メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ひろき」検索結果。

ひろきの商品検索結果全5件中1~5件目

こちらの関連商品はいかがですか?

【日本酒】正雪(しょうせつ) 山田穂 純米吟醸 1.8L【静岡県 神沢川酒造】【限定品】【バレンタインデー】

酒の番人 ヤマカワ

4,320

【日本酒】正雪(しょうせつ) 山田穂 純米吟醸 1.8L【静岡県 神沢川酒造】【限定品】【バレンタインデー】

●商品+ラッピング→ +200円 にて対応させていただきます。 ●商品+ラッピング+メッセージ→ +300円 にて対応させていただきます。 ●商品+ラッピング→ +200円 にて対応させていただきます。 ●商品+ラッピング+メッセージ→ +300円 にて対応させていただきます。 希少な限定品の正雪「山田穂 純米吟醸」です。 幻の酒米とも呼ばれる酒米「山田穂」を100%使用し、50%まで磨き上げて丁寧に造り上げられました。 上品で穏やかな香り、口に含むと正雪らしいやさしい味わいが広がっていきます。 原材料:米(国産)、米麹(国産米) 使用米:山田穂100%使用 アルコール度:15度以上16度未満 製造元:神沢川酒造場(静岡県) ※上記仕様はあくまでも目安です(ロットによって異なる場合がございます) 【神沢川酒造場】 一年を通して温暖な気候の静岡にも三十数件の酒蔵があります。そして静岡は地酒ファン必涎の蔵が多い事でも知られています。そんな静岡のほぼ中央、東海道の十七番目の宿場町今なお古い町並みを残す由比町に正雪の蔵元、神沢川酒造場はあります。 北に富士山を背にし、南に駿河湾を望む由比町は、小倉百人一首の中に山部赤人が「田子の浦ゆうち出でてみれば真白にそ富士の高嶺に雪は降りける」と詠われた地と言われる所で古くから東西の交通の要所として栄えた町です。この古い歴史を持つ由比町は、駿河湾でしか捕れない桜えびの産地として水産加工業の盛んな町でもあります。 田圃もなく温暖な気候のこの地で創業者望月金蔵、由松父子が清酒醸造を始めたのは大正元年、酒蔵としては若い歴史の中で目指して来たのは酒質の向上でした。この想いは今も受け継がれています。 下記の用途などにも使用できます。:記念日、お誕生日、お返し、御歳暮、お歳暮、御中元、お中元、暑中御見舞、残暑御見舞...

男山 純米大吟醸(1.8L)

山崎酒店

12,960

男山 純米大吟醸(1.8L)

■内容量 1.8L(木製化粧函入) 限定販売に付、品切れの節はご容赦下さい※北海道限定 ※長期保存用容器入、全国へ宅配します。 ■種別 純米大吟醸酒 ■精米歩合 38% ■アルコール度 16 ■日本酒度 +5蔵本紹介 男山は寛文年間、今から約三百年前に伊丹において醸造をはじめ、江戸時代から、古今第一の名酒として歴史上に残る有名な方々の愛飲を受け、昔の貴重な資料と共に、現代に伝わる伝統の名酒です。大雪山系の万年雪を源とする伏流水と、清酒醸造に最も適した厳しい寒さの気候風土に恵まれております。品質の面では国内はもとより海外の酒類コンクールにおいて数々の金賞受賞に輝いております。 男山の由来 男山八幡宮(石清水八幡宮)は、清和天皇(貞観元年八五九年)が宇佐八幡の神霊を観請したのがその起源とされている。木綿屋山本三右衛門は清和源氏の出で、遠祖八幡太郎義家の弟、新羅三郎義光の二十五代の胤裔なるを以って、男山八幡宮に参籠して霊感を受け『男山』の銘柄を用いることにしたといふ。 木綿屋伝統300年の歴史を受け継ぐ 歌麿の浮世絵にも描かれる伊丹の名酒「木綿屋・男山」。300年の伝統と技術は今、北海道・旭川に息づく。大雪山の万年雪に発する伏流水と寒冷な気候風土のもとで造られる酒は、キレのある辛口。 環境 北海道旭川、「男山」はこの北の厳寒の地にあります。寛文年間に伊丹に発祥した名酒で、縁あって現在の地に至っています。昭和43年に建てられた今の蔵は、当時から公園工場を目指し、蔵の中の作業も窓越しに見学でき、酒造り資料館が併設されることを先取りした設計です。前庭は昔の水車や桶なども展示された日本庭園で、春から秋まで様々な花が咲き乱れています。 歴史 木綿屋・男山は寛文年間、今から約300年前に伊丹において醸造を始め...

【南部美人】 南部美人 純米吟醸 1.8L 【純米吟醸】 [J200]

酒宝庫 MASHIMO

2,840

【南部美人】 南部美人 純米吟醸 1.8L 【純米吟醸】 [J200]

コメント 麹米の精米歩合を50%に引き上げることで上品な香りと味わいが出てきます。上品な和食との相性は抜群です。 辛口 ・ ● ・ ・ ・ 甘口 淡麗 ・ ・ ・ ● ・ 濃酵 オススメの飲み方 ・ ● ● ● ・ ロック 冷や 常温 ぬる燗 上燗 容量 1.8L アルコール分 15度台 日本酒度 +5.0 酸度 1.5 アミノ酸度 1.3 原料米 (麹米/掛米) ぎんおとめ/美山錦 精米歩合 (麹米/掛米) 50%/55%南部美人の原料米のほとんどは岩手県産米で、酒造好適米の「美山錦」、岩手県初の酒造好適米の「吟ぎんが」、その妹分の酒造好適米「ぎんおとめ」、酒造米の「トヨニシキ」を中心に、平成5年の大凶作の年に、沖縄県石垣島から種もみの増殖協力を頂いた岩手県オリジナル品種である「かけはし」などを、平均精米歩合を54%まで磨き上げ、仕込み水には折爪馬仙峡の中硬水の伏流水を使用し、南部流手造り技法をもちいて醸す酒は、非常に優しいが酒質の絶妙なバランスと切れ味の良さを特長とします。 貯蔵方法は、生酒は全量氷温貯蔵(-4℃から-10℃の冷蔵庫とサーマルタンク)で、大吟醸や純米吟醸酒、本醸造などの8割を越える特定名称酒は全て5℃以下の冷蔵庫で貯蔵しています。その他の普通酒も10℃以下の蔵で貯蔵しており、全てのお酒を冷蔵貯蔵し、しっかりした熟成の管理をしています。 その他、全ての酒は炭素濾過を一切せず、米や酒本来の旨味と、四季折々の熟成を大切にしたいと考えています。 現在では岩手県の青年卓越技能表彰を受賞した松森杜氏と同じく同賞受賞の東京農業大学醸造学科で勉強した五代目蔵元の久慈浩介と平均年齢32歳の若手蔵人が「伝統の技と若き情熱と力の融合」を目指して究極の酒造りに挑戦中です。次世代へと手造りの技を南部美人は継承していきます。...

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク