メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「シャトー 1995」検索結果。

シャトー 1995の商品検索結果全157件中1~60件目

シャトー・ド・ミニエールロゼ・ド・ミニエール[2016]750ml

ステキにワイン

2,203

シャトー・ド・ミニエールロゼ・ド・ミニエール[2016]750ml

名称 ワイン 原材料 ぶどう 内容量 750ml 生産地 フランス・ロワール 生産者 シャトー・ド・ミニエール 保存方法 12~ 14℃前後推奨輸入者 株式会社ヴィノラム カベルネ・フラン100% ブルグイユ地区の最良のテロワールの中心部に16世紀の終わりに建てられた。シャトー・ド・ミニエールは2世紀にわたり女性により受け継がれてきた。デュ・スーリエ家という一族により200年間続くドメーヌ。1767年からはマリー=ジュヌヴィエーヴ・デスピネイ、そして1995年までをマルガレードとダイアン・デュ・スーリエが継承。その後、イブリン・ド・マスカレル・デ・コルビエールへ、そして2010年以来、キャスリーン・ヴァンデン・ベルゲが継承しています。ブドウの品質とワインの質の向上の為、ドメーヌに投資をするとともにビオロジックへ絶え間ない努力を注ぎ込み発展を続けています。 ブロンズがかった鮮やかなロゼ色。バラ、柑橘系、ミネラル、エレガントな香り。赤い果実の風味、余韻が長い。 食前酒として。生やマリネした魚、サラダ、山羊のチーズなどと。 ※ヴィンテージ・エチケット・形状などは画像と異なる場合があります。

バロンヌ フィリップ シャトー ダルマイヤック 1995

Amazon

12,960

バロンヌ フィリップ シャトー ダルマイヤック 1995

1989年から、現在の名称「シャトー・ダルマイヤック」と名付けられたワインで、ラベルに描かれている絵は、シャトー・ムートン・ロートシルトのワイン美術館に展示されている18世紀の“小さなバッカス(酒の神様)"の複製です。 ムートン所有シャトーの中では、メルローの比率の多さからも熟成が早く柔らかな味わいで、早くから楽しめるタイプのワインです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より ダルマイヤックは、故フィリップ・ロートシルト男爵がポイヤックに所有していた3つのシャトーのうちではいまだに最も知名度が低く、一般消費者にとっては最もわかりづらいシャトーである。男爵がこのシャトーを手に入れた1933年当時はムートン・ダルマイヤックと呼ばれていたが、1956年にムートン=バロン=フィリップと改称された、1975年にはこの翌年に他界した男爵夫人のためにムートン=バロンヌ=フィリップと改められた。1989年のヴィンテージからは再びダルマイヤックという名称に戻っている。 畑の樹齢は印象的だが、ワインのほうはたいがい比較的軽く、すぐに飲み頃になるし、複雑さや個性、寿命の点では2つの兄弟分にあっさり引き離されてしまう。もっとも、ワインの品質を向上させようとする風潮は昔から目についていた。1982年の品質は間違いなくヴィンテージ自体によるものだろう。本当に品質が向上し始めたのは上質な1985年からだが、それ以降、向上は続いているし、1990年代半ば以降は現実的な価格のついた秀逸なワインをたて続けに生産している。 ?一般的な評価? このシャトは近年大幅によくなり、昔より良好な凝縮感や濃厚さが見られるようになった。1989年までは一般的に健全だが興奮させられるようなものではなかったのだが、1995年以降では一貫して優良から秀逸となっているのだ...

シャトー・トロロン・モンド[1995]【750ml】 Chateau Troplong Mondot

リカーショップ ヒラオカ

16,200

シャトー・トロロン・モンド[1995]【750ml】 Chateau Troplong Mondot

暗い紫色をしたこのワインには、下生え、ジャムのような黒い果実 ミネラルとヴァニラの控えめだが興味深いノーズがある。深みがあり 豊かなミディアムボディからフルボディで、傑出したエキス分と 純粋さがあるこのワインは、なめらかな個性を備えており、タンニンは 1996年よりも甘く、よく調和している。このワインは、セラーであと7~8年 寝かせるべき長期熟成型ワイン(ヴァン・ドゥ・ガルド)であり、1989年と 1990年に達成された申し分のない品質のワインとさして遠くないところにいる。 講談社 『BORDEAUX ボルドー 第3版』 より抜粋 パーカー氏評:92点獲得!シャトー・トロロン・モンド Chateau Troplong Mondot 「いいときのトロロン・モンドには誰も勝てないよ・・・」と言われてるらしい。 サン・テミリオンの格付けの特徴として、格付け改定が行われる点があります。 最近では2006年に改定が行われ、パヴィ・マカンと共にトロロン・モンドがグラン・クリュ・クラッセから、11のシャトーしか存在していなかった第一特別級Bに昇格。 トロロン・モンドは現当主クリスティーヌ・ヴァレット氏が父親からシャトーを受け継いだ、1980年代から品質が飛躍的に向上しました。 1980年代半ばには、醸造コンサルタントにミシェル・ロラン氏を招き入れ、さらに品質向上に拍車がかかりました。 その頃から、「サン・テミリオンの第一特別級に格上げされるべき」「メドックの二級に相当する品質」などと言われてきました。 そうした評価を受け続けていたものの、1996年の改定の時は昇格最有力候補に留まりました。 しかしブドウの完熟を待って可能な限り摘み取りを遅くしたり、グリーン・ハーヴェストをして収穫量を抑えたり、新樽比率の引き上げ(約70%...

バロンヌ・フィリップ・シャトー・ダルマイヤック・1995★数量限定★ 10P05Oct15

こだわりの地酒・焼酎 酒の及川

12,960

バロンヌ・フィリップ・シャトー・ダルマイヤック・1995★数量限定★ 10P05Oct15

1989年から、現在の名称「シャトー・ダルマイヤック」と名付けられたワインで、ラベルに描かれている絵は、シャトー・ムートン・ロートシルトのワイン美術館に展示されている18世紀の“小さなバッカス(酒の神様)"の複製です。 ムートン所有シャトーの中では、メルローの比率の多さからも熟成が早く柔らかな味わいで、早くから楽しめるタイプのワインです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より ダルマイヤックは、故フィリップ・ロートシルト男爵がポイヤックに所有していた3つのシャトーのうちではいまだに最も知名度が低く、一般消費者にとっては最もわかりづらいシャトーである。男爵がこのシャトーを手に入れた1933年当時はムートン・ダルマイヤックと呼ばれていたが、1956年にムートン=バロン=フィリップと改称された、1975年にはこの翌年に他界した男爵夫人のためにムートン=バロンヌ=フィリップと改められた。1989年のヴィンテージからは再びダルマイヤックという名称に戻っている。 畑の樹齢は印象的だが、ワインのほうはたいがい比較的軽く、すぐに飲み頃になるし、複雑さや個性、寿命の点では2つの兄弟分にあっさり引き離されてしまう。もっとも、ワインの品質を向上させようとする風潮は昔から目についていた。1982年の品質は間違いなくヴィンテージ自体によるものだろう。本当に品質が向上し始めたのは上質な1985年からだが、それ以降、向上は続いているし、1990年代半ば以降は現実的な価格のついた秀逸なワインをたて続けに生産している。 ~一般的な評価~ このシャトは近年大幅によくなり、昔より良好な凝縮感や濃厚さが見られるようになった。1989年までは一般的に健全だが興奮させられるようなものではなかったのだが、1995年以降では一貫して優良から秀逸となっているのだ...

[2015] サンセール・ル・シェーヌ・マルシャン / パスカル・ジョリヴェ フランス ロワール / 750ml /白

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

4,536

[2015] サンセール・ル・シェーヌ・マルシャン / パスカル・ジョリヴェ フランス ロワール / 750ml /白

2015 SANCERRE LE CHENE MARCHAND / PASCAL JOLIVET ソーヴィニヨン・ブランの魔術師と呼ばれる ロワールを代表する造り手、パスカル・ジョリヴェ。 南向きの好立地にある畑から生まれるアロマティックな白ワイン。 ロワールの造り手の中で最も勢いのあるワイナリーの一つ、パスカル・ジョリヴェ。 1987年のリリースから間もなく、1995年には彼らのスタンダードキュヴェであるサンセールが ワインスペクテーター誌で90点、プイィ・フュメが89点という高評価を獲得。 また、ミシュラン星付きレストランでも取扱われるほどの実力を備え、 早くから注目を集めました。 パスカル・ジョリヴェのワイン造りのモットーは" Challenge of Natural!"。 "できるだけ自然に、手を加えないこと"をコンセプトに、 自然の摂理に従ったブドウ栽培を実践しています。 害虫や病害の防止策は自然の原料を使用した対策を講じることで、 果実味やアロマを最大限に引き出したワインを造ることができます。 醸造ではグラヴィティシステムを採用。 ブドウに負荷がかからないよう自然な形で仕上がるようになっています。 また、他のワイナリーでは発酵を促すために亜硫酸塩が使用されることが多いですが、 パスカル・ジョリヴェではブドウの果皮についている天然酵母を利用します。 このため通常の発酵が1~2週間で完了するのに対して2~3ヶ月かかりますが、 その分、酸がゆっくりと溶け込み、まろやかでエレガントなワインが生まれます。 このように自然を尊重して造られるパスカル・ジョリヴェのワインは、 ナチュラル、ピュア、エレガントという言葉がまさに当てはまるスタイル。 ソーヴィニヨン・ブランの特徴である「酸」と、 テロワールの個性である「ミネラル」と「果実味」...

[NV]フィリップ・グラヴィエ ラ・グラス・ダルファエル・グラン・クリュ / フィリップ・グラヴィエ フランス シャンパーニュ / 750ml / 発泡・白

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

7,560

[NV]フィリップ・グラヴィエ ラ・グラス・ダルファエル・グラン・クリュ / フィリップ・グラヴィエ フランス シャンパーニュ / 750ml / 発泡・白

NV LA GRACE DALPHAEL / PHILIPPE GLAVIER シャルドネの名手として注目される新世代RM。 シャルドネの魅力をピュアに表現した、 グラン・クリュのブドウを使用して造られるスタンダード・キュヴェ。 フィリップ・グラヴィエは、シャンパーニュ出身のフィリップとヴェロニクが出会い、 2005年にグラン・クリュのクラマンに誕生した新世代のレコルタン・マニュピュラン。 スタンダードに至るまで、 全てグラン・クリュ(メニル・シュール・オジェ、クラマン、アヴィーズ) のシャルドネを使用しているという家族経営のメゾンです。 フィリップは、メニルで代々続くブドウ栽培の農家を営むグラヴィエ家の3代目にあたります。 一方のヴェロニクもまた、モンテロン村で代々続くワイン一家の12代目として生まれました。 その二人が出会い、それぞれの先代が残してくれた偉大なエステートを受け継ぎ、 家族経営というスタイルを守りながら、 自分たちだけの素晴らしいワインを造り上げることを目標とし、 1995年、クラマンでシャンパーニュ・フィリップ・グラヴィエが誕生しました。 フィリップ・グラヴィエの特徴は、ほぼ全てのシャンパーニュが ブラン・ド・ブラン (シャルドネ100%)であること。シャルドネの奥深さを追求している点にあります。 彼らはシャルドネの魅力に惹きつけられたヴィニュロンたちで構成される 「パッション・シャルドネ」と呼ばれる組合にも参加しているほどで、 シャルドネという品種が備え持つあらゆる側面を見出い出すとともに、 クラマンという土地で育ったシャルドネの個性をワインですべて表現できるよう努力しています。 また、もう一つ忘れてはならないのが畑の多様性。 合計4.4ha以上に及ぶグラン・クリュは、様々な土壌、様々な方角を向いた畑で、...

[2014] マコン・ミリィ・ラマルティーヌ / レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォン フランス ブルゴーニュ マコン / 750ml / 白

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

4,860

[2014] マコン・ミリィ・ラマルティーヌ / レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォン フランス ブルゴーニュ マコン / 750ml / 白

ムルソーのスペシャリストとして名高いコント・ラフォンが マコンの地で造るムルソーさながらのリッチな味わいの白ワイン。 ジューシな果実味を綺麗に引き締める、ミネラル感溢れる一本。 「ムルソーの巨人」と称され、コシュ・デュリと並ぶムルソーのスペシャリスト、 ドメーヌ・デ・コント・ラフォン。 1868年、ジュール・ラフォン伯爵によって設立されて以来、 代々ラフォン家によって運営され、1987年には現当主、 ドミニク・ラフォン氏が醸造責任者になりました。 ドミニク氏は醸造テクニックに偏っていた古い手法を一新し、 ブドウ栽培に重点をおいた新しいワイン造りへと改革。 自ら畑を耕し、1995年からビオディナミを開始。 1998年には全ての畑をビオディナミへ移行しました。 そのような変革が実を結び、コント・ラフォンのワインは世界的に高い評価を受け、 その名声と生産量の少なさによって、価格は年々高騰。 現在も入手しづらい状況が続いています。 そのような中、ドミニク氏は「より身近でより気軽に楽しめるワインを造りたい。」 という想いのもと、1999年同じくブルゴーニュ地方のマコンの地に レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォンを設立。 エリティエールとは、「後継者」という意味であり、世界最高峰の白ワインと称えられる コント・ラフォンのムルソーのスタイルをしっかりと受け継いだワインを目指しています。 ドミニク・ラフォン氏が選んだマコンという土地は、 コート・ド・ボーヌの南に位置するマコネ地区にあります。 マコネ地区にはシャルドネ村が現存することから、 シャルドネ発祥の地と言われています。 レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォンでは、 本家コント・ラフォンと同じビオディナミを実行し、 100%マロラクティック発酵、ノンフィルターで瓶詰めしています。...

【エントリーでポイント最大17倍11/24(金)9:59まで】コート ロティ シャトー ダンピュイ[2013]ギガル(赤ワイン フランス)

ワインセラー エスカルゴ

16,740

【エントリーでポイント最大17倍11/24(金)9:59まで】コート ロティ シャトー ダンピュイ[2013]ギガル(赤ワイン フランス)

Information 品名 コート ロティ シャトー ダンピュイ ギガル ワイン名(原語) Cote Rotie Chateau d'Ampuis GUIGAL タイプ 赤ワイン・フルボディ 内容量 750ml 産地 フランス・ローヌ 品種 シラー、ヴィオニエ 商品説明 ギガルが誇るプレステージ・コート・ロティ 1995年に購入したギガル社の新たな本拠地、シャトー・ダンピュイの名を冠して、同年のヴィンテージからリリースされたのがこのシャトー・ダンピュイです。 モカ系の複雑な風味に重層的で集中力のある味わいが愉しめるワインは、ギガルのグレードの高さが十二分に納得できるもので、スタンダードのコート・ロティの一格上の味わいです。トップ・キュヴェである3つの単一畑産がとかく注目されがちですが、このダンピュイもそれに肉薄する評価を常に得ており、それでいて価格は単一畑産の半分以下であると言う点も注目に値します。 -ワインアドヴォケイト 94+点 備考 気温の高い時期はクール便での配送をお勧めいたします。 ワイン(750ml)なら12本まで同梱可能です。 ビール(350ml前後)は48本まで同梱可能です。 ワインの品質保持の為、気温の高い時期はクール便(別途300円)をおすすめします。E.GUIGAL ギガル 世界中が絶賛する北部ローヌの雄。揺るぎなきコート・ロティの最高峰生産者。 名実ともにローヌ地方を代表する偉大な生産者 初代エティエンヌがアンピュイの町に社屋を構えたのは1945年のこと。その後現在の当主である息子マルセルの代になり、同社の名声のもととなるコート=ロティの区画の数々を手に入れました。 そして1980年代の半ば、かつてエティエンヌが働いていたコート=ロティの老舗ヴィダル・フルーリィ社に始まり、1990年代の後半にはサン...

【ドゥメセ】ペルナン・ヴェルジュレス[2002](白ワイン)[750ml][フランス][ブルゴーニュ][村名格][辛口][古酒]

かわばた酒店 オンラインショップ

3,780

【ドゥメセ】ペルナン・ヴェルジュレス[2002](白ワイン)[750ml][フランス][ブルゴーニュ][村名格][辛口][古酒]

ボディ ライト フル 味わい 辛口 甘口 タイプ キレ コク DEMESSEY Pernand-Vergelesses Sous le Bois de Noël et les Belles Filles Blanc 生産国 フランス ブルゴーニュ 容量 750ml 生産村 ペルナン・ヴェルジュレス ヴィンテージ 2002年 種類 スティルワイン アルコール度数 13% 「ドゥメセ」は、マコン地区のドメーヌ「シャトー・ドゥ・メセ」の所有者であったマルク・デュモンが、1995年に新たに取得したムルソー村の名門ネゴシアン「マノワール・ミュリザルティアン」と業容を統合して誕生したメゾンです。その後コート・シャロネーズ地区の「ドメーヌ・ベルヴィル」も傘下に加わり、今日32ヘクタールの自社畑を所有しています。 そのワインは仏大統領官邸「エリゼ宮」の他、欧米の多数のトップレストランや、各航空会社の国際線などにもオンリストされています。また、「ベタンヌ&ドゥソーヴ」「ゴー&ミヨー」といった各種ワインガイドの常連でもあります。 そしてこのメゾンは、ムルソー村の1500m2ものカーヴに、見事に熟成した白のバックヴィンテージを大量に貯蔵していることでも世界に名を轟かせており、今回縁あって、日本初お目見えとなる多数の作品も含めて大々的にご紹介させていただけるはこびとなりました。 「家内のヴァンシアンヌが昔日本に留学していたこともあって、よく夫婦で日本に旅行に行くのですが、貴国の食のレベルの高さに深く感銘を受けております。私は熟成した白ワインこそがブルゴーニュワインの究極の醍醐味であると考えておりますが、今回日本のワインラヴァーの方にご賞味いただく機会が増えることを願い、また、大変光栄に思います」(マルク・デュモン)。...

1995 シャトー・ラトゥール 750ml

Amazon

110,000

1995 シャトー・ラトゥール 750ml

決して裏切られないワイン! シャトー・ラトゥール(Chateau Latour)は1855年のボルドーワインの格付けで第一級を獲得しています。 ボルドーの北西、メドックのポーイヤック南東端に位置しています。 農園では、全部で3種類の赤ワインを生産しています。 グラン・クリュに加えて、ラトゥールは2番手のワインとして「レ・フォール・ド・ラトゥール」(Les Forts de Latour)を1966年から、3番手としてシンプルな名の「ポーイヤック」(Pauillac)を1990年から毎年生産しています。 広さ78ヘクタールのぶどう畑があり、そのうちシャトー周辺部分47ヘクタールが 「ランクロ」と名付けられ、「偉大なワイン」専用のブドウが育てられている。 ブドウの種類の構成は、カベルネ・ソーヴィニヨン80%、メルロー15%、カベルネ・フランとプチ・ヴェルド5%。 通常は年に約18,000ケースを生産している。 セカンド・ワインのレ・フォール・ド・ラトゥールは一般的にカベルネ・ソーヴィニヨン70%、 メルロー30%というブレンドで、年間平均製造量は約11,000ケース。 その重厚すぎるタンニンゆえに、20年?25年は瓶熟成をさせなければ、素晴らしい力強さや深み、豊かさを見せてくれない事から、五大シャトーの中で最も男性的で長命、そして品質が安定していると言われています。 濃厚な色はまだ若さを感じさせながらも、1996年に比べ優しさを感じます。 シャトー・ラトゥールは、ジャムにしたようなカシスやバニラ、ミネラルを思わせます。 卓越した凝縮感と純粋さ、長い余韻は格別な味わいです。 パーカーポイント【96点】は1995年の最高得点です! この年の最高品質ワインと言えるでしょう。 また、この年のポイヤック地区を代表するベストワインにも選出され...

シャトー ポタンサック [1995] 750ml

Amazon

6,980

シャトー ポタンサック [1995] 750ml

1970年代半ばから、ポタンサックは、ミシェル・ドロンと (2000年からは)その息子ジャン=ユベール(サン=ジュ リアンの名高いレオヴィル=ラス・カーズとポムロールの ヌナンの所有者でもある)のひらめきある力強い指導力 のもとで、明らかに格付けワイン並みの品質のワインを つくり上げていた。この広大な畑は、サン=ティザンの近 くに位置し、 メドックのこの地区に見られる品質のレ ベルをはるかに超えたワインを産出しており、これ はドロン家の人ーとメートル・ド・シェ(醸造責任者) ミシェル・ロランの努力の賜物である 。 ここのワインは、 ドロンのワインの特徴である豊かさ と、カシスとベリーのような個性を持ち、優れた骨組 みがあり、素晴らしい純粋さと、バランス、そして驚 異的な熟成の可能性を示している 。メドック北部のこ の地域がこのような品質のワインを生産することはまれ だが、ドロン家は一貫して、ポタンサックでこれをやり遂 げている。 ドロンはまた、ポタンサックのセカンド・ラベルに相当する 一群の畑をほかに所有している。数年前までポタンサック はいくぶん通向けのワインだったが、もはやそうではない。 だが、 このワインは熱心なボルドーの愛好家なら試さ なければおかしいとさえ言える、高品質なワインである 。 探すべきヴィンテージは、2001年、2000年、1998年、1996年、 1995年 などがある。 『ボルドー第4版』 ロバート・M・パーカーJr.著 より

送料無料
シャトー・ラフィット・ロートシルト 1995

Amazon

130,190

シャトー・ラフィット・ロートシルト 1995

パーカー95点!あのラフィットの貴重な大当たり年1995年!パーカー【95点】!!造りは見事で特筆に値する将来性!![シャトー・ラフィット・ロートシルト 1995]一級中の一級、1855年の公式格付で当時の4大シャトーのトップに位置づけられた[シャトー・ラフィット・ロートシルト]。宮中晩餐会常連シャトーからのご紹介は、いまや目にすることも貴重な【95点】、1995年ヴィンテージ。もう既にふた昔ほどとなる1995年ヴィンテージについては、ボルドー委員会が次のように説明。『カベルネ種は、特にメドック北部において酸とアルコールのバランスがとれ、タンニンはしなやかで、濃縮度が高く香り豊か。とてもフルーティーでタンニン分に富んだ、質のよいワインが造られ、1995ヴィンテージの赤ワインは、1990年以降最良のヴィンテージであることは確かであり、すばらしい1988年に類似するという生産者も多く、フルーティーさでは1985年のヴィンテージと似ています。』そして、パーカーさんは【95点】のハイスコアに、『ラフィット・ロートシルト1995年(最終的なブレンドに使用されたのは収穫量の3分の1のみ)のブレンド比率は、カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロ17%、カベルネ・フラン8%である。暗いルビー・紫色をしていて、甘い粉末にしたミネラル、スモーキーで雑草のような、カシスの香りがするノーズを持つ。見事な甘みのある果実味を持った、目が詰まっているが惚れ惚れするほど純粋な、輪郭のはっきりとした、ミディアムボディのラフィットである。』『1996年ほどパワフルで重量感はないが、造りは見事で、傑出した実績だけでなく、特筆に値する将来性もある。』とコメントし、その飲み頃を2008~2028年としています。・・・

シャトー・ディケム(イケム) 1995

Amazon

42,984

シャトー・ディケム(イケム) 1995

1855年にソーテルヌとバルサックの優れた甘口ワインの格付けが行われたとき、ディケムは他の1級とは別格扱いを受け、ただひとつの特別第1級という栄光に輝きました。それ以来、その地位が脅かされたためしはなく、もっとも偉大なソーテルヌというより世界最高峰のデザートワインとして君臨しています。ディケムのぶどうは熟練した労働者のみを使い、完熟して貴腐菌の付いた粒のみを丁寧に手摘みされます。その回数は4回~11回にもなります。そうすることにより、天然の含有糖分がボーメ度20~22度になるぶどう粒を収穫できます。このぶどうを使うことにより、発酵後のアルコール度数が13.5%~14%になっても、ボーメ度4~7度までの糖分が残り、最もバランスの良いワインになります。蜂蜜のような強いブーケと、とろけるよう甘美な味わい、優雅な風味をそなえるイケムは、まさにソーテルヌの真髄といえる素晴らしいワインです。口に含むと、ミディアムからフルボディで、良好な酸がある。予想される飲み頃:2007-2035 最終試飲年月:2002年12月 ロバート・M・パーカー著 ボルドー第4版 美術出版刊 ワインアドボケイト誌93点【品名】 CHATEAU D'YQUEM 1995【産地】 フランス・ボルドー ソーテルヌ地区【原産地呼称 / 格付け】 特別第1級【味わい】 白ワイン・極甘口【ぶどう品種】 セミヨン80%、ソーヴィニヨン・ブラン20%【アルコール度数】 13.5%【容量】 750ml

スポンサーリンク
スポンサーリンク