メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「カオールワイン」検索結果。

カオールワインの商品検索結果全91件中1~60件目

シャトー・レ・リガレ カオール 2014

Amazon

2,728

シャトー・レ・リガレ カオール 2014

強烈な大ヒットを飛ばすあの隠れたワイン産地【カオール】。カオールと言えば、“黒ワイン"という別名があるほど力強いタンニンと濃厚な果実味が印象的。そして、カオールの独特の味わいを生み出すのは、この地が誇るブドウ品種マルベック。最近のカオールのワインには、古来からのマルベック種にカベルネやメルローをブレンドして、若いうちから比較的飲みやすくしているものもありますが、本日ご紹介するこのワインは、正真正銘マルベック100%。しかもこのワインは、ただただ濃くて強いだけではなく、タンニンの渋みと果実味、そして酸のバランスが美しく、しなやかで優雅な味わいなんです。『黒々としたブラックベリーの凝縮感に、つややかなカシスのアロマ、さらにリコリスやクローヴ、そして黒胡椒のスパイシーなニュアンスをまとった魅惑的な香りです。その味わいは、深みがあってとてもエレガント。意外にもタンニンの渋みは強烈すぎず、ほどよくマッシブなボリューム感を持ちつつ、穏やかな酸とともに優雅にまとまっています。まろやかさの奥にはしなやかな力強さが秘められており、カオールらしい底力が感じられるワインです。プルーンのような余韻も印象的です。』カオールらしい力強さを秘めつつ、意外にも優雅な飲み心地に思わず驚く、魅力的な味わい。どうぞ、たっぷりとお楽しみください。

シャトー・ラマルティーヌ・キュヴェ・パルティキュルエール [2011] (シャトー・ラマルティーヌ) Chateau Lamartine Cuvee Particuliere [2011] ...

Donguriano Wine

2,592

シャトー・ラマルティーヌ・キュヴェ・パルティキュルエール [2011] (シャトー・ラマルティーヌ) Chateau Lamartine Cuvee Particuliere [2011] ...

樹齢は40~55年で、粘土石灰岩土壌です。ステンレスタンクで30日間温度管理の下、ピジャージュしながら発酵します。セメントタンクで翌春まで熟成します。その後、それぞれ1/3ずつ新樽、1年樽、2年樽で12~14ヶ月間熟成します。カシスリキュールのように凝縮されたアロマ。酸がしっかりあるので、果実味の重さを引き締めています。とても力強く、タンニンが口の中を覆いつくします。 2009年が、「チャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァン2011」金賞受賞。「ル・ギド・アシェット・デ・ヴァン2012」で2ッ星、「レ・メイユール・ヴァン・ド・フランス2013」で15.5点、「ワイン・アドヴォケイト202」で91点。 マルベック90%、タナ10%のブレンドによる09年のキュヴェ パルティキュリエール。しっかりとした骨格がありパワフル。インクのように濃い紫色、驚くほどの果実味、グラファイト(黒鉛)、ブルーベリーやカシス、リコリス、春の花々の香りが広がる。くらくらするほどリッチで持続性があり、奥行きがある。このカオールからの驚くべきワインは、この先10年、もしくはもっと熟成できるだろう。 91点/「ワイン アドヴォケイト202」 ■Information ●生産国 フランス ●地域 シュドゥ・ウエスト(南西地方) / A.O.C.カオール ●ブドウ品種 マルベック(オーセロワ)(90%)、タナ(10%)樹齢:40~50年 ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 熟成:セメントタンク→樽(新~2年各1/3)12~14ヶ月 ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 株式会社稲葉 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品...

ブラックフライデー
パルランジュ・エ・イルーズ / カオール・オート・ピエス [2014]

Amazon

2,945

パルランジュ・エ・イルーズ / カオール・オート・ピエス [2014]

ジェレミ・イルーズとポール・パルランジュはカオールにパルランジュ・エ・イルーズのメゾンを創立しました。彼らは醸造学を修了した後、ロワール、ボルドー、ピュリニー・モンラシェ、コルシカ島、カリフォルニアのパソロブレス、アゼルバイジャンで醸造の経験を積みました。そのためヴァン・ナチュールについての知識はありませんでしたが、これら全ての経験は自身のワインの世界への見地を広げ、現在の展望へと繋がっています。 ドメーヌ創業当初は100%ネゴシアンとして働いており、1年中各アペラシオンのヴィニュロンと共に、各ゾーンの最も美しい区画の選定をするために働き、常によい区画を追い求めました。「カオールのブドウ畑はとてもよい地理的状況を兼ねそろえており素晴らしく、とても偉大なテロワールです。マルベックというセパージュは他にどこにもないこの場所を表現してくれるため、私たちはここカオールの土地を選びました。」2011年、約6haの畑を持つ機会に恵まれ、現在はマルベックとジュランソン・ノワールを自然な方法に基づく哲学のもと栽培を行っています。 【v2014】 【マルベック】 【rouge】 【wakaumaaka】 【cahors】

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク