メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「きっちょむ」検索結果。

きっちょむの商品検索結果全3件中1~3件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
二階堂むぎ焼酎・吉四六(壺)セットグラス付き【送料無料】【包装無料】

本場から直送! 九州焼酎CLUB

5,378

二階堂むぎ焼酎・吉四六(壺)セットグラス付き【送料無料】【包装無料】

二階堂麦焼酎・吉四六壷グラス付きセット 大分麦焼酎 二階堂・吉四六(壺)と二階堂の名前の入った グラスのセット!二階堂の麦焼酎と、それを基本にじっくりと 熟成させ豊かな香りとまろやかな舌さわりを高めた吉四六 の壺入りセットです。 お中元や贈り物に最適なセットです ! 二階堂20°900ml×2本 麦100%を使用しての麦焼酎を開発し全国で初めて原料名を そのまま銘柄とし消費者にわかりやすくしました。 二階堂むぎ焼酎は、原料麦100%で選び抜かれた麦と、 自然水を使用し減圧蒸留機で製成されたもので 芳酵な香りとまろやかな舌ざわりの優れた商品です。 二階堂吉四六 壷25°720ml 二階堂麦焼酎を基本とし、比較的永く貯蔵しじっくりと熟成 させ特に香りを重視し仕上げられた最高級品です。 名前の由来は民話「吉四六」さん実在した廣田吉衛門が モデルと言われ名前が訛って吉四六になったと言われて います。 大分では知らない人がいないほど親しまれています。 二階堂酒造 1866年創業。昭和48年麦独特の風味ある焼酎の開発に 努め大分の麦焼酎製造メーカーの先駆者として県内企業の 経営安定をはかり麦消費量の増加に努めた功績により 農林水産省より「第一回食品産業優良企業賞」受賞。 二階堂 商品名 二階堂 容量 900ml 種類 麦焼酎 度数 20度 二階堂吉四六 壷 商品名 二階堂吉四六 壷 容量 720ml 種類 麦焼酎 度数 25度

送料無料
【高島屋のお歳暮】[二階堂酒造]本格麦焼酎「吉四六・やつがい」詰合せ(211176)【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

タカシマヤ楽天市場店

4,587

【高島屋のお歳暮】[二階堂酒造]本格麦焼酎「吉四六・やつがい」詰合せ(211176)【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】

大分県産麦焼酎を象徴する「吉四六」。二階堂焼酎をじっくりと熟成させ、香りを重視して仕上げた銘酒です。晩酌に飲む酒を意味する「やつがい」も、芳醇な香りとまろやかな舌触りが魅力。●お届け先様から先様へお品物を持参される場合は、ご注文時に画面の「包装体裁+手提げ」選択項目から【02商品毎に包装+手提げ袋付】をご選択下さい。●特定原材料:アレルギー物質につきましてのお問い合わせは、タカシマヤ楽天市場カスタマーセンター・0120-202-387へお願い申しあげます。●商品内容:二階堂酒造:「やつがい」30°・「吉四六壷」25°各720ml 蒸留地:大分県●備考:2017高島屋のお歳暮 関東カタログ掲載商品2017高島屋のお歳暮 関西カタログ掲載商品●2種類以上の商品をお申し込みの場合、別々のお届けとなります。●日本全国どこへでもお届けいたします。※東京都:小笠原諸島、沖縄県:島尻郡のうち北大東村、南大東村など一部地域につきましては、お届けが遅れる場合がございます。※東日本大震災の影響により、以下の地域へのお届けは当分の間お受けすることができません。■福島県:南相馬市小高区の一部地域、双葉郡のうち富岡町・大熊町・双葉町・浪江町・葛尾村、相馬郡飯舘村※熊本地震の影響により、以下の地域へのお届けは現在お受けすることができません。■熊本県:阿蘇郡(南阿蘇村)●ご進物の際は、高島屋ラッピングまたはブランドラッピングでお届けします。※どちらかはご指定いただけません。●※ディスプレイ(モニタ)の都合上、商品写真は実際の商品の色と若干異なる場合がございます。出荷店名:高島屋 日本橋店●211176ギフト対応

二階堂酒造 吉四六 瓶 25度 720ml×10本【1ケース】

Amazon

17,390

二階堂酒造 吉四六 瓶 25度 720ml×10本【1ケース】

1本ずつハートチョコとリボンをつけてラッピングを10セット 義理チョコでプレゼントしても、気が利いてステキです!! また、すでに、ホワイトデーの贈り物としても、ご注文入っています! 自然体で飲めば旨さが判る高品質なレギュラー酒。 【gessyodayo-1101】美味しい理由はそれなりの造りがあり、飲めば飲むほど蔵元の拘りの味が伝わってくる。 冷やでもお燗(特にぬる燗)でも美味しく頂けます。 創業明治40年(1907)。時代に流されず一貫して高品質の酒を追求し、幻の酒といわれるほど入手困難となった。 特に先代社長は妥協を許さない酒造家で、よりよい米を得るためには何度となく産地に足を運ぶなど、資材を投げ打ってまでも良酒醸造に賭けた人であった。 "何もなくなったとき、酒が売れるようになった"と先代が語ったことがあるが、そのときが地酒が全国区になる夜明けだったのではないだろうか。 地方名酒発掘の機会を与えてくれた蔵元として、今も多くの人の支持を得ている。 大吟醸から本醸造まで「越乃寒梅」らしさが壱息づいていて、名声を得た今も、不断の努力を続けていることがうかがえる。 いずれも"淡麗水のごとし"といわれるのどごしのよさとやわらかな香りが特徴。 ただし、近年、そこにさらにまるみが加わって、飲み口にやさしい芳香がただようようになった。 名酒はますます磨かれていく。

お酒・ドリンクのランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク