メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「シャトーラロック」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

シャトー・ラセグ・サン・テミリオン 2006

Amazon

5,644

シャトー・ラセグ・サン・テミリオン 2006

パーカー100点満点を、なんと8回獲得する凄腕ワインメーカーが祖国本国に凱旋帰国し、造り出したワイン。やはりパーカー100点を獲得するシャトー・パヴィやパヴィ・デュカス、ラルシス・デュカスといった超有名なシャトーに囲まれ、世界遺産サン・テミリオンの中でも17世紀から続く有名なシャトーでありながら、その力を存分に発揮できずにきたのですが、2003年にオーナーが代わり、そのポテンシャルが形になりました。アメリカでは、前ヴィンテージが150ドルにまで高騰し、今ヴィンテージも本来ならばかなりの価格上昇の予定でしたが、ワイナリーとの交渉の結果、どうにか価格上昇を最小限に抑えることができました。今後も徐々に価格上昇していくと思われるワインですので、ぜひ、今のうちにお楽しみいただければと思います。10年熟成を経てもフレッシュな果実味を感じられる素晴らしい味わいは感動的。肉料理全般に合いますが、試飲しながら、食べたくなったのは炭火でグリルした上質なサーロイン。。一緒に飲むと、適度な脂身がより美味しく感じられるワインです。今後も毎年、価格が高騰していくワインであることは間違いありません。今のうちにたっぷりとご堪能ください。。

シャトー・ラ・ポワント 2006

Amazon

5,968

シャトー・ラ・ポワント 2006

ボルドー右岸のメルロー種の聖地ポムロールで、現在23haの畑を所有し、メルロー種の特性が表れた、滑らかでみずみずしい果実味が特徴のワインを生み、以前からかなりお値頃価格のワインを市場に供給してきた[シャトー・ラ・ポワント]。トップシャトーが造る大柄で凝縮感のあるポムロールではないものの、偉大さとは対照的な意味で特徴的な良質ワインを生み出し、消費者からはその入手し易さが魅力の一つとされています。また近年では、2007年にオーナーが代わり、畑と醸造設備・カーヴの改革に加え、醸造コンサルタントとしてサン・テミリオンの偉大な[シャトー・アンジェリュス]を所有する「ユベール・ド・ボウアール氏」を起用、さらにセカンドワインの導入などにより、品質も大きく変化し注目を集めています。そんなシャトーからの、10年熟成バック・ヴィンテージ[シャトー・ラ・ポワント 2006]。このヴィンテージは、「ロバート・パーカー氏」主宰の【ワイン・アドヴォケイト誌】がポムロールに【90点】のスコアを付ける、いわゆる・グレートヴィンテージ。さらに地元フランスの【ギド・アシェット誌】が、二つ星の評価に、『傑出ワイン(Vin Remarquable)』の高評価で注目するワインを、この機会にぜひとも皆様のコレクションにお加えください。シャトー自身が、卓越した熟成ポテンシャルを秘めるとし、熟成ワイン好きならまだ10年は楽しめるとする1本です。

シャトー・レ・ダーム・ド・ラ・ルナルディエール 2006年 フランス ボルドー 赤ワイン ミディアムボディ 750ml

Amazon

2,268

シャトー・レ・ダーム・ド・ラ・ルナルディエール 2006年 フランス ボルドー 赤ワイン ミディアムボディ 750ml

シャトー・レ・ダーム・ド・ルナルディエール シャトー・レ・ダーム・ド・ルナルディエールは、Sauve Majeureというアントル・ドゥー・メールでも歴史ある都市の玄関口とも呼べる場所にあるシャトー で、60ヘクタールを所有しています。 非常に歴史ある城で、古文書の記録によれば、その起源は1478年まで遡ることができます。 最も古い記録によると15世紀にAudigeay家によって建てられたのが起源とされています。もう少し後の、17世紀ごろの記録では、ルイ15世の時代で有名なボルドーの古地図に載っているのが確認できます。 現在の所有者はNicole Dupuy氏で、シャトー内の古い設備を交換する等大規模なリノベーションを施し、歴史的な建築物でありながら、使いやすく素晴らしいワインを作るに足るシャトーへと変貌させました。アントル・ドゥー・メールの赤ワインは滑らかで親しみやすく、適度な凝縮感がある味わいが特徴です。 酸味と甘みのバランスが整った、上品な、女性的な魅力のあるワイン。 もぎたてのプラムを思わせる果実味に、熟成によって現れるレザーのような深みのある熟成香が感じられる。 まさに今が飲みごろのボルドー熟成ワイン。 バランスが取れているので、野菜料理~肉料理、洋風、和風と様々な料理に合わせやすいのも魅力です。 暑い時期は、ぜひ少しだけ冷やして、13~15度くらい(フランスでは、夏でも夜はこれくらいの気温になります)で楽しんでください。 醸造コンサルタント:ミシェル・ロラン。自然派(リュット・レゾネ)フランスの専門誌「Terre de Vins」にも掲載されました。

送料無料
シャトー ラ ヴィオレット ペレ ヴェルジェ 2006 赤 750ml

Amazon

44,863

シャトー ラ ヴィオレット ペレ ヴェルジェ 2006 赤 750ml

生産者:ペレ=ヴェルジェ社は、1985年、カトリーヌ・ペレ=ヴェルジェによってポムロールに設立された家族経営の企業です。巨大資本の傘下に入るグランシャトーが多くなっている昨今、このレベルのシャトーを家族規模で経営している最後の企業といえます。設立当初からカトリーヌと親交の深かった醸造コンサルタントのミシェル・ロランが全面的にサポートし、世界に誇れる品質のワイン造りを行ってきました。現在は、子息のアンリ・パランが亡きカトリーヌの志を受け継ぎ、一層の情熱を持ってワイナリーを運営しています。 ch.トロタノワの隣、ch.ル・パンの上部というポムロール最上のクリマに位置するシャトーで、ペレ・ヴェルジェ社渾身のワイン。卓越した凝縮感とベルベットのような大変エレガントなタンニン、これまでにない厚みと緻密さのある唯一無二のワイン。 畑:ch.トロタノワの隣、ch.ル・パンの上部に1.8haの畑。南向き。ポムロール最上部の断層にあり、鉄分を含んだ粘土質と砂礫質の優れた土壌。 栽培・収穫:ブドウ栽培のスペシャリスト、クジニエ氏のアドバイスによる有機農法。平均樹齢25年、植密度7500本/ha、剪定はギュイヨ・サンプル。収穫は天候により9月中旬?10月初め。(ポムロールで最も遅い)平均収量20?24hl/ha。収穫は60人のチームが、手摘みで熟度に応じて2?3回に分けて行う。さらに実を一粒一粒全て手で外し、良果のみ選別。 醸造・熟成:除梗も手作業で行い、直接新樽に入れて発酵を行う。発酵期間は約5週間(10℃で前発酵、20?30℃でアルコール発酵)。マロラティック発酵と熟成は新樽100%で約20月。無ろ過。ワインメーカーは醸造コンサルタントのミッシェル・ロラン氏。 受賞歴:2006 ワイン アドヴォケイト 92pt (No.181 Feb 2009)

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク