メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「シャトーラグランジュ 2009」検索結果。

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
シャトーラグランジュ リーデル ペアグラス ボルドータイプ ギフトCh.Lagrange [2011]RIEDEL

札幌ワインショップ

12,204

シャトーラグランジュ リーデル ペアグラス ボルドータイプ ギフトCh.Lagrange [2011]RIEDEL

※画像とヴィンテージは違います。 平均年間生産量:30万本 畑 面積:109ha、平均樹齢:25年、植樹密度:8500本、平均収量:58hl/ha 育て方:28℃の発酵と3週間のマセレーションは温度管理されたステンレスタンクで。熟成は新樽60%で20ヶ月。清澄も濾過も行う。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン66%、メルロ27%、プティ・ヴェルド7% 所有者:シャトー・ラグランジュSA(サントリー)Ch.Lagrange 2008 / St-Julien 1983年12月15日、サントリーはこの名門シャトーの経営を引き継ぎました。欧米以外の企業によるフランス政府の認可がおりたのは、サントリーが初めてのことでした。 しかし、当時のシャトー ラグランジュでは、かつて広大を誇った敷地も、最盛期の300haから157haとほぼ半減に近く、醸造設備は旧式、従業員はわずか13人とすでに限界をわっており、城館も荒れるがままにまかされていました。この現状を前に、サントリーはきわめて単純な目標を立てました。 すなわち、この葡萄園の土壌が本来そなえている実力を、再び最大限に引き出すために、すべてを作りかえること。しかもその改善を可能な限り早く行うことでした。そしてこの目標のために、サントリーでは、かつてボルドー大学でワイン醸造研究所長を務めていたフランスきっての醸造学者エミール・ペイノー博士に協力を要請しました。 サントリー引用文 サントリーは、鈴田健二さんを投入し、日本企業の威信をかけて、ラグランジュの復活に心血を注ぎました。 フランスの商習慣、クルティエ制度などの取り組みや、土壌の改良、優良品種のクローンなど・・ 今では、押しも押されぬトップシャトーへとなりました。 創業250年の名門ワイングラスブランド 、RIEDELリーデル。...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク