メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「アルマン ルソー シャンベルタン」検索結果。

アルマン ルソー シャンベルタンの商品検索結果全28件中1~28件目

送料無料
ドメーヌ・ドミニク・ガロワ /シャルム・シャンベルタン [2011]

Amazon

18,144

ドメーヌ・ドミニク・ガロワ /シャルム・シャンベルタン [2011]

ドミニク氏はジュヴレ・シャンベルタン村栽培家組合の会長を務めていたこともあり、その人柄や人望がうかがえます。また、元シェフの経歴を持つことは広く知られており、ドメーヌを継ぐ前はディジョンでレストランを経営していました。実際、販売先の多くは自国フランスをはじめ、世界各国のレストランです。食事に寄り添う彼のワインはギッド・アシェットやラ・ルヴュ・ド・ヴァン・ド・フランスなど各種の評価本でも非常に高い掲載実績を得ています。 ドメーヌの特徴としてブドウ樹齢の高さを挙げているとおりいずれの畑もヴィエイユ・ヴィーニュで、シャルム・シャンベルタンに至ってはほぼ100年です。栽培はリュット・レゾネ。 《シャルム》の優雅さ、《シャンベルタン》の力強さ、《グリオット》の円熟感、それぞれをいいとこ取りした素晴らしいワイン。樹齢は100年を迎えました。ドメーヌの所有する区画はアルマン・ルソーとジャンテ・パンシオの中間。熟成にアリエ産新樽を80%の割合で使用しますが、ヴィンテージによっては全量新樽にすることもあります。【rouge】 【bourgogne】 【ピノ・ノワール100%】 【v2011】【kiwami】

こちらの関連商品はいかがですか?

トプノ・メルム シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ 2008 750ML (フランスワイン)(赤ワイン)

Amazon

18,522

トプノ・メルム シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ 2008 750ML (フランスワイン)(赤ワイン)

Domaine Taupenot-Merme CHARMES-SHAMBERTIN GRAND CRU 750ML18世紀設立のドメーヌ・メルムに由来し、モレ・サン・ドニ村で7代続くドメーヌ。ドメーヌ・トプノ-・メルムは、サン・ロマン村のドメーヌ・トプノ(父方)のジャン・トプノとモレ・サン・ドニのドメーヌ・メルム(母方)のドゥニーズ・メルムの婚姻により1963年に誕生したドメーヌ。現在は、兄ロマン・トプノと妹ヴィルジニーの二人が中心となりドメーヌの運営しています。2001年からビオロジックでのブドウ栽培を行い、「繊細でチャーミングなワイン造り」を心掛けています。たいていのところでは、シャルムとマゾワイエールを混ぜて、シャルム・シャンベルタンとして売り出しているところが多いこの二つのクリュですが、トプノ・メルムでも1999年まではブレンドしていました。2000年からそれぞれのラベルに分けてリリースしています。畑は、丁度グランクリュのシャンベルタンとラトリシエール・シャンベルタンの境界の真下にあります。平均樹齢は40年、0.57ヘクタールを所有。セレクション・マッサル(優良な株を選んで、接ぎ木をして増やしていく方法)により素晴らしいフィネスを持ったブドウが育ちます。品種:ピノ・ノワール100%産地:フランス ブルゴーニュ シャルム・シャンベルタン 度数:13.5%

送料無料
2011 シャルム・シャンベルタン 750ml 【オリヴィエ・ジュアン】 ブルゴーニュ赤ワイン

Amazon

16,748

2011 シャルム・シャンベルタン 750ml 【オリヴィエ・ジュアン】 ブルゴーニュ赤ワイン

ジュアン家はモレ・サン・ドニに長く続く家系です。 1999年、当時26歳だったオリヴィエ・ジュアンは、曽祖父が創業したこのドメーヌを継承して本格的に自社ビン詰めを開始しました。醸造所は気温の低いオート・コート・ド・ニュイのアルスナン村にあります。清潔に手入れが行き届いた彼のカーヴには醸造設備や樽が効率的に配置され、不自然な温度管理等をせず極めてナチュラルなワイン造りを実践しています。また、ドメーヌ継承後直ちに独学でビオロジー栽培を開始し、最短の3年後に厳しいエコセール認証を勝ち取りました。ブルゴーニュ地方は、ちょっと雨が降ると翌日の畑を見るのが怖いほどビオ栽培は難しいところですが、 「できるだけ畑にいて、問題が起きそうになったら即対処します」。その言葉通り、たとえ土日の雨の日でも、モレの畑を通りかかれば、ただひとり黙々と働く彼にしばしば会うことができます。 「趣味は仕事です」真面目一筋。(しかし、来日時に一緒にカラオケに行った時は相当羽目を外してくれました)。近隣の村々に比べて不遇な時代が長く続いたモレにも、ついに彼のような新世代の造り手が現れる日が来ました。

送料無料
クロ・ド・ラ・ロッシュ [2014]年(ドメーヌ・アルマン・ルソー)750ml【赤ワイン】【フルボディ】

アーベンワインショップ

42,984

クロ・ド・ラ・ロッシュ [2014]年(ドメーヌ・アルマン・ルソー)750ml【赤ワイン】【フルボディ】

Domaine Armand Rousseau / Grand Cru Clos de la Roche 2014 Bourgogne Red Dry ドメーヌ アルマン ルソー グラン クリュ クロ ド ラロッシュ 当該商品は自社販売と在庫を共有しているため、在庫更新のタイミングにより、在庫切れの場合やむをえずキャンセルさせていただく可能性があります。 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 生産地 ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区モレ・サン・ドニィ村特級畑クロ・ド・ラ・ロッシュ A O C クロ・ド・ラ・ロッシュ・グラン・クリュ 畑面積 ジュヴレ・シャンベルタンの1級オー・コンボットに隣接する、1.48haを所有。 (石灰粘土質の土壌で南東に面し、何年間も、どんな肥料も使われていない。) ブドウ品種 ピノ・ノワール 100% 収 穫 完全な手摘みで行い、傷んだブドウを計画的に選別し除去し、ブドウが潰れることを避けてデリケートに処理。(1haあたり30~35hlの伝統的な低収穫) 醗酵・醸造 伝統的な方法を用いて、90%除梗し、蓋なしのステンレス製の大桶で15日間の醗酵、通常のルモンタージュとピジャージュ、最高31~32℃に厳しく温度管理され、一度アルコール醗酵が終わると、圧搾機でデリケートに圧搾される。 その後、24時間静置し、オーク樽に入れ替え、冬の間にマロラクティック醗酵をするため貯蔵室に移す。 熟 成 ミディアム・ローストに処理されたオークの樽(新樽率100%)で、18~24ヶ月間熟成される。 諸処理 必要に応じて、熟成期間中の終わり頃に2~3回澱引きが行われ、時々、卵白によるわずかな清澄処理ととても軽いろ過処理を施された後、1年に2回、5月~6月と8月~9月に瓶詰される。 また、瓶詰は...

[Varoilles] ヴァロワイユ、シャルム・シャンベルタン 2012 グラン・クリュ 750ml(赤)/フランス

Amazon

16,300

[Varoilles] ヴァロワイユ、シャルム・シャンベルタン 2012 グラン・クリュ 750ml(赤)/フランス

ドメーヌ・デ・ヴァロワイユ、シャルム・シャンmンベルタン 2012 グラン・クリュ 赤 750ml ●Domaine des Varoilles. Charmes-Chambertin 2012 Grand Cru 750ml ◆2012年ヴィンテージ情報 5月~6月は、暑さ、寒さ、そして雨が交互に訪れる不安な天候で、これが6月半ばの開花時期まで続きました。 残念なことに、この影響で不結実が多く発生しました。 その後、雷雨と猛暑という対照的な天候の7,8月を経て、9月の前半にやっと良好な気候となりました。 ブドウ農家は畑仕事を注意深く行い収穫時期をしっかりと見極める必要がありました。 ヴァロワイユの収穫は、9月25日~10月5日の間に行われました。 衛生状態の良い最適な熟成具合での収穫で、2010年に近い素晴らしいブドウを収穫できました。 結果的には収量は平均年程度に留まりますが、品質面は非常に良く 美しく深いルビー色、果実味溢れる、タンニンとボディのバランスが素晴らしい出来栄えです。 2009年や2010年に匹敵する秀逸なヴィンテージになりました。 (インポーターのリリース・シートより転載) ヴァロワイユの歴史は12世紀にまで遡ることが出来ますが、 現オーナーであるギルベール・ハンメル氏がドメーヌを引き継いだ 1990年代からより素晴らしいワインを生み出すようになりました。 スイス人とフランス人のハーフであるハンメル氏は、 元々スイスでワインの製造や輸入を行う会社を経営しており、 ヴァロワイユのスイス国内の独占販売権を持ち、ヴァロワイユのワインを熟知していました。 1989年、跡継ぎのないまま定年を迎えた当時のオーナーから信頼を寄せていたハンメル氏に 「後を継いで欲しい」と申し入れがありました。 ブルゴーニュ...

送料無料
ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレール  シャルム・シャンベルタン [2011]750ml

Amazon

19,675

ドメーヌ・ティボー・リジェ・ベレール シャルム・シャンベルタン [2011]750ml

ティボー・リジェ・ベレールはニュイ・サン・ジョルジュに突如として現れた新星のドメーヌです。ドメーヌはニュイ・サン・ジョルジュ村の入口の国道沿いに堂々と佇んでいます。大学で醸造学を学んだ後、インターネットでのワイン販売会社でディレクターとして働き、2002年からはこの地の宝石とも言える、素晴らしい畑を両親から財産として相続すると同時に、ドメーヌを立ち上げました。 一方、ティボーの従兄弟がロマネ・コンティの上部、“ラ・ロマネ"を受け継ぎ、彼はニュイ・サン・ジョルジュの一級畑“レ・サン・ジョルジュ"に広大な畑を所有することになりました。その畑はニュイ・サン・ジョルジュの中でも著名であり、ティボーは2haを所有、なんと樹齢は60年を越えています。「仮にニュイ・サン・ジョルジュにグラン・クリュができるとしたら“レ・サンジョルジュ"だよ!」とティボー氏は胸を張ります。 栽培は当初からビオロジックを実践し、近年ではビオディナミを取り入れ始めました。天文学による醸造のタイミング、馬での耕作、低収量、限られたSO2の使用など徹底しています。「僕のワイン造りは、余分な手を加えることなく、良質な果実を育て、葡萄が優れたワインになる手助けをしているだけだ。」と語ります。果実味を生かすためにも、新樽率を控えめにしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク