メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「みかん酒」検索結果。

みかん酒の商品検索結果全2,784件中1~60件目

和歌山県産 みかん100%ストレートジュース 20缶【QVC】40代・50代レディースファッション

QVCジャパン

3,080

和歌山県産 みかん100%ストレートジュース 20缶【QVC】40代・50代レディースファッション

和歌山県産うんしゅうみかんの美味しさが味わえる、ストレート果汁100%のみかんジュースです。和歌山の自然と太陽に育まれた、濃厚で甘酸っぱいうんしゅうみかんの味わいが楽しめる、無加糖・無香料タイプ。1缶160gの飲みきりサイズなので、いつでも手軽にお召し上がりいただけます。うんしゅうみかん本来の風味、香り、味をご堪能ください。 [アレルギー物質特定原材料7品目] なし [商品内容]うんしゅうみかんジュース(ストレート)160g×20缶 [カロリー]1缶(160g)あたり75kcal [保存方法] 開封前:直射日光を避け、常温保存 開封後:すぐにお飲み下さい [保存上の注意] ※常温保管可能ですが高温な場所での保管は避けて下さい [原材料]うんしゅうみかん [注意事項] ※缶を開ける前によく振って下さい ※果汁分が沈殿することがありますが、品質には問題ありません ※開缶時に中身がこぼれることがありますので、静かにお開けください。また、開け口やタブの取扱いにご注意下さい ※開缶後はすぐにお飲み下さい ※あき缶は投げすてないようご協力下さい 【日本製】 グルメ > 水・お茶・コーヒー・飲料

【国産クラフトジン】箱無 和歌山中野BC クラフトジン 槙(こずえ)KOZUE 47度 700ml_[リカーズベスト]_[全品ヤマト宅急便配送]

liquors Best

2,700

【国産クラフトジン】箱無 和歌山中野BC クラフトジン 槙(こずえ)KOZUE 47度 700ml_[リカーズベスト]_[全品ヤマト宅急便配送]

中野BCさんが造る和歌山の豊かな香りと味わいが広がる和製クラフトジンです。 自然豊かな和歌山県の素材(コウヤマキの葉、温州みかんの皮、レモンの皮、山椒の種)とジュニパーベリーを組み合わせたクラフトジンです。 コウヤマキとジュニパーベリーの香りは、どちらも「α-ピネン」という成分を多く含むので非常に相性が良く、豊かなKOZUEの香りが生まれます。 そこへ柑橘果皮を加えたことで、口に含んだ瞬間から柔らかで爽やかな香りが混じり、口当たりの良さを演出し、山椒の香りが後口のキレ感を強めることで、何杯でも口にしたくなるような味わい深いものに仕上がりました。 商品名の「槙(マキ)」には「こずえ」という意味があり、『樹木の先端部分/枝の先』を意味し、「こずえ」という言葉の響きから、和歌山の「緑」や「奥深さ」、「高貴さ」、「日本の四季の情景」などがイメージされ、中身とマッチするよう「KOZUE-槙-」と名付けました。 【富士白蒸留所】 富士白蒸留所という蒸留酒部門における新規ブランドの先駆けとなる商品です。 「富士白」とは中野BCの始まりとなった焼酎(蒸留酒)のことであり、その名を借り、今後『富士白蒸留所』というブランドを立ち上げ、蒸留酒部門でのさらなる飛躍を目指しております。

和の果のしずく みかん酒

Amazon

3,024

和の果のしずく みかん酒

「うめ酒」、「れもん酒」発売から5年目となる2015年、今度は愛媛のすばらしいみかんと出会いました。愛媛県の明浜で栽培される、農薬や化学肥料に頼らないみかんです。 みかんが生産過剰となった1974年、地域農業の未来を案じたみかん農家の若者たちが無農薬栽培に取り組み始めました。現在では80軒以上の農家が参加し栽培が行われています。農薬や化学肥料を使用しませんので見た目はあまりよくありません。ですから一般流通では販売しにくい反面、極めて安全で中身の品質はすばらしいものですので産直を中心に少しずつファンを増やしておられます。 明浜の柑橘類は宇和海に向かって広がる急斜面で育てられています。海に直結する場所で柑橘類の栽培が行われるため、農薬や化学肥料の使用は海にも影響を及ぼすことになります。農薬や化学肥料に頼らない農業は海にも真珠などの豊かな恵みをもたらしています。 明浜の急峻な山には人の手によって石灰岩でくみ上げられた雄大な段々畑が形成されており、その景色を見ていると弊社が保全に取り組む地元の棚田を思い出させるものでした。 明浜でも高齢化の問題、後継者の問題など将来に向けての課題は多くありますが、将来に向けて確実に取り組みを進めておられます。弊社の地元には水源が豊富にあり、気候も稲作に適していたので山を切り開いて棚田が造られた、和歌山や愛媛では水源に乏しく果樹の栽培に適していたので山を切り開いて果樹栽培が行われた。昔から人々が自然と向き合い築き上げてきた風景を守ろうとする気持ちには共通するものがあります。私たちは滋賀県で棚田保全に取り組み、愛媛県では段々畑を守ろうと取り組む人がいる。愛媛でがんばる無茶々園さんに深い共感をし、2015年「和の果のしずく」シリーズ5年ぶりとなるお酒「みかん酒」が生まれました。 「みかん酒...

スポンサーリンク
スポンサーリンク