メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「シャトームートン」検索結果。

シャトームートンの商品検索結果全325件中1~60件目

送料無料
2011年シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド/ポイヤック/750ml/赤ワイン

Amazon

18,200

2011年シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド/ポイヤック/750ml/赤ワイン

「ポイヤックの貴婦人」と形容される女性的で優しいワイン シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド。 メドック格付け 第二級 一級の シャトー・ラトゥール、二級の シャトー・ピション・ロングヴィル・バロンといった シャトーに挟まれたところに位置するのが、 ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド。 ポイヤックの3つの名高い一級シャトー(ラフィット、ラトゥール、ムートン)にも 肩を並べるほどの実力です。 ピション・ラランドの流儀は、 「アタックはあくまでデリケートに。しかし中間から一気に広がってくる 圧倒的なヴォリューム感そしてフィニッシュには遠慮しない。」というもの。 なるほど、そのエレガントなスタイルは、 男性的なピション・バロンと比較され、貴婦人のようと形容されます。 2011年のピション・ラランドは、例年よりもカベルネ・ソーヴィニヨンの比率が高く、 黒スグリ、プラム、カシス、火をつけていないタバコのアロマが豊富に香ります。 目を見張る凝縮感と、堅固としたストラクチャーを持ち、長期熟成が期待できる1本です。

バロンヌ フィリップ シャトー ダルマイヤック 1995

Amazon

12,960

バロンヌ フィリップ シャトー ダルマイヤック 1995

1989年から、現在の名称「シャトー・ダルマイヤック」と名付けられたワインで、ラベルに描かれている絵は、シャトー・ムートン・ロートシルトのワイン美術館に展示されている18世紀の“小さなバッカス(酒の神様)"の複製です。 ムートン所有シャトーの中では、メルローの比率の多さからも熟成が早く柔らかな味わいで、早くから楽しめるタイプのワインです。 ロバート・パーカーJr.「ボルドー第4版」より ダルマイヤックは、故フィリップ・ロートシルト男爵がポイヤックに所有していた3つのシャトーのうちではいまだに最も知名度が低く、一般消費者にとっては最もわかりづらいシャトーである。男爵がこのシャトーを手に入れた1933年当時はムートン・ダルマイヤックと呼ばれていたが、1956年にムートン=バロン=フィリップと改称された、1975年にはこの翌年に他界した男爵夫人のためにムートン=バロンヌ=フィリップと改められた。1989年のヴィンテージからは再びダルマイヤックという名称に戻っている。 畑の樹齢は印象的だが、ワインのほうはたいがい比較的軽く、すぐに飲み頃になるし、複雑さや個性、寿命の点では2つの兄弟分にあっさり引き離されてしまう。もっとも、ワインの品質を向上させようとする風潮は昔から目についていた。1982年の品質は間違いなくヴィンテージ自体によるものだろう。本当に品質が向上し始めたのは上質な1985年からだが、それ以降、向上は続いているし、1990年代半ば以降は現実的な価格のついた秀逸なワインをたて続けに生産している。 ?一般的な評価? このシャトは近年大幅によくなり、昔より良好な凝縮感や濃厚さが見られるようになった。1989年までは一般的に健全だが興奮させられるようなものではなかったのだが、1995年以降では一貫して優良から秀逸となっているのだ...

2013 シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml

Amazon

70,000

2013 シャトー・ムートン・ロートシルト 750ml

ラフィット、マルゴー、ラトゥール、ムートン、オー・ブリオンは世界でも 最高品質を誇るシャトーではありますが、「1級シャトー」「五大シャトー」などとひとくくりにされることが多い。 フィリップ・ド・ロッチルド男爵は、年ごとのラベルのデザインを、 その時々の著名な芸術家に依頼するという案を思いつき、 1946年以降、ムートンのイメージを重要で意義深いものにしています。 コクトー、シャガール、ピカソ、ウォーホル、マザーウェル、チャールズ皇太子、日本人では堂本尚郎さんと出田節子さんなど世界の超一流芸術家や彫刻家などが描く毎年異なったラベルは愛好家のコレクターズアイテムにもなっています。 今回の2013ヴィンテージ シャトー・ムートン・ロートシルトのラベルはアーティストの李禹煥(リ・ウーファン) が担当。 段々鮮やかになっていく紫色の点描は、神秘的な醸造所で完成の形へ進んでいる偉大なワインのように感じられます。 『余は一級であり、かつては二級であった、ムートンは不変なり』 という有名なフレーズからも、一級たるワインの誇りが感じられます。 2013 CH.ムートン・ロートシルトは驚くほど濃い色調で、ブラックチェリー、ラズベリー、ブラックベリーなどの香りが感じられ、 次第にスパイシーで香ばしいローストのニュアンスを含んだ豊かな果実香が開いていきます。 濃密なアタックでチョコレート、モカ、バニラの風味が広がり、洗練された力強いタンニンが味わいを支えています。 丸みを帯びた並外れた芳醇な骨格で、深く強い香りが最後の余韻までしっかりと感じられます。 牛のヒレ肉の網焼きや牛ヒレのステーキ・バターソースや赤ワインソース、牛赤身肉のカツレツなどが合いそうです。 あの厳しい評価で知られるワイン誌 「ル・クラスマン」で、★★★三ツ星評価!! ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク