メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「シャトー 1982」検索結果。

シャトー 1982の商品検索結果全65件中1~60件目

送料無料
シャトー・デ・ペルリーグ ルージュ [2013] 3本セット♪【15日間限定↓バッチリ値下げ↓送料無料】

ハモニカ横丁

6,415

シャトー・デ・ペルリーグ ルージュ [2013] 3本セット♪【15日間限定↓バッチリ値下げ↓送料無料】

■バリューボルドー 2016 リスト 055■ ■VALUE BORDEAUX・輸入元コメント■ 価格も味わいもお墨付き!この機会に是非お試しください。 ※掲載商品は売り切れしだい販売終了となります。 ※販売価格は変動する場合がございます、あらかじめご了承ください。シャトー・デ・ペルリーグは、ボルドーのグラーヴの中心、 Illats(イヤ)という村に位置します。 シャトーの設立は、1982年。設立当初から今まで栽培・醸造などの すべての工程を女性が切り盛りしてきたシャトーです。 ヴィンヤードは、赤ワインと白ワインを造ることを許された2つの異なった 区画からなり、それぞれ素晴らしい赤ワインや白ワインを生み出しています。 2007年にシャトーのオーナーとなった、Ms.スマティは、 代々受け継いでいる「女性らしい」ワイン造りについてこう語っています。 ●女性は機械的に働くというよりも、母のように優しい、 そして人間らしいアプローチでワインを育てる♪ ◆シャトー・デ・ペルリーグ ルージュ [2013] CHATEAU DES PERLIGUES ROUGE◆ ◆原産国:フランス ◆生産地:ボルドー地方 グラーヴ地区 ◆格付け:AOCグラーヴ ◆タイプ:赤・ミディアムボディ ◆ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー40% ◆アルコール度数:12% ◆容量:750ml ◆面積:10ha ◆平均樹齢:17年 ◆醸造方法◆ 手作業によるナイトハーヴェスト。クラシカルな醸造方法。 25日間ステンレスタンクで発酵させた後、6〜8ヶ月コンクリートタンクで熟成される。 ◆ワインに良く合うお料理◆ ブリの照り焼き、しゃぶしゃぶ、 ローストチキン、オマール海老の赤ワインソース、甲殻類のグリル ◆テイスティング◆ アセロラ、ブルーベリー、カシス...

シャトー・コス・デストゥルネル [1996] メドック格付第2級・AOCサンテステフ Chateau Cos d`Estournel [1996] AOC Saint- Estephe 【赤 ワイン...

Donguriano Wine

26,127

シャトー・コス・デストゥルネル [1996] メドック格付第2級・AOCサンテステフ Chateau Cos d`Estournel [1996] AOC Saint- Estephe 【赤 ワイン...

メドック格付第一級に匹敵する高い人気!クラスマン最高評価3ツ星★★★、ロバート・パーカー氏も満点の5ッ星★★★★★生産者!第一級ラフィット・ロートシルトに隣接するサンテステフのトップシャトー! 1982年からとりわけ素晴らしいワインを生産し、格付け1級に肉薄しました。また2001年以降はさらに素晴らしいワインを生産し続けています。エチケットはシャトーの外観を写したもので、アジア風のパゴダのような美しいシャトーです。ポイヤックとの村境のすぐ北隣はなんとあの格付け一級のシャトー・ラフィットを見下ろす丘の背に位置しています。コス・デストゥルネルの特徴として一般的に他のシャトーよりもブレンドに使用するメルロの比率が高い、猛暑の年など困難なヴィンテージに強いと言われています。 メルロが多く含まれていることによって、サン・テステフらしい、力強いカベルネ・ソーヴィニヨンのタンニンによる骨格と、メルロの膨らみのある果実味が見事に調和し、素晴らしいハーモニーを生みます。 非常に深みのある濃い色合いで、ほのかに甘い黒系のブラックカラントやブラックチェリーの熟した果実香を主体に、オリーブやハーブ、ローストしたハーブや甘草、スパイスやコーヒー、バニラのニュアンスさらには若干スモーキーなニュアンスが感じられます。口当たりはスパイシーながらも優しく厚みのある果実味も豊かで、よく熟した硬めのタンニン、やや控えめな酸が感じられます。しっかりとした構造で力強い飲み口です。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 ボルドー / メドック地区 / サンテステフ村・メドック格付け第2級 ●ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー38%、カベルネ・フラン2% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて...

ゴンザレス ビアス アルフォンソ 17度 750ml あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

2,244

ゴンザレス ビアス アルフォンソ 17度 750ml あす楽

現在世界で最も有名なシェリー・メーカーであるゴンザレス・ビアス社は、1835年当時若干23歳だったマヌエル・マリア・ゴンザレス・アンヘル氏によって創業されました。 シェリーの利き酒の名手であり、「ティオ・ペペ」の名前の由来ともなった彼の叔父・ドン・ホセ・アンヘル・デ・ラ・ペニャ氏の助力のもと、自分のシェリーを造って輸出するためのボデガ(酒倉)を購入したのが、その始まりでした。 初年度の輸出量は樽にして10樽程度のものでした。 しかし、わずか3年後には819樽にまでその業績を伸ばします。 その後イギリスのワイン販売代理業者ロバート・ブレイク・ビアス氏を共同経営者に迎えて事業は飛躍的に拡大。 社名も現在のゴンザレス・ビアスと改め、1862年には、女王イザベル2世がヘレスの町を訪問した際、王室御用達のメーカーとして「王家承認」を受けました。 1982年、ゴンザレス・ビアス社はスペイン随一のスティルワインの銘醸地リオハへ進出。 シェリーばかりでなく、スティルワインの生産も本格的に手掛けるようになりました。 1997年からは、フランス・ボルドー、メドック地区の第1級に格付けされるシャトー・マルゴーの醸造責任者(現ジェネラルマネージャー)、ポール・ポンタリエ氏が醸造アドバイザーとしてワイン造りに参加。数あるリオハのワインの中でも特に注目を浴びる存在となっています。 他のワインに比べてもアルコール度数が17度と高く、アペリティフとしても、スープや肉料理に合わせても楽しめる辛口シェリーです。 ゴンザレス・ビアス スペイン/アンダルシア パロミノ100% シェリー 17% 750ml 素晴らしい琥珀色が、このワインの力強さを物語ります。 香りも快い刺激を与えてくれるオロロソ・シェリー。長い熟成の時を経て、ほんのりスパイシーな高級葉巻の香りが感じられます...

ゴンザレス ビアス ロンドンNo.1 オリジナル ブルー ジン 47度 700ml あす楽

酒類の総合専門店 フェリシティー

4,298

ゴンザレス ビアス ロンドンNo.1 オリジナル ブルー ジン 47度 700ml あす楽

現在世界で最も有名なシェリー・メーカーであるゴンザレス・ビアス社は、1835年当時若干23歳だったマヌエル・マリア・ゴンザレス・アンヘル氏によって創業されました。シェリーの利き酒の名手であり、「ティオ・ペペ」の名前の由来ともなった彼の叔父・ドン・ホセ・アンヘル・デ・ラ・ペニャ氏の助力のもと、自分のシェリーを造って輸出するためのボデガ(酒倉)を購入したのが、その始まりでした。初年度の輸出量は樽にして10樽程度のものでした。しかし、わずか3年後には819樽にまでその業績を伸ばします。その後イギリスのワイン販売代理業者ロバート・ブレイク・ビアス氏を共同経営者に迎えて事業は飛躍的に拡大。社名も現在のゴンザレス・ビアスと改め、1862年には、女王イザベル2世がヘレスの町を訪問した際、王室御用達のメーカーとして「王家承認」を受けました。 1982年、ゴンザレス・ビアス社はスペイン随一のスティルワインの銘醸地リオハへ進出。シェリーばかりでなく、スティルワインの生産も本格的に手掛けるようになりました。 1997年からは、フランス・ボルドー、メドック地区の第1級に格付けされるシャトー・マルゴーの醸造責任者(現ジェネラルマネージャー)、ポール・ポンタリエ氏が醸造アドバイザーとしてワイン造りに参加。数あるリオハのワインの中でも特に注目を浴びる存在となっています。 ロンドンで蒸留されている高い人気のプレミアムジンです。厳選した穀物を原料に伝統的なポットスティルで3回蒸留しています。ボタニカルには、ジュニパーやコリアンダー、アンジェリカ、イリスの根、リコリスの根など12種類の植物を使用しています。このジンのユニークな所は、ベルガモットのオイルを使用している点で、アールグレイティーを思わせるアロマが特徴です。美しいターコイズ・ブルーの色は...

シャトー・ラトゥール [1994] 750mlパーカーポイント94点、飲みごろ2005年〜2035年

京屋酒店ワインカーヴ

72,800

シャトー・ラトゥール [1994] 750mlパーカーポイント94点、飲みごろ2005年〜2035年

パーカーポイント94点飲みごろ 2005年〜2035年 ラトゥールにとって興味深い、偉大ヴィンテージ。 1994年は最終ブレンドに異例の高率でメルロ(27%)を含む。 このため普通の若いラトゥールよりは甘く、フレッシュな舌触りだが、だからといってこれを商業主義的なスタイルの飲みやすいワインと早合点してもらっては困る。 非常に濃くて暗いルビーから紫色、ノーズは内向的な、教科書通りの強い胡桃とカシスの香気を放ち、さらにグラスの中で燻したような、トーストしたような香りが添えられる。 フルボディで力強い、層のあるこのラトゥールはタンニンが多いが、苦味、収斂性は全くない。 とびきりの純粋さ、すばらしい精巧さ、際立つ余韻があり、35年から40年の長命を享受するだろう。 読者のみなさんも、普通の若いラトゥール(1982年や1990年といった特別なヴィンテージは別だが)より肥えた、フレッシュな、グリセリンの多い味に気付かれるだろう。 でも、騙されないように。 このワインは、まだ熟成に8年から10年を要する。最終試飲月 97年1月 ロバート・パーカー著 ボルドー第3版より

[2014] ピノ・ノワール 椿ラベル / オー・ボン・クリマ アメリカ カリフォルニア / 750ml / 赤

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

3,672

[2014] ピノ・ノワール 椿ラベル / オー・ボン・クリマ アメリカ カリフォルニア / 750ml / 赤

2014 PINOT NOIR TSUBAKI LABEL / AU BON CLIMAT アンリ・ジャイエを師と仰ぐ、世界的人気のワイナリー。 日本びいきのジム・クレンデネン氏が 厳選したピノ・ノワールで醸造した日本限定キュヴェ。 「カリフォルニアのロマネ・コンティ」と呼ばれるカレラと並び、 ブルゴーニュに引けを取らないカリフォルニアワインとして、 人気を二分しているのが、こちらのオー・ボン・クリマ。 ワイナリー名となっている「Au Bon Climat」とは、 「良く露出している畑」という意味で頭文字をとって、ABCと呼ばれています。 オー・ボン・クリマは、1982年カリフォルニアのサンタ・バーバラの地で始められたワイナリーで、 オーナーは「カリフォルニアワインの怪人」の異名を持つジム・クレンデネン氏。 金色の長髪に派手なシャツという出で立ちで、 見た目はまるでプロレスラーかロック・ミュージシャンのような雰囲気ですが、 彼の生みだすワインは、その容貌からは想像できないほど繊細でエレガント。 そのワインのクオリティの高さも「怪人」と呼ばれる所以となっています。 クレンデネン氏はフランスで修行していた際、 あのブルゴーニュの神様“アンリ・ジャイエ”に師事。 ジャイエ氏のワイン造りに多大な影響を受けたクレンデネン氏は、 テロワールを繊細に表現したワインを造るため、 冷涼な気候でピノ・ノワールやシャルドネの栽培に向いている カリフォルニアのサンタ・バーバラにワイナリーを創設しました。 ワイナリーを立ち上げてまもなく、1989年、1990年とたて続けに ワイン評論家ロバート・パーカー氏から「ベスト・ワイナリー・オブ・ザ・ワールド」に選出され、 1992年には、ロサンゼルス・タイムスの「ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれるなど、...

送料無料
シャトー・モンローズ [2004]750ml

Amazon

15,010

シャトー・モンローズ [2004]750ml

モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつであり、セラーに関してはこのコミューンで最も欠点のない、清潔でよく管理されたものである。モンローズといえば、長年、安心して飲めるようになるまでに何十年間も寝かせなければならない、巨大で濃密で力強いワインとして知られてきた。 たとえば1982年に、かつてのボルドーのCIVB の会長ジャン・ポール・ジョフレが、私にブラインド・テイスティングで年代を当てろと言って1908年もののモンローズを注いでくれたことがある。そのワインは十分に生き続けていて、少なくとも30年は若く感じられたものだ。 シャトーの所有者、物腰の柔らかなジャン=ルイ・シャルモリュは、濃密で耐えがたいほどタンニンの強いワインはもはや消費者に好まれないと見て、モンローズのスタイルを明らかに軽くしたことがあった。スタイルの変化は1970年代後半と1980年代前半に特に顕著で、カベルネ・ソーヴィニョンやプティ・ヴェルドの代わりにメルロが多くブレンドされるようになったのである。 しかし、モンローズのファンはこの「新酒」のスタイルを歓迎しなかった。そこで1986年以降、モンローズは、1975年以前のヴィンテージを思わせる、より力強い、筋肉質なスタイルに逆戻りした。モンローズの1989年と1990年のヴィンテージからは、確かに、1961年以降見られなかった本当に飛び上がるようなワインが生み出された。 モンローズの最も偉大なヴィンテージ、1953年、1955年、1959年、1961年、1964年、1970年を味わう喜びを知ったら、誰でも、モンローズが「サン=テステフのラトゥール」の名に恥じない重々しいワインの一群を生産してきたのは間違いないと認めることだろう。モンローズのワインが特に強かったのは1953年から1971年までと...

送料無料
[2003] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild

Amazon

76,000

[2003] シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml Ch.Mouton Rothschild

ボルドー第4版 28hl/haという低収量でつくられたこの深遠なワインの、ブレンド比率はカベルネ・ソーヴィニョン76%、メルロ14%、カベルネ・フラン8%、プティ・ヴェルド2%。仕上がりの pHは3.8、アルコール度数は12.9%(この点ではラフィット・ロートシルトとほとんど同等)、総酸度は3.5である(ほかの一級シャトーよりはるかに高い)。2003年はスタイルの点ではムートンの1982年に似ているが、同じ時期のムートンよりやわらかいし、より融通のきいたものになっている。カベルネ・ソーヴィニョンの収穫が始まったのは1982年、1947年双方と同じ日だった……興味深い一致である。縁まで黒/紫色をしており、ゴージャスなノーズはエスプレッソのローストと混ざり合った、古典的なムートンらしいクレーム・ド・カシス・リキュールのような趣を思わせる。この力強い、とろりとした風味は滝のように口蓋を流れていき、途方もない強烈さや強いタンニンを感じさせる。この並はずれて素質のある2003年は、いまだに落ち着こうとしている最中だが、まぎれもなくこのヴィンテージで最も偉大な作品の1つである。私の直感が正しければ、1982年以降で最もブドウの完熟感のある、最も華々しいムートン・ロートシルトである。予想される飲み頃:2012~2035年。

シャトー・セルタン・ド・メイ [2009]

Amazon

11,664

シャトー・セルタン・ド・メイ [2009]

セルタン・ド・メイの2009年が遂に入荷! なんと・・・久々のパーカー93+点を獲得です! 昔からテロワールが抜群と言われるセルタン・ド・メイが 近年、名声を取り戻しつつあります! セルタン・ド・メイは、ヴィユー・シャトー・セルタンに隣接していて ペトリュスとの間に挟まれている超好立地に位置するシャトーで、 昔はとても評価も価格も高かったワインです。 パーカー氏は2005年、2006年共に92点を付けています。 そして、今回2009年は完全復活とも言える93+点を付けました! セルタン・ド・メイの93+点は1982年以来実に30年ぶりです!!! 私が、ワインを飲み始めた頃ってセルタン・ド・メイって超高いワインでした。 ワイン通が飲むための隠れたポムロルって感じで、持っているだけで 「この人はワイン通だな・・・」と思わせる存在感がありました。 1980年代後半から徐々に評価が下がりさらに他の新星ポムロルが出てきたため、 なかなか表舞台に出る事がなかったシャトーですが、 ここにきてようやく復活し、今後注目されるシャトーになると思います! 2009年はボルドーにとってもポムロルにとっても最高のヴィンテージです! 他のポムロルが高値を付ける中、セルタン・ド・メイはまだまだ安いと思います! 今回24本仕入れる事が出来ました! 復活したセルタン・ド・メイを是非お買い求めいただきたいです! この機会をお見逃しなく! <シャトー情報> 所有者:オデット・バロー=バダール 面積:5.0ha ブドウ品種:メルロー70%、カベルネ・フラン25%、カベルネ・ソーヴィニヨン5% 平均樹齢:25年 植樹密度:5500本/ha 平均収量:40hl/ha 育成:発酵とマセレーションは、温度管理されたステンレスタンクで4~5週間。 ポンピングオーバーは頻繁に行う。...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク