メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「シャトーラロック」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

[2006] シャトー・マルゴー / マルゴー フランス ボルドー / 750ml / 赤

エノテカ・シャトー蔵出しワイン

118,800

[2006] シャトー・マルゴー / マルゴー フランス ボルドー / 750ml / 赤

2006 CH. MARGAUX / MARGAUX 五大シャトーのなかで最もエレガントで女性的と評されるシャトー。 ボルドー最良のテロワールを最大限に引き出した至高のワイン。 クラシカルなスタイルが特徴の、バランスに優れた逸品。 メドック格付け 第一級 1855年の格付け当時から五大シャトーの先頭を争う高貴なワイン、シャトー・マルゴー。 パリ万博の際に行われた格付けでは、最高級の格付け第一級を獲得。 さらに、その際に行われた20点満点のテイスティングでは唯一満点評価を受け、 名実ともにボルドーワインの頂点へ登り詰めました。 30年にわたり最高醸造責任者を務め、現社長であるポール・ポンタリエ氏は、 シャトー・マルゴーを「ベルベットの中の手袋の中の鋼鉄の拳」と表現しました。 そのように女性らしくも力強さを秘めたワインと形容される理由は、 第一に優雅で香り高い、マルゴー特有のエレガンス。 それに加えて、たっぷりとした果実味と豊富なタンニンを備えていることからです。 若いうちはタンニンに堅くガードされており、飲み頃を迎えるまでに時間を要しますが、 長期熟成を経て現れる、うっとりとするような滑らかな舌触り、そして豊かな味わいは、 多くのワインラヴァーの心を掴んで離しません。 ワイン愛好家を虜にする、そんなシャトー・マルゴーは、 約10年ほど前からマルゴー特有のエレガンスを最大限に引き出す為、 カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を高めており、造られるワインも新樽率100%というこだわり。 また収穫においても選果をさらに厳しくし、ファースト・ラベルに使われるブドウは僅か35%前後です。 最高のテロワールで育ち、極めて厳しい選果をクリアした珠玉のブドウだけをグラン・ヴァンに使用しています。 ポンタリエ氏が「上質なブドウ果実が手に入れば...

シャトー・レ・ダーム・ド・ラ・ルナルディエール 2006年 フランス ボルドー 赤ワイン ミディアムボディ 750ml

Amazon

2,268

シャトー・レ・ダーム・ド・ラ・ルナルディエール 2006年 フランス ボルドー 赤ワイン ミディアムボディ 750ml

シャトー・レ・ダーム・ド・ルナルディエール シャトー・レ・ダーム・ド・ルナルディエールは、Sauve Majeureというアントル・ドゥー・メールでも歴史ある都市の玄関口とも呼べる場所にあるシャトー で、60ヘクタールを所有しています。 非常に歴史ある城で、古文書の記録によれば、その起源は1478年まで遡ることができます。 最も古い記録によると15世紀にAudigeay家によって建てられたのが起源とされています。もう少し後の、17世紀ごろの記録では、ルイ15世の時代で有名なボルドーの古地図に載っているのが確認できます。 現在の所有者はNicole Dupuy氏で、シャトー内の古い設備を交換する等大規模なリノベーションを施し、歴史的な建築物でありながら、使いやすく素晴らしいワインを作るに足るシャトーへと変貌させました。 アントル・ドゥー・メールの赤ワインは滑らかで親しみやすく、適度な凝縮感がある味わいが特徴です。 酸味と甘みのバランスが整った、上品な、女性的な魅力のあるワイン。 もぎたてのプラムを思わせる果実味に、熟成によって現れるレザーのような深みのある熟成香が感じられる。 まさに今が飲みごろのボルドー熟成ワイン。 バランスが取れているので、野菜料理~肉料理、洋風、和風と様々な料理に合わせやすいのも魅力です。 暑い時期は、ぜひ少しだけ冷やして、13~15度くらい(フランスでは、夏でも夜はこれくらいの気温になります)で楽しんでください。 醸造コンサルタント:ミシェル・ロラン。自然派(リュット・レゾネ)フランスの専門誌「Terre de Vins」にも掲載されました。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク