1月のものになると深みが増しオークの風味を帯びて なんともいえない幸せをもたらしてくれます。 収穫をぎりぎりまで待つ甘口の手法は、 アルザスの「ヴァン・ダンジュ・タルティヴ」からヒントを得て、応用したもの です。

シャブリ[2015]ジュリアン・バイヤール 白 750ml Chablis[Julien Baillard]

ユニビス Unibis 楽天市場店

3,326

シャブリ[2015]ジュリアン・バイヤール 白 750ml Chablis[Julien Baillard]

2013年より自社ビン詰めを開始、シャブリの超大型新世代ドメーヌ! シャブリ村にて1900年からぶどう栽培を営むバイヤール家は、長らく果汁やバルクでの販売を主業としてきましたが、2013年、シャブリの雄ジュリアン・ブロカールに3年間師事した娘エロディーが4代目当主として継承したのを機に、自社ビン詰めを開始しました。。 圧巻なのはその所有畑で、3つの村に30区画以上、計17ヘクタールもの村名シャブリをはじめ、「フルショーム」「モンマン」「ヴァイヨン」「モンテ・ド・トネール」の4つのプルミエ・クリュ、そして、「ブグロ」「ブランショ」「レ・プルーズ」の3つのグラン・クリュを擁する、シャブリの全生産者の中でもトップクラスの陣容となっています。(実際、この生産者の自社ビン詰め開始は現地業界で特大ニュースとなりました)。 2016年3月にシャブリ村で開催された展示会「グラン・ジュール・ド・ブルゴーニュ」にて、セカンド・ヴィンテージの2014年のお披露目が行われ、品質の高さに驚愕した各国のインポーターが殺到、瞬く間に輸出比率が70%を超えることになりました。 「美しいメロディーは誰が歌っても美しいように、ここシャブリのシャルドネから「美味しいワイン」を造ることは、難しいことではありません。師ブロカールに教わったことは、「感動するワイン」を造ろうということです。それは、コンサートが終わった後、ああ、まだ聴いていたいと感じる音楽のように、人生の喜びを噛みしめることができるワインです」(エロディー・セルヴァン) 所有畑が多いため、自社ビン詰めはAOCごとに、段階的に行われています。グラン・クリュは2017年ヴィンテージからの予定です。造り手の人格と、表現者としての美意識。畑。そして確かな技術。すべてが揃ったシャブリの超大型新世代ドメーヌが始動します。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク